閉じる


『盗まれたね』

  『盗まれたね』

 

――なんか変な二人のなんか変な《非哲学的》対話――

 

「すると、どこで盗まれたんですか」

「もっぱら電車ん中だね」

「何を盗まれました」

「まず財布だね、それからノートパソコンとかアイパッドとかね」

「で、現金はどうされました」

「いろいろされたね」

「使われたんですね」

「うん、いろいろ使われたね」

「ぜんぶ使われたんですか」

「ああ、ぜんぶ使われたね」

「で、アイパッドとかはどうされました」

「いろいろされたね」

「ご自身で使われたとか」

「使われないね。分かられねえから」

「使い方、分かられてないんですか」

「分かられてねえね」

「で、どうされたんですか」

「質とかね」

「質に入れられたんですね」

「ああ、入れられたね」

「分かりました。それでは18時25分、あなたを窃盗容疑で逮捕します」

「うん、逮捕されらいね」

 

(完)


この本の内容は以上です。


読者登録

野島明さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について