閉じる


うとちぎょうしょ 宇土知行所

宇土知行所 うとちぎょうしょ。

 宇土は、熊本平野南部および宇土半島北部をさす郡名で、鎌倉時代末期~南北朝後期に南朝方として活躍した宇土氏の本拠として宇土城(宇土古城)が築かれていたが、宇土氏滅亡後、名和氏が宇土城を入手し、戦国時代には名和氏の本城となっていた。

 天正15(1587)年、豊臣秀吉の九州平定により佐々成政が肥後の領主となり、宇土城と名和氏の家臣は成政の指揮下に入った。翌16年、成政は、国人らの肥後国一揆の反抗を受けた失政をとがめられ召還されて切腹を命じられた。

 その後一時、加藤清正が城番として宇土に派遣され、ついで加藤清正は肥後北半二十五万石を与えられて熊本城主となり、小西行長が南半二十四万石を与えられ(宇土藩)、検地が行われたが、秀吉死後、小西行長は石田三成らに与(くみ)し、関ヶ原の戦いに敗れて斬殺された。

 清正は徳川方に属し、肥後一国五十二万石を与えられ、宇土城には城代を置いたが、清正の死後、宇土城は幕命により破却された。

 寛永9(1632)年、加藤忠広は出羽庄内に一万石で実質的には改易となり、そのあと細川忠利が肥後を与えられ熊本城に入り、父忠興と弟立允(りゆういん=立孝(たつたか)は八代城に入り、立允は忠利から三万石を内分されていたが、正保3(1646)年、立允の子行孝(ゆきたか)が、藩主光尚(みつなお)から宇土郡・下益城郡のうちに三万石を分知され宇土藩を立てた。

 ただし、光尚の死などがあって、承応1(1652)年になって重臣・佐方与左衛門が新たに地割りした宇土に入り陣屋を構えた。

 宇土藩主行孝(~元禄3)は、飲料水不足のために轟(とどろき)村の水源地から宇土まで4.8キロに土管を埋めて上水道を引くことに成功した。

 その後、有孝(ありたか)(~元禄16)、興生(おきなり)(~享保20)、興里(おきさと)(~延享1)、興文(おきのり)(~明和4)、立礼(たつひろ)(~天明7)と続き、文化六年の藩主は立之(たつゆき)(天明7~文政1)であった。

 

(製作中)


かいえき 改易

改易 かいえき。

 

 官職や身分を罪によって取り上げること。

 本来は、改(あらた)め易(か)えるの意で、官職にある者をかえて、新任者を補することを意味した。

 はじめ、荘園制で荘官職の改任をいったが、職およびこれに伴う領知の権利を失う一種の制裁となった。

 鎌倉時代には、御家人の地頭職を奪うこと。

 江戸時代初めは、知行を没収すること。幕政初期には大名の改易が著しかった。幕府の大名統制策の一つとして強大な効果をもっていた。

 のちには、武士をその職分から除き牢人させる制度となった。士分以上のものの籍を除き、その封禄・知行地・家屋敷などを没収することを意味する。

 

(製作中)


がんこう 含垢

含垢 がんこう。

 

 恥を忍ぶこと。

 

(製作中)


こうさつ 高札

高札 こうさつ。 立札ともいう。

 

 鎌倉時代から江戸時代にかけて、支配者が、寺社・市場・村落・宿町などを保護するために、禁止事項を公示した木札(高札)を制札(せいさつ。または禁札)といった。

 もともと、制札は、木に書いて付与したが、紙に書いて下達する場合もあった。

 受領者は、その木または紙から、文面を木札に写しとって制札を作り、寺社の門前や市場・町辻・村の入口などの往来が多く、人目につくところに立てた。

 戦国時代に、大名が占領地などに下したものが多く残されている。

 制札(禁制)の中で、とくに繁華な市場や交通の要所に高く掲示したものを高札という。法度・掟書・犯罪人の罪状などを記し、交通の多い市場・辻などに掲げた。目的は、庶民の間に法令を徹底させることにあり、民衆に法令を周知させる簡便な手段となった。

 中世末期から、高札はあったが、江戸時代が最も盛んであった。

 高札を掲げる場所を高札場という。無年貢地で、街道の宿場、村の名主宅前など、目立つ場所に設けられた。

 江戸では、大高札場六ヶ所(日本橋・常盤橋・筋違橋・浅草橋・麹町・芝車町)をはじめ、ほかに御高札場と称するものが35ヶ所ほどあったといわれている。

 地方では、街道の宿場や渡船場・庄屋(名主)宅前などに立てられた。

 

(製作中)


ごうやど 郷宿

郷宿 ごうやど 公事宿 百姓宿・江戸宿ともいう。

 江戸時代、訴訟のため出てきた者たちが宿泊する施設。公事人を止宿させ、謝礼を受けてひそかに訴訟当事者のため斡旋することを業とした宿。宿の主人が訴状の作成や訴訟の手続きを指導してくれた。江戸時代の訴訟は、訴訟当事者本人の出廷を強制していたため、出廷には奉行所・代官所の所在地での長期間の宿泊を必要とした。江戸中期以降、訴訟が激増すると、公認の公事宿以外に、公事師と呼ばれる訴訟代理人も活躍するようになった。江戸・大坂・京都をはじめ、各地におかれ、江戸は馬喰町にあった。関西の公事宿の代表的なものとしては二条陣屋があった。

 

(製作中)



読者登録

日本史の森さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について