twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 三輪たかし
価格 300円(税込)
タグ 輪廻転生ソウルメイト死の恐怖を乗り越える
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

253 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 32ページ (Web閲覧)
91ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ユタカは死を恐れ、忌み嫌う男である。そのユタカが永遠の愛と生を覚知する物語。
愛する者たちが次々と亡くなる悲しみの日々、無明の日々。この世に永遠に続く歓喜はあるのだろうかと呻吟するユタカ。しかし、20年間愛し続けた千恵子がユタカを導き、新しい未来に向かって力強く前進させる。現代の最大の闇である死の問題を乗り越えるハートフルストーリー。

コメント一覧

三輪さん良かったよ! 僕はライトワーカーの話がとても腑落ちたので感謝です。 世界平和のために戦うこと。 使命感に立って進んでいきたい。
sekaiheiwa : 2019-12-20 17:43:56

生死の問題をどうやって解決するのか。三輪さんの言っていることは、観念的にすとんと腑に落ちました。しかし、人間は凡夫です。だから、むしろ死の別れなどに遭遇したら、大いに嘆き悲しむべきだと私は思います。そうやって、悲しみを積み重ねて、深い人生を味わっていくべきなのでしょう。
kenryoku : 2019-12-13 17:09:41

仏教的な死生観とスピリチュアルな輪廻転生の考え方が読み取れました。現代文明の最も重要なテーマと私も思います。 それでも、机上論と現実の辛さの乖離は否めません。人間の執着心はなかなか手ごわいですが、これがあるから幸福という果実がもぎ取れるのでしょう。ありがとうございました。
20180102 : 2019-12-06 16:38:40

三輪さん、辛いこといっぱいあったんだね。多分、その体験が滲み出ているような気がします。
keikobaba : 2019-11-29 17:32:02

三輪氏は仏教の世界にとどまらず、スピルチュアルな事にも目を向けているので、死についての解釈がかなり分りやすく、最後まで一気に読めた。人間はこうやって死の苦悩の海を越えるのだろう。
373912 : 2019-11-22 16:40:04

私も死ぬことを考えると怖くて怖くて。三輪さんの輪廻転生の考え方で、少し楽になりました。ありがとうね。
302424 : 2019-11-16 15:52:44

三輪さん、残念ながら僕は転生は信じない。それでも、死はとても大事な問題ですね。受け入れて乗り越える。これしかないもんね。。。
renkuntati : 2019-11-09 14:15:48

私の名前と同じ登場人物が出たから親しみがわきました。 皆んな本当に死に対しての苦しみを隠しているような気がします。 私は辛いけれど、三輪さんの作品から死について身体で理解できるようしていきたいと思いました。
hinatas : 2019-11-05 17:04:41

確かに科学が進歩して輪廻転生も解明されるかもしれません。 それをお釈迦さまや優れたスピチュアルストが判ったんだから凄い不思議です!
masaakim : 2019-11-04 10:27:17

死の問題は切実です。それでも最後はハッピー。良い作品です。
250347 : 2019-11-04 10:22:30

facebook コメント一覧