閉じる


最近、あのコ、変なのよね

最近、あのコ、変なのよね

――ある夫婦のある日の会話――

 

「最近、あのコ、変なのよね」

「どう?」

「足元がふらつくのよ」

「気のせいじゃないのか?」

「歩くときふらふらするの」

「幾つだったっけ、あいつ。」

「十二か三ね」

「もうか、まだか、どっちだ?」

「まだよ。この間なんか、ふらついた拍子に柱に頭ぶつけてるの」

「そっちは何ともなかったのか?」

「そっちって?」

「ぶつけた頭だよ」

「大丈夫でしょう。それに、そう大した頭じゃないし」

「覚えないし、忘れるしな」

「丈夫なのだけがとりえだったのにね」

「医者に見せたのか?」

「特に何ともないって」

「当てになるのか、その医者。やぶが多いからな」

「でも、マタタビやっても喜ばないし」

「そりゃ心配だな」

 

(完)

 


この本の内容は以上です。


読者登録

野島明さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について