閉じる


a

東浩紀さんの

一連のツイートを

バズフィードが転載したものを読んだ。

論理としては一貫していると思うし、

具体的な対応として、

とりうるべき選択肢のひとつだと思うが、

東さんの論理でいくと、

公的なお金を使った

「芸術祭」というものにおいては、

作家、作品をセレクトするとき

より「慎重さ」が要請されるし、

また、基本的に、そういう場合において、

日本では、天皇は一種の「タブー」なのだ

ということになるだろう。

ぼくはこれからの議論がそういう方向で

進んでいくかもしれないことになんの不満もないし、

現実的には妥当な考えかもしれないとも思うが、

それとまた

ぼく個人の信条は異なる

ということは

ここに書いておく。

 


1
最終更新日 : 2019-08-14 15:47:18

昨日

昨日は

久しぶりに深いうつだった。

ある場所に行って、

帰ってきて、それからずっとうつだった。

その前に朝起きて、

ウォーキングをした。

汗をかいたので、シャワーを浴びた。

そのあと、朝食を食べて、

自分の部屋の収納を整理したりした。

そこまではよかったのだが、

そのままある場所に出かけて、

おそらく自分として

ある種の疲れを感じたのだろう。

帰ってきて、まともに家族と会話することもできず、

その場所へ行くのを

しばらくやめる旨の電話をしたときも

理由を聞かれても

黙っていた。

そのあと夕食を食べて、

あることがあり家族に声を荒げたりして、

なんだかわけがわからないうちに寝ていた。

そして夜中に起きた。

やっちまったと思った。

普段の状態に頭が戻っていて、

2つあるタブレットを両方初期化したことや

いろいろなことを断片的に思い出した。

それから、牛乳を飲んで、

タブレットの再設定などをして、

しばらくやっていたら、眠くなったので、

飲み忘れていた就寝前の薬を飲んで寝た。

で、今朝起きて、

まだいろいろ家事などやっていて

朝食も食べていない。

昨日は最近の疲れが一気にやってきた感じだった。

そういうとき

本当にぼくはドツボに落ちてしまい、

(あるいは「蟻地獄」というべきか)、

閉じた「サーキット」の中を

思考がぐるぐるしているので、

何を言ったって無駄なのだ。

本当に寝て、頭が「正常」に復帰するしかない。

本当にうつなのか?

病変していきているのか?

よくわからないが、

調子悪いときの記憶はあんまり鮮明でないのも事実だ。

正直あんまりそのとき考えていた

論理の道筋をたどれない。

いま午前9時過ぎ。

ぼくはたびたび、

こういうふうに全部ひっくり返して、

その後始末を自分でやることになる。

なんだかわけがわからないというか、

自分で自分の尻拭いをやるはめになる。

不自由な体よ。

ほんとうに昨日は

やっちまった感じだった。

 


2
最終更新日 : 2019-08-16 09:12:36

結局

今日も

体調があまりよくない。

家事をする以外は、

食べては寝るを繰り返している。

体が全体的になんとなくだるい。

体重が、

むかしいちばん太っていたときのピークに

近づいてきてしまった。


3
最終更新日 : 2019-08-16 15:37:38

8月

これからの

8月の予定。

絶対にはずせない会議がひとつ。

あと、ギャラリー2か所行く。

あとは、自分の病院など

日常的なこと。

 

たぶんこれ以外に

なにかアクティブには

活動できません。

 

それ以外の時間は

8月はちょっとゆっくりします。


4
最終更新日 : 2019-08-16 15:43:15

美術

アートも

美術もいろいろあるんだし

いろいろあっていいんだけど、

ぼくが自分で描く絵は、

そこに花があることの美しさみたいな感じで、

ぼくが描く絵はそういうものにすぎない。


5
最終更新日 : 2019-08-16 20:13:31


読者登録

丸山三角さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について