twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF 作者 きのしゆう
価格 無料
タグ SFロボットUFO宇宙人火星バイオミティクス
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
92ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
2035年&2050年の未来の物語。

村沢蒼太は、幼い頃に両親を亡くして孤児院で育った。

科学やロボット技術の才能を開花させて、若くしてロボットメーカーの

社長となった。自社開発製品の介護ロボットROBO太郎AZの弁護を引き受けたとして、弁護士兼

ライターの三浦朔が乗り込んで来て、ROBO太郎AZの処理に口をはさむ。恩人の海野太郎の死。

バイオミティクス研究者の真壁晃子がビジネス目的で近づいて来る。

クラスメイトの押田保が、闇商売に手を付けたとして止めようとするが、謎の組織に囚われて

偶然にも出生の秘密を知る。近未来に起こるかもしれない出来事をものがたりに込めました。

IFの世界をお楽しみください!

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

もっとみる