目次
(りある?夢?日誌…)
(上旬)
(上旬)
(5月1日) 「原稿と家事」サーマディー…♪
(5月1日) 異次元回廊にエネルギー漏れ起こして?脳貧血なう。
(5月1日) 昼寝して起きた時の夢メモ。
(5月1日) 「あれは反地球。破滅目指して成長を始めた、反物質の世界。」
(5月1日) どこまで魂をトバシテタ中学生?だったんでしょうか…
(5月2日) 神 天ぷらに白シメジ。/生存に支障ナシ。
(5月2日) おこた おっこった。
(5月2日) 精神的ショックで涙目。
(5月2日)  "行くべき時の初まり" の観。
(5月2日) 《 ヤツィー族 》 の伝承歌 。
(5月2日) 世界の始まりと、終わりをやりました。
(5月3日) 投稿用にエネルギーを「一点集中・各個撃破」しますが。
(5月4日) 「 庶民な連休 」。
(5月5日)
(5月5日) 「作家以外には転職しない。」
(5月6日) スカイハイ投稿準備。
(5月6日) 浅くて変な夢見でした。
(5月6日) 作家業で稼いでみたい、という方は、ぜひ挑戦してみてください。
(5月6日)  "LOVE STORY"
(5月6日) "男" に言うべきじゃない禁句。
(5月7日) >きりぎりすのスリルがサイプレス♪ (違w)
(5月7日) 変な脳貧血?(∋_∈)
(5月7日) ぃゃ結構かなり、ヘコンダですけどね…?
(5月7日) この原稿を何度も書き直している…うちに…
(5月7日) まこは男だ。
(5月7日) 人生はゼロから生まれゼロに戻るのだから、
(5月7日) 洗濯して寝まーす☆
(5月8日) 「目指せ!60歳までにプロデビュー!」の道は…
(5月8日) 無駄エネルギー使うより、「作家に転職」。
(5月9日) すさまじい破壊力の市街戦…もとい、(^^;)
(5月9日) 心身ともにぐだぐだDeath。
(5月10日)
(5月10日) 同じ仮歯が、取れました…★
(5月10日)
(中旬)
(中旬)
(5月11日) 「 燃えさかる 」よーな感じですし、
(5月11日) 地底世界に戻って再生中の神が使った9次元振動装置について、
(9月11日) ⇒ 参照 『 魔界水滸伝 』 w
(5月12日) 原稿世界へ戻りたい…
(5月12日)
(5月12日) 「本気でベルバラしとるのか、おまえは」。
(5月12日) 煮つまれば行動は素早いA型牡羊座。
(5月12日) 「もの書くための目的以外じゃ生きていませんからね。」
(5月12日)
(5月12日)
(5月12日)
(5月13日)
(5月13日) TERRY の FREE WAY。
(5月13日)
(5月13日) 『私がやらなければ誰がやるの?今やらなければいつやるの?』
(5月⒕日)
(5月⒕日) 「副隊長」と「課長補佐」(※たまたま同姓だけのリアル別人)。
(5月⒕日) 札幌は「爆風」スランプ状態…。
(5月15日) #双子座:竜巻。
(5月15日) 『 復讐は ビシソワズ 』 ⇒ 早速今夜から!
(5月15日) いま現在、私自身は屋内に住んで仕事も見つかり、「次の段階」を悩める余裕のあることに感謝します。
(5月16日)  『復讐はビシソワズ (仮) 』。
(5月16日) マンガ読んで早めに寝ます☆ (^_^;)
(5月16日) 私のことを 某『 提督 』 と。
(5月17日) アウトオブわーるどオーダー…?
(5月17日) アルパカ狼さんを見かけない、
(5月17日) 「チョサッケン男爵」が五月蠅そうだから、名前、変換しますか…w
(5月17日) (ひみつ日記から続き)
(5月17日)(…以下、「ひみつ日記に自粛」シーン…っw) 
(5月17日) 洗濯して風呂はいって寝まーす!
(5月18日) 私がどんな人間か、
(5月18日) 本日の予定⇒『 森林浴 & 源泉浴 ♪ 』
(5月18日) 原稿の続きをやります…★
(5月18日)
(5月18日)
(5月18日)
(5月18日)
(5月18日) 「自分の前世(記憶)の話」。で、ございました…w(^◇^;)w…
(5月19日) とんでも爆風スランプが暴走半島な札幌上空…
(5月19日) ミッシングリンクようやく判明。
(5月19日) ⇒明日に続くっ!
(5月20日) とにかく生き抜きます…★
(5月20日) 私の魂と共にある「前世でずっと一緒だった相方」が、
(下旬)
(下旬)
(5月21日) 昨日は、…アルパカ狼さんが出勤日で♪
(5月21日) ⇒次項に続く。 
(5月22日)
(5月22日)
(5月23日)
(5月23日)
(5月23日) アルパカ狼さんに かまって貰えた♪ o(^-^)o
(5月24日)
(5月24日) 「総合科学」分野か…w
(5月24日)
(5月25日) 終日ひっきーで、原稿と家事。(^^;)
(5月25日) 物語(「架空」世界)へ続くぅ~…★
(5月25日) ようやく予定の「原稿!」発掘作業に辿り着きました…
(5月25日) 新井素子と立原えりか。の、影響下にあった時期。
(5月26日) 「 のろのろ呪いのウイルス 」速度。
(5月26日) 「また」心臓が、停まっていたらしくて…★
(5月26日) ・特に深い意味はないんですか?
(5月26日) (黒歴史が~っwww)
(5月26日) (だからっ! コレ書いてたのは、17歳の時ッ!!)
(5月28日) イキオイで貼っておきますか…www
(5月26日)
(5月26日) 「18禁」というくくりに、一体なんの意味が…?
(5月26日) …「えろねた」だけでカウント50って…wwwww
(5月27日)
(5月27日) 私は、「講談社で、書きたい。」
(5月27日) 脳に直撃、麻痺狂死レベル…?
(5月27日) 前世?記憶にある便利な歯科技術:
(5月28日)
(5月28日) 呪いなの??
(5月28日) …物語に続く~…(--;)…★
(5月28日) アルパカ狼さん、体調も機嫌も良さそう。
(5月28日) アルパカ狼さんが「かまわれに来てくれた」ので、
(5月28日) 驚異の新説「ファントム時間仮説」。
(5月29日) 目指せ!「60歳までにプロデビュー」…ッ!!!)
(5月29日)
(5月29日) 「夢に出てきた人」か…??
(5月29日) アルパカ狼さんひどいッ(ToT)
(5月31日)
(5月30日) 鬱病再発の危機。(∋_∈)
(5月31日)
(5月31日) 物語の、大樹を植えよう…。
(5月31日) 「カマイタチ式?プチ厄日」が継続中…σ(^◇^;)。。。
(5月31日) 「お星さまになった」めいにゃん様☆
(借景資料集)
(借景資料集)
(上旬) 核融合炉の排気汚染を誤魔化すために。/脳内で回転行列を掛けて補正している。
(上旬) 反政府デモ、死者36人。
(中旬) 「漆黒烏鴉大明神謹請来臨」/あぁ…「死相」出てるわ…。
(中旬) 多世界/時空連続体に穴を開けて一番近い「隣の」並行世界を破壊している最中。
(下旬) 【どうでもいいが、地球は紀元44世紀にはもう人類がいないので、問題ない】。
(下旬) 世界種子貯蔵庫/【捏造の歴史だらけだなww】
奥付
(…続きます…(^^;)…。)
奥付

閉じる


<<最初から読む

97 / 133ページ

(5月26日) 「また」心臓が、停まっていたらしくて…★

https://85358.diarynote.jp/201705261316546451/

(3)  (これも画像追加)

2017年5月26日 恋愛 コメント (1)

https://www.youtube.com/watch?v=18HPx6QzEGI
航空自衛隊 「決断のentrance」

…これの続きね…。(^^;)
  ↓
http://85358.diarynote.jp/201705252305578958/

いや…先ほどまた激烈異様睡魔に撃墜されて、
気絶寝落ちしてたら…

「また」心臓が、停まっていたらしくて…★
w(--;)w

必死で復旧して起きだしましたが…

ぃゃほんと、マジ、いつまで生きていられるか
ワカリマセンわ…★

寸暇を惜しんで(?)、死ぬまで、原稿で遊びたおしまーす…っ☆www


 
     ◎
 


 司令と副司令はカケをしました。

 司令が、「そうである」。

 千里には珍しく "良識" というものを持っている副司令が「まさか。」の方です。

 ものは天丼一杯。


     ◎


 他にも似たよーなカケをするやつ、興味津々、あるいはシット半分で、(『ALLAN』によれば事実、自衛隊内にはそのテの人間が多いそうで。)コトの真相を知りたがる人間って、多いもんです…。

 かといってまさか本人に聞くわけにもいかんので、彼ら2人と一番近いところにいる西田・水原両氏。

「司令!あなたまで !! 」

 栗谷クンのぎょっとした顔を見ている西田サンとしては、いちおー否定。してあげているのですが…

「栗ィ。1口くれっ」

「べ~~~!」

 …じゃれている2人を見ていると、やっぱ、…う~~~ん…。と、

 内心、思ってしまうのでした…。


     ◎


「そういえば神野さん。この間おもしろいウワサを聞きこんだんですよ。」

 例によって話をひっかきまわすのは狐林3位。(だっけ?)

 訓練終了でみんなが汗をふいてる時間でアリマシた。

「へ?」

 これも例によって神さんは鈍いのです。

 栗さんはギョッとした顔をして、上半身ヌードがピンク色のスベスベで、赤ちゃんみたいで色っぽい ♪  (なんのこっちゃ。)

「あ、そそーだ栗谷っっ 来週の訓練予定わかるかっ?!」

 狐林のキャラクターを知っている西田としては、あわてて栗さんを救けちゃおーと。

「あ…。」

 ほっと感謝の眼。

「おい神野っ。手帳取ってくれ。」

 別に深い意味はありません。単に栗さんが上着置いといたそばに神さんが立ってただけで。

「ん…。おいよっ」

 え~い神野の無精者めっ。投げてよこすやつがあるかよ。

 栗さんとしては、うん。持って来てくれれば狐林のところから引き離せるなと。

 ………ぴらっ………。

 空飛ぶメモ帳から舞い落ちたのは…チラリと人の顔。

 裏返しに床に落ちた、写真…。

「…わ~~~~~~っっ!」

 日頃冷静な "コンピューター" が、真っ赤になって人つきのけて、ひろいに行って、あせって隠せば、そりゃ…、注目を浴びますわな…。

「…栗ィ。なんだそれ??」

(( えぇ~い。神野のアホっ!))

 言わずと知れた例の写真を、栗さんはまだ渡しそびれて持っていたのです。

「…栗原…」

「栗原さん…」

「なっ…なんでもないっっっ」

 服を着るのもそこそこに。


     ◎


 べつに西田さんから預かってどーこーって説明しちまえば問題はないよーな気もするんですが、やっぱ、渡しそびれてもう1週間は経ってる。

 神さんの写真、手帳に入れてたいいわけに事情話して、じゃ、栗谷さんは神野さんの写真欲しさにわざと渡さずにおいたんじゃないか…って、勘ぐられるんじゃないかって、突嗟に深読みして慌てるあたりが、ま、栗さんなんですね。

 女役だの色っぽいだの云われて、よほど神経質になっていたと見えます…。


     ◎


 えぇい。大河ドラマmakerの私としては、また予想以上に前置きが長くなってしまった。

 これはパロじゃ。パロデイ。ホモネタの。

 ベッドシーンがありゃ、それでいーんじゃいっっ







…繰り返しますが…

コレ、書いてたの、華のジョシコーセーやってた時代。ですから…っwww

…w(^■^;)w…

(今ならここまでソクブツテキなことは、考えても言いません…っ☆)



https://www.youtube.com/watch?v=cKN_to2fWQA
陸上自衛隊 「We survive」
  ↑
…これがマジで危険…という時代まで、「長生き」しちゃったのは…

…イマイチ、ウレシクナイ…(--;)…★

 
 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日14:43
 
イラストは(6)の絵の裏にあったやつ。

コメントは、

「かんけーないけど、

 ボウイーの顔にガルマの目を入れるとカーメンになります。

 おもしろいからみなさんもどうぞ、おためしください ♪」

だそうです…(^^;)w
 
 

 


(5月26日) ・特に深い意味はないんですか?

https://85358.diarynote.jp/201705261341074899/

(4)

2017年5月26日 恋愛 コメント (3)

…まぁ、こんな機会でもなければ、聴かずに終わったであろう
未知の曲が、
聴けていいかな…w

(けっこう w(^^;)w 好みだし☆彡)

https://www.youtube.com/watch?v=DzM697KiPbI
航空自衛隊 「共鳴のTrue Force」




     ◎
 
 


 その翌日。

 自衛隊はお休みで、神栗コンビは金もないこととて下宿でコタツに入っていた。

 季節は…う~ん。冬の終わり。

 窓際に初咲きの白梅の1枝など生けておきたい。

(これはもちろん、さっき買い物の帰りに栗さんが見つけて、「わー風流だなァ」とか喜んで、「よっしゃ待ってろ」とばかりにゴリラの神さんがよじ登って取ってきたものでしょう、うん。)

 で、その梅にすっかり春めいてきた日差しが光ってて、ついでにホコリなども浮いて見え。

(( あ~、そろそろ掃除しなきゃ…。))

 なんて栗さんはぼんやり考える。

 そのうち神さんは、みかん(…はこの時期もうないな。よっしゃピーナツでもポテトチップでも)喰いあきて、ぐが~~っとか、コタツにつっぷして寝入ってしまう。

(( 汚ねェなぁヨダレ垂らすなよ☆ ))

 栗さんはといえば例の梅模様のハンテンなど着て、しこしこ2人分の家計簿つけ。

 この場合やはり古風にそろばんなど使ってほしい。

 ナビの時みたく大型の電卓では、やはり色気に欠ける。

「くそ。今月もまた赤字じゃねーか。大体おまえが喰いすぎるのが悪いんだぞ神田っ!」

 コタツの中で足、蹴っとばすのだけど、それっくらいで目ェ覚ます神野さんではありませんわな。

 平和。

 ふーーっとか、穏やかなタメ息ついて、栗さんも頭の後ろで腕組んで、その場にひっくりかえる。

 しばらくしてゴソゴソ起き上がり、それまで下に敷いてた座布団2つに折って枕がわりにしたりして、また横になる。

 本当に平和で穏やかな気分。

 この時ばかりは諸々の心配事も頭痛のタネも例のウワサのことも、ふっと意識から遠のいて……

(( 何故だろうな。神野(こいつ)といると、とても安心できる……))

 ぼんやり微笑んで、そのまま栗谷は寝入ってしまった…。





https://www.youtube.com/watch?v=oqIXZbIOtRM
航空自衛隊 「Wing my Way -album mix-」


これも「転居先不明」なので無断掲載の画像には、

「by Na.Mi.」の左印と、「…また勉強しそこなってしまった…」という

ぼやき(^^;)が書き添えてあります…。

(すいませんね、みそこさん…大事にとってあったから、赦して…www)



 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日13:52
 
え~と。(^^;)

イラストの裏にもカキコミがあった…w

「いく分自己流になってしまった…
 えんぴつでかいたから、ちょと、ゴタゴタしててゴメンナサイ」

「妹が言うに、三月にもみかんはある!ってんで、
 つつましくかきやした」

「神さんの寝顔ってムズカシイよ
 だからかかない」
 
 
霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日13:53

別の人の追記。(たぶんカバさんの字?)

「しつも~ん
・栗さんと神さんは夫婦茶わんなんですか?
・なんで栗さんが大きいのつかってんですか?
・特に深い意味はないんですか?」
 
 
 
霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日13:54
 
さらに別の人のツッコミw

「 ↑ 普通の湯のみ2つ買うより夫婦茶わん1対の方が安かった

  ↑ 早いもん勝ち

  ↑ 実はあったりして…

 わ、こんなとこ書いちゃって、よかったのかなっっ」

 (かおる)
 
 
 

 


(5月26日) (黒歴史が~っwww)

https://85358.diarynote.jp/201705261414096934/

(5)  ( 画像追加 )

2017年5月26日 恋愛 コメント (1)

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=f6Z0qbB6FHA
ブルーインパルス 「allegretto ~そらときみ~」



     ◎

 



 軽くクシャミして。神野が目を覚ましてみるといつもお行儀のいい栗原がコタツに脚つっこんだまま、いかにも幸せそうな顔をして眠りこんでいた。

「…栗ィ。風邪ひくぞォ。」

 自分もだらしなくハナすすりあげながら、押し入れから毛布

出してきて、かけたろーかなーっと。

(( …こいつ…。ホントにかーいい顔して寝てやがんの…))

 やれやれってな顔。

 ふだん冗談以外で可愛いなんぞとほざこうもんなら栗が牙むくんで云わないでいるけど、四六時中見飽きるほど顔つきあわしてる神野にしたって、他のやつならともかく、栗谷見るのにウンザリする、なんて事は絶対になかった。

 単に外形が整ってるというだけでなく、神野の大事な相棒の場合、1つ1つの表情がみごとにキマっている。

 …それだけ、内面にあるものが豊かなのだ、とは、神野は思わない。

 ただ、かーいい顔して、と苦笑めいた笑顔を見せるだけだ。

((…栗の場合、 "美形" って言葉は美男子とか美青年ってより、はっきし言って "美人" なんだよなー…。))

 そんな事も漠然と考える。

 …寝顔を見ているうちにふいっと昨日の写真のことを思い出した。

 好奇心が頭を持たげる。

 確か、手帳にはさんであったはず。

((…案外おふくろさんのだったりしてな。こいつ…マザ・コンの気があるから。))

 ニタニタしながら右手を栗原のふところにつっこむ。

 途中で目を覚まさないように気をつけて。

 それから内ポケットというものは向かい合った時には左手でなきゃ触れないのだと気がついた。

「…ん。しょ、っと。」

 栗谷は心持ち右肩を下にするような角度で寝ているのだ。

 神野はほとんどそれと平行に横たわるような体勢で、不自然に右腕を曲げて体を浮かせ、左手をそっとすべりこませた。

 運良く手帳を抜きだす。

((…さてさて、っと。誰の写真でしょうねェ。))

 ちょっと肌寒いので栗谷の横に座ったままコタツに足先入れて。

 パラパラと手帳をめくる。

 ………と。


(( …… 栗 …… !! ))



 言葉にならない感情が、背中を走り抜けて行った…。






https://www.youtube.com/watch?v=U6bKJNRZq-Q
ブルーインパルス 「たった一つの想い」

  ↑

…いかん…! うっかり画像に見惚れてたら(^^;)

ネタが増えそーだーーーーーーッ☆★☆wwwww


 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日14:27
 
このシーンにも貰ったイラストがあったので追加しました。
(^^)

「栗さんのいかにも幸せそうな寝顔」というタイトル?が書き込んであって、

「このリーフ、ピンクというよりはモモイロだわさっ
 線うすくてごめんなさい
 筆圧弱いんです、こんどペン入れます」の小さいコメント。

 裏側に、

「しかしなー、くりさんが女に見える…というのはイマイチ抵抗がある。
 そりゃー、近ごろの(というよりは2巻以降)の見りゃ、そう見えるけど、
 1巻の栗さん、「好敵手・栗原」あたりのくりさんなんて、もー、

 なよっとしたガリガリ(とまではいかないけど)の、
 おおよそ肉体労働は期待できない
 …そのくせけんかっぱやい…

 男としか思えん。

 あのころの…それでも男に見えた…

 くりさんはどこへ行っちまったんだーーーーーっ

 とはいいますが、私的感情を入れますと、

 くりさんかわいいっっ♪♪

 なんですね~


 ところで、こないだの花見って、何の花みたんですか?」

(桃)


 …桃ちゃんか…ッ!www

(黒歴史が~っwww)
 

 

 


(5月26日) (だからっ! コレ書いてたのは、17歳の時ッ!!)

https://85358.diarynote.jp/201705261436233388/

 
https://www.youtube.com/watch?v=XyRouYgvbdc
世界のアクロバットチーム 「Precious Wing」



     ◎
 
 
 
 神野自身の笑っている横顔。

 花見の時のだろう。少し酔って… 肌が赤らんでいる。

 それを、大事そうにビニールポケットへしまいこんで。


「 ………栗。…」

 神野は体をねじって再び栗谷の顔を見つめた。

 自然その両側に腕をつく形になる。

「…ん…」

 栗谷がかすかに身じろぎした。

 慌てて手帳を遠くへ放り出してしまう。

「…神野…?」

 珍しく寝呆けているらしい。形のいいまぶたがうっすら開いて、それからまた、穏やかな寝息…。

(( … 栗谷 …… ))

 ゴリラの神さんとは云え、自分たち2人に関するもっぱらのウワサなら、まるっきり知らないまま暮らしているわけにも行かない。特に昨夜、狐林。

「…さっき云いそびれたことなんですがね…」

 栗谷が神野に対して何か言いたそうにしている、という例の話を、狐林は尾ひれ背びれにしっかり私見憶測まで付け足して神野に吹きこんで行ったのだ。

 ヨケイナコトカモ知レマセンガ栗谷サンノ気持チヲ察シテアゲナイトダメデスヨ…

 その時は、なにせ云うやつが云うやつだけに、ウゲ、と思うだけで逃げだして来たのだったけれど。

「…栗谷? 栗…」

 神野の、操縦桿(スティック)を握る手が、白い額にかかる柔らかい髪を、そうっと払いのけた…。

 

     ◎



https://www.youtube.com/watch?v=27n7ML7tr6I
世界の戦闘機たち~World Fighters~


え~っと…w(^^;)w…

おあとは「秘密日記」で~…www


(だからっ! コレ書いてたのは、17歳の時ッ!!)

 

https://www.youtube.com/watch?v=HklY2m22-Gg
アメリカの戦闘機たち 「Virgin’s high!」

 …そこでタイミング良く?

なんてタイトルの曲が当たるんだ…www

(悠宙舞さんのスケベっwww)(違。
 
 
 
 
ひみつ日記

 

 

     ◎


「…ん。……何だ?…」

 誰かと泳いでいる夢を見た。水面ではなく、水の中を。

 それからなぜだかまぶしいような気がして。

 目をあけるとそこに神田の顔があった。


     ◎


 手の甲で軽く神野の腕を払うようにしながら栗谷は目を覚ます。

 いつもきつい光を浮かべている瞳が、起きぬけのこととてどこかぼんやり優しい。

「え?」

 急に眼の焦点があって自分の置かれている状況に気がついたようだった。

 額に暖かい手。

 いつになくマジな神野の表情。

 …さっと、白い肌に赤味がさした。

「…なに。どしたの神さん。」

 わざと空っとぼけた口調で慌てて起き上がろうとする。

 その、体重をかけた腕を神野は静かに抑えた。

「…神……。」

「なんも云うな。」

 少し怒ってでもいるようにぶっきらぼうな声。

 けれど真っ黒な眼は、むしろ何かを振っ切った、すっきりした表情をしていた。

 ぎごちなくちょっと笑う。白い歯。

 唇がきゅっと閉じられて、2人の顔が重なる。


     ◎


 気分に余裕があるのなら、この下手クソめ、くらい栗谷なら考えただろう。

 実際には短絡寸前の混線状態で、 ”千里のコンピューター” は完全にパニックに陥っていた。

 …ウワサ…

 あの例のウワサ…

 …嘘だろおい神野。

 おい…




 女役(おそわれるほう)。


 色っぽい?


 優しい目…



 そんな言葉が脳裏に浮かんでは消える。

 感じられるのは、ただ、熱い舌先が無器用に押し入ってきて、からみつく。

 その妙になつかしいような感触だけだ。


 … 郷愁 …



 なんの脈絡もなく、早逝した母の白い指の形を思い出す。


 …優しかった…


 ぴったり来る単語を見つけて、ああ、と胸落ちする。

 共通点は、…やさしい…。

(( …神野… おまえ… ))

 もともと同性愛好の気なんてなかった。

 ホモ? ごめんだね。

 だが不思議と今、嫌悪感だけは抱かない。



 自分が混乱しているのはただコトの意外性に驚いただけだったと気がついて、本来の思考がたち戻ってくる。

 現実感。




 ゆっくりと目を閉じる。

 神野。

 おれの相棒。

 おれたちの機体を動かす男…。



 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日14:55
 
…17歳だった自分が描いた「えろしーん」に笑い死にながら、(まだ途中)


歯医者に逝ってきまーす…www

 
霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年5月26日20:52
 
…なぜこれでカウンタが一気に30も回ったかな…www
 
 
 

 


(5月28日) イキオイで貼っておきますか…www

https://85358.diarynote.jp/201705262049468829/

(7)

2017年5月26日 恋愛

 

 

…さすがにこの動画は正視に耐えない…★
…w(--;)w
  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=1Wvc7l3KS1Y
皇国の自衛隊(心よ原始に戻れ)Japan Self-Defense Forces


…タイトルはちょうどいいので(^^;)

 イキオイで貼っておきますか…www



(「18禁」。シーンが続いておりますので、「秘密日記」に自粛でーすw)




(しまった。タイトルで、リエンが喜んでる…☆)
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=oqIXZbIOtRM
航空自衛隊 「Wing my Way -album mix-」
 
 
 
 
ひみつ日記

 

 

 

     ◎

 

 もともと考えるよりも直感に頼る方が得意だ。

 どうしようとか、こうすればいいとか、思って行動したわけではなかった。

 ただ手帳の中の自分を見つけた時、

(( 栗谷のために何かしてやりたい。 ))

 そんな感情が唐突に神野の内部に湧いたのだ。

 で、それが気がついたらこういう形をとっていたのだった。

 何故だか中途から自分まで胸が苦しいような気分に陥ってくる。

 こわばっていた栗谷の体からかすかな反応が返ってきはじめたのに気づいた瞬間、ようやく神野は自分の行為の重大性に思い至る始末だった。

 曰く、

(( ひ、ひえぇっっ、こいつって男だったっけッ☆ ))

 …確かに顔だけ見ていれば、忘れていても仕方がない…

 …ような気は、する。

 しかし見てくれはともかく精神(なかみ)はしっかり男なんだし、当然、肉体的にも。

 …男と男の kiss …………

 これはもう立派な同性愛行為だった☆

(( え、~~~~っ。お、おれはホモじゃないっっ ))

 今更あせっても強引に栗谷をつかまえているのは神野の方。

 それに…

 …栗谷のために、何か、してやりたかった。…


「 …栗… 」

 ちょっと体を離して、神野は困りはてる。

 次の行動が思い浮かばない。

 どうしたらいいのか解らなくなってしまったのだ。

(( 何か云え… 何か。 ))

 しかし、何を??

 まさか男だという事を忘れていたなんぞと白状しようもんならブン殴られるのがオチだし、手帳がどうの写真がどうのと、ややこしい話を相手に解るように話せるかというと、かなり自信がない。

「…神野… 神さん…?」

 目を開けた栗谷が少し問いかけるように笑ったみたいだった。

 いつもの自信ありげでちょっと皮肉っぽい微笑とは違う、ぼうっと遠くを見るような、光をふくんだ瞳。

 しかし栗谷の視線はまっすぐに神野に向けられているのだ。

 信頼。

( おまえの判断ならどんな事にだってつきあうぜ。))

 女房(ナビ)の言いたいことくらい表情を見れば解る。

(( ! …てぇ~い、面倒だっ。最後までやったるっ!! ))

 即断即決即実行。

 一旦腹を据えてしまえば、神野鉄矢は行動の男なのだ。


     ◎


「え…っ」

 信頼し、相手に対して絶対の安心感を抱いているといっても、さすがに服を脱がしにかかられれば、誰だってたじろぐ。

「おい。神!」

 慌てて半ば起き上がろうとして、かえってハンテンが肩から滑り落ちてしまった。

 問答無用でメガネをはずされ、ぶきっちょにタートルネックのセーターを引き上げられて、あごや鼻がひっかかる。

「おい… わ、ぷ。」

 自分がひどく赤くなっているのが解るので、栗谷としては白い布地の中でしばらくもがかなければならないのがかえって有り難いくらいだった。

「 神野。」

 同居相手である。

 普段ならスッポンポンになって着替えしようが、お互い気にもとめないのだが。

(( マ、マジかよっっ ))

 神野に上半身を見すえられているのが何故だか耐えられなくなって栗谷は目をそらせた。

 つい習慣で脱いだ物を片づけようと手にしかける。

 すっ、と神野のごつい手が栗谷のベルトに伸び。

 



読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について