twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格216円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 如月翔悟(paidon)
価格 216円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 20ページ (Web閲覧)
19ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 さて、今回は、芥川龍之介の有名な『トロッコ』という作品であり、それは、まだ八歳の主人公「良平」という子供は、毎日、村外(はず)れへ、小田原熱海間、軽便(けいびん)鉄道敷設(ふせつ)の工事を、工事といっても、ただトロッコで土を運ぶだけであるが、しかし、そのトロッコに颯爽(さっそう)と乗ったり押したりしている土工(どこう)の姿を見学しているうちに、まだ八歳の主人公「良平」という子供は、次第に、土工になりたいと思ったり、せめて一度でも土工と一緒にトロッコへ乗ってみたいと思ったり、或いは、たとえ乗れなくても、押すことさえ出来たらと思うようになっていたのである。そして、やがて、運良く若い二人の土工にトロッコに乗せてもらうことになるが、そこから、まさに物語(ドラマ)が展開していくことになるという内容であり、興味や関心がありましたら、ぜひとも訪ねて見てください。(令和元年6月9日現在、更新して最新版)

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧