目次
(りある?夢?日誌…)
(上旬)
(上旬)
(2月1日)
(2月1日) 古原稿のサルベージに、宇宙ダイブ往ってきます…♪
(2月2日)
(2月2日) 「宇宙史逆走」/【 魂魄 再利用 システム 】暴走による、パラレル・メビウス・パラドックス集中発生。/「犯人」(?)、「エルさん」ですから~ッwww
(2月2日) マダム「ポわン」フリー ⇒ アルパカ狼さん。
(2月2日) あぁ妄想って娯しい…♪
(2月3日)
(2月3日) 「懐かしい未来」へ、還ろう…♪
(2月3日) 界境監視者たる《レリナルディアイム》(月女神)およびその上位識者バレンの許可を得ること。
(2月3日) 《ワーガ・ママ》(自在母神)は四柱の秀でたる若神を選び、幼き界卵を与えたまう。
(2月3日) 《ミアマ・センサリアス》(初めより前の国)。
(2月3日) 人間達から "神" という概念で捉えられる存在達である。
(2月3日) (借景BGM集) 『女神たちの転生課題』
(2月3日) (借景BGM集) ~『最終戦争』系~。
(2月4日)
(2月4日) アルパカ狼さん居るけど冷たいし。(;_;)
(2月4日) アルパカ狼さんまで? 無視イジメに参加…
(2月5日) 世界の全てを敵に回したくらいじゃ死にませんしね私はwww
(2月5日) エピソードを重視するあまり真実が遠ざけられ、純粋な創作になる。
(2月6日)
(2月6日) アルパカ狼さん居なくてベルクカッツェ居るとか悪夢。
(2月6日) 約束された未来はない。
(2月6日) 特にトドメのエルさんの【完全無視】が酷かった…(--#)…★
(2月7日)
(2月7日) 絶賛エルさんの陰険イジメもますます激化中。(-_-#)
(2月8日)
(2月8日) 断筆の、命題…(--;)…★
(2月8日) 『緑慶』年代の日本(科研センター⇒朝日ヶ森)。
(2月8日) 全部の話が、ここで、かたづくね。
(2月8日) (1983.4.23.⇒コバルト・ノベル)。
(2月8日) これは 転生の恋人たち の物語…である。…あった筈なんだっ!!
(2月9日)
(2月9日) 「 雪 月見 風呂 」 ♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪
(2月10日)
(2月10日) 今回の夢は「持って帰れない内容」(霊界「部外秘」)。
(2月10日) 《 四世界創世 ~ 終末 》
(2月10日) 【 地 球 】
(2月10日) (拡大図)
(2月10日) (時間軸は必ずしも一致しない。)
(2月10日) …さくっと6万年分くらい?の略史図でしたね…www
(中旬)
(中旬)
(2月11日) たまにブーイングを浴びないと何者でもなくなる。
(2月11日) アルパカ狼さんが居ないので、
(2月11日) (生きてるエゾシカも大好きだが、喰うのも大好きだw)
(2月12日)
(2月12日) …ポールシフトって、既に起こってないか…?
(2月13日)
(2月13日) 何が起きても不思議ではない無気味な満月。
(2月⒕日)
(2月⒕日) アルパカ狼さんの 余命が 視えちゃう(T_T)…
(2月15日) 「人類最後の一人になるまで」。
(2月15日) 一瞬にして、脳内を走馬燈のように、白昼夢?が…w
(2月15日) (霧樹りすはアルパカ狼さんの夢を視るか?)(仮題)
(2月15日) 《ESPシリーズ》+《リステラス星圏史》
(2月15日) ⇒《リステラス星間連盟機構》に統合。
(2月15日) 【無時間航路】の設定。
(2月15日) 地球系開拓惑星連邦。
(2月16日) 精神状態は…脳内まっしろ。(--;)
(2月16日) 【業務?連絡】(^^;)
(2月16日) (The END & RE-START !! )
(2月16日) (銀河分裂時代)
(2月16日) 【地上の星】大爆発中?
(2月17日)
(2月17日)
(2月17日) 監訳:土岐真扉
(2月17日) ☆次元断層震~末法と再生。
(2月17日) 長寿人リレキセス・ジュンナール(地球人名・清峰 鋭)
(2月17日) 二つの未来がここを起点に、この瞬間を最後に始まるのだという。
(2月17日) 「どこが始まりで終わりか判らない」 無限回 万華鏡 「ぐるぐる話し」。
(2月17日) (※ もし明日も「日常」があるならね…!)
(2月18日)
(2月18日) こんなことばっかり考えていたから、リアル受験に失敗したんだと思いますわ…www
(2月19日)
(2月19日)
(2月19日)
(2月20日)
(2月20日) 態度大魔王エルさんの現在の肩書きは「リーダー」。/「 患部 候補生 」ですね…?
(下旬)
(下旬)
(2月21日)
(2月21日)ちょろっとだけどアルパカ狼さんにかまってもらえたので、
(2月22日) 本日「猫の日」。222(にゃーにゃーにゃー)の日です…w
(2月22日) …りある『ナルニア国』物語…♪
(2月22日) 『暗黒童話』~
(2月22日) 「小学生時代の清クンの声」♪
(2月22日) ⇒【 ベルクカッツェ ・ 魔苦ゴナガル 】 様。
(2月22日) わはは☆ 「ソレル女史」いた~www
(2月22日) …我ながら、ナニが何だか判らない妄想暴走人生。
(2月23日)
(2月23日) ~『火涙沢の物語』~。
(2月23日) ☆『惑星《紅蓮》の物語』
(2月23日) …どっちの何が、リアルで非リアなの~っ??
(2月23日) Tu.OUMI.Deru.Ma
(2月23日) すべては ユメミ(夢視)しばしき 猿族の少女の 視し夢。
(2月23日) ニワンサ(共鳴)なき世界。
(2月23日) 自分の足の裏を見るために、後ろにいる他人の目が借りられる生活、また共鳴関係。
(2月23日) 後世、フェア・リスト・ティ・イ=ラーヤ…母霊(女神)の贈り物…として伝承に語られた星船。
(2月23日) 先史文明人ユヴァンとの混血児。
(2月23日) 『ウァ・エムバ(大陸)大全』。
(2月24日)
(2月24日) (借景BGM集) 「運命に、似た恋」
(2月24日) (借景BGM集)
(2月24日) ジーランディア:海に沈んだ謎の大陸。
(2月24日) この物語は、ウァ・エムバを舞台として語られる。
(2月24日) ハッシュ・ヴェーラス(貴・ヴェーラ家の)アランノ・アール(長子アランノ)は変人君との噂がたかい。
(2月24日)
(2月24日) (イノウエ剣策士なんかもここに入るのか?)
(2月25日)
(2月25日)
(2月26日)
(2月26日) 現在わたくしはたいへん寛大な気分です…w
(2月27日) 今日は(たぶん)アルパカ狼さんが観賞できるはずだぞ…ッ
(2月27日) あたまイカレまくってる中2病の52歳ですいません。(^_^;)
(2月28日)
(2月28日) …神サマが、今わたしに出来ることは何もないと言っているので、
(下旬) (でもアルパカ狼さんは実在!)
(2月28日) 脳が壊れたら人間も「ただのガラクタ」だからね!
(借景資料集)
(借景資料集)
(上旬) 超自然現象風体験 呪われた廃屋:銀河鉄道999は、磁気嵐の影響で運転を見合わせています。
(上旬) 炎とかダンスとか司る女神。
(上旬) 「さあ、文学で戦争を止めよう」/原稿を期日通り提出したまえ。
(中旬) 毎年暗殺のためにチョコレートをプレゼントする輩が後を絶たない。
(中旬) どちらがリアルかバーチャルか?…永遠ループに突入~…★
(下旬) 「神と和解せよ」って。告訴してたのか。/皆さん、良い磁気嵐を。
奥付
(…続きます…(^^;)…。)
奥付

閉じる


<<最初から読む

104 / 127ページ

(2月24日) ジーランディア:海に沈んだ謎の大陸。

https://85358.diarynote.jp/201702241554107146/

(砂魚宇…脱線…宙…返り中…)。
(砂魚宇…脱線…宙…返り中…)。
(砂魚宇…脱線…宙…返り中…)。
 
https://www.youtube.com/watch?v=9qXmRL6a0uU
トレイン(PV) ケツメイシ

再びこんにちは。15:39になっちゃいました。
(^^;)
机の上の雑資料な堆積物と格闘しておりましたら、発掘しちゃいましたよ…♪

ほぅほぅ☆(@@)☆彡
 ↓
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1402/24/news064.html
電子出版で町おこし――「らんこし作家デビュー・プロジェクト」完了
 
>電子書籍としてパブーの蘭越町アカウントで無料配信されるほか

…実わ同じ道報の隣りので初めて

「後志」は「コウシ」じゃなくて「しりべし」だった…!

…w(^□^;)w…と気がついた程度の道民初心者ですが。(^^;)

棲みやすそうでしょうかランコシ。(^^;)
 ↓
http://www.town.rankoshi.hokkaido.jp/iju_teiju/
蘭越 移住定住情報
>恵まれた自然環境の中で、ゆったり、豊かに自分らしく生きるスローライフを実現するため、町へ定住しようとしている人

該当しますね…(^^)…☆


…泊原発が廃炉になりさえすれば。だなぁ…★(⇒画像)


(景観と心構えは実に好み♪ なので、一応「移住定住」の候補地には入れておこう…♪ )
 
 
 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月24日16:15
 
…あ、昨日と一昨日の作業分に、画像を追加してあります。

お暇なかたはどうぞ~w
 
霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月24日18:58
 
…ぃや、それ、別のネタ…っwww

 ↓

ジーランディア:海に沈んだ謎の大陸 掘削し本格調査へ

 地球には六つの大陸があるが、かつてはもう一つの「ジーランディア」が存在し、現在は大半が豪州の東の海域に沈んでいる。この地層を掘削し、誕生や水没の謎を解き明かそうとする国際プロジェクトが本格的に動き出した。【飯田和樹】

 ●NZは一部

 ジーランディアの面積は約500万平方キロで、豪州大陸の6割程度ある。元は豪州と南極、インドと同じ東ゴンドワナ大陸の一部だったが、8000万年前ごろに豪州から分裂し、2500万~2000万年前にほぼ全域が水没したと考えられる。現在は隆起しており、約6%が海面上にある。標高3724メートルの最高峰・マウントクックがそびえるニュージーランドやニューカレドニアはその一部だ。

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)掘削情報科学研究開発グループの斎藤実篤グループリーダーによると、ジーランディアが大陸だったと言えるのは、ニュージーランド近海で掘削すると、大陸の特徴としてみられる花こう岩など軽い岩石が確認されるため。最初から海底なら、玄武岩など重い岩石が主体になる。

 ジーランディアが形成された原因は二つの仮説が提唱されている。一つは、大陸性地殻の下にあるマントルが上昇し、大陸が突き上げられて分断されたと考える「マントルプルーム説」。もう一つは、東側から深く沈み込む海洋プレート(岩板)の動きで大陸プレートの端が東側に引っ張られ、陸地が裂けたとする「ロールバック説」だ。

 ●六大陸との違いは

 大陸の縁から大地が分かれると、ユーラシア大陸から分裂した日本列島のように「コンチネンタルリボン」と呼ぶ細長い形になる。海中のジーランディアにはこのリボンが南北に幾筋かあり、何度か分裂を繰り返したとみられる。

 他の六大陸と違って海に沈んだ理由について、斎藤氏は「地殻の厚さが関係する」と説明する。ジーランディアでは約20キロで、約6キロの海洋性地殻より厚いが、30~40キロの大陸性に比べれば半分だ。地殻はマントルに浮かんだ状態にあり、厚い部分ほど浮力を受けて標高が高くなる。ジーランディアは豪州大陸と分かれる際に引き伸ばされて薄くなり、浮力を得られず海面下にあると想像される。ただ、詳細なメカニズムは不明だ。今、隆起しているのは、プレート運動の方向の変化が関係していると考えられている。


ジーランディアと呼ばれる大陸© 毎日新聞 ジーランディアと呼ばれる大陸
 ●分裂原因2説探る

 二つの仮説のうち、どちらの仕組みで分裂したか、なぜ水没したかなどを明らかにする取り組みが、日豪などを中心に進む国際計画「ロードハウライズプロジェクト」だ。世界最高の掘削能力をもつJAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」を使い、リボンの一部であるロードハウライズ(豪州ブリスベン沖約600キロ)と呼ばれる海域(水深約1600メートル)で約3500メートル掘る。採取した岩石に含まれる元素の同位体の分析などで、解明が図れるという。

 プロジェクトは長い間、構想にとどまっていたが、今年1月10~12日、米サンディエゴ市で行われた国際深海科学掘削計画(IODP)の科学評価委員会で実施が承認され、本格的に歩み出した。JAMSTECは今年末に深海調査研究船「かいれい」を2度目の事前調査として出発させ、2019年前半のちきゅうによる本格掘削を目指している。

 斎藤氏は「日本ではジーランディアの存在があまり知られていない。だが、このプロジェクトが成功すれば、日本がどのように大陸から分裂し、日本海が形成されたかについて、理解を深める成果が得られる可能性もある」と話している。

(2月24日) この物語は、ウァ・エムバを舞台として語られる。

https://85358.diarynote.jp/201702241631082123/

 
https://www.youtube.com/watch?v=19nm5_nAwQg
Carlos Nakai: Earth Spirit



史略概説

 今日リステラス星圏として知られる機構のもとい(基)となったのは大別して二系統の文明である。地球系植民惑星連邦…テラズまたはテラザニア…と、リスタルラーナ星間連盟として、それらは互いのファースト・コンタクト(第一遭遇)の相手となり、様々な曲折を経て統合され、ほぼ現在に等しい領域とシステム(機構)をもって汎銀河協約に加盟した。

 星間連盟リスタルラーナ、その首都にして人類発祥の地でもあった惑星リスタルラーナの、名称の語源は、リ・イス・スタル・アルラーナ、我らが美わしの天地よ、という、祈りまたは呼びかけの冒頭の詩句である。

 この詩句は現在は一般の人心からは失われているが、リスタルラーナ前・近代の混沌期においては、世情の安定を求める人々のあいだで広く愛唱された歌謡であったという。

 作者は、詩曲ともに上代中期の人、ハッシュ(貴)・ヴェーラ家のアランノ・アール。



 さて、天変地異による混乱の前期を経て、近代にはいり政治的に統一されると共にスタル・アルラーナと呼ばれることになるこの惑星は、その以前、上代においては、それぞれ起源を異にすると思われる三種族の人類と、さらに数多い文化圏とで成り立っていた。

 地理的には二つに区分される。巨大な淡水湖である多島大海…ラクシャ・インストラ…と、それをとりまく形で惑星の過半を占める大陸ウァ・エムバである。大陸は、両極周辺に三千アクラ級の山岳部を有する他は、おおむね起伏にとぼしく、気候も温順で、豊かな耕地が広がっていた。

 この物語は、ウァ・エムバを舞台として語られる。

 かの地で、ひとにぎりの学生たちが始めたささやかな試みが、ひとつの流れとなり、いつしか惑星文明の根底をなす思想として世界を、歴史を、動かすに至った。

 その、始まりと過程の史略である。



(2月24日) ハッシュ・ヴェーラス(貴・ヴェーラ家の)アランノ・アール(長子アランノ)は変人君との噂がたかい。

https://85358.diarynote.jp/201702241706386405/

 
 
概要: 《ナシルの谷》 史略 (仮題)
 
               貴野真扉(とおの・まさと)


 うすももいろの春ぶどう、たわわに実る、ングサインスカ
(大陸帝国)の初夏…

 官立学者の自給菜苑で、エルル、こと、ハッシュ・ノグナス(貴・ノグナ家の)エルドス=ローンは、風変りな姫宮に、
 であ(遭遇)った。

 見慣れない北方の毛深い獣に曳かせた車輪つきの輿に乗り、
侍女のひとりも連れずに、身分の低い見ず知らずのエルルに
気さくに話しかける。

 春ぶどうの房をうけとりに輿をおりた姫宮は、一歩を踏みだすたびに上体の大きく揺らぐ、不具の身の上だった。
 
 

 エルルの無礼なふるまいを知った旧友のウルアンは仰天して
劣化のごとく怒る。

 パエ・ラクサス(聖ラクサ家の)・アリンシ=エラン。

 ングス・アイン(現神帝)の末の姫、内親王である。

 学者住まいの母方の従兄を、ときおり訪ずれるのだと、いう。

 学舎寮内では新入生にもすでに知られた話で、聞き及ばないのは、世間知らずの昼あんどん(行燈)とそしられる、エルルくらいのものだろう。


     O


 ハッシュ・ヴェーラス(貴・ヴェーラ家の)アランノ・アール(長子アランノ)は変人君との噂がたかい。

 才幹にあふれ、容姿にも恵まれ、前神帝の親王を父にもつ、望んで叶わぬ地位のない選りぬきの貴家の嫡子でありながら、各家の姫たちの求婚をぬらりくらりと言いぬけて、ろくに帝都へ伺候すらせずに、もう六年もの間、学舎住まいで通しているのである。

 学究の徒になりたいというわけではない。

 講義にもさして出ず、暇潰しに学内の後輩たちの人生相談などしてやりながら、気が向けば金琴をたしなむ。

 腕のほどは確かなものである。

 本人もそれを十分承知していて、家柄の枷さえなければ、ああ私は自由なエゲラ(放楽人)になりたい、などとわざとらしく世間を煙にまくような言葉を吐くもので、ひととなりを伝え聞いた姫君たちが、俗世嫌いの風流子、と勝手に思いこんでますます熱をあげ、求婚の使いの途絶える日もない。

 当人は、どう考えているのか。

 学資とひきかえに小姓の役割をひきうけている特待生のウルノル=アンは横目で観察している。

 固有の家名も持たないギオ・ラグノン(素労系)出身の彼が官界で身をたてようと思えば、学舎での修業期間中に後ろ楯をつかんでおかねばならない。

 この、現在の主君は、どういう人物か…


     O


 学舎の新入生と思しき先刻の少年に姫宮は好感を覚えたものらしく、本題にはいる前にひとしきりその顛末を語った。

 身分の上下に卑屈にならず自分の非礼をきちんと指摘してくれたのが善いと、きっぱりと言いきる姫宮は、その不具である肢体以上に宮城では異端者だった。

 ただ、父である現神帝と東宮にはその気性を深く愛されている。

 そのことを、従兄アランナールもよく承知していた。

 アリンシ=エラン内親王の、母妃は十数年前に異母姉との后位争いに敗れて以来、心痛のあまり帝都郊外の自領にこもったまま、半ば隠遁者か半病人のような暮らしを続けている。

 争いに破れてというのは文字通り、現聖后の放った手の者に城館をとりこめられ、深傷を負わされたのである。

 それも、自分ではなく、たったひとりの愛姫アリンシに。

 生涯、歩けぬ、と、治療にあたった医薬師どもは口をそろえた。

 悲嘆に泣きくれる心弱い母妃に比べ、姫宮の気性は父帝のほうにこそ、はるかに似ていた。

 傷の癒えるとともに寝台から這い降りて独りで歩く訓練をはじめ、

「姫さま、そのように無様なお姿を人目にさらすくらいなら、寝たきりの内親王よと忘れられた方がまだしもで御在ます。」

 侍女達になんと責められようとも、どこへでも自分で歩いて行った。

 その速度はつねのもの半分にも及ばなかったけれど。

 その苦労を笑いとばす姫宮自身の話を聞いて、乗用にと北の獣を献上したのが、アランナールの父にあがる現神帝の弟君である。

 アランナールは北辺の自領から、贈物をたずさえて初めて従妹姫を訪れた。

 幼い二人には気性に似たところがあったのか、すぐに意気投合して大の親友となり、結局、ジョアというその荷役獣に乗るにも姫宮の脚は適さないと判ったので、獣に曳かせる独特の車輿を、三月かかって従兄は考案した。

 ジョアは穏やかで賢い獣で、走ることは決してしないが、人の足より早く、一日中でも歩き続ける。

 まもなくアランナールは貴家の慣例に従って官立の学舎に入寮し、アリンシ=エランは聖家の姫宮らしくもなく、供も連れずに度々訪問するようになったのだった。


     O


 聖家のアリンシ=エラン姫が窓ごしに気軽く声をかけると、アランナールはいつも窓わく越に抱き上げて、室内へと招きいれる。



(未完)
 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月24日18:54
 
画像1: 幼い頃のアリンシちゃん。
画像2: 13歳くらい?のエルルくん。
 

(2月24日)

https://85358.diarynote.jp/201702241927056508/

『 ナシルの谷 史略 』。

2017年2月24日 リステラス星圏史略 (創作)

 

『 ナシルの谷 史略 』。

”The Land before Heavens”

『 シという病 』

『ナシルの谷へ』

『風の丘 …The Windom Hills… 』

 そこは、子供たちの家と、呼ばれていた。

 ナシルの谷を少しはなれた、丘と野原の地方にあって、


 It was colled Children’s Home, stood in the land bitween hills and fields.
 




フェア リスト テイィ・ラーヤ

みおや(御母)の贈り物

フェア リスト テイィ・ラーヤ

聖なる運び手よ

フェア リスト エイラ・イーラ

我らに与えしは

ウェア リスト エイラ・イーラ

聖なるこの土地を




     …スタル・アルラーナ 創世賛歌…




…ちょっと違うな…☆
 ↓
https://www.youtube.com/watch?v=JzmhQUv1B7c
Luar Na Lubre - The sailors hornpipe / Pasacorredoiras

https://www.youtube.com/watch?v=CtWJmKq20b0
Finisterre - Celtic Spain & France (Part 2: Asturias & Galicia)


こっち♪ こんな感じ♪ …?
 ↓

https://www.youtube.com/watch?v=kghCqyMLPFA
Kristina - Horehronie (Slovakia)

 


(2月24日) (イノウエ剣策士なんかもここに入るのか?)

https://85358.diarynote.jp/201702242040424948/

《 スタル・アルラーナ 》舞台設定として。 (1989.03.14.)
《 スタル・アルラーナ 》舞台設定として。 (1989.03.14.)
 
https://www.youtube.com/watch?v=CtWJmKq20b0
Finisterre - Celtic Spain & France (Part 2: Asturias & Galicia)

これ新設して、
 ↓
http://p.booklog.jp/book/113334/read
リステラス星圏史略 古資料ファイル
6-2 《 ナシルの谷 》 史略。

他はこれに放りこんで、
 ↓
http://p.booklog.jp/book/112661
リステラス星圏史略 古資料ファイル
6-0 《麗天地》(リスタルラーナ前史)

今週終了!(^^;)!

(…明日から、また、バイト逝くのかぁ…★)

===============

https://www.youtube.com/watch?v=6adj7Xoo9Us
The Ancient Greek Kithara



スタル・アルラーナ( "美しの天地" )。舞台設定として。


『ファアリスティラーヤ』(聖霊の贈り物)号の漂着先の惑星。

着陸時の事故により、ひとは二大大陸に分かれる。

以後、互いを伝説としつつ、細い交流が偶発的に保たれる。

文化・文明の発展度合はまったく別。



現在わかっている主要な要素としては、

◎ ラクシャ・インストラ(大陸 多島大海)

 ・有性種族 "ナール" …(クナール:弾性体。ミナール:女性体)。
  短命。繁殖能力が強い。
  色素がやや濃い。←原住種側の特徴。

 ・単性(両性) "イシール" …比較的長命。生殖行為は生涯一度。
  (アルビノ(白子)に近い)。


◎ 大陸ウァ・エムバ

 ・ングサ・インスカ(帝国)…ゆるやかな身分制 + 学舎による官人政治。
  (皇帝親政)

 ・辺境諸族… 惑星原住民を含む。(一般系エウァ。集団形エラン)。

及び

◎ 『ナシルの谷』…エラン・ナシル(人間の一党)によって始められた理想郷模索プロジェクト。アリンシエラン皇家により庇護され、後、まったくの民間(?)自治体となる。

リ・スタル・アルラーナ(美しき我らの天地)の語源は、ここより生まれた。



ようするに 過去有の大陸が 定着したのよね?


☆ 二大 大陸の区分は?

 ・ ナールとイシールの分化が進んだ国

 ・ ナールとイシールの混血・同化が進んだ国

 2つの歴史大系を把握しないと困る。



☆ フェアリ(漂着民)とエルナ(先住民)の関係は?


惑星スタルアルラーナ

 = ウァ・エムバ(大陸)
 + ラクシャ・インストラ(多島大海)(淡水)

多島大海にはその昔、翼人(神人)伝説がある。イシール・ナール混在。交通・文化は分断されていて、文化圏が多様。

大陸は、星船落下の地より発展し、原住種族(エランまたはエヴァン)(←ユヴァの猿族?)とのやりとりをくり返しながら、遺伝子(家系)重視型の文化圏(ングサ・インスカ)の版図を広げてゆく。


(イノウエ剣策士なんかもここに入るのか?)

 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月24日21:15
 
※ フクイチ の線量が、03:45頃に、ちゃっかりアガッテル…

注意!(--;)!★
 


読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について