目次
(りある?夢?日誌…)
(上旬)
(上旬)
(2月1日)
(2月1日) 古原稿のサルベージに、宇宙ダイブ往ってきます…♪
(2月2日)
(2月2日) 「宇宙史逆走」/【 魂魄 再利用 システム 】暴走による、パラレル・メビウス・パラドックス集中発生。/「犯人」(?)、「エルさん」ですから~ッwww
(2月2日) マダム「ポわン」フリー ⇒ アルパカ狼さん。
(2月2日) あぁ妄想って娯しい…♪
(2月3日)
(2月3日) 「懐かしい未来」へ、還ろう…♪
(2月3日) 界境監視者たる《レリナルディアイム》(月女神)およびその上位識者バレンの許可を得ること。
(2月3日) 《ワーガ・ママ》(自在母神)は四柱の秀でたる若神を選び、幼き界卵を与えたまう。
(2月3日) 《ミアマ・センサリアス》(初めより前の国)。
(2月3日) 人間達から "神" という概念で捉えられる存在達である。
(2月3日) (借景BGM集) 『女神たちの転生課題』
(2月3日) (借景BGM集) ~『最終戦争』系~。
(2月4日)
(2月4日) アルパカ狼さん居るけど冷たいし。(;_;)
(2月4日) アルパカ狼さんまで? 無視イジメに参加…
(2月5日) 世界の全てを敵に回したくらいじゃ死にませんしね私はwww
(2月5日) エピソードを重視するあまり真実が遠ざけられ、純粋な創作になる。
(2月6日)
(2月6日) アルパカ狼さん居なくてベルクカッツェ居るとか悪夢。
(2月6日) 約束された未来はない。
(2月6日) 特にトドメのエルさんの【完全無視】が酷かった…(--#)…★
(2月7日)
(2月7日) 絶賛エルさんの陰険イジメもますます激化中。(-_-#)
(2月8日)
(2月8日) 断筆の、命題…(--;)…★
(2月8日) 『緑慶』年代の日本(科研センター⇒朝日ヶ森)。
(2月8日) 全部の話が、ここで、かたづくね。
(2月8日) (1983.4.23.⇒コバルト・ノベル)。
(2月8日) これは 転生の恋人たち の物語…である。…あった筈なんだっ!!
(2月9日)
(2月9日) 「 雪 月見 風呂 」 ♪へ(^o^ヘ)(ノ^o^)ノ♪
(2月10日)
(2月10日) 今回の夢は「持って帰れない内容」(霊界「部外秘」)。
(2月10日) 《 四世界創世 ~ 終末 》
(2月10日) 【 地 球 】
(2月10日) (拡大図)
(2月10日) (時間軸は必ずしも一致しない。)
(2月10日) …さくっと6万年分くらい?の略史図でしたね…www
(中旬)
(中旬)
(2月11日) たまにブーイングを浴びないと何者でもなくなる。
(2月11日) アルパカ狼さんが居ないので、
(2月11日) (生きてるエゾシカも大好きだが、喰うのも大好きだw)
(2月12日)
(2月12日) …ポールシフトって、既に起こってないか…?
(2月13日)
(2月13日) 何が起きても不思議ではない無気味な満月。
(2月⒕日)
(2月⒕日) アルパカ狼さんの 余命が 視えちゃう(T_T)…
(2月15日) 「人類最後の一人になるまで」。
(2月15日) 一瞬にして、脳内を走馬燈のように、白昼夢?が…w
(2月15日) (霧樹りすはアルパカ狼さんの夢を視るか?)(仮題)
(2月15日) 《ESPシリーズ》+《リステラス星圏史》
(2月15日) ⇒《リステラス星間連盟機構》に統合。
(2月15日) 【無時間航路】の設定。
(2月15日) 地球系開拓惑星連邦。
(2月16日) 精神状態は…脳内まっしろ。(--;)
(2月16日) 【業務?連絡】(^^;)
(2月16日) (The END & RE-START !! )
(2月16日) (銀河分裂時代)
(2月16日) 【地上の星】大爆発中?
(2月17日)
(2月17日)
(2月17日) 監訳:土岐真扉
(2月17日) ☆次元断層震~末法と再生。
(2月17日) 長寿人リレキセス・ジュンナール(地球人名・清峰 鋭)
(2月17日) 二つの未来がここを起点に、この瞬間を最後に始まるのだという。
(2月17日) 「どこが始まりで終わりか判らない」 無限回 万華鏡 「ぐるぐる話し」。
(2月17日) (※ もし明日も「日常」があるならね…!)
(2月18日)
(2月18日) こんなことばっかり考えていたから、リアル受験に失敗したんだと思いますわ…www
(2月19日)
(2月19日)
(2月19日)
(2月20日)
(2月20日) 態度大魔王エルさんの現在の肩書きは「リーダー」。/「 患部 候補生 」ですね…?
(下旬)
(下旬)
(2月21日)
(2月21日)ちょろっとだけどアルパカ狼さんにかまってもらえたので、
(2月22日) 本日「猫の日」。222(にゃーにゃーにゃー)の日です…w
(2月22日) …りある『ナルニア国』物語…♪
(2月22日) 『暗黒童話』~
(2月22日) 「小学生時代の清クンの声」♪
(2月22日) ⇒【 ベルクカッツェ ・ 魔苦ゴナガル 】 様。
(2月22日) わはは☆ 「ソレル女史」いた~www
(2月22日) …我ながら、ナニが何だか判らない妄想暴走人生。
(2月23日)
(2月23日) ~『火涙沢の物語』~。
(2月23日) ☆『惑星《紅蓮》の物語』
(2月23日) …どっちの何が、リアルで非リアなの~っ??
(2月23日) Tu.OUMI.Deru.Ma
(2月23日) すべては ユメミ(夢視)しばしき 猿族の少女の 視し夢。
(2月23日) ニワンサ(共鳴)なき世界。
(2月23日) 自分の足の裏を見るために、後ろにいる他人の目が借りられる生活、また共鳴関係。
(2月23日) 後世、フェア・リスト・ティ・イ=ラーヤ…母霊(女神)の贈り物…として伝承に語られた星船。
(2月23日) 先史文明人ユヴァンとの混血児。
(2月23日) 『ウァ・エムバ(大陸)大全』。
(2月24日)
(2月24日) (借景BGM集) 「運命に、似た恋」
(2月24日) (借景BGM集)
(2月24日) ジーランディア:海に沈んだ謎の大陸。
(2月24日) この物語は、ウァ・エムバを舞台として語られる。
(2月24日) ハッシュ・ヴェーラス(貴・ヴェーラ家の)アランノ・アール(長子アランノ)は変人君との噂がたかい。
(2月24日)
(2月24日) (イノウエ剣策士なんかもここに入るのか?)
(2月25日)
(2月25日)
(2月26日)
(2月26日) 現在わたくしはたいへん寛大な気分です…w
(2月27日) 今日は(たぶん)アルパカ狼さんが観賞できるはずだぞ…ッ
(2月27日) あたまイカレまくってる中2病の52歳ですいません。(^_^;)
(2月28日)
(2月28日) …神サマが、今わたしに出来ることは何もないと言っているので、
(下旬) (でもアルパカ狼さんは実在!)
(2月28日) 脳が壊れたら人間も「ただのガラクタ」だからね!
(借景資料集)
(借景資料集)
(上旬) 超自然現象風体験 呪われた廃屋:銀河鉄道999は、磁気嵐の影響で運転を見合わせています。
(上旬) 炎とかダンスとか司る女神。
(上旬) 「さあ、文学で戦争を止めよう」/原稿を期日通り提出したまえ。
(中旬) 毎年暗殺のためにチョコレートをプレゼントする輩が後を絶たない。
(中旬) どちらがリアルかバーチャルか?…永遠ループに突入~…★
(下旬) 「神と和解せよ」って。告訴してたのか。/皆さん、良い磁気嵐を。
奥付
(…続きます…(^^;)…。)
奥付

閉じる


<<最初から読む

10 / 127ページ

(2月3日) 「懐かしい未来」へ、還ろう…♪

https://85358.diarynote.jp/201702031614588252/

 
https://www.youtube.com/watch?v=Z9ihR_YebEI
[MV] SKULL(스컬) _ Get Rich

再びこんにちは。14;14です。
ブランチ喰らって昼寝してたら、

すこぶる良い予知夢??を、視ましたよ…♪

「夢の家」で、
「白三毛」の猫さんと暮らしてて…♪
「周りにたくさんスタッフの人」が居て…♪

例によって「夢」を視ている時は仮死状態?(心臓停まってる?)んで、
起きた時がちょっくら苦しかったですが…w

良い夢でした~♪♪

https://www.youtube.com/watch?v=AcwXUqvpn-s
[MV] SKULL(스컬) _ DEH PON TOP
 ↑
(…ぇぇ、もう、この人は、BGM全お任せ。というか、
「映画化する時は主役」(韓国ロケ?)で、お願いします…w)
 ↓
http://p.booklog.jp/book/112669/read
リステラス星圏史略 古資料ファイル 8-1 『 LONG WAY HOME 』

(…そぉか…ウェイのあの「変な髪型」は…ボブ・マーレーだったのか…w)

https://www.youtube.com/watch?v=Ciu_lDomtdg
스컬&하하 SKULL&HAHA
- Love Inside (With Stephen Marley) [ENG SUB] Official M/V

 …うん。(^^;)

「また」ガンバッテ、「懐かしい未来」へ、還ろう…♪


…てことで、今日の砂魚鵜は、まずコレ分冊しました。
 ↓
http://p.booklog.jp/book/112923/read
リステラス星圏史略 古資料ファイル
 0-1 上古神代

んで、これの中身を減らして、分類整理しました☆
 ↓
http://p.booklog.jp/book/102553/read
リステラス星圏史略 古資料ファイル
 0-2 四界神話

(砂魚宇宙BGM)
https://www.youtube.com/watch?v=PV31euCDn_Q
String Quartet Music: Classical Instrumental Music | Violin, Viola and Cello Pieces for Studying


一旦終了。家事やってきまーす☆

 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月3日16:16
 
…さてそこで。

ごっつい「没原稿」のファイルを発掘してしまった…★

w(^◆^;)w…★
 
霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月3日16:17
 
14:14~16:16砂魚鵜でした☆
 
 

(2月3日) 界境監視者たる《レリナルディアイム》(月女神)およびその上位識者バレンの許可を得ること。

https://85358.diarynote.jp/201702031941537349/

(機能解除呪文) (違w

2017年2月3日 リステラス星圏史略 (創作)

 
https://www.youtube.com/watch?v=u6n29bu2Do4
Secret Garden - Songs from a Secret Garden (1999)

ファイリングしてたら、どういうわけか文章の後半が消滅してたので原典?をあたったら…w

http://76519.diarynote.jp/200606020148110000/
『上古神代』 (1995/07/13記) 
 2006年6月1日 連載(2周目!・上古神代〜水の大陸)

>……以下、ネタバレ防止機能発動圏内…… 

…とか書いてあった…w(^^;)w…☆

ぃやぃや、ネタなんかいくら暴露しても、誰にもマネできないし、
全体像の把握は(私にだって)ムリだから…ッwww

ってことで「未アップ原稿の入力」の続きに着手します…★



 球地界における人類による創作神話あるいは〈宗教〉または〈信仰〉の体系は、芸術的表現や同胞愛的奉仕活動、あるいは他の信仰を持つもの=異教徒を排斥し殺傷するためなどの、ほとんど無限な各種の行為の動機として、非常な熱意をもって繰り返し採用された。

 あまりにも多数の《クブゥク》(意魂)が共同幻想としての神話=世界観を〈信奉〉したが故に、その自己暗示の膨大かつ偏向した熱量により、しばしば現実の疑似的《バンドリュウル》(上位意想界)が界主なしに、あるいは、はなはだしい例としては界主までが疑似的に、共同的仮創造されてしまい、三次元界的能力の限界を超えた事象を惹起したり、《アルス・タペナ》(単還流)の枝脈を乱して異なる分岐や逆流現象、瘤傷などを発生させるほどであった。

 ごく下位な《クブゥク》(識界)所有者による疑似創造の珍しい例としては、他に《パオテメルラ亜洞界群》における《バンデム逆流環》などがあるが、単一の界または孤立した惑星上において、多数の共有意想界が重層的に発生・存続しえた点が、球地界における現象の特徴と言える。

 当該界における疑似的共同意想界群の直接参照を求めるものは界境監視者たる《レリナルディアイム》(月女神)およびその上位識者バレンの許可を得ること。

 なお、創界主の一柱である《ティアスラァル》(球地神)は、界の管理権をすでに放棄している。


【 Icon(意魂)= クブゥク 】






…我ながら、読み返すと「なんのこっちゃ」な内容ですが…(^^;)…

いちお、意味、通ってるんですよ…www
 

(2月3日) 《ワーガ・ママ》(自在母神)は四柱の秀でたる若神を選び、幼き界卵を与えたまう。

https://85358.diarynote.jp/201702032005173038/

 
(1985.08.03.)

★四界神話★

☆ 創世~姉弟神の確執 ☆

 いと高くきよらか(清浄)なる《センサリテヤ》(聖内界)にあ(生)れし、わか(稚)き神々、上つ神が一柱《ワ・マ》のもとに集いて日々歳々に神ながら(長成)の道をきわ(極)む。

 《ワ・マ》は自在にして遍照、《センサリテヤ》(聖内界)に生れしよろず(万)の神々を慈しみ育む母なり。

 《センサリテヤ》(聖内界)が界主は情たけ(熱)くして不動なる父神《デ・ラ》なり。

 《センサリテヤ》(聖内界)にはあまた(数多)なる神々あり、また聖なる霊、精なる霊らも、気に満ち、地に満てり。

 いちじつ(一日)、《ワーガ・ママ》(自在母神)は四柱の秀でたる若神を選び、幼き界卵を与えたまう。

 若き神らおのおのに新たなる界主となりて界想を建て、界卵を育む聖なる霊を選び、従者たる精なる霊を選び、あ(生)れるべき神のひと(卵)らを運びて、育むべきわか(稚)き神々ら仙々らを、己が界に招請せり。



 高貴なる四柱の若き神々は義姉弟神なり。

 長姉リーシェンサラルは高潔、理知をもって知られたり。
 次兄グァヒギルガスは勇猛にして創意あり。
 次妹マライアヌは情義厚くして友神さわにあり、共に携えて界を育む。
 末弟ティアスラァルは陽気にして自儘なり。

 姉神が自在母神より与えられし界卵は閉じた球をなす内球世界にて、名を《エルシャムリア》(究明郷)との(宣)る。
 兄神が界卵は迷宮綾なす《ボルドガスドム》(炎闇空洞)なり。
 妹神が界卵は伸びやかなる平盤にて、界想を献せし聖霊によりて《ダィレムアース》の名を受く。
 弟神が界卵は開ける球をなし、《ティカーセラス》(球地世界)と呼ばれたり。

 これら始原の四界は互いに隣接せり。

(2月3日) 《ミアマ・センサリアス》(初めより前の国)。

https://85358.diarynote.jp/201702032023368278/

 
(1985.08.03.)

*文献番号・〇七一八九九七七〇五より要約

 ~ 大地世界における四界神話の古謡 ~


     ☆


 それゆえに昔語りを始めよう。

 そのかみ(上古)、《ミアマ・センサリアス》(初めより前の国)と呼ばれる世界があった。

 たいそう輝かしい素晴らしい場所で、そこには人や鬼や獣はおらず、神々と仙族と聖なる精霊ばかりが、この世とそのほかのすべての世に起こる、あらゆる事柄や物語や、学業や工芸について学んでいるのであった。

 《初めより前の国》は学ぶための世界であるので、われわれの大地でのように耕したり、狩ったり、ものを作ったり商ったりして働くということはしなかった。

 神々と若い神々である仙族とは、その暮らしに必要なすべてを風(*)のなかより自在に得るすべ(術)を心得ていたのである。

 また聖なる精霊たちは神々や仙族とはさかしま(逆)に、それまで保っていた風のように眼に映らない軽い姿を捨てて厚い肉の衣をまとい、その重さに耐えて自在に使いこなす術を学んでいたのである。

 神々と仙族とは人であった時の顔かたちを忘れて精霊のように姿を風に溶かすことを学び、聖なる精霊たちは人や鬼や獣のように固い器を使うことを学んでいたのであった。

 《初めより前の国》は時の流れの始まりのみなもと(源)にあり、すべての時の大河の母なる泉であるので、けして新たに創られることはなく、そして終わることも滅びることも、失われることもない。

 その世界はいまもどこかに存在しているのである。

 ただ、そこへとたど(辿)る道のありかは、《マライアヌ・ダ・イアドライム》(母なる大地の女神)らの死とともに、われわれダレムアト(大地の民)の叡智の目録からは、絶えて失われて久しい。



(*《ミ・エセル》(風): 原語である《ダィレムアース・マリカルロク》(大地世界上古語)では、無、または空洞、見えずして存在するもの、等の意の重複した単語である。)


(2月3日) 人間達から "神" という概念で捉えられる存在達である。

https://85358.diarynote.jp/201702032046374280/

『 宇宙史略 概論 』 (リステラス星圏史) (1990.11.06.)

2017年2月3日 リステラス星圏史略 (創作) コメント (1)

 
さっきこれ貼ったっけ?
 ↓
https://www.youtube.com/watch?v=u6n29bu2Do4
Secret Garden - Songs from a Secret Garden (1999)

これのページが増えて、今週終了☆
 ↓
http://p.booklog.jp/book/112686/read
リステラス星圏史略 古資料ファイル
 Α~Ω 『 リステラス星圏史略 』


(1990.11.06.)

『 宇宙史略 概論 』(リステラス星圏史)

0.「創神模索」史観

 ある一定の法則を定義づけられたこれら物理的スペース(空間)を創設するのは常に、
人間達から "神" という概念で捉えられる存在達である。

 人々はありとあらゆる時代・文化・文明において、神々と自己との関わり、神々が世界と我とを造出した意図を探ろうと、科学、宗教、哲学や数学などの手段を発達させてきた。

 文化のある発達段階では彼我の懸隔を絶対的なものとする見方が一般的である。その時代、その世界の人々は幼く、 "神" の思惟もその能力も、模倣はおろか一端を理解する事すら不可能だからである。

 だが時代が下り、総体としての人々の能力が飛躍的に増大するようになる頃、どんな文明、どんな文化であれ、神のわざ(業)を真似び、神に近づき、神々を超える存在になること…を、たとえ神の存在を否定しながらでさえ、目標とするようになる。

 実際、人々は成長し、神々との距離は縮まっている。

 今日、リステラス星圏人に一般的なウェスラの能力は、力量ともに優れた個人によってはその精神力場で遮断した亜空間内に極短命な疑似原始宇宙を形成する事が可能であると立証されている。

 彼ら少数者は超越した技量と六感とを持ち、旧人類にとっては不可知の領域であった世界までをその理解と行動の半径に含んでいるが、間違いなく人類としての遺伝子と物理的肉体を持つ、ただの人間である。

 彼らはその掌の疑似宇宙の寿命を伸ばす努力を "練習" と呼び、その知覚を様々な時空に伸ばして世界のありようを学習すると言う。

 彼らの宇宙観をここで記述するのは控える。

 私自身、すべてを理解しているとも、また納得しているとも、とうてい言えないからである。

 だが彼らは口をそろえてこのように説明する。

 神々というのは人々の成長した姿に過ぎず、脱皮や変態の時節をむかえた人間は確かに神になるのだ…と。

 例えば子供だった人間が学課を修了すれば成人として社会へ出て、子供の親になるように。

 彼らが時空を超えて見聞きする、科学的には立証のなし得ない多くの知識のうち、今日リステラス星圏人として知られる一人類の発祥と未来に関して、概略をまとめるのが本稿の目的である。

 なお、もととなる資料は互いに関連のない複数の個人から採取し、その正確な共通性を検証した。

 

 

コメント

霧木里守≒畑楽希有(はたら句きあり)
2017年2月4日8:29
 
擬態ロリ ‏@banboots · 1月24日
 
300 Million Years of the Future World (Pangaea Proxima)
https://youtu.be/bQywDr-btz4 @YouTubeさんから
 
ねえ 地磁気測定の結果を等時間遷移で表示してるやつ見たんだけど
 
面白すぎませんか
https://twitter.com/banboots/status/824040259608420352
 
 


読者登録

霧樹 里守 (きりぎ・りす)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について