twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 , ヒューマンドラマ 作者 ぼり
価格 無料
タグ レニングラードショスタコーヴィチ独ソ戦レニングラード包囲戦レニングラード封鎖集史モンゴル史ラシードソ連アランペルシャ語
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
『集史』の翻訳に取り組んだある東洋学者の物語。

……そもそも『集史』ってなぁに?っていう素朴な疑問に答えようと思ったんです。モンゴルに興味を持った人が必ず耳にするであろう書名だし、↓の『モンゴル史(集史)』「部族篇」の序文かあとがきにも再利用できるし…と選んだ話題ですが、はじめて読む人向けのお話じゃないよね…と冷や汗をかいているところです。騎馬民族系じゃない地域・時代の歴史ファンにとってどの辺がわかりにくいのか自分ではわからなくなっているんですね。こんなんでも良かったんでしょうか???(筆者つぶやきより)

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧