twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 へるふね
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

5 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 7ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
北海道枝幸地方は明治30年代ゴールドラッシュに沸いた地である。工学士西尾銈次郎は枝幸砂金地の状況を見分し、明治35年枝幸砂金論を著した。枝幸砂金論は現代にも通じる名著であるが、専門書であると共に、漢字とカタカナで書かれた本文は難解である。本書は枝幸砂金論の難解な言葉を廃し、誰にでも解りやすく意訳することによって、枝幸地方のゴールドラッシュの様子を多くの方に知っていただくため作成したものである。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧