twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 へるふね
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

5 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 執筆中 ページ数 7ページ (Web閲覧)
29ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
北海道枝幸地方は明治30年代ゴールドラッシュに沸いた地である。工学士西尾銈次郎は枝幸砂金地の状況を見分し、明治35年枝幸砂金論を著した。枝幸砂金論は現代にも通じる名著であるが、専門書であると共に、漢字とカタカナで書かれた本文は難解である。本書は枝幸砂金論の難解な言葉を廃し、誰にでも解りやすく意訳することによって、枝幸地方のゴールドラッシュの様子を多くの方に知っていただくため作成したものである。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・「バイバイひつじ」はアルファポリスの絵本ひろばに...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

もっとみる