閉じる


<<最初から読む

6 / 6ページ

六の夜 綱渡り

綱渡り

 

 こんな夢を見た。
 渓谷に渡したロープの上を歩いていた。
 向かう先は霞んで見えず、もと来た方も遥か地平線の彼方に消えていた。ときどき谷底から強い風が吹きつけてきた。命綱もつけてなかった。
 とにかく前に進むしかなかった。
 足は震え、一メートル進むのにも体力を消耗した。時間もかかった。いくら行っても向こうの先は見えそうになかった。
 遠くに鳥が見えた。鳥は真っすぐこちらに飛んできた。
 鳥ではなく、ドローンだった。
「郵便です」
 搭載されている音声アプリが喋った。
 機体にぶら下がった袋から葉書を一枚取り出した。「あと少し。がんばれ」と書いてあった。
 顔をあげて前を見た。全然あと少しではなかった。

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

十佐間つくおさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について