twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー 作者 フリースタイルな僧侶たち
価格 無料
タグ 仏教お寺仏像フリーペーパー
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

239 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「菩薩が奈良を想って玉眼に涙をためているように見えた」

目に飛び込んできたこの一文に、引き込まれてしまいました。
まるで仏像が生きているかのような、瑞々しい表現。

驚くのが、この一文が現在高校生1年生の女性によって綴られたもので、
その女性は小学1年生の頃から仏教をテーマにした「かべ新聞」を発行し続けているということ。

その名も『仏女新聞』。

2019年5月、フリースタイルな僧侶たちは、仏女新聞を発行し続ける飯島可琳さんを取材しました。
記念すべき令和元年初のフリーマガジンVol.54のタイトルは、
ー少女がつむぐ、等身大の仏教「仏女新聞」ー です。

飯島可琳さんは、2003年奈良県生まれ 。
もちろんご家族の協力もありますが、取材、写真撮影、記事執筆、レイアウト、掲載許可の申請など、新聞制作のすべてを一人で手がけています。

当時小学1年生だった可琳さんはどのような経緯で仏教に興味を持ち、仏女新聞を発行するまでに至ったのでしょうか?

また、十年近く仏像を見つめてきたその瞳には、今何が映っているのでしょうか?

「仏像はもちろん好きだし、すごくきれいだなと思うけど、それだけでは成り立たない。祈る人がいるから作られている。仏像だけを見ていても真髄はわからないと思う」

可琳さんの仏像や仏教に対する姿勢はとても真摯的です。

仏女新聞に込められた「等身大の仏教」を体感するインタビュー、ぜひとも、ご一読ください。

54号の他のラインナップはこちら
【コラム】竹林真悟 『お寺でよく見かけるけれどなんだろ“アレ”』vol.8「Hey! Don’t think. Feel!」
【レポート】フェリシモ×フリスタコラボ商品開発レポートVol.2(by 林中えみり)
【イベント】これから開催されるフリスタ主催イベント
【マンガ】みつざわひろあき -『仏の国ブッダニア』第4話「時代」

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

もっとみる