閉じる


試し読みできます

もくじ

最高に効く! 簡単に出来る! 椅子に座っているだけの

「原田式脚ゆるめ療法」

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

●方法

 


試し読みできます

のうがき

最高に効く! 簡単に出来る! 椅子に座っているだけの

「原田式脚ゆるめ療法」

 

 

【のうがき】

 

 

 

●効果の高い療法、そして簡単な療法を追求していくと脚にたどり着いた。

 

太ももやフクラハギのある脚である。

 

ヒラメ筋、ハムストリングスや大腿四頭筋など大きな筋肉が存在する。

 

 

 

フクラハギは第二の心臓と呼ばれ、多くのマッサージ店、リハビリ、整体などで

 

揉んでくれ血流を促してくれ、全身の血流を促進し肩こり、腰痛、などの改善を図ってくれる。

 

 

 

フクラハギよりも大きな筋肉がある太ももも重要ポイント。

 

上手く軟らかくすれば、全身の血流が改善され大概の痛みや不具合が改善するのだが。

 

軟らかな筋肉にするのは難しい部位でもある。

 

 

 

●そんな脚を簡単に軟らかくする方法が見つかった。

 

やれば即効である。

 

大きな筋肉の血流を良くすれば、全身の血流改善が活発になり症状は大きく改善する。

 

 

 

●方法は、椅子に座っているだけで軟らかくなってしまうからとても簡単である。

 

腰痛、股関節痛、脚の痛み、胃腸、肩、首等々多くの症状が大きく改善する。

 

 

 

●カチカチになってしまったフクラハギや太ももは、それらの血流が悪くなってしまっているからだ。

 

老廃物が溜まり、血管を狭め、流れを悪くしてしまっている。

 

脚の血流が悪ければ全身の血流も悪くなってしまっている。

 

腰痛、高血圧、糖尿、動脈硬化、心筋梗塞など、いろんな症状が出ても不思議でない。

 

 

 

●脚の血流が良くなると、脚が軽い、歩幅が広くなる、歩行がラクになるというメリットもある。

 

歩幅が広い、歩行がラクだと歩いて脚の筋肉を鍛え筋肉を大きくするのにも好条件になる。

 

また、大股歩きはダイエット、骨盤アップ、血圧調整、ヒップアップ、お腹が凹む、腸の正常化などにも効果があるという。

 

加齢と共に衰えがちになる脚を強い健脚にしておくことは健康、健全な元気生活を送るのにとても大切。

 

 

 

《症例》

 

★さゆりちゃん

 

デイサービスのスタッフさゆりちゃん30代。右首が寝違いで痛い。座るだけ10秒で痛みが取れてしまい首が回るようになっていた。

 

彼女は痛めやすい身体で、左の腰痛も良く出る。

 

これも座るだけをやると直ぐに取れてしまう。

 

 

 

★ある日、デイサービスのF(27)スタッフは頭痛が酷いという。
酷い頭痛でも、何もないような顔をして利用者のお世話をしているんだ。

 

食事をしたら戻す(便通は良い)、目の下にはクマがあり左瞼が腫れている。目がとても疲れる。
顔色も明るさが無く、どんより、生気がない。
疲れているんだろうと初見では感じていたが、そんなに悪いとは知らなかった。

 

ある物知り利用者からは「脳腫瘍かも知れない、病院で検査せなあかん、判らんかったら大きな病院へ行って」なんて言われていた。

 

検査も必要かも知れないが、何か出るまで検査されても

 

どんな病だろう?と不安を抱えたまま過ごす日々も体には良くない(一番良くないのでは)、免疫力が落ちたままにしていたら、本当に病を生み出してしまう。

 

 

 

それにそんなの直ぐに治せる!との自信が私にはあるからね。
治してから検査を受けるべきだと私の考え。

 

彼は疲れているだろう、交感神経が高まりっぱなしで消化器系統が働かないんだ。
真面目で仕事が出来、彼に任しておいたら安心。
信頼が厚い人材、手を抜く、サボるなんて出来ない。
とてもいい人なんだ。

 

昼飯、ちゃんと食っているのか?
休憩、ちゃんととっているのか?

 

 

 

肩こりも酷く、頭痛の大きな原因。
特に左側に何かと症状が現れる。当然目も疲れる。
本人も言っていたが運動不足もある。

 

そうだね、血流が悪いのが原因だと私の見立て。

 

まずは座るだけの穏やかなケアーをしてもらう。
ただ、座っているだけだから本当に簡単。

 

それだけで、頭痛は半減、目の疲れも取れた。

 

 

 

どんだけ血流が悪いかを知らせるためにマッサージャーで78分撫でてあげた。
大きな悲鳴が室内に響き渡っていた。

 

結果、クマが消え、顔色が明るくなり、瞼の浮腫みが無くなり、目はパッチリと大きく開き、身体は軽く、元気になってしまった。

 

自分で出来る方法も幾つか教えてあるし、自分で出来るはず。

 


彼も検査は嫌、病気は怖い、多くの人々に迷惑をかける、などなど。
だが、実際そんな困った症状になり、自らの力ではどうしようもなく困っていたのだった。

 

介護職はとても大変な仕事であるのは言うまでもない。
風呂に入れるのも大変だ。それを何人もいれるなんて、とてもとても。

 

頭痛で辛くてもキッチリやって当たり前、考えただけでも私には出来ない。
せめて自分の身体はケアーして万全の身体で仕事に取り組むようにしないと事故の元だ。

 

 

 

働き方も問題だ。
食事や休憩をちゃんと取り、任せられる仕事は任せる。なんでもかんでも自分でやらない。
そんな調整は出来るはず。
いい人で居すぎないことも大切だ。

 

 

 

★山歩きが趣味のM子さん60

 

ダイヤモンドトレール(38キロの山尾根の縦走)の大会に出るという60歳位のM子さん。山中を駆け巡り大会に備えて鍛えている。

 

だが、脚が浮腫んで重いダルイのが取れない。座るだけケアーを教えてあげた。直ぐに快活になるのを感じていた。

 

脚が不都合なまま山歩きしていると、転んだり滑ったりと事故に会う可能性も多くなる。

 

 

 

★身近な人60代女性

 

花粉症が酷い身近な人、これまで様々な部位を緩めたり、揉んだり、鍛えたりして花粉症対策をしてきた。

 

今では、座るだけで花粉症の症状が出なくなっている。

 

 

★私

 

膝がなかなか良くならないでいた。

 

右膝だけでなく、左膝も痛くなったりして。

 

階段の昇りにも膝付近に痛みが発症することも。

 

脚筋肉を軟らかくすると膝痛もマシになる。

 

 

 

脚の筋肉が衰えているから膝の痛みが出るんだとの考えも理解でき、脚の筋肉を鍛えなければと思うが、鍛えると後から膝の痛みが出る。疲弊した筋肉が硬くなり血流が悪くなって痛みが生じるのである。

 

それを解消するために脚の筋肉を座るだけで緩めてしまう。

 

すると膝の痛みは出ない。

 

 

 

筋トレと座るだけの緩めを併用し膝痛はグーンと楽になった。

 

痛みが出ても、筋トレと緩めで痛みを解消してしまえるから大助かりである。

 

 

 

ハードに脚の筋トレしても後遺症は起きなくなった。

 

「座るだけ」のうまく緩める方法を使うので後遺症は出ないのである。

 

これはスポーツ選手にとっては朗報である。

 

 

 

★50代男性

 

バイクで事故を起こし左足股関節接合部骨折及び腸骨骨折と恥骨骨折肋骨亀裂骨折を負った男性。

 

手術はせずに自然治癒で回復を待つという。

 

座るだけをやると「術前、術後ではるかに違いが現れ楽になるのと痛みが軽くなるのが実感できております!」との事。

 

血流を改善するだけで、事故の骨折にも良い影響を与えてくれる。

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について