閉じる


試し読みできます

3945年度版大韓民国国定教科書(高等学校世界史Ⅲ)より抜粋

 21世紀初頭の世界情勢

 

 20世紀末の時点で、世界は四大勢力に分かれていた。南北アメリカ・西ヨーロッパ・インド・イスラエル・台湾・日本、そしてわが国を中心とする「民主主義陣営」、ソ連・モンゴル・東ヨーロッパ諸国・キューバから構成される「社会主義陣営」、中国・サブサヘルのアフリカ諸国・東南アジア諸国・ユーゴスラビア・アルバニア、並びに北韓から構成される「非同盟諸国連合」、そしてサウジアラビア等の中東諸国・北アフリカ諸国・インドネシア・マレーシア等によって構成される「イスラム共同体」である。

 この四大勢力の均衡を破った事件は、アメリカ東部時間の1999年9月11日に発生した「アメリカ同時多発テロ事件」(いわゆる「WTCカミカゼ・アタック」)とも言える。

 首謀者と看做されるウサマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディンは2003年5月2日、アメリカ陸軍特殊部隊によって殺害されたが、テロの全貌が解明されないままに当事者が死亡したため、そのことが後世に大きなしこりを残した。

 この事件を巡り、民主主義陣営の代表たるアメリカ政府は「このテロ事件の背後にはソ連当局の莫大な資金・設備・人員の提供、そしてテロ実行犯への訓練があった」との公式見解を示した。一方、ソ連当局はこれに対して「テロ事件はアメリカ合衆国の自作自演であり、国内の軍需産業を喚起して戦争特需を生み出すためになされた」との公式見解を示した。また、中国政府の公式見解によると「美国同時多発テロ事件は美国・蘇国双方が結託し、戦争を起こして莫大に膨れ上がった軍事費・人員を削減するきっかけを作ろうとしたものである」とのことであった。最後に、当時のサウジアラビア政府のサルマーン皇太子は「アメリカ同時多発テロ事件に政治的背景はなく、一部のイスラム原理主義者の暴走があったに過ぎない」との公式見解を発表した。

 この事件を契機として、民主主義勢力各国では過剰なまでの「イスラム排斥」と極右勢力が台頭した。また、社会主義陣営の盟主たるソ連では2018年、アメリカ政府に対して弱腰な政府当局への不満を募らせた一部軍人によるクーデター未遂事件が発生。その翌年にはソビエト社会主義共和国連邦は構成国15カ国を独立させて、新たに「ノヴォソビエト連邦共和国」、並びに「独立国家共同体」(CIS)を樹立した。しかしその後、対美国強硬派が政権を握ると、新生ソ連はスターリン時代に戻ったかのように、独裁体制が敷かれるようになった。

 それとは前後するが、2011年、チュニジアでインターネットを活用した、いわゆる「ジャスミン革命」が勃発した。その余波は他のアラブ諸国に広がり、次々と独裁体制が倒された。ところが、この革命はイスラム原理主義の台頭を許し、いわゆる「イスラミック・ステイツ」(IS)によって次々とアラブ諸国が乗っ取られ、数多くの貴重な文化遺産が破壊される呼び水ともなった。

 このように、21世紀初頭の数十年間における世界は、「民主主義陣営」は極右勢力の跳梁・「社会主義陣営」はスターリニズムの復活・「イスラム共同体」は宗教原理主義者の台頭によって人々が苦しめられることとなった。

 結局のところ、2043年の時点で、「四大勢力」の均衡が崩れた後に主導的な政治・経済・軍事的な勢力となりえたのは、中華人民共和国を中心とする「非同盟諸国連合」の、ただ一つの勢力であった。

 

 第三次世界大戦への過程

 

 2043年当時、中国を盟主とする「非同盟諸国連合」の経済力・軍事力・政治的圧力により、もはや「民主主義陣営」「社会主義陣営」「イスラム共同体」は、なすがままとなっていた。

 そのことに反発した人物が、パレスティナに在住していた「ファティマ」という当時16歳の少女(ユダヤ系・アラブ系のいずれかは不明)だった、と言われている。当時、彼女は過激派テロ組織「ASMAA」(アラビア語で「高貴な」という意味)に所属していた。「ファティマ」は2043年、サイバーテロにより、インターネットに頼り切っていた中華人民共和国のインフラ(通信・情報・運輸・金融その他)を徹底的に破壊し、それを一方では「民主主義陣営」の仕業に、他方では「社会主義陣営」の仕業に見せかけて、世界中に発信したと言われている。

 しかし、それらは飽くまでも憶測にすぎない。この事件の解明をきっかけとして、ソ連他「社会主義陣営」諸国がパレスティナに軍事侵攻し、その後、アメリカとその同盟諸国も、「社会主義陣営からパレスティナを防衛する」という名目で、かの地に侵攻した。

 そしてその2年後の2045年、ヒロシマ・ナガサキ以降使用されてはいなかった核兵器が、ノヴォソビエト連邦共和国によって遂にパレスティナに撃ち込まれた。それからわずか24時間後、アメリカ・ソ連両国によって全世界の主要都市・軍事基地に核兵器の雨が降ることとなったのである。

 核兵器が撃ち込まれた主要都市・軍事基地は、以下の通り。

 

 ワシントンD.C・ニューヨーク・アンカレジ・モスクワ・ウラジオストック・北京・上海・香港・大連・東京・嘉手納・アンカラ・バンコク・バグダッド・カイロ・ベイルート・ベルリン・ロンドン・パリ・ブラジリア・ハバナ・ニューデリー・ムンバイ・台北・平壌・ソウル...


試し読みできます

1

 3945年5月。旧大韓民国(現・高麗連合)京畿道の小さな町・ソサン。

 弱小資本によって敷設された軽便鉄道の、車両に揺られていたパク・チョニンは「ハッ」と目を覚ました。

(そろそろソサンに到着する時間だな...)

 第三次世界大戦時、韓国国内(北韓を除く)において、核攻撃を受けた都市はソウルと釜山の二カ所であった。これに対して北韓では、平壌・新義州(シンウィジュ)・清津(チョンジン)・蘆洞(ノドン)・大浦洞(テポドン)の、実に五カ所が核攻撃を受けて完全に消し飛んだ。あれからもう2000年近い歳月が流れている。しかし、その間に科学技術は停滞を余儀なくされている。

 チョニンは高麗連合最高裁判所(司法府所在地)のある開城から、国鉄と私鉄(軽便鉄道)を乗り継いで、10時間かけてソサンへと到着する。聞くところによると、第三次世界大戦の前は、北韓に所在する開城から旧大韓民国へ行くには、亡命しない限り無理だったそうである。

 チョニンは仁川(高麗連合行政府所在地)生まれ・仁川育ちだが、成人してから開城の小さな韓紙工房に弟子入りをして、2年ほど働いてきた。この度、有給休暇をもらって彼は、本貫(一族発祥の地)のあるソサンへと戻ったのである。

「工房にかかってきた電話で知ったが、俺の中学時代の旧友のグィホも、ソサンに来るらしい。アイツは耽羅(済州島)出身で、中学を卒業した途端に島に戻ったんだが...。さて、ジュギョンやサンソも、元気でいることやら...」

 チョニンは久しぶりに会う旧友たちと言葉を交わしあうわけなので、気持ちをはずませる。今回は電話で連絡を執りあい、彼の祖父の家でタバコをふかしながらグィホ・ジュギョン・サンソの三人と、くだらないバカ話(猥談を含む)で盛り上がるのである。

 そして軽便鉄道の電車は、ソサン駅のホームへと入ってゆく。駅から歩いて15分の場所に、チョニンの、韓国伝統建築を体現したかのような祖父の家がある。

 停車した電車の車両から降りたチョニンは、ホームのベンチに腰かけてタバコを一服する。この日は晴天で、吹き抜ける風も心地よく感じられる。

「さてと、祖父さんも元気にしているかな...?家のこまごまとした用事はホームヘルパーさんがやってくれているらしいけど、あの祖父さん、元気が有り余っているから、当分お迎えなんて来そうにない。まあ、去年亡くなった祖母さんも、長生きの家系だったそうだけどね。久しぶりに、今は祖父さんが漬けている、我が家の秘伝のキムチを味わってみたいな~」

 チョニンは独りごちる。ともあれ、タバコを吸い終えて、5月の心地よい風を満喫した後に、彼は思いバックパックも何のそのとばかりに家路を急ぐ。


試し読みできます

奥付



憧れの都・シンドアン3945


http://p.booklog.jp/book/126360


著者 : 蒸気宇宙船
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/kasuyagun17802/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/126360



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/)
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト




試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

蒸気宇宙船さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について