閉じる


試し読みできます

もくじ

太ももは神が与えてくれた万能薬

 

 

【もくじ】

 

 

☆のうがき

 

 

☆方法

 


試し読みできます

のうがき

太ももは神が与えてくれた万能薬

 

 

【のうがき】

 

 

●最近の薬関連のコマーシャル、「血流改善」という内容が増えている。

痛みや不具合を改善するには血流改善がとても大切なのである、というのを訴えている。

 

ラジオ体操でも、体操で身体の筋肉を軟らかくして血流アップしましょう、なんて言葉が使われている。

 

●殆どの痛みや不具合は血流改善することで、それらは改善できる。

休養も大切だが、元気で健やかに暮らしていくには血流はとても大切なのである。

 

●血流改善するのに大きな筋肉の血流を活発にしてあげると、全身の血流アップする。

小さな筋肉も大切で、小さい筋肉にもそれなりの大切さがあるのだが、やはり大きな筋肉の血流アップは多くの部位にカンタンスピーディーに好影響を与えてくれる。

 

●大きな筋肉とは?

お尻や太ももの筋肉が最大級の筋肉である。

これらを鍛える、ストレッチするなんてことも大切である。

原田式たった一つの筋トレは柔軟アップが凄い」で筋トレする、或いは「たった一つの原田式ストレッチは若返りの秘密兵器」も、筋肉を軟らかくしたり血流を促したりして素晴らしい効果をもたらしてくれた。

 

●直接揉んで軟らかくするという療法、揉み方によってはとても効果が高い。

上手く揉めないと、大した効果が無い。

太ももは揉むという行為には難しい部位なのである。

 

●上手く揉んだら血流は凄く良くなる。

揉む方法もカンタン、イージーである。

椅子に座って出来るので、いろんなシチュエーションで実践できる。

痛い、調子が悪いと思った時に簡単に使えるから、とても重宝する。

 

●肩の痛み、腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、膝の痛み、肘の痛み、疲れ目、花粉症、腸の不具合、疲労回復等々からダイエットまで。

多岐多用にわたり効果がある。

 

●脚や体がとても軽くなる。全身の血流が良くなるからである。

血流が良くなると新陳代謝が活発になりエネルギーを消費する。

ダイエットにも効果が大きい。

 

【症例】

●花粉症

60代のH子さん

花粉症が酷い。

椅子に座ってもらい、ご自分で揉んでもらう。

直ぐに鼻をすする回数が減り、五分後にはすすらなくなっていた。

●腰痛、坐骨神経痛の症例

仙腸関節不安定症という名称を付けられた60代?のT子さん。

腰が痛い、右のお尻から足に掛けて坐骨神経痛のような痛みや痺れがある。
いろんな病院へ行くが原因が判らなかった。
ある病院で仙腸関節不安定症と診断された。

診断されたが、治療しても症状は消えない。

椅子に座ってもらい、チョイチョイと揉むだけ。
五分も掛からない。
それで痛みは消えた。

あとは自分で出来る。

 

●70代の左膝痛のH氏。

椅子に座って太ももを揉んであげること3分で膝痛は激減した。

後は自分で実践すればよい。

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について