閉じる


試し読みできます

モーゲンソー・プラン(概要)

モーゲンソー・プラン(概要)

 

1.ドイツの非武装化

 ドイツ降伏後、連合国は可能な限りにおいてドイツの非武装化を完遂しなければならない。これは、ドイツ国防軍、並びにドイツ国民から武器を取り上げることである。全ての兵器・軍備の撤去・破壊を含めて軍需産業は完全に破壊されるべきである。また、その他軍事力の基礎となる主要産業も破壊されなければならない。

 

2.ドイツ分割

 ポーランドは東プロイセンをソ連と分割し、シュレジエン南部を得る。

 フランスはザール、並びに底と隣接するライン川とモーゼル川を境界とする範囲を得る。

 ルール地方と隣接する工業地帯を含む部分には、国際管理地が設立される。

 ドイツの残る部分は、南ドイツ(バイエルン州・ヴュルテンベルク州・バーデン州)・北ドイツ(プロイセン州・ザクセン州・テューリンゲン州・他)に分割される。

 オーストリアは、1938年の併合以前の国境内に復活し、南ドイツと関税同盟を締結する。

 

3.ルール地方の処遇

 ルールとその周辺の工業地帯(ラインラント・キール運河、並びにキール運河以北)は、ドイツの工業力の中心地であり、先の大戦の元凶である。この地域は、現存する産業(商工業)を排除するのみならず、将来に亘って産業地帯となることが不可能なよう、弱体化・連合国による管理が必要である。

 具体的には以下を参照

 

 ・戦争終結後、6カ月以内に戦争によって破壊されなかった全ての工場・設備は完全に解体・移送され、あるいは破壊されなければならない。この地域の産業の破壊は、次の3段階からなる。

 

  1.この地域に入る部隊は、動かせない設備は全て破壊する。

  2.施設・設備の移送は、連合国各国が原状回復と賠償の一環として行う。

  3.一定期間(例えば6カ月間)で移送できない施設・設備は、完全に破壊されるかスクラップにされて、連合国に輸送される。

 

 ・この地域の全住民は、今後永久にこの地域が産業地帯とならないことを理解すべきである。従って、この地域に住む特別な技術を有する人間・技能訓練を受けた人間、並びにその家族は、この地域から恒久的に追放され、可能か限り各地に分散されなければならない。

 ・この地域は、連合国が設立する新たな国際機関に統治される国際管理地となるべきである。この地域の統治にあたり、統治機関は上記の目的を進めるべく設計された政策に従わなくてはならない。

 

 

 

 

4.原状回復及び賠償

 賠償金は、分割支払い等の形で請求されるべきではない。原状回復と賠償は、以下のようにドイツの資源・領土の移転によって行われるべきである。

 

 ・ドイツによって占領された地域でドイツ人により滅失した財産を原状回復させる。

 ・ドイツの一定の領土、及びその他に所在する産業資源に対する私有権を、侵略された国家や国際機関の下に移転させる。

 ・ドイツ国外では、ドイツ人に強制労働させる。

 ・国外にあるドイツの資産は、どのような形のものであれ、全て没収する。

 

(補足)

本プランの概要に関しては、ドイツのみならず全ての枢軸国、並びに、枢軸国寄りの中立国—ーイタリア・オーストリア・ハンガリー・ブルガリア・ルーマニア・フィンランド・スペイン・ポルトガル・チェコ・スロバキア・アルバニア・モンテネグロ・セルビア・クロアチア・マケドニア・ギリシャ・アルゼンチン・イラン・イラク・フィリピン・ビルマ・タイ・ベトナム・満州、及び日本(朝鮮半島・台湾・クリル列島・南サハリン・小笠原諸島・奄美群島・琉球列島を除く)——に対して適用される。

 


試し読みできます

1

 3945年5月。南ドイツ連邦共和国の小さな町・ミュンヘン。

 ガタガタとおそろしく揺れる木炭バスの、座り心地の悪い座席に腰を下ろしていたアンネ(ドイツ人)は、ハッと目を覚ました。

(そろそろミュンヘンに到着する時間ね...)

 はるか昔、この木炭バスの走っている道路には「テツドウ」というものが敷かれていたそうである。しかし、アンネはその「テツドウ」というものを見たことがない。同じく「ジョウキキカンシャ」だとか「ロメンデンシャ」というものも、彼女は実物を一切見たことがなかった。20世紀半ばに起きた大戦争で枢軸国側が敗北し、「モーゲンソー・プラン」が実行された結果、この国の工業インフラはことごとく破壊され、40世紀を迎えた今なお立ち直っていない。

 オーストリアとの国境に近いミュンヘンは、大戦前は、かなりの規模の大都市であったという。しかし、アンネの知る「ミュンヘン」は、人口がたったの5万人程度の「単なる田舎町」に過ぎない。

 アンネは、南ドイツ連邦共和国の首都・レーゲンスブルクの、小間物商の店舗に奉公に出ていた。1年間地道に働いたので、有給休暇をもらって彼女は故郷のミュンヘンに帰郷したのである。

「この間、舖に来た電報で知ったけど、マリカさんも久しぶりにミュンヘンに来るらしいのよね...。あのコはロマ人だから、ひとところには留まらないのだけど...。さて、レベッカさんやゾフィアさんも、元気にしているかしら?」

 アンネは、自分の旧友たちが一堂に会すので、その期待に胸を膨らませる。

 そして木炭を燃料として走るバスは、ミュンヘン中央バスターミナルに到着する。アンネもトランクを抱えて、バスから降りる。ここから歩いて15分の場所に、アンネの実家がある。そして電報のメッセージによると、彼女の家にマリカ・レベッカ・ゾフィアの三人も集って、久方ぶりのお茶会を行うそうである。アンネの父親と母親が、タンポポを原料として作る「代用コーヒー」(本物のコーヒーは、この時代の旧枢軸国側の人間には最早味わえないものとなっている)で催すお茶会の、ホストファミリーとなる。

 ともあれ、アンネはトランクを片手にテクテクと歩く。この日は快晴で、吹き抜ける風も心地よい。

「さあて、久しぶりの我が家。パパやママも元気にしているかしら?あとは代用ショコラを混ぜ込んで焼いたクッキーでもあれば、私だって言うことはないわ。みんなでワイワイと盛り上がるお茶会、楽しみだな~」

 あんねはそう独りごちる。5月の心地よい風を感じて、彼女は重いトランクを手にしながらもそんなことなど意に介さないかの如く足取りも軽やかに家路を急ぐ。

 


試し読みできます

奥付



モーゲンソー・プラン3945


http://p.booklog.jp/book/126262


著者 : 蒸気宇宙船
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/kasuyagun17802/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/126262



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/)
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト




試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

蒸気宇宙船さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について