閉じる


<<最初から読む

1 / 1ページ

忘却のベンティスカ

Hello, World!

 

次から次から次へと

無垢な雪が空に舞い上がり

頬に叩きつけられていく

 

前が見えない

そんな話は聞いていない

 

強者の楽園へようこそ

 

心をもて余した敗者は

とうてい居られないような

純粋な電波が飛び交っている

 

前も見たくない

そんな日々を送るのだろう

 

以前の私という存在は

徐々に雪に埋もれていって

ささやかな記憶も記録も

遠いメモリーとして

忘れ去られてしまうのか

 

さあ、大忙しだ!

 

ここで生きていくからには

悲しみという贅沢品を

可愛らしい飴玉のように

口の中で転がしている暇はない

 

仕方のないことなのだろうよ

良いも悪いも与えられるがまま

ちっぽけな雇われものは

あるがままを受け入れるだけさ

 

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

百舌谷 灯さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について