twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 小林 道憲
価格 無料
タグ イノサン墓地死の舞踏メメント・モリ死を想え人工生命維持装置延命治療死の意味人工呼吸器現代医療死すべきもの四苦八苦人生アポトーシス宇宙への回帰死の練習寒山拾得天台山国清寺森鴎外文選水墨画梁楷牧谿因陀羅明兆霊彩松谿可翁
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

13 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 14ページ (Web閲覧)
15ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
1.人工生命維持装置が発達し、死ねない時代をむかえた現代、改めて死の問題を考える。死とは何か、生とは何か。ヨーロッパ中世の「死の舞踏」の絵の解釈を出発点にして、死の意味について思索する。
2.森鴎外の『寒山拾得』という短編を紹介し、寒山とは一体何者だったのか、その代表的な漢詩をいくつか挙げながら叙述する。水墨画などで描かれてきた寒山像とは違ったものが見えてくる。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧