twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 nkgwhiro
価格 無料
タグ 文学和歌女流歌人
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

5 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 6ページ (Web閲覧)
15ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
つくばの暮らす、いや、板東と言われたこの地に暮らすものにとって、雪は特別な感慨を常にもたらすものであります。
昔は、この地方でもよく雪が降ったものでしたが、最近は滅多に降らなくなりました。
ですから、ひとたび、降れば、大混乱です。勤め人は出勤さえも一仕事になります。思わぬ事故に出くわしてしまうこともあります。
しかし、そうした不幸から目を離せば、雪ほど、人の心に作用するものはありません。
雪は、非日常の世界を私たちにそれとなく提示するのです。
白い雪が非日常を醸し出すのか。それとも、人の心が雪によって高揚するのか、得体のしれない作用がそこにはあるのです。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧