閉じる


<<最初から読む

14 / 31ページ

ザ・地元 - 2019.01.14 Mon

こんにちは、らくだです。
突然ですが自分は離婚するまで野田阪神に住んでいました。

コンビニまで徒歩1分。
大型イオンまで徒歩3分。
都市銀行4社すべて徒歩5分。

便利で大好きだったんですが、離婚して実家へ出戻った現在、地元の風景はこういう感じ。

190114-01.jpg

コンビニも銀行もありゃしねえ!
徒歩ですぐ行ける建物(?)はビニールハウスのみ!

なお遥か彼方の2棟のビルが高槻駅です。
最寄駅までどんだけ遠いのって感じです。

見ての通りこれだけ町はずれなので、ユニバまで往復3時間ほどかかりますが、好きな声優さんのCD聴いてればテンション上がるから、オタクって便利だよなと通勤電車の中で実感している次第。

それに何より、超不便な自然味あふれる地元は、疲れ切った心身を癒すにはピッタリかなと。

今は冬なので畑が寂しいですが、あぜ道をゆっくり歩いていると、季節の移ろいを肌で感じられますからね。

自分はもともと田舎出身ですし、性格も割とマイペース気味ですし、趣味も仕事も出来ることは最大限に頑張りつつ、精神的にはあせらずまったり過ごしたいと思います。

14
最終更新日 : 2019-02-10 14:01:56

ラブレターコンテスト2019 - 2019.01.15 Tue

こんにちは、らくだです。

去年も紹介しましたが、日本製紙連合会による「ラブレターコンテスト」が、今年も開催されています。

応募用紙は主要郵便局に置いてありますが、公式サイトからもダウンロードできる模様。

【ラブレターコンテスト2019】
http://kamitsubu.com/campaign/loveletter/2019/

対象は恋人以外でもいいと書いてあったので、自分は去年、亡き息子への感謝を綴って応募したんですよね。

結果?
普通に落選でしたけど?

いや別にいいんですよ!
こういうのって書くこと自体に意味があるから!

ちなみにラブレターの対象は下記4パターン。

・片思いのあの人へ
・恋人・夫や妻へ
・家族へ
・友達・その他へ

大切な人への感謝の気持ち。
皆様もこの機会にしたためてみてはいかがでしょうか。

15
最終更新日 : 2019-02-10 14:01:56

ホワイトハート新人賞 - 2019.01.16 Wed

こんにちは、らくだです。

次の投稿目標はビーズログなんですが、完成するかどうか雲行きが怪しいので、女性向けコンテストの締切を再確認。

・1月 コバルト(集英社)
・3月 ビーンズ(カドカワ)
・4月 ビーズログ(ファミ通)
・8月 アイリス(一迅社)
9月 ルルル(小学館) ※募集停止
・11月 ホワイトハート(講談社)

そうだよな……。
ルルル消えちまったんだよな……。

なおホワイトハートは紹介したことがなかったと思うので一応リンクを。

【ホワイトハート新人賞】
http://wh.kodansha.co.jp/newface/

・ジャンル 不問(ファンタジー、恋愛、ヒストリカル、学園、コメディ等)
・規定枚数 40字×40行で80~100枚程度
・応募締切 2019年11月30日(土)

男性向けラノベの方もそうですが、講談社はあまり流行に振り回されずに、独自路線を突き進んでいる印象ですよね。

まあとにかく、ビズログを落とした場合しばらく女性向けの賞がないので、何が何でも落とさないよう踏ん張ろうと思いました(汗)

16
最終更新日 : 2019-02-10 14:01:57

教習所ふきだしコンテスト - 2019.01.17 Thu

皆様こんにちは。
今回は教習所ふきだしコンテストをご紹介。

海外の変わった道路標識にふきだしをつけ、面白い台詞を考えようというコンテストです。

【1月のお題】
https://www.koyama.co.jp/form/campaign/kyoushu_quiz/balloon/index.php

完全に大喜利じゃねえか!
大阪人の悪ノリかと思ったら普通に二子玉川だし!

まあでも、こんな企画を思い付いてしまうくらい、海外って変わった道路標識が多いですよね……。

なお前回分の結果は以下。
こちらも面白いので是非。

【11~12月の結果】
http://www.koyama.co.jp/topics/info/top/000197.html

応募総数13,038作品という衝撃。

多すぎるわ!
どんだけ人気コンテストやねん!

なお自分は「二度とあの床屋行かない」が好きです。
どれを選ぶかでその人の笑いの好みがわかりそうですね。

以上、色々な意味でツッコミたい教習所ふきだしコンテストの紹介でした。

17
最終更新日 : 2019-02-10 14:01:57

命日 - 2019.01.18 Fri

今日は息子の命日でした。

息子は一年前の今日、私が朝起きたら、亡くなっていました。
特にどこか悪かったわけでもなく、前日までは普通に元気な様子でした。

医師には「睡眠中の窒息」あるいは「SIDS(乳幼児突然死症候群)」だろうと言われましたが正確なところは今でもよくわかりません。

理由がわからないからこそ、この一年間、自分を責め続けてきました。

隣りで寝ていたのに何故少しも気付かなかったのか。
こんな自分は母親失格だし天国で息子に会えても顔向けできないと。

たとえばあの夜、私が途中で起きていたら、結果は違っていたのかもしれない。

そんな後悔が尽きません。
これほど深い後悔を覚えたのは人生で初めてでした。

ただ、過去を変えられない以上、それは思っても仕方のないこと。

失った命は何をやっても取り戻せませんが、今の私にできるのは、その日一日を懸命に前向きに生きることだけ。

ここまで来るのに丸一年かかりましたが、ようやくそんな風に気持ちの整理がついたので、止まった季節がまた動き出した感じです。

ただし離婚テメーはダメだ。
一方的に捨てられたこと絶対に許さねえからな。

というわけで、悟りの境地にはまだ程遠いですが、別に聖人になる必要はないと思いますし、一度きりの人生を自分らしく歩んでいきたいです。

18
最終更新日 : 2019-02-10 14:01:57


読者登録

常木らくださんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について