twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 高田康利
価格 無料
タグ 邪馬台国海部氏系図、籠神社、八幡、鹿児島神宮、応神、神武、神功、神武彦火明、
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

2 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「倭人伝」、「記紀」、地名、各種の伝説、『邪馬台三国志』の筋書、神社の縁起、考古学等々に基づき、神武(磐余彦)と神功/海部氏系図/八幡(応神)の出自について解説。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

もっとみる