twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】新潟湊の夜明け~新潟上知編」 のバックナンバーです。(2019-01-21 13:51:47 発行)

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 きのしゆう
タグ 連載江戸時代新潟上知川村修就初代新潟奉行人情
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

4 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
44ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
唐物抜荷騒動後、幕府は、長岡藩に新潟上知を命じた。新潟町は、藩領から幕府の直轄地となった。初代新潟奉行となった

川村修就の史料を元に創作した時代小説。川村の新潟赴任の前後を描く。新潟湊の夜明けの主人公、松浦久兵衛も登場します!

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる