twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 きのしゆう
価格 無料
タグ 江戸時代徳川家斉田沼意次松平定信大奥シリアス田沼時代歴史時代小説武士
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

5 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 13ページ (Web閲覧)
183ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
放漫政治を行う一方で側室を多く持つ子だくさんとして知られる将軍徳川家斉。

家斉の御代は、天明の大飢饉が日本中を襲い、幕府の威厳は地に落ちて財政は火の車だった。

そんな中、2人の宰相が政治手腕を発揮した。田沼意次は本当にアンチヒーローなのか? 

松平定信は? 意次は、先見の目をもつ政治家だった。定信は意外と頑固? 

作者が独自の視点で探り出した新たな人物像を描いた創作時代小説。


これを読めば、田沼意次の政治と本当にやろうとしていたこと、
松平定信の政治がわかる一冊。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧