閉じる


<<最初から読む

49 / 55ページ

いずみにをり(☆)


おまけ1.またこんどっ記念絵


おまけ2.ヴェスニルとセルアダ

 

ヴェスニルさんは、ヤドカリのような身体能力をもつ ”魔物”さん。たまに殻が出現します。

即興詩をつむぐオブジェを制作しています。むっつり と言われると 照れつつ怒るよ。

 

セルアダさんは、雌雄ふりーだむ な 妖精さん。球体の姿は魔力的にエコです。

どんな種族にも着られる服を作り出しますが、制作方法は妖精秘密。ヤウンゲさん大好き!

 

おふたりとも 画楼においては古株なほうで、ゲンキでなにかとお忙しい?色の精霊どのにかわり、

頼られたり教えたりします。主人公より個性的?かつ、気のいいこんびです。


おまけ3.サメレ

 

見た目より残忍だったり怪しく…は ないですが、砂をあやつる”魔物”です。

 

夢の奥の闇の底あたりの 魔物さんがたは 魔力強い=偉い?に基づいて暮らしており、

なかなか大変なようです。

 

サメレくんは いろんなものを失い こころ枯れかけたときに ミオリさんと彼の絵を見ました。

絵から舞い上がる鳥たちが、なんだか ど真ん中希望ヒットしてしまったようです。

今ではもう、みおりさんの前では でれでれっのでれ であります。

 

でも、ごかぞく以外からの評価と心のゆきかいに希望をみたのは、ミオリさんも かも、しれません。

 

だから、自身が砂にかわり 奇妙な世界中を彷徨い隔たっても、切れることは ないみたい。

サメレさんの歌に脱魂してとろけるファンがいるのは、ちょっとアレがソレですが…



読者登録

謡犬 ユネさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について