twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 きのしゆう
価格 無料
タグ 笑いあり痛快捕物江戸時代の仕事新潟上知
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
92ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
天保年間に、越後長岡藩領の新潟町で2度にわたり起きた唐物抜荷騒動を題材にした創作時代小説。

新潟町の町政を取り仕切る検断、松浦久兵衛は、白山神社の祭りで、奇妙な恰好で飴を売る江戸の商人、「江戸屋万蔵」と出会う。ある日突然、万蔵は姿を消す。そんな中、久兵衛は、唐物抜荷改役の伊藤から、仲番所の潜入捜査を命じられる。仲番所で船荷改めの際、小宿の「山本屋」の船荷に不審を抱いた久兵衛は、その夜、「山本屋」の蔵に忍び込む。船荷の中に、抜荷の唐物を発見して、新潟町でまたもや、唐物抜荷が行われていることを知る。
 「山本屋」の蔵にあった抜荷の唐物は、「山本屋」のものではなく、廻船問屋「小川屋」のものだとわかるが、「山本屋」の主、宗一郎が怪死して証言を得られなくなる。捜査に行き詰まる久兵衛の元に、前回の唐物抜荷事件で知り合った十日町の商人、島田屋俵右衛門から、抜荷の情報がもたらされる。後先考えず、独断で十日町に乗り込みおとり捜査を行う久兵衛だが、唐物抜荷の現場を押さえようとした矢先、関東取締出役に手柄を横取りされた上、逮捕される。
 首謀者の粂吉の取調べにより、新潟町でも多数の逮捕者が出た。事件解決から数日後、鉄砲所持で捕まった下手人が殺しを自供。山本屋宗一郎の死の真相が明らかになる。

コメント&感想お待ちしております!

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧