閉じる


プロローグ

 

人は、人生を自分自身で決めて生きることが、望ましい。だが時として、人の思惑で生き方、人生そのものが変ってゆくことがある。彼女は、そんな一人なのかもしれない。

 


2003年 春   イギリス国内。

枯れた牧草地の一本道を、黒のロールスロイスが走ってゆく。

サングラスをかけたスーツ姿の運転手と、後部座席には、黒のコートに身を包んだ白髪の男が,どっしりと座っている。

 

『目的地に到着しました』

カーナビが言った。

車は、ぽつり、ぽつりと家が建ち並ぶ集落の中を、ゆっくりと走っていた。

集落の中心にレンガ造りの教会が見えた。車は、そこで停まった。

 

運転手が降りて、後部座席のドアを開ける。

白髪の男が車から降りると、教会の扉が開いた。日曜日のミサに参列した町人が出てくる。

その中に子供達と神父が出てきた。

神父は笑顔で、子供達を見送り終わると、白髪の男と目があった。

 

「久しぶりだな。すっかり神父が板についているようだな」

白髪の男が懐かしい表情をして言った。

 

「ミサだったら、終わったぞ 」

神父は、男のことを歓迎しない様子で中に入る。その後に続くように、白髪の男も入ってゆく。

 

 

 


「もう12年も過ぎたんだな。君が、国の情報機関を辞めてから」

白髪の男は、祭壇に向かう神父に言う。

 

「君とは何も話すことはない」

神父は、背中を向けたまま、そっけなく言って歩き出す。

「ジェニーは元気にしているのか?」

 白髪の男の言葉に、ピタリと神父は足を止めて、「ジェニーは、成人するまで、私が面倒を見ることになっているはずだ」

「彼女の協力が必要なんだ」

白髪の男は、神父を引き止めるように言う。

「ジェニーのことは、そっとしておいて欲しい」

神父は、再び足を止めて振り返らずに言う。

 

「今、再びレプリカ計画の必要性がある」

白髪の男が、神父に近寄り背中に向かって言う。

 

神父は振り返り、「また、女王陛下の指令でも受けたのか? 」

 

「女王陛下ではない。今度は、イギリス国家の重大な事業だ。君も、政府の情報機関で働いていたから、今後のわが国の情勢もわかるだろう」

 

「レプリカ計画は、愚かな人間のエゴで悲劇を生みだす研究だと、ミスター・フクオカは言っていた。私も同感だ。だから、政府の仕事も辞めた」

神父は、哀れむような言い方をする。

 

「もう昔のことだよ。それより、ジェニーに会わせて、話をさせてくれないか?」

白髪の男は、願うように頼んだ。

「彼女を利用するのは、やめてほしい」

神父は拒むような言い方をする。

「彼女を悪いようにはしない」

「悪いようにはしない・・・・・・政府は、今まで、彼女の存在を隠してきたじゃないか! それで、今さらになって協力しろと!! 」

神父は、怒りを全面に出して言った。

 

「彼女の将来を考えたことがあるのか? このまま身を隠すような生活を続けさせることが、本当にいいことだと、君も思っているわけじゃないだろう」

白髪の男が真顔で反論する。

 

「何を言っている。そうさせたのは、君達、政府の人間じゃないのか?」

 

「確かに、彼女が誕生した時は、世論が許さなかった。だが、今は違う」

「違うって・・・・・・彼女を政府のために利用するのは、やめてくれ! 」

 

「やがて、彼女も大人になる。自分の出生のことや、両親のことを知りたいと思うことがあるだろう。その時は、どうする。真実を知らさずに、ここで、彼女を縛り付けるような生活をさせてゆくなら、そのほうが酷だ」

白髪の男は、きっぱりと言った。

 

「それに君の体の状態は、あまり良くないようだな」

その言葉に、神父は蒼ざめた表情をする。

 

「すまん。つい、プライベートなことを知ってしまった。だが、考えてみてくれ?」

白髪の男は、優しい口調で頼んだ。

 

「帰ってくれないか」

「わかった。また来るよ」

 と、白髪の男が去ろうとした時、扉が開いて、ヒョイと少女が顔を出した。

 

「神父様、お邪魔でしたか? 」

ひとりの少女が中に入って来た。

彼女がニット帽を取ると、黒い長い髪と丸い黒い目が印象的だった。

「今、帰るところだよ。邪魔したね」

白髪の男は、少女に笑みを見せて外に出た。

 

「どうでしたか? 」

白髪の男が、車に乗り込むと運転手が尋ねた。

「今日のところは、いい返事をもらえなかった。だが、彼女には会えた」

白髪の男は、先ほどの少女が、ジェニーだと確信できて満足そうだった。

「いいか。指示したとおりのものを設置しておいてくれ」

「はい、わかりました」

運転手が答えると、車が動き出した。

 

 

 

 

 


数ヶ月後。

 

体育館の中で、男子生徒に交じって、女子生徒のジェニーが、バスケットボールに参加していた。ジェニーがボールを受け取ると、ドリブルで素早くリングへシュートする。

 

「ジェニー! 」

コートの端で、クラス担任のディックが声をかけた。

 

ジェニーは、ディックの呼びかけに反応するように、メンバーチェンジをしてコートを出る。

ジェニーは、タオルで額の汗を拭きとりながら、ディックに近寄った。

 

「そろそろ返事を聞かせてもらいたいと思ってね? 」

ジェニーは、セカンダリースクールの生徒だった。卒業後の進路がまだ決まっていない。そのため、ディックが気にかけるようして訪ねて来た。

 

「君なら、学力も優秀でスポーツも万能だから、推薦する学校も十分やっていけると思う」

ディックは、自信たっぷりに言う。

 

「そのことなら・・・・・・もう少し待ってもらえませんか? 」

ジェニーは、浮かない表情をする。

 

「神父は、君がロンドンの学校へ行くことを、許してくれないのか? 」

ディックは、ジェニーの気持ちを察するように尋ねた。

 

「ええ、どうしてかわからないんですが、この町から出てゆくことを許してくれないんです」

 

「君が弁護士になりたいという夢は、素晴らしいことだと思う。人のために、役に立つ人間になりたいという、君の気持ち、神父もわかってくれると思うんだが」

ディックは首を傾げた。

 

 

「ジェニー! 」

コーチが、コートに戻るように指示が出す。

 

「今度、君の進路について、神父に会って相談してみようか? 」

「ええ、お願いします。じゃ、戻ります」

「これを渡しておこう」

ディックは、ジェニーの推薦する学校のパンフレットを渡す。

 

ジェニーは、ディックに軽く頭を下げてコートに戻った。

 


 神父は、診療所にいた。

午前中の診察時間を終えた後、診察室でドクターと神父の二人だった。

 

「あまり、よくないようだ」

ドクターは、レントゲン写真を覗きこみながら、顔をしかめた。

「そうか・・・・・・」

神父は、わかりきった様子で言う。

 

「ジェニーには、病気のことは話したのか? 」

「・・・・・・」

ドクターの尋ねたことに、神父は複雑な表情をする。

 

「どうするつもりだ?」

「そのことだが、私が亡くなったら、ジェニーが成人するまで、君に頼みたいんだ」

 

「・・・・・・」

急なことで、ドクターは少し考えて話出す。

「ジェニーは、ロンドンの学校へ進学したいと希望している。学校は名門校だ。そこで、優秀な成績で卒業すれば、ジェニーにとってはいいことだと思う。だが、君は許していないようだが、どうして何だ? 」

 

「何も、遠くに行かなくとも、地元の学校に行っても、弁護士になる勉強は出来るはずだ」

 

「ジェニーが君の目から離れて、ひとりで生活させるのが心配なのか? それなら、ロンドンに知り合いがいる。彼女に、ジェニーの面倒を見てもらおうと頼んでみようか? 」

ドクターが、神父の気持ちを察するように言う。

 

「ドクター、君の気持ちは嬉しいが、ジェニーは、この町で生活させてほしい。それで、君が目を光らせて見ていてほしいだ」

ドクターは、神父の言い方が、ジェニーを監視して欲しいと言っているようにも思えた。

 

「なあ、神父。医者として聞くじゃない。昔ながらの友人として知りたい。君は、ロンドンで何か特別な仕事をしていて、そのことが、ジェニーと関係しているんじゃないのか? 」

ドクターは、思ったままを聞いた。

 

「私は、ロンドンの商社で働いていた。何も特別なことはしていない」

神父は、否定するような言い方をした。

 

「まあ、仕事には守秘義務があるから、別に言わなくてもいいが。私が、不思議に思ったのは、君が五十を前にして、こんな小さな町に帰ってきて、神父になったことだ。しかも、自分の子供じゃない、ジェニーを連れて」

「この町は、私の故郷だ。帰ってきて何が悪いんだ」

 

「君は、昔から野心家だった。都会に出て、成り上がってゆくタイプだと思ったが」

「君とは、同じクラスメイトだったが、ずいぶん昔のことだ。年老いた分、欲もなくなった」

神父は言い訳ぽく言った。

 

「ジェニーのことを、私に預けたいなら教えてくれないか? 彼女の両親は誰で、今はどこにいるんだ? 」

 

「・・・・・・正直、ジェニーの両親のことは、自分もよく知らない。ある人物から、頼まれて預かった」

「その人物は誰なんだ? 」

ドクターが興味深く尋ねた。

「それは・・・・・・いや、すまん。今の話は忘れてくれ」

神父は、頑に秘密を守っている様子だった。

 

「ドクター、そろそろ失礼する」

神父が、診察室の椅子を立ち上がる。

 

「ハリス、そんなに時間はないぞ。いい結論を見つけろ。それから、あまり自分を刺激するようなことはするなよ」

ドクターは、神父のことを名前で呼んで、忠告するように言う。

「カール、時間を取らせてすまなかった」

神父もドクターの名前で呼んで、診察室を出てゆく。

 

 

 


ジェニーは、友人のアンジェラと一緒に校門を出た。

アンジェラは、ジェニーの家の向かいに住む少女で、学年も一緒だった。

 

「ねえ、アンジェラは進学する学校は決めたの? 」

「ええ、隣町の学校にしたわ」

将来、アンジェラは学校の教員になりたいと思っていた。

「ジェニーは、どうなの? 」

「うん・・・・・希望する学校は決めたんだけど」

ジェニーが浮かない表情になる。

 

「まだ、神父様が許してくれないの? 」

アンジェラは、察するように尋ねた。

「ええ・・・・・・最近は、神父様の体調も悪くて、言い出すタイミングがなくてね」

「そう。でも早く決めないと」

希望校の願書提出の日が近づいていた。

 

「ディック先生が、神父様を説得してくれることを約束してくれたの」

「そう、良かったわね」

「私の方からも機会があったら、説得してみようと思うわ」

「ジェニーだったら、ロンドンの学校も合格できると思うわ。絶対、説得しなきゃ」

アンジェラが、ジェニーを励ますように言う。

「ありがとう」

アンジェラの言葉は、ジェニーを笑顔にさせた。

 

ジェニーが自宅に帰ってきた。

ジェニーは、教会横の建物で、神父と一緒に暮らしていた。

 

ジェニーは、木製扉のドアノブに手をつけた時、ニャーと声がした。ジェニーが振り返ると黒い子猫がいた。生まれて間もなく、手のひらに入るぐらいの大きさだった。再び、ニヤーと泣くと親猫が近寄ってきて、そのまま子猫の体を口にくわえて、どこかに行ってしまった。

 



読者登録

K・ボーイさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について