twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格600円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 ビジネス 作者 日本外食新聞
価格 600円(税込)
タグ 日本食外食フード居酒屋レストラン業界紙飲食店経営外食新聞飲食メーカー就活飲食業
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 -
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【2019年1月1日号 目次】(全28ページ)
表紙:◆外食産業を動かす人々/NPO法人 居酒屋甲子園 7代目理事長 山崎 聡 氏
2:人!人!人の時代だ! ―アルバイトを輝かせて社員に導く 「大地」(滋賀)の育成法が業界を救う
3:人!人!人の時代だ! ―アルバイトを輝かせて社員に導く 「大地」(滋賀)の育成法が業界を救う
4:人!人!人の時代だ! ―アルバイトを輝かせて社員に導く 「大地」(滋賀)の育成法が業界を救う
5:人!人!人の時代だ! ―アルバイトを輝かせて社員に導く 「大地」(滋賀)の育成法が業界を救う
6:広告
7:ホットP外食総研 2019年トレンド予測 キーワードは「ポータグルメ」│◆外食サムライ道
8:シンシアージュ×物語コーポ 飲食店を「社食化」するサービス拡大│◆WDI JAPAN 福田典生のかみツイート
9:広告
10:広告
11:これがロイヤルGが模索する 「近未来の飲食店のカタチだ」
12:ロボットが描く外食の近未来 人手不足の救世主になるのか
13:ロボットが描く外食の近未来 人手不足の救世主になるのか
14:謹賀新年
15:◆売れるPBのすべて
16:空き時間に店舗貸し出し 新たな収益源に期待も
17:広告
18:広告
19:直近上場外食企業のこれまでとこれから
20:広告
21:エコノミストが2019年を読む 外食業界の進むべき道はここだ
22:◆印束義則の繁盛店実況中継/神奈川・伊勢原/《上海厨房 桂花楼》
23:広告
24:インバウンド最前線 怒濤のように訪れる外国人 宝の山と見て対応せよ
25:インバウンド最前線 怒濤のように訪れる外国人 宝の山と見て対応せよ
26:広告
27:インバウンド最前線 怒濤のように訪れる外国人 宝の山と見て対応せよ
28:東京・新橋に《番屋》 幅広い会食需要を狙う

この本は表紙だけご覧いただけます

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...
100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

もっとみる