twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 社会保障社会福祉福祉釜ヶ崎あいりんまちづくり制服向上委員会貧困保育働き方改革外国人技能実習制度介護津久井やまゆり園ハンセン病
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 87ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
特集
明日の社会保障・社会福祉を求めて
 福祉のひろば、1979年創刊から40年

 1979年6月、大阪福祉事業財団職員共済会が創刊した『福祉のひろば』の特集タイトルは、「福祉施設と福祉労働」でした。この後記に、浦山倫郎さんは、「本誌は大阪福祉事業財団で働く職員集団が自由に創り上げる機関誌である。この意味で本誌の性格と役割は、職員集団の実践と理論、運動と連帯の高まりが決めるであろう。創刊号は実践記録の特集とした。」と書きました。

“刊行によせて”では、
「本誌の目標は、日常の仕事のとりくみを、ありのまま総括し、その励ましあう場とすることです。誰でも自由に発言でき、自由に問題提起のできる“ひろば”です。創刊号は、その第一歩を踏み出しました。」
「仕事の担い手が、自分のことばで日頃の実践を客観化し、課題を整理し、そして実践する。この運動が日常的にみんなのものとなるならば、実践上、理論上、また社会進歩にとってどれ程大きな役割を果たすことでしょう。日々の仕事をまとめ理論化する作業は、社会福祉の分野では遅れております。『福祉のひろば』刊行を機会として、皆さんの意識的で粘り強いとりくみが急速に進むことを期待しております。一人ひとりで悩み、考えていることを『福祉のひろば』に集めましょう。また今後、会員の投稿のみだけでなく、広く外からの意見も掲載し、『福祉のひろば』の輪を大きく拡げることを期待しております。」

 その10年後、総合社会福祉研究所が開設し、『福祉のひろば』の編集が研究所に移管され、2000年4月号からは、月刊誌へと変わる。

 先日の第16期第1回理事会では、研究所と会員団体や現場との関係性も論議がなされた。社会福祉の変容、国民の生活や労働の変遷、時代の変化や背景は、当然、読者や福祉現場での変化へとつながる。その変化と『福祉のひろば』を編集させていただいている総合社会福祉研究所も過去を引き継ぐだけでなく、明日への新しい提示が求められていると論議された。(編集主幹)

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

もっとみる