閉じる


<<最初から読む

7 / 11ページ

真鱈の一夜干し

巨大な一夜干しを、頂きました。

 

真鱈です。

 

初めて見たので、びっくりしました。

 

1メートルくらいありますから。

 

焼いたり、鍋の具材にしたりしましたが、南蛮漬けが美味しかったですね。

 

( 南蛮漬けの作り方は、第一巻「アジの南蛮漬け」 を、参照して下さい。 )

 

鱈そのものは味が薄いので、何にでも使えます。

 

低脂肪高タンパクですから、健康志向の人には、もってこいの食材でしょう。


井村屋のあずきバー

「井村屋のあずきバー」 は、化学的な添加物を全く使っていません。

 

合成添加物が入っていない、素晴らしい「食材」 といえます。

 

ということで、お汁粉にしてみました。

 

一箱、六本入りを、鍋で溶かします。

 

甘味が強いので、少し水を加えました。

 

沸騰したら、水溶き片栗粉で、とろみを調節します。

 

そこに、電子レンジで温めたお餅を入れれば、完成です。

 

焼き餅でも、美味しいですよ。


お茶漬けの素

お中元やお歳暮で頂くものの中に、お茶漬けの素が入っていたりします。

 

我が家では、あまりお茶漬けをしないので、別の使い道を見つけました。

 

お茶漬けの素は、お吸い物として頂けます。

 

お椀一杯に半分の量で、丁度良い感じですね。

 

そこに、刻みネギなど、ちょっとしたものを加えれば、ちゃんとした料理になります。

 

手抜き料理には違いありませんけど、わりと、いけますよ。

 

もう一品欲しい時に、便利です。


しじみ汁

貝は、一度冷凍すると美味しくなります。

 

シジミも同じです。

 

ただ、買ってきたものを、そのまま冷凍にすると美味しくありません。

 

身が縮んで、カスカスして、汁自体に味がありません。

 

冷凍する時に細胞が壊れ、解凍時に旨味成分コハク酸が、流れ出してしまうのです。

 

これを防ぐには、洗ったシジミをタッパーに入れ、水を張って冷凍にします。

 

シジミの、氷漬けですね。

 

使う時は、完全に解凍する必要はありません。

 

タッパーから外れたら、氷漬けのまま鍋で温めて下さい。

 

味付けは、少量の塩で。

 

深みが欲しい方は、ごく少量の出汁の素を入れて下さい。

 

身がぷりぷりの、美味しいしじみ汁が出来上がります。


麻婆ジャガイモ

麻婆豆腐の豆腐の代わりに、ジャガイモを使います。

 

その他の材料は、

 

豚挽肉

 

ニンニクのみじん切り

 

ネギのみじん切り

 

お好みで、タマネギ、にんじん、キノコのみじん切り

 

水溶き片栗粉

 

ジャガイモは、皮を剥いて、3センチ角か、やや小さめに切ります。

 

これを、150℃くらいの油で素揚げします。

 

焦がさないように、注意して下さい。

 

中まで火が通ったら、取り出して油を切っておきましょう。

 

次に、豚挽肉を炒めます。

 

溶け出した脂が透明になるまで、炒めて下さい。

 

ネギ以外の具材を投入して、炒めます。

 

水を入れて沸騰させ、味を調節します。

 

中華の味付けが難しい方は、「サッポロ一番」 のスープの素を使って下さい。

 

豆板醤は、必須ですが。

 

少し「濃いかな」 と感じるくらいにします。

 

味か決まったら、ジャガイモを投入し、一煮立ちさせます。

 

水溶き片栗粉で、とろみを付けます。

 

みじん切りにしたネギ、お好みでゴマ油を入れてかき混ぜればできあがりです。

 

ジャガイモには、カリウムが豊富に含まれています。

 

カリウムは、摂りすぎた塩分を排出してくれますから、濃いめの味付けでも大丈夫なんです。

 

仕上げに粉山椒を振りかけると、美味しいですよ。

 

 

 

 

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

mahomurataさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について