目次
目次
まえがき
新まえがき 2019.12.20
地球の王チュクウ~神統記の巨人ギガース、巨人アグリオス、巨人クリュテイオス、巨人グラティオーン、巨人エウリュトス、巨人ブリアレオース、半人半獣の怪物テュポン、鍛冶の祖トバルカイン
全能神ゼウスの一族~英雄ペルセウス、素戔鳴尊、全能神ゼウス、周、サイス朝、孫子、ソクラテス、臨済宗、リトアニア大公国、明、李氏朝鮮、マイソール王国、ロスチャイルド家、太平天国、サムスン・グループ
宇宙人トバルカイン(チュクウ)の一族①~出羽、十和田、イスラエル王国、ダヴィデ朝、テーベ神官都市、太陽神ラー、太陽神アメン、ユダ王国、晋、趙、朴氏、ペグー王朝、能、伊賀忍者、ソ連国家保安委員会
宇宙人トバルカイン(チュクウ)の一族②~拓跋部、北魏、吐蕃、回鶻汗国、ヴァイキング、ノルマンディー公、キエフ公国、甲賀忍者、ヴィジャヤナガル王国、スフォルツァ家ミラノ公、ソビエト社会主義共和国連邦
宇宙人トバルカイン(ルハンガ)の一族③~サハラ砂漠、ソドムとゴモラ、プント王国、インダス文明、パーンダヴァ族、英雄アルジュナ、燕、ローマ帝国、諸葛孔明、サファヴィー朝、シク教国、バアス党
宇宙人トバルカイン(オロクン)の一族④~桃源郷、仙人、ラテン王国、ヒッタイト帝国、シュメール都市国家ウルク、アーリア人、魯、孔子、東胡、天狗、匈奴、アラン人、西ゴート王国、ブルガリア帝国、大元帝国
宇宙人トバルカイン(クウォス)の一族⑤~海の民、エジプト第25王朝、プトレマイオス朝、ハザール帝国、イエス・キリスト、グルジア王国、ジャン=ジャック・ルソー、フランス革命、ノルディック、ケムトレイル
宇宙人エラドの一族~女神エリウ、ラテン王国、シュメール都市国家ウル、アーリア人、衛、老子、道教、セレウコス朝、カッパドキア王国、橘諸兄、小野妹子、ブルガリア帝国、ブニョロ帝国、ウィルタ族
宇宙人マハラエルの一族~戦闘の女神マッハ、フルリ人、ウラルトゥ王国、イリュリア王国、楼蘭、モラヴィア王国、平将門、平清盛、ムラービト朝、ムワッハド朝、フス派、雑賀衆、ヘーチマン国家、スタジオ・ジブリ
宇宙人スバルの一族~天孫氏、ゼブルン族、シュメール都市国家シッパール、プール族、シバ王国、破壊神シヴァ、楚、鮮卑、ヴァンダル王国、シュリーヴィジャヤ王国、シビル汗国、円谷プロダクション
デウカリオンの一族(マウンド派)~ニューグレンジ、モホス文明、フェニキア人、カルタゴ、天孫族、多氏、秦、呉、前漢、新羅、日本武尊、インカ帝国、ジョージ・モンク、フリーメイソン、オナシス財閥
デウカリオンの一族(ピラミッド派)~ギザのピラミッド、ラムセス3世、曹、テオティワカン宗教都市、越、熊襲武尊、後漢皇帝、魔法使いの神殿、クメール王朝、ムハンマド・アリー朝、チャーリー・チャップリン
ブルガリア皇帝イヴァン・アセン3世の一族~ソロモン1世、エチオピア帝国、クリミア・ハン国、ハルハ部、ケニア共和国、チャック・ベリー、アース・ウィンド&ファイア、ボブ・マーリー、エディ・マーフィー
ブルガリア皇帝イヴァイロの一族~ヴィスコンティ家、メディチ家、クリストファー・コロンブス、ヴァスコ・ダ・ガマ、イエズス会、フランシスコ・ザビエル、トスカーナ大候国、ローマ教皇フランシスコ
ブルガリア皇帝ゲオルギ2世の一族~オスマントルコ帝国、北元、スペイン無敵艦隊、ロシア帝国、サルディーニャ王国、リンカーン大統領、宰相ビスマルク、怪僧ラスプーチン、エルドアン大統領
オスマントルコ皇帝ムラト2世の一族~イヴァン大帝、チューダー朝イングランド王国、宗教革命、エリザベス女王、清教徒革命、第一次サウード王国、第二次サウード王国、サウジアラビア王国
オスマントルコ皇帝メフメト2世の一族~マクシミリアン1世、バイエルン王国、交響曲の父ハイドン、サド侯爵、文豪ゲーテ、楽聖モーツァルト、ヘミングウェイ、三島由紀夫、シド・バレット、トランプ大統領
オスマントルコ皇帝スレイマン1世の一族①~宇佐美定満、蘆名盛氏、柴田勝家、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、徳川家光、伊達政宗、水戸光圀、乾隆帝
オスマントルコ皇帝スレイマン1世の一族②~蘆名盛氏、高山右近、千利休、黒田官兵衛、有馬晴信、宮本武蔵、天草四郎、鄭成功、ヌルハチ、愛新覚羅家
オスマントルコ皇帝オスマン2世の一族~オリバー・クロムウェル、大英帝国、アメリカ合衆国、エドガー・アラン・ポー、オーソン・ウェルズ、ザ・ビートルズ、モンティ・パイソン、レッド・ツェッペリン
オスマントルコ皇帝アフメト3世の一族~ピヨートル大帝、ナポレオン皇帝、モルモン教、ルーズベルト大統領、ケネディ大統領、ザ・ドアーズ、プーチン大統領、ウィキリークス、Qアノン
オスマントルコ皇帝ムスタファ3世の一族~乾隆帝、マイソール王国、宝暦事件、トンブリー朝タイ王国、詩聖タゴール、マハトマ・ガンディー、ジャワハルラール・ネルー
オスマントルコ皇帝セリム3世の一族~道光帝、曽国藩、胡林翼、李鴻章、西郷隆盛、吉田松陰、西太后、大本教、中江兆民、ジャン・コクトー、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジェームズ・ディーン、つげ義春
オスマントルコ皇帝マフムト2世の一族①~曽国藩、東郷平八郎、乃木希典、児玉源太郎、袁世凱、黄金栄、蒋介石、小津安二郎、手塚治虫、ジャン・クロード=カリエル、ヴェルナー・ヘルツォーク
オスマントルコ皇帝マフムト2世の一族②~胡林翼、山口春吉、北一輝、大杉栄、鄧小平、ルイス・ブニュエル、サルトル、池田大作、キューブリック、宮崎駿、セックス・ピストルズ、マイケル・ジャクソン
オスマントルコ皇帝マフムト2世の一族③~李鴻章、勝海舟、福沢諭吉、坂本龍馬、張嘯林、杜月笙、黒澤明、田中角栄、習近平国家主席、マーティン・ルーサー・キングJr、ドゥテルテ大統領、橋本龍太郎
オスマントルコ皇帝アブデュルメジト1世の一族~犬養毅、頭山満、義和団の乱、幸徳秋水、文鮮明、大山倍達、田岡一雄、高畑勲、安孫子素雄、梶原一騎、アントニオ猪木、鳥山明、高田延彦、秋元康
オスマントルコ皇帝メフメト5世の一族~孫文、夏目漱石、張作霖、橋本忍、毛沢東、徳田球一、金日成、小沢一郎、金丸信、藤本弘、赤塚不二夫、ジャッキー・チェン、金正恩委員長
特別篇 宇宙人とぼく
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

15 / 33ページ

デウカリオンの一族(ピラミッド派)~ギザのピラミッド、ラムセス3世、曹、テオティワカン宗教都市、越、熊襲武尊、後漢皇帝、魔法使いの神殿、クメール王朝、ムハンマド・アリー朝、チャーリー・チャップリン

デウカリオンの一族(絵は炎に囲まれる日本武尊と熊襲武尊を襲う日本武尊)


※デウカリオンの一族は「神統記」で最大最強の怪物と呼ばれたテュポンと巨人アグリオスが合体することで生まれた。テュポン+アグリオス=テユグリオ=デウカリオンとなる。1万3千年前の大地殻変動の後、古代オーストラリアからメソポタミアに移ったデウカリオンは、巨石建造の一族ティカル人として活動する。デウカリオン=デウカリ=ティカルとなる。ティカルとはマヤの都市の名のひとつである。
その後BC35世紀頃、津軽時代にティカル人は2種類に分離した。テュポンのティカル人はピラミッド派としてピラミッドを建造し、アグリオスのティカル人はマウンド派としてマウンドを建造した。古墳時代には、ティカル人はモンゴルを拠点にし、マウンド派は丁零(ディングリング)、ピラミッド派は高車(ガオチェ)を名乗っていた。

また、日本ではマウンド派は日本武尊(ヤマトのティカル)を名乗り、ピラミッド派は熊襲武尊(クマソのティカル)を名乗っていた。ピラミッド派はマウンド派と対立していたが、日本武尊が勝利したことにより、前方後円墳と呼ばれた巨大なマウンドの建造を開始した。古墳時代の始まりである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ギョベクリ・テペ(BC76世紀頃)

 

※神々の集団アヌンナキの時代、デウカリオンの一族は初めて偉大な先祖を祀る巨石文化の端緒を切った。

 

イングランドのドルメン(BC40世紀頃)

 

※BC50世紀頃、「第一次北極海ルートの大航海時代」を機に、デウカリオンの一族はヨーロッパを訪れ、ドルメンを築くようになった。ドルメンはマウンドを築く際の基礎部分であり、その発展形として後に、土を被せていくようになったと考えられる。ドルメンはBC40世紀~BC30世紀にかけてヨーロッパ中に築かれた。巨石の一族による、偉大な先祖を祀る記念碑の試作品である。

 

ロシアの巨石(年代不明)

 

※巨石建造の一族ティカル人は北極海ルートを介してヨーロッパと津軽を往来していた。一方でヨーロッパにドルメンを築き、一方でロシア各地に巨石建造物の試作品を残した。ロシアの場合、ひとつの石が3000t~4000tとあまりに巨大すぎるため、偉大な先祖を祀る記念碑の建造に賛同した科学の種族トバルカインがティカル人に手を貸していたと考えられる。

 

黒又山(BC40世紀頃)

 

※すべてのピラミッド、マウンドの始まりは黒又山である。津軽に住んでいたティカル人は出羽国のトバルカインと共に先祖を祀る記念碑の建造を試みていた。その成果が、黒又山や十和田湖に沈んでいると伝えられる伝説の巨大ピラミッドである。黒又山は、マウンドとピラミッドの中間系ピラミッドである。この後、BC35世紀頃に「モーゼスの大移動時代」が起こり、ティカル人はピラミッド派とマウンド派に分離した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

 

カラル遺跡(BC29世紀)

 

※マウンド派と分離したピラミッド派は、ペルーに移り住んでカラル遺跡にピラミッドの試作品を残した。

 

ギザのピラミッド(BC27世紀)

 

※ピラミッド派は古代エジプトに到来し、タナトス(預言者ナタンの一族)を追放し、エジプト第3王朝を築いた。代々の王が建築者、及び指揮官として階段ピラミッドの建造を皮切りに次々とピラミッドを築いていく。ピラミッドは王墓ではなく、偉大な先祖を祀る記念碑だった。ティカル人は「人類は偉大な先祖を祀ることで人生を全うするべきだ」とストイックな考え方をしていたようだ。もちろん、タナトスの一族と違って強制ではない。

 

・ネブカー(生没年不明) エジプト第3王朝初代王

・ジェセル(生没年不明) エジプト第3王朝第2代王 在位BC2668~BC2649

・ジェセル・テティ(生没年不明) エジプト第3王朝第3代王

・テティ(生没年不明) エジプト第3王朝第4代王

・フニ(生没年不明) エジプト第3王朝第5代王 在位BC2637~BC2613

 

・スネフェル(生没年不明) エジプト第4王朝初代王 在位BC2613~BC2589

・クフ(生没年不明) エジプト第4王朝第2代王 在位BC2589~BC2566

・ジェドエフラー(生没年不明) エジプト第4王朝第3代王 在位BC2566~BC2558

・カフラー(生没年不明) エジプト第4王朝第4代王 在位BC2558~BC2532

・バカ(生没年不明) エジプト第4王朝第5代王 在位BC2532

・メンカウラー(生没年不明) エジプト第4王朝第6代王 在位BC2532~BC2504

・シェプスセスカフ(生没年不明) エジプト第4王朝第7代王 在位BC2504~BC2500

・ジェドエフプタハ(生没年不明) エジプト第4王朝第8代王 在位BC2500~BC2498

 

・ウセルカフ(生没年不明) エジプト第5王朝初代王 在位BC2498~BC2491

・サフラー(生没年不明) エジプト第5王朝第2代王 在位BC2491~BC2477

・ネフェルイルカラー(生没年不明) エジプト第5王朝第3代王 在位BC2477~BC2467

・シェプセスカラー(生没年不明) エジプト第5王朝第4代王 在位BC2467~BC2460

・ネフェルエフラー(生没年不明) エジプト第5王朝第5代王 在位BC2460~BC2453

・ネウセルラー(生没年不明) エジプト第5王朝第6代王 在位BC2453~BC2422

・メンカウホル(生没年不明) エジプト第5王朝第7代王 在位BC2422~BC2414

・ジェドカラー(生没年不明) エジプト第5王朝第8代王 在位BC2414~BC2375

・ウナス(生没年不明) エジプト第5王朝第9代王 在位BC2375~BC2345

 

・アメンエムハト1世(生没年不明) エジプト第12王朝初代王 在位BC1991~BC1962

・センウセレト1世(生没年不明) エジプト第12王朝第2代王 在位BC1971~BC1926

・アメンエムハト2世(生没年不明) エジプト第12王朝第3代王 在位BC1929~BC1895

・センウセレト2世(生没年不明) エジプト第12王朝第4代王 在位BC1897~BC1878

・センウセレト3世(生没年不明) エジプト第12王朝第5代王 在位BC1878~BC1841

・アメンエムハト3世(生没年不明) エジプト第12王朝第6代王 在位BC1842~BC1797

・アメンエムハト4世(生没年不明) エジプト第12王朝第7代王 在位BC1798~1786

・セベクネフェル(生没年不明) エジプト第12王朝第8代王 在位BC1785~BC1782

 

※ティカル人マウンド派(バビロニア人)が第6王朝、第8王朝を開き、ダヴィデの一族が第11王朝を開くようになり、一時期、古代エジプト王朝でピラミッドが建造されなくなるが、第12王朝の時代にティカル人ピラミッド派の覇権が復活し、新たにピラミッドが建造されている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ラス・アルダスの王(エジプト第19王朝+第20王朝の歴代ファラオ)

 

・ラムセス1世(生没年不明) エジプト第19王朝初代王 在位BC1293~BC1291

・セティ1世(生没年不明) エジプト第19王朝第2代王 在位BC1291~BC1278

・ラムセス2世(生没年不明) エジプト第19王朝第3代王 在位BC1279~BC1212

・メルエンプタハ(生没年不明) エジプト第19王朝第4代王 在位BC1212~BC1202

・アメンメセス(生没年不明) エジプト第19王朝第5代王 在位BC1202~BC1199

・セティ2世(生没年不明) エジプト第19王朝第6代王 在位BC1199~BC1193

・サプタハ(生没年不明) エジプト第19王朝第7代王 在位BC1193~BC1187

・タウセルト(生没年不明) エジプト第19王朝第8代王 在位BC1187~BC1185

 

・セトナクト(生没年不明) エジプト第20王朝初代王 在位BC1185~BC1182

・ラムセス3世(生没年不明) エジプト第20王朝第2代王 在位BC1182~BC1151

・ラムセス4世(生没年不明) エジプト第20王朝第3代王 在位BC1151~BC1145

・ラムセス5世(生没年不明) エジプト第20王朝第4代王 在位BC1145~BC1141

・ラムセス6世(生没年不明) エジプト第20王朝第5代王 在位BC1141~BC1133

・ラムセス7世(生没年不明) エジプト第20王朝第6代王 在位BC1133~BC1126

・ラムセス8世(生没年不明) エジプト第20王朝第7代王 在位BC1133~BC1126

・ラムセス9世(生没年不明) エジプト第20王朝第8代王 在位BC1126~BC1108

・ラムセス10世(生没年不明) エジプト第20王朝第9代王 在位BC1108~BC1098

・ラムセス11世(生没年不明) エジプト第20王朝第10代王 在位BC1098~BC1070

 

※第13王朝から第17王朝までがタナトスの一族(預言者ナタンの一族)に支配されているが、第19王朝、第20王朝はティカル人ピラミッド派が覇権を取り戻した。彼らはエジプトではピラミッドを建造しなくなるが、ダヴィデの一族が預言者ナタンの一族を追放して第18王朝を開くと、ピラミッドの代わりにルクソール神殿を建立した。

彼らは、ファラオに即位しながら、ピラミッドだけは遠く離れた古代ペルーで作るようになった。エジプト第19王朝、第20王朝のファラオたちがラス・アルダス遺跡などの王を兼任し、遺跡建造の指揮者となった。ただ、ラムセス王の時代、代々のファラオたちの影武者の中に預言者ナタンの一族(タナトス)が混じっていた。タナトスの影武者たちは内部からエジプトを蝕み、外部からは海の民デニエン人(ダーナ神族の一族)が攻撃してきた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

・曹叔振鐸(生没年不明) 曹初代君主 在位BC11世紀

・太伯(生没年不明) 曹第2代君主 在位BC11世紀

・仲君(生没年不明) 曹第3代君主 在位BC10世紀

・宮伯(生没年不明) 曹第4代君主 在位BC10世紀

・孝伯(生没年不明) 曹第5代君主 在位BC10世紀

 

※第20王朝のファラオたちは古代エジプトから中国に移り、曹(カオ)を築いた。曹(カオ)の由来は盤古(パングア)だと考えられる。曹の歴代君主は宗教都市チャビン・デ・ワンタルを建設し、王を兼任した。

 

チャビン・デ・ワンタルの王(曹の歴代王)

 

※曹の歴代君主たちはマウンド派と連合を試み、BC10世紀に巨大な土製のピラミッドをエル・サルバドル、ホンジュラスに建造した。
同年代に、曹の歴代君主たちがチャビン・デ・ワンタルに宗教都市を建設すると、それを境にピラミッド派の活動が活発化する。ピラミッド派は、マラニョン川、カハマルカ地域にピラミッドを建設し、ネペニャ川に神殿を建設した。その後も、カスマ川、アヤクーチョ地方、ピルー川、チャンカイ川、チンチャ川と次々にピラミッドを製作した。

 

戴伯(生没年不詳) 曹第8代君主 在位BC826~BC796

 

※戴伯は中国からイオニアに進出し、「イオニア同盟」を結成した。エーゲ海には古くからガリアのドルイド司祭の一族が君臨していたため、民を救おうとしたのだろう。イオニアの由来はウェネである。津軽時代にオリジナル人類ウェネ(アイヌ族)と交流があったため因んだのだろう。この当時は、曹(中国)、イオニア(エーゲ海)、チャビン・デ・ワンタル(ペルー)を勢力圏にしていた。

 

宗教都市テオティワカンの王(曹の歴代王)

 

テオティワカン宗教都市(BC6世紀)

 

※曹第18代君主から最後の第26代君主に至るまでの曹の歴代君主は古代メキシコにテオティワカン宗教都市を築き、テオティワカンの王として君臨したと考えられる。タナトスの一族(人身御供の種族サトゥルヌス)は既にユカタン半島(マヤ)に巣食っていたが、この当時のピラミッド頂上部にはまだ神殿が築かれていないため、サトゥルヌスの一族はまだメキシコ北部に進出していなかったようだ。

 

・宣公(生没年不明) 曹第18代君主 在位BC595~BC578

・成公(生没年不明) 曹第19代君主 在位BC578~BC555

 

武公(?~BC528) 曹第20代君主 在位BC555~BC528

夫譚(?~BC538) 越初代君主

 

※曹第20代君主は越(ユエ)を築いた。ユエの由来はイオニアと考えられる。曹第8代君主の時代に曹の王族はイオニアに進出してイオニア人と呼ばれていた。

 

・平公(生没年不明) 曹第21代君主 在位BC528~BC524

・悼公(生没年不明) 曹第22代君主 在位BC524~BC515

・声公(生没年不明) 曹第23代君主 在位BC515~BC510

・隠公(生没年不明) 曹第24代君主 在位BC510~BC506

 

靖公(?~BC502) 曹第25代君主 在位BC506~BC502

允常(?~BC496) 越第2代君主

 

曹伯陽(?~BC487) 曹第26代君主 在位BC502~BC487

勾践(?~BC494) 越第2代王 在位BC496~BC494

恵公(?~BC491) 第15代秦公 在位BC500~BC491

 

※曹最後の君主、曹伯陽の時に曹の王族は秦の王族(ティカル人マウンド派)と合体したと考えられる。その後、ピラミッド派とマウンド派は始皇帝凌を共同で製作する。その後も、お互いが漢の皇帝を代々務めていたが、いち早く離脱したティカル人マウンド派が朝鮮に新羅を築いたため、ティカル人ピラミッド派が漢を継承した。

新羅を築いたものの、新羅第2代王南解次次雄(マウンド派)が一度、中国に「新」を築いた。この混乱がいわゆる、熊襲武尊(ピラミッド派)と日本武尊(マウンド派)の対立のモデルかもしれない。ある意味、熊襲武尊と日本武尊の対立は、後漢の皇帝(ピラミッド派)と新羅の王(マウンド派)の戦いでもあった。

 

モンテ・アルバンの王(越の歴代王+秦、後漢歴代皇帝)

 

無彊(?~BC306) 越第12代君主 在位BC342~BC306※最後の王

武王(?~BC307) 秦第2代王 在位BC310~BC307

 

・光武帝(BC5~57) 後漢初代皇帝 在位25~57

・明帝(?~75) 後漢第2代皇帝 在位57~75

・章帝(?~88) 後漢第3代皇帝 在位75~88

・和帝(?~105) 後漢第4代皇帝 在位88~105

・殤帝(?~106) 後漢第5代皇帝 在位105~106

・安帝(?~125) 後漢第6代皇帝 在位106~125

・少帝(?~125) 後漢第7代皇帝 在位125

・順帝(?~144) 後漢第8代皇帝 在位125~144

・沖帝(?~145) 後漢第9代皇帝 在位144~145

・質帝(?~146) 後漢第10代皇帝 在位145~146

・桓帝(?~167) 後漢第11代皇帝 在位146~167

・霊帝(?~189) 後漢第12代皇帝 在位167~189

・少帝弁(?~189) 後漢第13皇帝 在位189

 

熊山遺跡(AD1世紀頃)

 

※歴代の後漢皇帝(熊襲武尊+ピラミッド派)は、新羅王(日本武尊+マウンド派)に敗北したため、岡山県赤磐に熊山遺跡と呼ばれている小型ピラミッドだけを日本に残した。

 

マラエ(AD1世紀~2世紀頃)

 

※歴代の後漢皇帝(熊襲武尊)は中国からタヒチに渡り、マラエと呼ばれる小型ピラミッドを築いた。

 

・曹騰(生没年不詳) 初代魏王 在位不明

・曹嵩(生没年不詳) 第2代魏王 在位不明

・曹操(155~220) 第3代魏王 在位不明

 

献帝(181~220) 後漢第14代皇帝 在位189~220

曹丕(187~226) 魏初代皇帝 在位220~226

 

曹叡(206~239) 魏第2代皇帝 在位226~239

応神天皇(200~310) 第15代天皇

葛烏菟(生没年不詳) 宇文部初代大人

 

※魏第2代皇帝は鮮卑の部族として宇文部(ユーウェン)を築いた。ユーウェンの由来はイオニア、或いは越(ユエ)である。「応神天皇」とは魏第5皇帝までに至る「魏皇帝の系譜」を指していると考えられる。

 

・曹芳(232~274) 魏第3代皇帝 在位239~254

・曹髪(241~260) 魏第4代皇帝 在位254~260

・曹奐(246~302) 魏第5代皇帝 在位260~265

 

グイマーのピラミッド群(AD3世紀頃)

 

※歴代の魏皇帝(熊襲武尊)は中国からマヤを経て大西洋を横断し、カナリア諸島にグイマーのピラミッド群を築いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ワシャクトゥンの王(宇文部の歴代大人+ストラスクライド王国の歴代王+歴代天皇)

 

・宇文莫槐(?~293) 宇文部大人 在位?~293

・宇文普撥(生没年不詳) 宇文部大人 在位293~?

・宇文丘不勤(生没年不詳) 宇文部大人 在位不明

・宇文莫珪(生没年不詳) 宇文部大人 在位不明

・宇文遜昵延(生没年不詳) 宇文部大人 在位不明

・宇文乞得亀(?~333) 宇文部大人 在位?~333

・宇文逸豆帰(?~344) 宇文部大人 在位333~344

 

※宇文莫槐から宇文逸豆帰までに至る宇文部大人の系譜を仁徳天皇(257~399)と呼んでいると考えられる。

 

允恭天皇(376~453) 第19代天皇

Ceretic Guletic(?~450) ストラスクライド初代王 在位410~450

 

※宇文部大人の一族と考えられる允恭天皇はブリテン島に進出し、ストラスクライド王国、ゴッドオディン王国(由来は応神天皇)、ヘイスティングス王国などを築いた。

 

物部伊コ弗(生没年不詳) 物部五十琴父

彦主人王(生没年不詳) 継体天皇父

 

宇文肱(?~526) 宇文泰父

物部麻佐良(生没年不詳) 物部麁鹿火父

物部五十琴(生没年不詳) 物部目父

清寧天皇(444~484) 第22代天皇

顕宗天皇(450~487) 第23代天皇

仁賢天皇(449~498) 第24代天皇

継体天皇(450~531) 第26代天皇

Tutagual(?~495) ストラスクライド第6代王 在位490~495

 

※画像はポナペ島の海中遺跡である。允恭天皇(ストラスクライド初代王)から清寧天皇、顕宗天皇、仁賢天皇、継体天皇(ストラスクライド第6代王)までの天皇は、ポナペ島のナンマトルで海中遺跡の建造を指揮していたと考えられる。どこに行ってもタナトスがいるのでタナトスがいない自分たちだけの楽園の創造を試みたのかもしれない。

 

物部麁鹿火(?~536)

物部目(生没年不詳) 物部荒山父

安閑天皇(466~536) 第27代天皇

宣化天皇(467~539) 第28代天皇

Clinoch(?~540) ストラスクライド第9代王 在位508~540

 

物部荒山(生没年不詳) 物部尾輿父

 

宇文泰(505~556) 北魏・西魏政治家

物部尾輿(生没年不詳) 物部守屋父

Cinbelin(?~558) ストラスクライド第10代王 在位540~558

 

宇文純(?~581) 宇文泰の子

物部守屋(?~587)

 

※物部氏(宇文部)が天皇の皇位を日本に伝えた。物部氏の「物」の由来はモンゴルの「モン」だと考えられる。ただ、物部氏の一族の生没年はほぼ不詳なので、本体と影武者の関係上、誰が誰と繋がっているのか確かなことは言えない。物部氏はサタンの宗教(仏教)を嫌悪し、仏教を推す蘇我氏(アブラハムの一族)と対立し、仏像や仏閣を破壊していた。

 

パレンケに伯爵の神殿(AD4世紀頃)

 

※宇文莫槐から宇文逸豆帰までに至る宇文部大人がマヤでピラミッドを設計し、建造を指揮した。ただ、この当時からピラミッドの頂上に神殿が築かれるようになった。

マヤではサトゥルヌスの一族(百済王、東漢氏、坂上田村麻呂・藤原内麻呂の一族)に指示され、生贄を切り裂く専用の神殿付きのピラミッドを建造していた。この神殿では生贄が切り裂かれた。日本中に点在する小高い丘に建てられた全ての神社の元型である。

 

イースター島のモアイ(7世紀頃?)

 

※ストラスクライド王Beli IIはイースター島を発見すると、巨石建造の技術を伝える場として整備した。彼らはイースター島に、謎のモアイ像を多く築いた。その目的は、先祖代々培ってきた巨石建造技術の継承である。石の切り出しから彫刻、巨石の運搬、巨石を直立させるまで、モアイを作るプロセスには大ピラミッド建造時にも用いた巨石建造のノウハウが凝縮されている。彼らは、先祖代々培ってきた巨石建造技術とそのプロセスを継承し続けるためにモアイを作り続けたのだ

また、筆者は美大(油絵専攻)を出たのでわかるが、油絵の場合、いろんな形の集合体である人物を描破出来るのであれば何でも描ける。そういうわけで、人物デッサンを多くこなすことを求められる。彫刻も同様である。人物を彫るということは、極めればどんな形にも対応できるのだ。そのため、ピラミッド派はモアイ像を作り続けた。

 

エル・タヒンの王(ストラスクライド王国+シャイレーンドラ朝の歴代王)

 

Dumnagual II(?~694) ストラスクライド第20代王 在位 在位693~694

Santanu(?~700) シャイレーンドラ朝初代王 在位670~700

 

※第20代ストラスクライド王は、ジャワ島にシャイレーンドラ朝を開いた。この時にジャワは初めてジャワと呼ばれた可能性がある。ジャワの由来は、ユエ(越)やユーウェン(宇文)の元型ヤワンである。

 

ティカルのピラミッド群(AD8世紀)

 

・Beli II(?~722) ストラスクライド第21代王 在位694~722

・Teudebur(?~755) ストラスクライド第22代王 在位722~750

・Rotri(?~754) ストラスクライド第23代王 在位750~754

・Dumnagual III(?~760) ストラスクライド第24代王 在位754~760

 

Eugein II(?~780) ストラスクライド第25代王 在位760~780

Dharmatunga(?~782) シャイレーンドラ朝第8代王 在位775~782

 

※画像はボロブドゥール遺跡である。シャイレーンドラ王Dharmatungaに変身したストラスクライド王Eugein IIがボロブドゥール遺跡を設計し、建設を指揮した。

 

・Riderch II(?~798) ストラスクライド第26代王 在位780~798

・Cynan(?~816) ストラスクライド第27代王 在位798~816

 

魔法使いの神殿(AD8世紀)

 

※マウンド派に勝利したピラミッド派はマヤでピラミッド時代を謳歌し、ティカルにピラミッド群を築く。Beli IIからCynanに至る7人のストラスクライド王がピラミッド建設をマヤで指揮した。頂上に築かれた神殿は、藤原内麻呂の一族(サトゥルヌスの一族)の指示によって設けられている。ピラミッド派の技術にのっかり、できそこないの自分たちにハクをつけるために藤原内麻呂の一族はピラミッド派を支配した。

 

ククルカンの神殿(AD10世紀)

 

※最後のストラスクライド王が南漢、後漢(五代)を築いた。ストラスクライド王に引き続き、南漢、後漢皇帝(五代)がチチェン・イツァーにククルカンの神殿を築いた。ピラミッド派は、これを最後にピラミッドの建造をしていない。

 

Dumnagual IV(生没年不詳) ストラスクライド第28代王 在位816~?

ジャヤーヴァルマン2世(?~835) クメール王朝初代王 在位802~835

 

Arthgal(?~872) ストラスクライド第31代王 在位?~872

劉隠(874~911) 南漢初代皇帝 在位909~911

 

・劉ゲン(889~942) 南漢第2代皇帝 在位911~942

・劉ヒン(920~943) 南漢第3代皇帝 在位942~943

・劉晟(920~958) 南漢第4代皇帝 在位943~958

・劉チョウ(943~980) 南漢第5代皇帝 在位958~971

 

・劉知遠(895~948) 後漢(五代)初代皇帝 在位947~948

・劉承祐(931~951) 後漢(五代)第2代皇帝 在位948~950

 

※9世紀、ストラスクライド第28代王はスコットランドを離れて現カンボジアにクメール王朝を開いた。また、10世紀、魔法使いの神殿が完成すると、長いこと残虐な人身御供の神官(百済王、藤原内麻呂の一族、今川国氏の一族)の「ピラミッドの頂上に生贄を殺すための神殿を築くこと」という要請に応えてきたが、とうとう嫌気が差し、南漢皇帝、後漢(五代)皇帝はこれを拒否した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

スーリヤヴァルマン2世(?~1150) クメール王朝第18代王 在位1113~1150

 

※画像はアンコールワット。クメール王スーリヤヴァルマン2世は、ピラミッド派の末裔としての力を振るい、アンコールワット寺院を建設した。

 

ニヤリヤイ・リヤミヤトゥバティー(?~1467) カンボジア王国第2代王 在位?~1467

アブー・サイード(1424~1469) ティムール朝第7代王 在位1451~1469

 

トゥモー(?~1498) カンボジア王国第3代王 在位1471~1498

ウマル・シャイフ2世(1456~1494) アブー・サイードの子

 

バーブル(1483~1530) ムガール帝国初代皇帝 在位1526~1530

 

※ウマル・シャイフ2世の子として生まれたバーブルはムガール帝国を築いた。

 

シャー・ジャハーン(1592~1666) ムガール帝国第5代皇帝 在位1628~1658

 

※画像はタージマハールである。ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟である。 古代からピラミッドを建造してきた一族が久しぶりに巨石建造の一族としての力を発揮した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムガール皇帝シャー・アーラム2世の子(ムガール皇帝ジャハーンダール・シャーの孫)

 

ミールザー・カリームッディーン・ムハンマド(176?~?)※画像なし
ムハンマド・アリー(1769~1849) ムハンマド・アリー朝初代君主 在位1805~1848

嘉隆帝(1762~1819) 阮朝初代ベトナム皇帝 在位1802~1819※画像なし

 

※生没年不詳のムガール皇帝の子ムハンマドは、アルバニアに潜入してムハンマド・アリーとなり、エジプトにムハンマド・アリー朝を開き、ベトナムにも阮朝を開いた。1774年にクック船長がイースター島を訪れたのを機に、イースター島の人々は嘉隆帝治世下のベトナム帝国に移り住んだ。

 

イブラヒーム・パシャ(1789~1848) ムハンマド・アリー朝第2代君主 在位1848

エル・ハジ・ウマル・タール(1794~1864) トゥクロール帝国初代皇帝※画像なし

 

※ムハンマド・アリー朝第2代君主はティカルの名に因んで「トゥクロール帝国」を築いた。

 

サイード・パシャ(1822~1863) ムハンマド・アリー朝第2代君主 在位1854~1863

嗣徳帝(1829~1883) 阮朝第4代皇帝 在位1847~1883※画像なし

 

※阮朝ベトナム皇帝の王位は残念ながら、第4代で終わり、代わりに本願寺門主覚如の一族に簒奪されてしまう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・アリー朝イスマーイール・パシャの子

 

フアード1世(1868~1956) ムハンマド・アリー朝第9代君主

チャールズ・チャップリンSr (1863~1901)

 

※フアード1世は、父の亡命により幼少期はイタリアで暮らした。故国エジプトに帰国するまでの間、彼はイギリスで舞台俳優チャールズ・チャップリンとして生きたと考えられる。舞台俳優としてではなく、ちょう報員としてイギリスに潜入していた可能性もある。その後、チャールズは1889年にチャールズを儲けているが、その後、1901年に38歳で自身を死んだことにし、エジプトに帰還した。

彼は、1908年にはエジプト国民大学を設立し、1917年には君主に即位し、1922年にはイギリスから独立すると共にエジプト王に即位している。現在残されているチャールズSrの写真は、影武者(庶子の異母兄弟)の可能性が高い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・アリー朝タウフィーク・パシャの子(イスマーイール・パシャの孫)

 

Princess Nimetallah Muhammed(1881~1966)※画像なし

シドニー・チャップリン(1885~1965)

エドワード・ホッパー(1882~1967) 画家

 

※画像上下は異才エドワード・ホッパーの絵画作品である。ホッパーは、後に出現する黒澤・橋本、アントニオーニらに先駆けて映画言語とでもいうべき手法を駆使している。上画像(1939)では、ホッパーは犬に奥さんの内面を重ね合わせている。語られない隠されたドラマが見えてくるようだ。

下画像(1960)では右の窓に若い女性の内面、左の窓には老女の内面が重ねあわされている。老女は過去に思いを馳せているが、一方の若い女性は将来に目を向けていない。現在の自分が過去の自分と隣りあわせる。まさにシュルレアリスムの醍醐味である。

シドニーは、エドワード・ホッパーと同様にフアード1世の影武者であったチャールズSrの子だと考えられる。2人は、Nimetallah姫の影武者として生まれた。

 

Muhammed Hanım(188?~?)※画像なし

チャールズ・チャップリン (1889~1977) 喜劇俳優・映画監督・作曲家

 

※画像は映画「モダンタイムス」の一コマ。チャーリーは祖父フアード1世に良く似ている。チャップリンはムハンマド・アリー朝にとってだけでなく、世界の希望の星だったため、多くの女性が彼の遺伝子を所望した。たったひとりでも大きな勢力であったため、チャップリンを恐れた本願寺はアメリカの家族に連絡し、赤狩りの標的とした。代表作に「犬の生活」「キッド」「黄金狂時代」「街の灯」「モダンタイムス」「独裁者」などがある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・アリー朝タウフィーク・パシャの孫

 

Nabila Nimetullah Halim(1908~?)※画像なし

サルバドール・ダリ(1904~1988) シュルレアリスト・画家

バルチュス/バルタザール・クロソウスキー(1908~2001) 画家

 

※画像上はダリの絵画作品、下画像はバルチュスの絵画作品。ダリのヒゲが、祖父ファード1世のヒゲと同じなところが興味深い。ダリとバルチュスは、Nabilaの影武者として生まれた。ダリはシュールレアリズムの画家として著名だが、彼の言動・行動なども作品に負けないくらいにシュールだった。ルイス・ブニュエルと共に映画「アンダルシアの犬」「黄金時代」の脚本を担当した。

バルチュスは親日家として知られ、妻は日本人であり、勝新太郎と交流があった。彼は二枚目だったため、彼の遺伝子を所望する女性たちが優性遺伝子ブリーダーに要請し、非常に多くの有名俳優・ミュージシャンを生んだと考えられる。

バルチュスは少女を主題にした絵を多く描き、誤解を受けたが、彼のような男だからこそ、少女にも性欲があることを知っていた。その美(いい男を知った少女の顔)も熟知していた。例え少女でも、成人女性と同じで、いい男がいればすぐにでも抱かれて子供を生みたいと考えるものだ。これは本能であり、普通の人間には理解できないことだが、彼のような男だけが聖域に踏み入ることを許されていたわけだ。彼に対する世間の誤解の多くは意図的なものであり、ほぼほぼ妬みに起因するやっかみだった。

 

Nabila Zeyneb Halim(1915~?)※画像なし

ガマール・アブドゥル=ナーセル(1918~1990) 第2代エジプト大統領 任期1954~1959

イングマル・ベルイマン(1918~2007) 映画監督

 

エジプトの軍人、政治家。第2代エジプト共和国大統領。汎アラブ主義と汎アフリカ主義を掲げ、エジプトとシリアから成るアラブ連合共和国を建国してその初代大統領に就任し、アフリカ統一機構の第2代議長も務めた。 ガマール・アブドゥル=ナーセルwikiより

 

※ベルイマンの代表作には「ペルソナ」「狼の時刻」「鏡の中にある如く」「冬の光」「沈黙」などがある。

 

Nabil Muhammed Tewfik Toussoun(1925~?)※画像なし

ホスニー・ムバラク(1928) 第4代エジプト大統領 在位1981~2011

ハロルド・ピンター(1930~2008) 劇作家、脚本家、映画監督

 

エジプトの軍人、政治家。共和政エジプト第4代大統領(第2代エジプト・アラブ共和国大統領)として約30年にもわたる長期政権を維持したが、2011年の革命によって失脚した。日本ではムバラクと表記されることが多い。 ホスニー・ムバラクwikiより

 

※ピンターは、劇作家であり脚本家として映画界に登場した。代表作には「召使」「できごと」「ベースメント」などがある。監督作には「BUTLY」などがある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・アリー朝フアード1世(チャールズ・チャップリン)の子

 

ファールーク1世(1920~1965) ムハンマド・アリー朝第10代エジプト王 在位1936~1952

ノーマン・スペンサー・チャップリン(1919早世)※画像なし

ニコラエ・チャウシェスク(1918~1989) ルーマニア大統領

 

※チャウシェスクの正体は、3日で早世したと言われているチャップリンの長男ノーマン・スペンサーである。チャウシェスクは永らくフェイクメディアから独裁者として扱われた。東西本願寺は善人や優れた人物ほど、悪の汚名を着せる。敵(善人)が悪であれば、自分たち(真の悪)は正義の味方なのだ。チェウシェスク大統領は裁判も受けずに処刑されたが、あのような野蛮な所業は本願寺がやることだ。

 

Faika(1926~1983)※画像なし

シドニー・チャップリン(1926~2009)

 

Fathia(1930~1976)※画像なし

アレハンドロ・ホドロフスキー(1929) 映画監督

ジョン・カサヴェテス(1929~1989) 俳優・映画監督

仲代達矢(1932) 俳優

 

※画像は映画「エルトポ」の一コマ。ホドロフスキーとカサヴェテスはFathia姫の影武者として生まれた。ホドロフスキーは映画「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」「サンタ・サングレ」などで知られている。カサヴェテスは、映画「こわれた女」「フェイシズ」「オープニング・ナイト」で知られている。

仲代は優性遺伝子ブリーダーによるサルバドール・ダリの子と考えられる。目や表情が良く似ている。安倍公房脚本、勅使河原宏監督の映画「他人の顔」では、素顔をほぼ見せない役にも拘らず大きな存在感を発揮した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・アリー朝ファールーク1世(チャールズ・チャップリン)の子

 

Farial(1938~2009)※画像なし

ボブ・ディラン(1940) ミュージシャン

 

※ディランは優性遺伝子ブリーダーによって生まれたチャップリンの子と考えられる。ディランはプリンスと同じで、昔から顔がチャップリンに似ているなと思っていた。

 

Fawzia(1940~2005)※画像なし

ピーター・ウィアー(1944) 映画監督

デヴィッド・クローネンバーグ(1943) 映画監督・俳優

 

※画像は映画「トルーマンショー」の一コマ。クローネンバーグは、「ラビッド」「ビデオドローム」「クラッシュ」「イグジステンス」などで知られている。ウィアーは、「ピクニックatハンギングロック」ではアントニオーニの理論を拡大解釈して新機軸を展開して見せた。また「トゥルーマンショー」では、探偵業の闇の部分を取り上げ、問題提起した。他にも「グリーンカード」「モスキート・コースト」などで知られている。

 

Fadia(1943~2002)※画像なし

マイケル・チャップリン(1946)※画像なし

デヴィッド・ボウイ(1947~2016) ミュージシャン・俳優

アリス・クーパー(1948) ミュージシャン・俳優

 

※デビッド・ボウイとアリス・クーパーは優性遺伝子ブリーダーによって儲けられたチャップリンの子と考えられる。つまり、ボブ・ディランとは異母兄弟である。2人とも、グラムロックの雄としてわざとらしく、安っぽいシアトリカルな要素をロックのステージに取り入れることを好んだ。

 

フアード2世(1952) ムハンマド・アリー朝第11代王 在位1952~1953※画像なし

アブドルファッターフ・アッ=シーシー(1954) 第6代エジプト大統領 任期2014~現在

ピーター・ガブリエル(1951) ミュージシャン、元ジェネシス

 

エジプト軍軍事情報庁長官、エジプト軍最高評議会議長、国防大臣、エジプト国軍総司令官、第一副首相などを歴任し共和政エジプト第6代大統領(エジプト・アラブ共和国第4代大統領)に就任した。日本語メディアではシシ、シーシあるいはアッシーシと表記されている。アブドルファッターフ・アッ=シーシー wikiより

 

※シーシー大統領は西本願寺門主本如の一族に属するムスリム同胞団の陰謀を退け、犯罪者ムルシーを投獄した。

 

クリストファー・チャップリン(1962)

ピーター・マーフィー(1957) バウハウス

ダニエル・アッシュ(1957) バウハウス

プリンス(1958~2017) ミュージシャン・俳優・映画監督

松本人志(1963) ダウンタウン

 

※プリンス・ロジャー・ネルソンは、クリストファー・チャップリンの影武者として生まれた。両者はなかなか良く似ている。筆者は昔からプリンスがチャップリンに似ていると思っていた。通常ならそんなことはありえないが、しかしながら、優性遺伝子ブリーダーという組織が存在することを知っている今、それも可能だ。プリンスの母はチャップリンの遺伝子を所望したため、優性遺伝子ブリーダーを介してプリンスは生まれたのだ。その揺るぎない自信と広範にわたる才能はまさにチャップリン譲りだ。

イギリスのニューウェイブバンド「バウハウス」のメンバーもクリストファー・チャップリンの異母兄弟として生まれた。ピーター・マーフィーは特にクリストファーに似ている。そういえば、プリンスは自身が監督した映画「アンダー・ザ・チェリームーン」で、クリストファー・トレイシーなる人物を演じていた。

まっちゃんは優性遺伝子ブリーダーによる仲代達矢の子であり、サルバドール・ダリの孫となる。どうりでまっちゃんはシュールな感性が際立っていた。残念なことだが、現在のまっちゃんは猫柳のようになってしまった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

優性遺伝子ブリーダーによるバルチュスの子(ムハンマド・アリー朝タウフィーク・パシャの曾孫)

 

ロバート・デ・ニーロ(1943) 俳優

 

※デ・ニーロはバルチュスに良く似ている。彼は自覚していないが、本願寺系列のメディアに利用されている。

 

パティ・スミス(1946) 詩人・ミュージシャン

ジェーン・バーキン(1946) 女優

 

※パティ・スミスはルー・リード(ヴェルヴェットアンダーグラウンド)、アラン・レイニアー(ブルーオイスターカルト)、ロバート・メイプルソープ(写真家)、フレッド・スミス(MC5)、ジェーン・バーキンはセルジュ・ゲンズブールと言う稀代の芸術家に愛された。

 

ジョー・ペリー(1950) エアロスミス

 

※スティーヴン・タイラーと共にエアロスミスの要であり、現在でも現役である。現在、同じ家族であるアリス・クーパー、ジョニー・デップと組んでハリウッド・ヴァンパイアなるバンドとしても活動中だ。

10代の頃、ペリーは泥棒をして警察に捕まったが、許してもらおうとして「ヤードバーズのレコードをあげるから許して」と嘆願した。しかし警官が「そんなものはいらん」というとジョーはショックを受け「ヤードバーズだぜ?俺の宝物のヤードバーズのLPをやると言ってるんだぜ?信じられねえ」と嘆いたという。

 

スティング(1951) ポリス

 

ウェイン・ハッセイ(1958) シスターズ・オブ・マーシー、ミッション

ボノ(1960) U2

ジ・エッジ(1961) U2

 

※ボノは自覚していないが、本願寺系列のメディアに利用されている。

 

ジョニー・デップ(1963) 俳優

 

リヴァー・フェニックス(1970~1993) 俳優

 

※フェニックスは、新興宗教ファミリーに批判的だったため、ファミリーの教祖デヴィッド・バーグ(西本願寺門主大谷光演の一族)に殺されたとされている。或いは、デビッド・ロックフェラーの子レオナルド・ディ・カプリオを売るために邪魔者としてロックフェラー家に消された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

第2代エジプト大統領ナーセルの子

 

ハリード・アブデル・ナーセル(1949~2011)

フィル・ライノット(1949~1986) シン・リジィ

 

その功績に敬意をこめて"ザ・ロッカー" (The Rocker) と呼ばれる。フィル・ライノットwikiより

 

※画像はシンリジィのライブの一コマである。フィルは、ハリード・アブデル・ナーセルの影武者として生まれた。異母兄弟である。フィルがムハンマド・アリーの王族の血筋であることを知り、イギリスを支配する西本願寺門主良如、法如、文如の一族はフィルを暗殺した(公式には敗血症)。旧友のゲイリー・ムーアも2011年に西本願寺門主良如、法如、文如の一族によって殺されている(公式には心臓発作で死亡している)。

ピラミッドを建造していた種族は、ピラミッドの建造は中止したが、今ではアーティストとして様々な分野で活躍しているのがわかる。

 

  

 


ブルガリア皇帝イヴァン・アセン3世の一族~ソロモン1世、エチオピア帝国、クリミア・ハン国、ハルハ部、ケニア共和国、チャック・ベリー、アース・ウィンド&ファイア、ボブ・マーリー、エディ・マーフィー

 

イヴァン・アセン3世(1259~1303) アセン朝第12代ブルガリア王 在位1279~1280※画像なし

イクノ・アムラク(?~1285) ソロモン朝初代エチオピア皇帝 在位1270~1285

テグデル(?~1284) イルハン朝第3代ペルシア王 在位1282~1284※画像なし

 

※ブルガリア皇帝イヴァン・アセン3世がイクノ・アムラクとしてエチオピア初代皇帝に即位した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ソロモン1世(?~1294) ソロモン朝第2代エチオピア皇帝 在位1285~1294

アルグン(?~1291) イルハン朝第4代ペルシア王 在位1284~1291

ゲイハトゥ(?~1295) イルハン朝第5代ペルシア王 在位1291~1295

 

アムダ・セヨン1世(?~1344) ソロモン朝第3代エチオピア皇帝 在位1314~1344

ムバーリズッディーン・ムハンマド(?~1358) ムザッファル朝初代王 在位1314~1358

アルパ・ケウン(?~1336) イルハン朝第10代ペルシア王 在位1335~1336

 

ダウィト(?~1411) ソロモン朝第4代エチオピア皇帝 在位1382~1411

ザイヌル・アービディーン(?~1387) ムザッファル朝第2代王 在位1384~1387

シャー・マンスール(?~1393) ムザッファル朝第3代王 在位1387~1393

 

テオドロス1世(?~1414) ソロモン朝第5代エチオピア皇帝 在位1413~1414

カラ・ユースフ(?~1420) 黒羊朝第3代王 在位1389~1420

 

アンドレイヤス(?~1430) ソロモン朝第6代エチオピア皇帝 在位1429~1430

カラ・イスカンダル(?~1435) 黒羊朝第4代王 在位1420~1435

 

ザラ・ヤコブ(?~1468) ソロモン朝第7代エチオピア皇帝在位1434~1468

ジャハーン・シャー(?~1467) 黒羊朝第5代王 在位1435~1467

ハサン・アリー(?~1469) 黒羊朝第6代王 在位1468~1469

ハージー1世ギレイ(?~1456) クリミア・ハン国初代ハーン 在位1430~1456

 

ガローデオス(?~1559) ソロモン朝第9代エチオピア皇帝 在位1540~1559

サーヒブ1世ギレイ(?~1551) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1532~1551

 

メナス(?~1563) ソロモン朝第10代エチオピア皇帝 在位1559~1563

デヴレト1世ギレイ(?~1577) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1551~1577

 

スセニョス1世(?~1632) ソロモン朝第11代エチオピア皇帝 在位1606~1632

メフメト3世ギレイ(?~1628) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1623~1628

 

ファシラダス(?~1667) ソロモン朝第12代エチオピア皇帝 在位1632~1667

ベンタル(?~1669) ハルハ右翼部初代部族長 在位1653~1669

 

イヤス1世(?~1706) ソロモン朝第13代エチオピア皇帝 在位1682~1706

ノネイ(?~1707) ハルハ右翼部第3代部族長 在位1669~1707

 

ベカファ(?~1730) ソロモン朝第15代エチオピア皇帝 在位1721~1730

ジャンダグミ(?~1728) ハルハ右翼部第3代部族長 在位1708~1728

 

テクレ・ハイマノット2世(?~1777) ソロモン朝第19代エチオピア皇帝 在位1769~1777

デヴレト4世ギレイ(?~1777) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1775~1777

 

スセニョス2世(?~1770) ソロモン朝第24代エチオピア皇帝 在位1770

サーヒブ2世ギレイ(?~1775) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1771~1775

 

ソロモン2世(?~1779) ソロモン朝第25代エチオピア皇帝 在位1777~1779

シャヒン・ギレイ(?~1782) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1777~1782

ラワンドルジ(?~1782) ハルハ右翼部第4代部族長 在位1729~1781

 

ギヨルギス1世(?~1800) ソロモン朝第26代エチオピア皇帝 在位1779~1800

バハディル2世ギレイ(?~1790) クリミア・ハン国第15代ハーン 在位1783~1790

アユル(?~1796) ハルハ左翼部第5代部族長 在位1759~1796

 

イヤス3世(?~1788) ソロモン朝第27代エチオピア皇帝 在位1784~1788

ツェブテンジャブ(?~1788) チェチェン・ハーン部第10代部族長 在位1767~1788

 

ソロモン3世(?~1799) ソロモン朝第35代エチオピア皇帝 在位1796~1799

ジワンドルジ(?~1795) チェチェン・ハーン部第11代部族長 在位1788~1795

 

ヨナス(?~1798) ソロモン朝第36代エチオピア皇帝 在位1797~1798

サンジドルジ(?~1800) チェチェン・ハーン部第13代部族長 在位1796~1800

 

イヨアス2世(?~1821) ソロモン朝第37代エチオピア皇帝 在位1818~1821

エンケトロ(?~1817) チェチェン・ハーン部第15代部族長 在位1807~1817

ナムルライジャブ(?~1815) ハルハ左翼部第6代部族長 在位1796~1815

 

イヤス4世(?~1832) ソロモン朝第38代エチオピア皇帝 在位1830~1832

シャクドルジャブ(?~1830) ハルハ左翼部第8代部族長 在位1815~1830

 

ヨハンネス3世(?~1851) ソロモン朝第39代エチオピア皇帝 在位1840~1851

アディヤ(?~1850) グサイ・ベイセ第9代部族長 在位1804~1850

ハイレ・マラコト(?~1855) メネリク2世父

 

ツェリンドルジ(?~1893) チェチェン・ハーン部第17代部族長 在位1875~1893

ツェリンドルジ(?~1890) ハルハ右翼部第11代部族長 在位1880~1890

ドゥイグルスロン(?~1890) ハルハ左翼部第10代部族長 在位1870~1890

テオドロス2世(?~1868) テオドロス朝初代エチオピア皇帝 在位1855~1868

 

ギヨルギス2世(?~1871) ザグウェ朝初代エチオピア皇帝 在位1868~1871

ヨハンネス4世(?~1889) ティグレ朝初代エチオピア皇帝 在位1871~1889

 

ーーーーーーーーーーーー

 

メネリク2世(1844~1913) ソロモン朝初代エチオピア皇帝 在位1889~1913

 

ショアの王(ネグ)のハイレ・マラコトの子として生まれ、王位を継承。エチオピア中興の祖である皇帝テオドロス2世がショアを攻撃した際に捕虜とされたが、かえってテオドロスに可愛がられ、このことが自身に大きな影響を与えた。後にヨハンネス4世の跡を継いで皇帝に即位した。

第一次エチオピア戦争においてイタリア王国を破り、列強にエチオピアの独立を承認させた。これは、当時のアフリカ大陸の諸王国の中で唯一独立を保つことが出来た事例として有名となった。 wikiより

 

イヤス5世(1895~1935) ソロモン朝第2代エチオピア皇帝 在位1913~1916
ジョモ・ケニヤッタ(1893~1978) ケニア共和国初代大統領

ノーマン・マンリー(1893~1969) ジャマイカ第2代首相※画像なし

 

1952年にマウマウ団の乱に関係したとされ、またその一味であったとされ逮捕された。裁判官や通訳者などが不当にケニヤッタを扱ったとされる裁判は5ヶ月に及び、結果として7年間の重度労役処分とされたが、ケニア北西の辺境地ロドワーに移送され保護監察下での執行猶予処置とされた。

現在の研究でも、彼とマウマウとの関係はあったとされているが、他の説を唱える研究もある。結果的に1959年まで刑務所で過ごすこととなった。1963年にケニアが独立すると初代首相となり、1年後に大統領制に移行するとそのまま大統領となった。ジョモ・ケニヤッタwikiより

 

※エチオピア皇帝イヤス5世は、ジョモ・ケニヤッタとしてケニアを独立に導いた。その後、イヤス5世は40歳で死んだことにし、最後の43年間をジョモ・ケニヤッタとして生きた。初老のケニヤッタは、メネリク2世の初老時とそっくりである。上記の通り、才能のある人間、良い人間は、本願寺が掌握する国家機関やインフラ面で不遇を強いられている。

 

ザウディトゥ(1876~1930) ソロモン朝第3代エチオピア皇帝 在位 在位1916~1930

 

ハイレ・セラシェ1世(1892~1975) ソロモン朝第4代エチオピア皇帝 在位1930~1936

マコネン・エンデルカチュー(1890~1963) エチオピア第4代首相※画像なし

 

1934年の「ワルワル事件」を経て1935年10月3日にファシスト党のベニート・ムッソリーニ率いるイタリア王国が「アドワの報復」を掲げてエチオピアに進攻、第二次エチオピア戦争が勃発した。翌1936年3月のマイチァウの戦いでイタリア軍は毒ガスを用いて帝国親衛隊を含むエチオピア軍を壊滅させる。その後、皇帝ハイレ・セラシエ1世は5月2日に鉄道でジブチに向かい、ジブチを経由してイギリスのロンドンに亡命した。その間首都アディスアベバは5月5日に陥落した。

1936年から1941年までのエチオピアはイタリア領東アフリカ帝国としてファシスト・イタリアに統治された。1939年の第二次世界大戦勃発後、東アフリカ戦線 (第二次世界大戦)にて枢軸国のイタリア軍と連合国のイギリス軍の激戦を経て、1941年にエチオピアはイギリス軍に解放され、5月5日に皇帝ハイレ・セラシエ1世は凱旋帰国した。 ハイレ・セラシェ1世wikiより

 

※さすがにオスマントルコ皇帝の一族だけあり、西本願寺門主大谷光尊の血を継ぐムッソリーニを退けている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

エチオピア皇帝メネリク2世の子

 

Wossen Seged(生没年不詳)

アレクサンダー・バスタマンテ(1884~1977) ジャマイカ初代首相

 

ーーーーーーーーーーーー

 

エチオピア皇帝ハイレ・セラシェ1世の子

 

Mekonnen Haile Selassie(1924~1957)

チャック・ベリー(1926~2017)

 

Sahle Selassie(1932~1962)※画像なし

ジェームズ・ブラウン(1933~2006) ミュージシャン

サム・クック(1931~1964) ミュージシャン

リトル・リチャード(1932) ミュージシャン

 

※リトル・リチャードは兄チャック・ベリーと共にロックンロールミュージックを発明し、ロックの黎明期を牽引した。同じ影武者仲間のサム・クックはソウルミュージック界で活躍したが、彼の最後はあっけなく、哀れだった。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

エチオピア皇帝ハイレ・セラシェ1世の孫

 

Paul Wossen Seged(生没年不詳)※画像なし

ウィルソン・ピケット(1941~2006) ミュージシャン

モーリス・ホワイト(1941~2016) アース・ウィンド&ファイア

リチャード・プライアー(1940~2005) コメディアン

 

※リチャード・プライアーは弟分のエディ・マーフィとは兄弟ということになる。プライアーの弟にはボブマーリーもいるが、兄弟だけに良く似ている。プライアーの影武者仲間のピケットやモーリスはソウルミュージック界で活躍した。

 

Mikael(生没年不詳)※画像なし

ピーター・トッシュ(1944~1987) レゲエミュージシャン

 

ジャマイカのレゲエミュージシャン。同国のバンド、ウェイラーズの一員として活躍した後、ソロ・ミュージシャンとしても成功を収めた。また、ラスタファリ運動の先駆者としても知られる。 wikiより

 

Dawit(生没年不詳)※画像なし

ボブ・マーリー(1945~1981) レゲエミュージシャン

 

ジャマイカのレゲエミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。 ボブ・マーリーwikiより

 

Beede Mariam(生没年不詳)※画像なし

バニー・ウェイラー(1947) レゲエミュージシャン

 

レゲエ音楽家、ラスタマン。ボブ・マーリー、ピーター・トッシュらと活躍したザ・ウェイラーズのオリジナルメンバーである。 バニー・ウェイラーwikiより

 

※ハイレ・セラシェ1世は、チャーチル率いるイギリス軍がムッソリーニを退けたおかげで、イギリスに親近感を持ったと考えられる。彼はイギリス領のジャマイカに子を儲けた。その子供たちがレゲエを始めた。レゲエは世界中のミュージシャンに影響を与えた。本願寺はマーリーがエチオピア皇帝の血を継いでいることを優性遺伝子ブリーダーに聞いて知ったため、これ以上勢力伸張することを阻止するためにマーリーやトッシュを暗殺した。

 

Ermias Sahle Selassie(1960)※画像なし

ウフル・ケニヤッタ(1961) ケニア第4代大統領

エディー・マーフィー(1961) コメディアン・俳優・映画監督

 

※初期のエディは挑戦的な芸風で一世を風靡した。サタデーナイトライブのコントや自身が脚本・主演した「星から来た王子」、主演・監督した「ハーレムナイト」では歯に衣着せぬ表現で偽善的な風潮を斬った。

しかし、ディープステートにマークされると毒を省いた芸風に転換し、ハリウッドに生き残った。主演作には「大逆転」「48時間」「ビバリーヒルズ・コップ」「ゴールデン・チャイルド」がある。脚本家としては「星の王子様ニューヨークへ行く」、監督作としては「ハーレムナイト」がある。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ボブ・マーリーの子

 

ジギー・マーリー(1968) ジギー・マーリー&ザ・メロディメイカーズ

ガーネット・シルク(1966~1994) レゲエミュージシャン

 

※ガーネット・シルクはどちらかといえばピーター・トッシュに似ている。ガーネットはマーリーの影武者として生まれた可能性がある。なぜか殺害されてしまった。

 

 

 


ブルガリア皇帝イヴァイロの一族~ヴィスコンティ家、メディチ家、クリストファー・コロンブス、ヴァスコ・ダ・ガマ、イエズス会、フランシスコ・ザビエル、トスカーナ大候国、ローマ教皇フランシスコ

 

イヴァイロ(?~1279) アセン朝第11代ブルガリア王 在位1277~1279

円爾(1202~1280) 臨済宗僧侶

Ottone Visconti(?~1295) ミラノ僭主 在位1277~1295

 

※ブルガリア皇帝イヴァイロは臨済宗僧侶円爾などを演じていたが、ミラノに進出してOttone Viscontiに変身し、ミラノ僭主となる。ヴィスコンティ家のはじまりである。

 

・Matteo I Visconti(?~1322) ミラノ僭主 在位1311~1322

・Galeazzo I Visconti(?~1328) ミラノ僭主 在位1322~1328

・Azzone Visconti(?~1339) ミラノ僭主 在位1328~1339

・Luchino Visconti(?~1349) ミラノ僭主 在位1339~1349

・Giovanni Visconti(?~1354) ミラノ僭主 在位1339~1354

・Matteo II Visconti(?~1355) ミラノ僭主 在位1354~1355

・Galeazzo II Visconti(?~1378) ミラノ僭主 在位1354~1378

・Bernabò Visconti(?~1385) ミラノ僭主 在位1354~1385

 

バヤズィト1世(1354~1402) オスマントルコ帝国第4代皇帝 在位1299~1326

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(1351~1402) 初代ミラノ公 在位1395~1402

ジョヴァンニ・ディ・ビッチ(1360~1429) メディチ銀行総裁

 

※オスマントルコ皇帝バヤズィト1世はジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティに変身してミラノ公となり、一方でジョヴァンニ・ディ・ビッチに変身してメディチ家の端緒を切る。

 

ジャンの征服事業の多くが成功した背景には、彼が傭兵を金で雇って兵農分離を行なっていたからである。つまり、彼は当時では開明的で先進的な独裁君主であった。また野心家でもあり、「カエサルの再来」を自認したジャンは、フィレンツェ征服後にイタリア王位に即位しようと、即位に備えて王冠と錫を用意していたといわれているほどである。 ジョヴァンニ・ディ・ビッチwikiより

 

コジモ・デ・メディチ(1389~1464) フィレンツェ僭主

ジョヴァンニ・マリーア・ヴィスコンティ(1388~1412) 第2代ミラノ公 在位1402~1412

フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティ(?~1447) 第3代ミラノ公 在位1412~1447

 

※ヴィスコンティ家はミラノを治め、メディチ家はフィレンツェを治めた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

フィリッポ・マリーア・ヴィスコンティの子(ジャン・ガレアッツォの孫)

 

ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ(1425~1468) ヴィスコンティ家

 

※ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティスフォルツァ家に嫁いだため、ビアンカを最後にヴィスコンティ家のミラノ統治は終焉を迎えた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティの子

 

スフォルツァ・マリーア(1451~1479)※画像なし

ロレンツォ・デ・メディチ(1449~1492) フィレンツェ僭主
クリストファー・コロンブス(1451~1506) 航海士

 

「彼らは武器を持たないばかりかそれを知らない。私が彼らに刀を見せたところ、無知な彼らは刃を触って怪我をした。 彼らは鉄を全く持っていない。彼らの槍は草の茎で作られている。彼らはいい身体つきをしており、見栄えもよく均整がとれている。彼らは素晴らしい奴隷になるだろう。50人の男達と共に、私は彼らすべてを征服し、思うままに何でもさせることができた。」 クリストファー・コロンブスwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの子スフォルツァ・マリーアは28歳で死んだことにして、その後はロレンツォ・デ・メディチ、コロンブスとして生きた。本願寺門主親鸞の一族は、自分のアメリカでの悪行をすべてコロンブスに責任転嫁した。上のwikiから拾ったコロンブスによるとされる発言は、本願寺による「当時」のフェイクニュースだと考えられる。

 

フランチェスコ・ガレアッツオ・マリア(1453~1454)※画像なし
アメリゴ・ベスブッチ(1454~1512)

 

アメリゴは1503年頃に論文『新世界』を発表する。1499年から1502年にかけての南米探検で彼は南緯50度まで沿岸を下った。南米大陸がアジア最南端(マレー半島、北緯1度)とアフリカ最南端(南緯34度)の経度をはるかに南へ越えて続くため、それが既知の大陸のどれにも属さない「新大陸」であることに気づいた。ちなみに当時は北米と南米が繋がっていることは判明していないので、彼の『新世界』は南米大陸についてのみ論じている。ヨーロッパの古代からの伝統的世界観、アジア・アフリカ・ヨーロッパからなる三大陸世界観を覆すこの主張は当時最先端の知識人層である人文主義者たちにはセンセーショナルに受け入れられたが、ヨーロッパ全体にすぐ浸透したわけではない。 アメリゴ・ベスブッチwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの子フランチェスコは1歳で早世したことにされ、アメリゴ・ベスブッチとして育てられた。「アメリカ」の名はダヴィデの一族の命名ということになる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの子(ビアンカ・ヴィスコンティの孫)

 

カテリーナ・スフォルツァ(1463~1509)

 

ジャン・ガレアッツオ・スフォルツァ(1469~1494) 第6代ミラノ公※画像なし

ジョヴァンニ・デ・メディチ(1475~1521) ローマ教皇レオ10世 在位1513~1521

ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(1472~1503) フィレンツェ僭主※画像なし
ヴァスコ・ダ・ガマ(1469~1524) 航海士

 

ポルトガルの航海者、探検家である。熟達した航海術と外交手腕を買われヨーロッパからアフリカ南岸を経てインドへ航海した記録に残る最初のヨーロッパ人であり、しばしばインドへの航路をヨーロッパ人として初めて「発見」した人物であるとされる。このインド航路の開拓によって、ポルトガル海上帝国の基礎が築かれた。バスコ・ダ・ガマとも。 ヴァスコ・ダ・ガマwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫ジャン・ガレアッツオは、25歳で死んだことにし、その後はヴァスコ・ダ・ガマとして生きた。更に、ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチに変身してフィレンツェ僭主となり、ローマ教皇をも演じた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの子

 

マッシミリアーノ・スフォルツァ(1493~1530) 第9代ミラノ公※画像なし

ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ(1498~1526) イタリア傭兵隊長
イグナチオ・デ・ロヨラ(1491~1556) イエズス会初代総長

 

カスティーリャ王国領バスク地方出身の修道士。カトリック教会の修道会であるイエズス会の創立者の1人にして初代総長。バスク人。同会の会員は教皇への厳しい服従をモットーに世界各地で活躍し、現代に至っている。イグナチオは『霊操』の著者としても有名で、対抗改革の中で大きな役割を果たした。イグナチオ・デ・ロヨラwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫フランチェスコは、21歳で死んだことにし、その後はジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレ、イグナチオ・ロヨラとして生きた。ロヨラはイエズス会を創設し、イエズス会初代総長を務めた。

 

Giovanni Paolo I Sforza(1497~1535)※画像なし
フランシスコ・ザビエル(1506~1552) イエズス会
ピエール・ファーブル(1506~1572) イエズス会

 

ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、その後1549年(天文18年)に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。フランシスコ・ザビエルwikiより

 

勉学を続ける中でファーブルは司祭職への召命を感じ、19歳でパリ大学で学ぶべく故郷を離れた。パリ大学は当時から多くのカレッジの集合体であったが、ファーブルはその一つでポルトガル系の学生の多かった聖バルバラ学院に学んだ。ここでファーブルとたまたま同室になった学生が、後にイエズス会創設に共に立ち会うフランシスコ・ザビエルであった。 ピエール・ファーブルwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫コーネリアスは20歳で死んだことにし、その後はザビエルとファーブルを同時進行で演じた。その際、父や自身の庶子を投入して影武者部隊を作り、登用していた。ザビエルは46歳で死んだことにして最後の20年はファーブルとして生きた。上のwikiで拾った「ファーブルとたまたま同室になった学生が、後にイエズス会創設に共に立ち会うフランシスコ・ザビエルであった」の一文は興味深い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

コジモ1世(1519~1574) 初代トスカーナ大公 在位1569~1574

 

・フランチェスコ1世デ・メディチ(1541~1587) 第2代トスカーナ大公 在位1574~1587

・フェルディナンド1世デ・メディチ(1549~1609) 第3代トスカーナ大公 在位1587~1609

・コジモ2世デ・メディチ(1590~1621) 第4代トスカーナ大公 在位1609~1621

・フェルディナンド2世デ・メディチ(1610~1670) 第5代トスカーナ大公 在位1621~1670

 

コジモ3世(1642~1723) 第6代トスカーナ大公 在位1670~1723

フィリップ1世(1640~1701) オルレアン公、ルイ13世の子※画像なし

 

ルイ(1661~1711) フランス王大使※ルイ14世の子

 

フェリペ5世(1683~1746) ボルボン朝初代スペイン王 在位1746~1759

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

スペイン王フェリペ5世の子

 

フェルナンド6世(1713~1759) ボルボン朝第3代スペイン王 在位1746~1788

イニャツィオ・ヴィスコンティ(?~?) イエズス会総長 在位1751~1755

 

フィリッポ1世(1720~1765) 初代パルマ公 在位1748~1765

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

・フェルディナンド(1799~1802) 第2代パルマ公 在位1765~1802

・カルロ2世ルイージ(1799~1848) 第3代パルマ公 在位1847~1848

・カルロ3世(1823~1854) 第4代パルマ公 在位1848~1854

・ロベルト1世(1848~1907) 第5代パルマ公 在位1854~1907

・エンリコ(1873~1939) 第6代パルマ公 在位1907~1939

・ジュゼッペ(1875~1950) 第7代パルマ公 在位1939~1950

・エリアス(1880~1959) 第8代パルマ公 在位1950~1959

 

ロベルト・ウーゴ(1909~1974) 第9代パルマ公 在位1959~1974※画像なし

ルキノ・ヴィズコンティ(1906~1976) 映画監督

 

1906年11月2日、イタリア王国ミラノで生まれた。実家はイタリアの貴族ヴィスコンティ家の傍流で、父は北イタリア有数の貴族モドローネ公爵であり、ヴィスコンティは14世紀に建てられた城で、幼少期から芸術に親しんで育った。ミラノとコモの私立学校で学んだ後、1926年から1928年まで軍隊生活を送った。退役後、1928年から舞台俳優兼セット・デザイナーとして働き始めた。1936年にはココ・シャネルの紹介でジャン・ルノワールと出会い、アシスタントとしてルノワールの映画製作に携わった。 ルキノ・ヴィズコンティwikiより

 

※ヴィスコンティは、映画「地獄の堕ちた勇者ども」で、ナチスが犯した最大の陰謀を暴いた。それは脳の侵略である。標的の弱みを握るための完全な監視。そして、その監視で得た情報の悪用。しかし、その方法を描写することなく、蹂躙された人間の結末を描くことで、非常に冷たい、後味の悪い作品となった。この後味の悪さと冷たさは作品の出来とは関係ない。後味の悪さと冷たさは真の悪の目撃が原因である。

 

サヴェリオ(1889~1977) 第10代パルマ公 在位1974~1977

 

第二次世界大戦中、グザヴィエはベルギー軍の砲兵大佐として従軍した。ベルギーの降伏後はスペインへ亡命しようとしたが、フランシスコ・フランコに拒否されたためにフランスのレジスタンス運動に参加した。マキを支援していたが、1944年7月22日にゲシュタポによって逮捕された。「夜と霧」が適用されてクレルモン=フェランに収監された後、連合国軍の進撃に伴ってナッツヴァイラー強制収容所、ダッハウ強制収容所などを転々とし、1945年5月4日にアメリカ軍によって解放された。 wikiより

 

カルロ・ウーゴ(?~2010) 第11代パルマ公 在位1977~2010※画像なし

ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(1936) 第266代ローマ教皇フランシスコ 在位2013~現在

 

ミサでは「真の権力とは奉仕であることを忘れてはなりません。教皇の権力の行使もそうです。あなたがたは、ますます十字架の光の頂点にある奉仕へと迎え入れられるべきなのです」と語った。 フランシスコ/ホルヘ・マリオ・ベルゴリオwikiより

 

※第266代ローマ教皇フランシスコはヴィスコンティ家、メディチ家の子孫だと考えられる。

 

カルロ・サヴェリオ(1970) 第12代パルマ公 在位2010~現在

 

 

 


ブルガリア皇帝ゲオルギ2世の一族~オスマントルコ帝国、北元、スペイン無敵艦隊、ロシア帝国、サルディーニャ王国、リンカーン大統領、宰相ビスマルク、怪僧ラスプーチン、エルドアン大統領

 

ゲオルギ2世テルテル(?~1323) テルテル朝第6代ブルガリア王 在位1322~1323※画像なし

フリードリヒ1世(1257~1323) マイセン辺境伯 在位1292~1323

シデバラ(?~1323) 大元帝国第5代皇帝 在位1320~1323※画像なし
オスマン1世(1258~1326) オスマントルコ帝国初代皇帝 在位1299~1326

オットー3世(1261~1312) ヴィッテルスバッハ朝ハンガリー王 在位1291~1312※画像なし

 

1299年、カラ・スーの河谷を占領したのち、イェニシェヒルを占領した。ここで首都となるべき町を手に入れたオスマンはルーム・セルジューク朝から独立を宣言してオスマン帝国を築き上げたのである。

1301年、オスマン1世は領土拡大のためビザンツ帝国との戦い、コユンヒサルの戦いでこれを破り、帝国の基礎と次代の繁栄を築き上げた。 オスマン1世wikiより

 

※以前、オスマン1世とソロモン1世、イヴァン1世を異母兄弟と設定していたが、後日精査の上、改訂したことをご了承ください。オスマン1世はブルガリア皇帝ゲオルギ2世テルテルの影無者であり、北元皇帝シデバラなどと異母兄弟である。偉大な王を生んできたブルガリア帝国に継ぐキングメーカーがオスマントルコ帝国である。

オスマントルコ帝国もブルガリア帝国に負けず劣らず、多くの偉大な王を生んできたが、王は優れているためにタナトスの一族にロックオンされ、タナトスに脅された大量の邪教信者に嫌がらせをされ、ニーチェのように不遇な人生を送らざるを得なかった人物も多い。

 

オルハン(1281~1362) オスマントルコ帝国第2代皇帝 在位1326~1362

ルドルフ1世(1281~1307) ボヘミア王 在位1306~1307※画像なし

ヴァーツラフ3世(1289~1306) プシェミスル朝ハンガリー王 在位1301~1305

カーロイ1世(1288~1342) アンジュー朝初代ハンガリー王 在位1308~1342※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝オルハンの子

 

ムラト1世(1326~1389) オスマントルコ帝国第3代皇帝 在位1362~1389

ラヨシュ1世(1326~1382) アンジュー朝第2代ハンガリー王 在位1342~1382

 

Halil(1347~1362)※画像なし

アユルシリダラ(1340~1378) 北元第2代皇帝 在位1370~1378

トグス・テムル(1342~1388) 北元第3代皇帝 在位1378~1388※画像なし

ティムール(1336~1405) ティムール帝国初代皇帝 在位1370~1405

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝ムラト1世の子

 

バヤズィト1世(1354~1402) オスマントルコ帝国第4代皇帝 在位1299~1326

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(1351~1402) ヴィスコンティ家

 

Yakub Çelebi(?~1389)※画像なし
イェスデル(1359~1392) 北元第4代皇帝 在位1388~1391※画像なし

エルベク・ハーン(1362~1399) 北元第6代皇帝 在位1394~1399※画像なし

ヴワディスワフ2世ヤギェヴォ(1362~1434) ヤギェヴォ朝初代ポーランド王 在位1377~1392

 

※オスマントルコ皇帝バヤズィト1世はイェスデルとして北元皇帝を務めた。イェスデルの由来はイシュタル。オリエントから来たことをアピールしている。更に、トルコからポーランドに移り、ヴワディスワフ2世ヤギェヴォとしてヤギエヴォ朝を開いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝バヤズィト1世の子

 

Süleyman Çelebi(1377~1411)※画像なし

クン・テムル(1377~1402) 北元第7代皇帝 在位1399~1402

フリードリヒ1世(1371~1440) ホーエンツォレルン家ブランデンブルク選帝侯

 

Ertuğrul Çelebi(1378~1400)※画像なし

オルク・テムル(1379~1408) 北元第8代皇帝 在位1402~1408※画像なし

オルジェイ・テムル(1379~1412) 北元第9代皇帝 在位1408~1412

アダイ・ハーン(1376~1438) 北元第12代皇帝 在位1390~1438※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーー

 

メフメト1世(1389~1421) オスマントルコ帝国第5代皇帝 在位1405~1421

ダルバク・ハーン(1395~1415) 北元第10代皇帝 在位1412~1415※画像なし

オイラダイ・ハーン(1387~1425) 北元第11代皇帝 在位1415~1425※画像なし

ハリール・スルタン(1384~1411) ティムール帝国第2代皇帝 在位1405~1409

ウルグ・ベク(1394~1449) ティムール帝国第4代皇帝 在位1447~1449※画像なし

 

ムラト2世(1404~1451) オスマントルコ帝国第6代皇帝 在位1421~44、1446~51

エセン・ハーン(1407~1454) 北元第15代皇帝 在位1453~1454※画像なし

アブドゥッラー(1410~1451) ティムール帝国第6代皇帝 在位1450~1451

 

メフメト2世(1432~1481) オスマントルコ帝国第7代皇帝 在位1444~46、1451~81

トクトア・ブハ(1422~1452) 北元第13代皇帝 在位1433~1452※画像なし

アクバルジ晋王(1423~1453) 北元第14代皇帝 在位1453※画像なし

アブー・サイード(1424~1469) ティムール帝国第7代皇帝 在位1451~1469※画像なし

ヴワディスワフ3世(1424~1444) ヤギェヴォ朝第2代ポーランド王 在位1440~44※画像なし

カジミェシュ4世(1427~1492) ヤギェヴォ朝第3代ポーランド王 在位1447~1492

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝ムラト2世の子

 

Orhan Çelebi(?~1453)

イヴァン3世(1440~1505) モスクワ大公 在位1462~1505

 

Hasan Çelebi(1450~1451)※画像なし

スルタン・アフマド(1451~1494) サマルカンド政権初代ティムール皇帝 在位1469~1494※画像なし

ウラースロー2世(1456~1516) ヤギェヴォ朝第2代ハンガリー王 在位1490~1516

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝メフメト2世の子

 

バヤズィト2世(1447~1512) オスマントルコ帝国第8代皇帝 在位1481~1512

モーラン・ハーン(1448~1466) 北元第17代皇帝 在位1465~1466

マルコルギス・ハーン(1448~1465) 北元第16代皇帝 在位1455~1465※画像なし

マーチャーシュ1世(1443~1490) フニャディ朝ハンガリー王 在位1458~1490※画像なし

 

Sultan Cem(1459~1495)

ヘンリー7世(1457~1509) チューダー朝初代イングランド王 在位1485~1509

マクシミリアン1世(1459~1519) ハプスブルグ朝神聖ローマ帝国初代皇帝

 

ーーーーーーーーーーーー

 

セリム1世(1470~1520) オスマントルコ帝国第9代皇帝 在位1512~1520

バヤン・モンケ・ボルフ晋王(1464~1487) 北元第19代皇帝 在位1480~1487※画像なし

アレクサンデル(1461~1506) ヤギェヴォ朝第5代ポーランド王 在位1501~1506

ジグムント1世(1467~1548) ヤギェヴォ朝第6代ポーランド王 在位1506~1548

 

父バヤズィト2世からトラブゾン知事に任命され、東方に目を光らせていたセリムは父の消極性に不満を持っていた。当初は3番目の子で上の兄コルクト・アフメトがいたため継承順位はもっとも下だったが、1511年にサファヴィー朝に同調したシャー・クルの反乱を契機として、兄達が反乱にてこずっている隙を付いてクーデターを仕掛けた。1度目は失敗してクリミア半島へ追放されたが、翌1512年にイェニチェリに擁立され兄達を排除、父を退位させて皇帝に即位したセリム1世は、父が即位時にしたのと同じように、即位後の内紛を避けるために兄弟達とその子らを次々と殺した。父もその後すぐに歿しているが、セリム1世の暗殺も疑われている。 セリム1世wikiより

 

スレイマン1世(1494~1566) オスマントルコ帝国第10代皇帝 在位1520~1566

ヘンリー8世(1491~1547) チューダー朝イングランド王 在位1509~1547
トマス・クランマー(1489~1556) カンタベリー大主教

ウィリアム・ウォルシンガム(?~1534) フランシス・ウォルシンガム父※画像なし

ジョン・カリー(1491~1552) フランシス・ウォルシンガム養父※画像なし

グスタフ1世(1496~1560) ヴァーサ朝初代スウェーデン王 在位1523~1560

西郷純久(148?~?) 西郷氏の祖※画像なし

少弐資元(1489~1536) 少弐氏16代当主※画像なし

 

※パシャはトルコ語で高官を意味するが、由来は不明と言われている。パシャの由来は中国語ピシャ(陛下)である。

 

セリム2世(1524~1574) オスマントルコ帝国第11代皇帝 在位1566~1574

ジグムント2世(1520~1572) ヤギェヴォ朝第7代ポーランド王 在位1548~1572
アルバロ・デ・バサン(1526~1588) スペイン無敵艦隊の父

松浦隆信(1529~1599) 松浦氏第25代当主

 

「スペイン海軍の父」と称されるスペインの軍人・貴族。海軍提督として知られ、サンティアゴ騎士団員でもあった。アルバロ・デ・バサンwikiより

 

一方で、貿易による巨万の富を築き上げた隆信は、領内でも鉄砲の製造を命じ、火薬の備蓄や、鉄砲足軽の訓練に勤しんで、軍備を拡大した。その力を背景にして(衰退傾向にあった)倭寇の拠点3ヵ所の制圧し、北松浦半島を制圧した。 隆信は、有馬氏や龍造寺氏などの近隣の大名と事を構え、度々合戦をしながら、志佐氏や波多氏の一部を攻撃し、婚姻や血族を養子として入れることでを松浦党の一族をまとめようとしていた。 松浦隆信wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ムラト3世(1546~1595) オスマントルコ帝国第12代皇帝 在位1574~1595

松浦鎮信(1549~1614) 松浦氏第26代当主

アロンソ・ペレス・デ・グスマン(1550~1615) スペイン無敵艦隊指揮官 バサンの子

 

スペインの軍人で、無敵艦隊の総司令官である。第7代メディナ=シドニア公。妻はエーボリ公とアナ・デ・メンドーサの娘アナ。子に第8代公爵フアン・マヌエル・ペレス・デ・グスマン。ポルトガル王ジョアン4世妃ルイサは孫娘に当たる。 アロンソ・ペレス・デ・グスマンwikiより

 

※オスマントルコ皇帝セリム2世は、スペインに潜入してアルバロ・デ・バサンを演じ、スペイン艦隊の父と呼ばれた。息子のアロンソはスペイン無敵艦隊を指揮したが、同族のフランシス・ドレイク率いるイギリス艦隊に敗れた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝スレイマン1世の子

 

ジハンギル(1531~1553)※画像なし
ルイス・フロイス(1532~1597) イエズス会

 

ポルトガルのカトリック司祭、宣教師。イエズス会士として戦国時代の日本で宣教し、織田信長や豊臣秀吉らと会見。戦国時代研究の貴重な資料となる『日本史』を記したことで有名。 ルイス・フロイスwikiより

 

※オスマントルコ皇帝の子ジハンギルは22歳で死んだことにし、その後はルイス・フロイスとして生きた。イエズス会士として来日したフロイスは日本の家族と協力し、邪教である仏教の根絶を目指した。彼らは、特に浄土真宗が有害だという認識はなく、信長の動向から仏教全般を敵視していたようだが、フロイスは日本を正しく「悪魔が支配する国」と称した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

メフメト3世(1566~1603) オスマントルコ帝国第13代皇帝 在位1595~1603

ジグムント3世(1566~1632) ヴァーサ朝第4代スウェーデン王 在位1587~1632

 

アフメト1世(1590~1603) オスマントルコ帝国第14代皇帝 在位1603~1617

ヴラディスロヴァス2世(1595~1648) 第4代リトアニア大公 在位

 

ムスタファ1世(1592~1639) オスマントルコ帝国第15代皇帝 在位1617~18、1622~23
ミハイル・ロマノフ(1596~1645) ロマノフ朝初代皇帝 在位1613~1645

 

兄の治世中、1603年から1617年の14年もの間幽閉された。1617年に兄が亡くなったため一旦は皇帝に即位したが、翌1618年、精神病のために退位させられることとなった。次に即位した甥のオスマン2世が殺害されたため1622年に再び皇帝となるが、まもなく2度目の退位を強制され、1623年にオスマン2世の弟ムラト4世が即位、47歳で死去するまで16年間の幽閉生活を送らされた。ムスタファ1世wikiより

 

父がボリス・ゴドゥノフに失脚させられ、母と共にコストロマのイパチェフ修道院に隠棲していた。1610年ヴァシーリー4世の退位後、ロシアではツァーリ不在の動乱時代における「空位期間」に陥ったが、1612年国民軍はクレムリンに拠るポーランド軍を一掃し、モスクワを取り戻した。その後、1613年2月、人民、コサックも参加した全国会議にてミハイルはツァーリに選出され、これにより動乱時代は終結した。ミハイル・ロマノフwikiより

 

※オスマントルコ皇帝ムスタファ1世は、イヴァン大帝の一族に迎えられ、ミハイル・ロマノフとしてロシア帝国の皇帝を務め、ロシア帝国を生んだ。

 

オスマン2世(1604~1622) オスマントルコ帝国第15代皇帝 在位1618~1622

トーマス・クロムウェル(1594~1653) アルドグラス伯
オリバー・クロムウェル(1599~1658) 共和制イングランド初代護国卿

 

ムラト4世(1612~1640) オスマントルコ帝国第17代皇帝 在位1623~1640

ヨナス1世(1609~1672) 第7代リトアニア大公 在位1648~1668

 

イブラヒム(1615~1648) オスマントルコ帝国第18代皇帝 在位1640~1648

アルタモン・マトヴェーエフ(1625~1682) ロシア帝国外交官

フリードリヒ・ヴィルヘルム(1620~1688) ホーエンツォレルン家プロイセン王

 

ブランデンブルク選帝侯及びプロイセン公(在位:1640年12月1日 - 1688年5月9日)。プロイセン公国をポーランド支配から解放し、フェールベリンの戦いなどに勝利して領内からスウェーデン勢力を駆逐したため、大選帝侯(der große Kurfürst)と称えられる。 フリードリヒ・ヴィルヘルムwikiより

 

※イブラヒムはアルタモン・マトヴェーエフに変身し、西本願寺門主准如の一族アレクセイを成敗し、自分がアレクセイに成り代わった。すると、追放されたホンモノのアレクセイはフィオドシア・モロゾヴァに変身して古儀式派を組織し、大量の邪教信者を所有した。更にアレクセイはスチェパン・ラージンに変身して古儀式派の信者を動員してアレクセイに対して蜂起した。しかし、1人3役の八面六臂の活躍をしたにも関わらず逮捕されて八つ裂きにされた。

 

メフメト4世(1642~1687) オスマントルコ帝国第19代皇帝 在位1648~1687

ミーコラス1世(1640~1673) 第7代リトアニア大公 在位1669~1673

 

スレイマン2世(1642~1691) オスマントルコ帝国第20代皇帝 在位1687~1691

順治帝(1638~1661) 清第3代皇帝 在位1643~1661

 

アフメト2世(1643~1695) オスマントルコ帝国第21代皇帝 在位1691~1695

サフィー2世スライマーン(1647~1694) サファヴィー朝第8代シャー 在位1666~1694※画像なし

 

ムスタファ2世(1664~1703) オスマントルコ帝国第22代皇帝 在位1695~1703

フョードル3世(1661~1682) ロシア帝国第3代皇帝 在位1676~1682
ヴィットリオ・アメデーオ2世(1666~1732) サヴォイア家初代サルディーニャ王 在位1720~30

 

1695年に死んだ叔父のアフメト2世の後を継いで即位した。大トルコ戦争でオスマン帝国へのオーストリアの進出を阻止しようとして1697年にハンガリーの再征服に乗り出した。しかし、プリンツ・オイゲンにゼンタの戦いで大敗北を喫し、和平の道へと進むことになった。1699年のカルロヴィッツ条約によりオーストリアにハンガリーとトランシルヴァニアを、ヴェネツィアにモレアを、ポーランドにポドリアを割譲した。また、1700年にロシアともコンスタンティノープル条約を締結、1696年にピョートル1世が奪った黒海沿岸のアゾフを譲っている。ムスタファ2世wikiより

 

スペイン継承戦争では初めフランス側だったが、1703年に密かに同盟に連絡を取っていたことがフランスに発覚すると同盟に復帰、1706年にオイゲンと共に包囲されたトリノを解放した(トリノの戦い)。以後は終戦までオーストリアの将軍ヴィリッヒ・フォン・ダウンと共にサヴォイアのフランス軍と交戦、スペイン継承戦争終結後、ユトレヒト条約により1713年にシチリア王国を手に入れシチリア王となったが、1720年には四国同盟戦争の際に結ばれたハーグ条約により神聖ローマ帝国のカール6世にシチリア王国を割譲し、その代償として神聖ローマ帝国からサルデーニャ島を割譲された。だが神聖ローマ帝国からサルデーニャ王の称号を認められ、サルデーニャ王国を成立させた。 ヴィットリオ・アメデーオ2世wikiより

 

※オスマントルコ皇帝ムスタファ2世は、ヴィットリオ・アメデーオ2世としてサルディーニャ王に即位し、オスマントルコ帝国とサルディーニャ王国を同時に統治した。もちろん、庶子を投入した影武者部隊を起用していることで可能なことである。

 

アフメト3世(1673~1730) オスマントルコ帝国第23代皇帝 在位1703~1730

ピヨートル1世(1672~1725) ロシア帝国第5代皇帝 在位1682~1725

 

マフムト1世(1696~1754) オスマントルコ帝国第24代皇帝 在位1730~1754

タフマースブ2世(1704~1740) サファヴィー朝第10代シャー 在位1722~1732※画像なし

 

オスマン3世(1699~1757) オスマントルコ帝国第25代皇帝 在位1754~1757
フランツ1世(1708~1765) ハプスブルグ家オーストリア初代皇帝 在位1745~1765

 

その後ナポレオン戦争に巻き込まれ、三帝会戦(アウステルリッツの戦い)で惨敗し、フランツ2世は「ローマ皇帝」の称号を自ら放棄して、神聖ローマ帝国は名実ともに消滅した。しかし、自らの支配領域であるオーストリアとハンガリー王国を中心としてオーストリア帝国を再編し、オーストリア皇帝フランツ1世として君臨した。またクレメンス・メッテルニヒを登用し、ウィーン会議で失地を回復した。 フランツ1世wikiより

 

※ムスタファ3世はMehmedを死んだことにして同じ血筋のオーストリア人家庭に養子に出し、帝王学を叩き込んで未来の王として育てた。Mehmedはフランツ1世としてオーストリア帝国初代皇帝に即位した。

 

ムスタファ3世(1717~1774) オスマントルコ帝国第26代皇帝 在位1757~1774

ピョートル2世(1715~1730) ロシア帝国第7代皇帝 在位1727~1730

アドルフ・フレドリク(1710~1771) ホルシュタイン=ゴットルプ朝初代スウェーデン王

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝ムスタファ3世の子

 

Şehzade Sultan Mehmed(1767~1772)※画像なし

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(1770~1840) プロイセン王国第3代王 在位1797~1840

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アブデュルハミト1世(1725~1789) オスマントルコ帝国第27代皇帝 在位1771~1789

ピョートル3世(1728~1762) ロシア帝国第11代皇帝 在位1762

 

セリム3世(1761~1807) オスマントルコ帝国第28代皇帝 在位1789~1807

フランツ2世(1768~1835) オーストリア帝国初代皇帝 在位1804~1835

ナポレオン・ボナパルト(1769~1821) フランス帝国初代皇帝 在位1804~1815

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝セリム3世の子

 

Safizar Kadın(1792)※画像なし

フェルディナント1世(1793~1875) オーストリア帝国第2代皇帝 在位1835~1848

フリードリヒ・ヴィルヘルム4世(1795~1861) プロイセン王国第4代王 在位1840~1861

ヴィルヘルム1世(1797~1888) ドイツ帝国初代皇帝 在位1871~1888

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ムスタファ4世(1779~1808) オスマントルコ帝国第29代皇帝 在位1807~1808

ウィリアム・ハリソン(1773~1841) アメリカ合衆国第9代大統領 任期1841

ヴィルヘルム・フォン・プロイセン(1783~1851)
フリードリヒ・ヴィルヘルム(1785~1831) 新グリュックスブルグ家の祖

 

マフムト2世(1785~1839) オスマントルコ帝国第30代皇帝 在位1808~1839

ジョン・タイラー(1790~1862) アメリカ合衆国第10代大統領 任期1841~1845

ザカリー・テイラー(1784~1850) アメリカ合衆国第12代大統領 任期1849~1850

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝マフムト2世の子

 

Cemile Sultan(1800?)※画像なし

ミラード・フィルモア(1800~1874) アメリカ合衆国第13代大統領 任期1850~1853

 

Fatma Sultan(1809~1809)※画像なし

アブラハム・リンカーン(1809~1865) アメリカ合衆国第16代大統領 任期1861~1865

 

※オスマントルコ皇帝ムスタファ4世はオスマントルコ皇帝の子Fatma Sultanを死んだことにしてアメリカ人家庭に養子に出し、帝王学を叩き込んで未来の大統領として育てた。Fatma Sultanは長じてアブラハム・リンカーンとなった。オスマントルコ帝国の血筋と知っていた西本願寺門主文如の一族がリンカーンを暗殺した。

 

Şehzade Mehmed(1822~1823)※画像なし

ユリシーズ・グラント(1822~1885) アメリカ合衆国第18代大統領 在位1869~1877

 

南北戦争時の北軍の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領。アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領。南北戦争で戦った将軍の中では南軍のロバート・E・リー将軍と並んで(またそのリー将軍を最終的に破ったことで)最も有名な将軍の一人である。身長6フィート(約183cm)。

軍人としては成功したが、大統領在任中の「クレディ・モビリエ事件」を始めとする多くのスキャンダルおよび汚職により、歴史家からアメリカ最悪の大統領のうちの一人と考えられている。 ユリシーズ・グラントwikiより

 

※オスマントルコ皇帝マフムト2世はオスマントルコ皇帝の子Ahmedを死んだことにして、アメリカに養子に出した。Ahmedは後の62年間をユリシーズ・グラントとして生きた。互いにオスマン王家出身なのでリンカーンとは親しかった。wikiでは「歴史家からアメリカ最悪の大統領のうちのひとり」と呼ばれているが本願寺による汚名だろう。

 

アブデュルメジド1世(1823~1861) オスマントルコ帝国第31代皇帝 在位1839~1861
オットー・フォン・ビスマルク(1815~1898) プロシア帝国宰相 任期1862~1890

ラザフォード・ヘイズ(1822~1893) アメリカ合衆国第19代大統領 在位1877~1881

クリスチャン9世(1818~1851) グリュックスブルグ朝デンマーク王 在位1863~1906

 

プロイセン及びドイツの政治家、貴族。プロイセン王国首相(在職1862年-1890年)、北ドイツ連邦首相(在職1867年-1871年)、ドイツ帝国首相(在職1871年-1890年)を歴任した。ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相(独: Eiserne Kanzler)」の異名を取る。 オットー・フォン・ビスマルクwikiより

 

※オスマントルコ皇帝メフメト2世はオスマントルコ皇帝の子Ahmedを早世したことにして同じ血筋のドイツ人家庭に養子に出し、帝王学を叩き込んで未来の指導者として育てた。プロシア帝国もオーストリア帝国もオスマントルコ帝国の支配下にあったので、邪教が支配するヨーロッパを解放するために第一次世界大戦を始めた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

デンマーク王クリスチャン9世の孫

 

ニコライ2世(1868~1918) ロマノフ朝第14代ロシア皇帝 在位1894~1917

ジョージ5世(1865~1936) ウィンザー朝初代イングランド王 在位1910~1936

 

日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。 ニコライ2世wikiより

 

※クリスチャン9世の血を受けたことで、ロシア王室は西本願寺門主寂如の一族を排除し、正統なロマノフ朝に戻ることができた。しかし、残念なことに、西本願寺門主寂如の一族の凶弾を受けて倒れた。本願寺は、どさくさに紛れてオスマントルコ皇帝の血を継ぐニコライ2世とその家族を容赦なく銃殺した。そして、その罪をレーニンに被せた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アブデュルアズィズ(1830~1876) オスマントルコ帝国第32代皇帝 在位1861~1876

フランツ・ヨーゼフ1世(1830~1916) オーストリア帝国第3代皇帝 在位1848~1916

フリードリヒ3世(1831~1888) ドイツ帝国第2代皇帝 在位1888

チェスター・A・アーサー(1830~1886) アメリカ合衆国第19代大統領 在位1881~1885

 

ーーーーーーーーーーーー

 

プロイセン王フリードリヒ3世の子

 

ヴァルデマール・フォン・プロイセン(1868~1879)
ウラジミール・レーニン(1870~1924) ロシア革命指導者

 

ヴァルデマールは1868年2月10日、フリードリヒ3世(当時皇太子)とその妃でイギリス女王ヴィクトリアの娘であるヴィクトリアの間に第6子としてベルリンで生まれた。幼い頃から利発で元気だったため、兄のヴィルヘルムやハインリヒよりも両親に可愛がられた。しかし1879年3月27日、ジフテリアのためポツダムで死去した。11歳。墓所はポツダムの平和教会(Friedenskirche)にある。 ヴァルデマール・フォン・プロイセンwikiより

 

ロシア社会民主労働党(ボリシェヴィキ、のちに共産党と改名)の指導者として活動し、十月革命を成功させ、革命政府において人民委員会議議長を務めた。また、第二インターナショナルに代わる共産主義政党の国際組織としてコミンテルンの創設を主導した。政治、経済の分析から哲学に至るまでさまざまな著作を残し、その思想はレーニン主義として継承された。 ウラジミール・レーニンwikiより

 

※ヴァルデマール・フォン・プロイセンは11歳で死んだことにし、その後はレーニンとして生きてロシア革命を指揮した。レーニンはチェ・ゲバラを儲けている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ムラト5世(1840~1906) オスマントルコ帝国第33代皇帝 在位1876

ベンジャミン・ハリソン(1833~1901) アメリカ合衆国第23代大統領 任期1889~1893

 

アブデュルハミト2世(1842~1918) オスマントルコ帝国第34代皇帝 在位1876~1909

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844~1900) 哲学者

 

※フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に子がなかったが、優性遺伝子ブリーダーにより、ニーチェの母がフリードリヒ・ヴィルヘルム4世の遺伝子を所望した。これにより、ニーチェが誕生した。実際に、ニーチェのファーストネームはフリードリヒ・ヴィルヘルム4世にあやかって命名された。

優れた頭脳を持っていたニーチェは、終生、クリュニー大主教の一族が所有している大量の邪教信者たちの嫌がらせによって苦しみ、実際に路上で発狂し、精神病院に強制入院させられた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝アブデュルハミト2世の子

 

Sehzade Mehmed Selim(1870~1937)※画像なし

グレゴリー・ラスプーチン(1869~1916)

 

奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物評は極めて低い反面、その特異なキャラクターから映画や小説など大衆向けフィクションの悪役として非常に人気が高く、彼を題材にした多くの通俗小説や映画が製作されている。 グレゴリー・ラスプーチンwikiより

 

※ピタゴラス(孫武)、アリストテレス(カウティリヤ)、諸葛孔明などが培ってきた諜報・工作術を継承してきたオスマントルコ家が、ロマノフ家を救うため、満を持してロシアに送り出した名うての諜報員がラスプーチンだったと考えられる。ラスプーチンは暗殺されたことになっているが、実際には影武者が死に、本人はシク教国で10年暮らした後、本国に帰還してオスマントルコ皇帝の子Sehzade Mehmed Selimとして最後の11年を生きた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

メフメト5世(1844~1918) オスマントルコ帝国第35代皇帝 在位1909~1918

 

1908年の青年トルコ党の蜂起によって翌1909年、兄・アブデュルハミト2世が廃されてサロニカに幽閉された後、その後釜として擁立された。このような経緯からメフメト5世は主導権がない傀儡皇帝であり、青年トルコ党はメフメト5世のもとで立憲君主制の確立を目指そうとする。 メフメト5世wikiより

 

メフメト6世(1861~1926) オスマントルコ帝国第36代皇帝 在位1918~1922

ヴィルヘルム2世(1859~1941) ドイツ帝国第3代皇帝 在位1888~1918

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝メフメト5世の子

 

Mahmud Necmeddin(1878~1913)※画像なし

ロン・チェイニー(1883~1930) サイレント期俳優

 

ーーーーーーーーーーーー

 

Şehzade Mehmed Ziyaeddinの子(オスマントルコ皇帝メフメト5世の孫)

 

Behiye Sultan(1900~1950)※画像なし

ルドルフ・ヴァレンチノ(1895~1926) サイレント期俳優

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝メフメト6世の子

 

Fenire Sultan(1888)※画像なし

ドワイト・D・アイゼンハワー(1890~1969) アメリカ合衆国第34代大統領 任期1953~1961

 

※アイゼンハワー大統領が、軍産複合体の存在を明らかにした。軍産複合体の父は東本願寺門主大谷光榮の一族ヴァネヴァー・ブッシュである。

 

Ulviye Sultan(1892~1967)※画像なし

ハロルド・ロイド(1893~1971) コメディアン・俳優

 

Sabiha Sultan(1894~1971)※画像なし

バスター・キートン(1895~1966) コメディアン・俳優

ハンフリー・ボガート(1899~1957) ハリウッド俳優

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ロシア皇帝ニコライ2世の子

 

アレクセイ・ニコラエヴィチ(1904~1918)
ルーホッラー・ホメイニー(1902~1989) シーア派十二イマーム派精神的指導者

 

ロシア帝国皇帝ニコライ2世の第1皇子、ロシア帝国最後の皇太子。1917年の二月革命で成立した臨時政府によって家族と共に監禁された。十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキの命を受けたチェーカー(秘密警察)によって翌1918年7月17日に超法規的殺害(裁判手続きを踏まない殺人)が実行され、エカテリンブルクのイパチェフ館において家族・従者と共にわずか13歳の若さで銃殺された。正教会で聖人(新致命者)。 アレクセイ・ニコラエヴィチwikiより

 

イランにおけるシーア派の十二イマーム派の精神的指導者であり、政治家、法学者。1979年にパフラヴィー皇帝を国外に追放し、イスラム共和制政体を成立させたイラン革命の指導者で、以後は新生「イラン・イスラム共和国」の元首である最高指導者として、同国を精神面から指導した。ルーホッラー・ホメイニー wikiより

 

※ロシア革命時、アレクセイは10代前半で一族もろとも処刑されたとされているが、無事に抜け出し、長じてホメイニーとして我々の前に戻ってきた。ホメイニー師はイラン・イスラム革命を指揮した。ホメイニー師は、本願寺のことを知ってはいなかったとは思うが、とにかく、この世の悪に対する復讐のために帰ってきた。この世の悪は誰なのかを探すため、家族の復讐のために帰ってきた。アレクセイは、レーニンの指示で秘密警察が処刑されたことになっているが、実際には秘密警察を掌握していた本願寺が勝手に王族を銃殺した可能性がある。その後、本願寺は自分のやった罪をレーニンにかぶせた形だ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

レーニンの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

チェ・ゲバラ(1928~1967) キューバ革命指揮者

 

1958年12月29日にはこの第2軍300人を率いて政府軍6000人が迎え撃つキューバ第2の都市サンタ・クララに突入する。そこで、政府軍の武器と兵士を乗せた装甲列車を転覆させ政府軍を混乱させる。反乱軍を支援する多数の市民の加勢もあり、激戦の末にこれを制圧し、首都ハバナへの道筋を開いた。

1959年1月1日午前2時10分に、フルヘンシオ・バティスタがドミニカ共和国へ亡命し、1月8日カストロがハバナに入城、「キューバ革命」が達成された。闘争中の功績と献身的な働きによりキューバの市民権を与えられ、キューバ新政府の国立銀行総裁に就任するに至った。 チェ・ゲバラwikiより

 

※チェ・ゲバラの父はロシア革命を指揮し、自身はキューバ革命を指揮した。連合して共にキューバ革命を成功させたカストロの父もイラン・イスラム革命を指揮し、自身はキューバ革命を指揮した。これが真の帝王の一族である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ルーホッラー・ホメイニーの子

 

ムスタファ・ホメイニー(1930~1977)
フィデル・カストロ(1926~2016) キューバ共和国第11代首相 任期1956~1976

ハーシェミー・ラフサンジャーニー(1934~2017) イラン・イスラム共和国第4代大統領 任期1989~97

 

キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。 フィデル・カストロwikiより

 

※ホメイニ師の子ムスタファは、工作員としてフィデル・カストロを演じ、キューバ革命を指揮した。その後、ムスタファは47歳で死んだことにし、カストロとして生き、キューバを正しく治めた。庶子を影武者として投入しているため、両者は良く似ている。

 

ホセイン・ホメイニー(1959)※画像なし
マフムード・アフマディネジャド(1956) イラン・イスラム共和国第6代大統領 任期2005~2013

 

アフマディーネジャードは、貧困層を出自とする技術者・研究者で、イスラーム革命後、ホメイニーに忠実な路線をとる学生運動団体を統括する団結強化本部に参加した。その後北西部における市長職などをへてアルダビール州知事に任じられていたが、1997年にモハンマド・ハータミーが大統領に選出されると解任され、教職に戻っている。2003年、テヘラン市評議会はアフマディーネジャードを市長に選出。前任の穏健派市長らの改革を覆し、宗教的強硬派の立場を取った。2005年の大統領選ではイスラーム・イラン建設者同盟の支援を受けて決選投票で62%の票を獲得し、2005年8月3日、大統領に就任した。マフムード・アフマディネジャドwikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ロン・チェイニーの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジョン・ウェイン(1907~1979) ハリウッド俳優

 

 

ジーン・シモンズ(1949) キッス

 

※ロン・チェイニーは「千の顔を持つ男」などと呼ばれたが、ジーンもソロアルバムで「千の顔を持つ男」という曲を作っている。80年代はハリウッドで役者としても活躍していた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ルドルフ・ヴァレンチノの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

エルヴィス・プレスリー(1931~1977) ミュージシャン、俳優

 

※ロックミュージックのパイオニア。ステージの傍ら、銀幕にも登場した。

 

ピーター・クリス(1945) 元キッス

 

※ルドルフ・ヴァレンチノの顔を見ていたら、すぐにピーター・クリスの顔が浮かんだ。ピーターも里子なのだろうか?

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ハロルド・ロイドの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ボリス・ジョンソン(1964) 第77代イギリス首相 任期2019~現在

 

※当初、ジョンソン首相がEU離脱を唱えたり(タナトスのメイ元首相とは違い理由だと考えられるが)、ロシアのことを悪く言っていたのでキッシンジャーの一族かと思った。だが、TVである一場面を見て思わず笑ってしまった。自宅近辺でスタンばってる記者にお茶を出す時の顔が笑えたのだ。心がないタナトスにはユーモアも無い。あれを見て一瞬でジョンソン首相がタナトスではないことを知った。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

バスター・キートンの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジョー・ストラマー(1952~2002)

ミック・ジョーンズ(1955)

ポール・シムノン(1955)

 

※ジョーとミックは、若き日のバスター・キートンにクリソツである。ということで、ザ・クラッシュはラモーンズ以上に兄弟のバンドだったようだ。西本願寺門主文如の一族は警察に指示し、ことあるごとにクラッシュのメンバーを逮捕した。ジョーは既に故人だが、医者(文如の一族)による暗殺だろう(公式には心臓発作)。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オスマントルコ皇帝アブデュルハミド2世の曾孫

 

Hatice Türkân Ratib Hanımsultan(1941) Mihrishah Selcuk Sultanの子※画像なし

ムアンマル・アル=カッザーフィー(1942~2011) リビア大統領 任期

 

※カザフィー大佐もチャウシェスク大統領と同じように本願寺の邪教信者によって惨殺された。カザフィー大佐を集団でリンチして殺害した後に民衆は携帯で写真を撮っていたが、このような人道的な倫理を持ち合わせない民衆は守る必要がない。どちらかといえば、積極的に死滅させてもかまわないような連中だ。死滅するべき連中だ。

しかし、オバマはこのような民衆を守るためと称しリビアを爆撃した。これは実に本願寺の血ならではの所業ではあるが。カザフィー大佐が民衆に惨殺された写真も見たがこれは許すことは出来ない。できそこないが優れた人物を殺害することは反自然的なことだからだ。

 

Muhammad Umar Daoud Khan(?~1978)※画像なし

アレクサンドル・ルカシェンコ(1954) ベラルーシ大統領

 

ベラルーシの政治家で大統領(1994年 - )。また、ベラルーシ・ロシア連合国家の初代最高国家評議会議長(2000年 - )でもある。欧米からは「ヨーロッパ最後の独裁者」と呼ばれる。アレクサンドル・ルカシェンコ wikiより

 

Fethiye Nimet Nami Bey(1953) Sultanzade Osman Nami Osmanoğlu Beyの子※画像なし

ポール・スタンレー(1952) キッス

 

※ポールはオスマントルコ皇帝の王子のような雰囲気がある。昔から普通の白人ではないと思っていたが。

 

Salih Reda Bey(1955) Safvet Neslişah Sultanの子※画像なし

レジェップ・タイイップ・エルドアン(1954) トルコ共和国第12代大統領 任期2012~現在

 

トルコで初めて直接選挙で大統領が選ばれることとなった2014年の大統領選挙に立候補、8月10日に行われた第1回投票で過半数の票を獲得し当選した。同月28日、大統領に就任。首相にはエルドアンに従順なアフメト・ダウトオール外相が就任し、エルドアンが引き続き政治の実権を握る。 レジェップ・タイイップ・エルドアンwikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

イングランド王ジョージ5世(ロシア皇帝ニコライ2世)の曾孫(ケント公ジョージの孫)

 

ジョージ・ウィンザー(1962) セント・アンドルーズ伯爵※画像なし

ドミトリー・メドベージェフ(1965) ロシア連邦第3代大統領 任期2008~2012

 

大統領選で公約に掲げていたように、メドヴェージェフは汚職対策に積極的に取り組んだ。大統領就任後の同年5月17日にメドヴェージェフは汚職対策を行うための大統領令に署名し、それに伴い「反汚職評議会」が設置された。同年7月には具体的な汚職対策を含んでいる「反汚職国家計画」に署名した。 ドミトリー・メドベージェフwikiより

 

※メドベージェフ首相は、ジョージ・ウィンザーの影武者として生まれた可能性がある。そのため、ジョージ5世(ニコライ2世)に似ている。西本願寺門主寂如の一族の姦計によって果てた先祖ニコライ2世と惨殺された家族、そして謎の死を遂げた祖父ケント公ジョージの無念を晴らすためにプーチン大統領と共に立ち上がった。

 

ニコラス(1970)※画像なし

エマニュエル・マクロン(1977) フランス共和国第25代大統領 任期2017~現在

 

※マクロン大統領は、兄と考えられるメドベージェフ首相と共に、プーチン大統領の同盟者として立ち上がった。浄土真宗欧州支部のクリュニー会が、邪教信者に指示してQ支持者・トランプ支持者と偽らせて暴動を起こしている。目的は汚名着せである。暴動には不法移民も参加しているようだ。 

 

 

 


オスマントルコ皇帝ムラト2世の一族~イヴァン大帝、チューダー朝イングランド王国、宗教革命、エリザベス女王、清教徒革命、第一次サウード王国、第二次サウード王国、サウジアラビア王国

 

オスマントルコ皇帝ムラト2世の子

 

Orhan Çelebi(?~1453)

イヴァン3世(1440~1505) モスクワ大公 在位1462~1505

 

ヴァシーリー2世とセルプホフ公ウラジーミルの孫娘であるボロフスクの公女マリヤ・ヤロスラヴナの長男。イヴァン大帝(Иван Великий)の異称で知られ、ルーシ北東部を「タタールのくびき」から解放し、モスクワ大公国の支配領域を東西に大きく広げて即位時から4倍増とし、強力な統一国家を建設した名君と評価される。イヴァン3世wikiより

 

※生没年が不詳のオスマントルコ皇帝の子Kasimは、じつはイヴァン3世としてモスクワ大公に即位し、イワン大帝と呼ばれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

モスクワ大公イヴァン3世の子

 

イヴァン・マラドイ(1458~1490)※画像なし

ヘンリー7世(1457~1509) チューダー朝初代イングランド王 在位1485~1509

 

イヴァン・マラドイは1468年のカザン・ハン国の統治者イブラーヒーム(İbrahim Xan)に対する遠征、1471年のノヴゴロド遠征に参加している。1476年と1478年に父イヴァン3世が首都モスクワを離れた際には、その君主代行を務めている。

1485年、父イヴァン3世が母親の実家トヴェリ公爵家を取り潰すと、イヴァン・マラドイは母方の血統を根拠にトヴェリ公となった。これと前後して、イヴァンは重い関節炎に苦しむようになった。レビという医者が彼を治療したが甲斐無く、1490年にイヴァンは32歳で死去した。イヴァン・マラドイwikiより

 

イングランド王ウィリアム1世(征服王)とフランドル伯ボードゥアン5世の娘マティルダ(アルフレッド大王とマーシア王オファの子孫)の四男。ロベール2世、ウィリアム2世の弟。子にマティルダ等。後にプランタジネット朝を開くヘンリー2世は外孫に当たる。ヘンリー1世wikiより

 

※イヴァン大帝の子イヴァン・マラドイは、工作員として30代の頃にイングランドに潜入し、チューダー家に接近してヘンリー1世となった。1485年、ヘンリー1世はチューダー朝の初代王となった。その2年後、イヴァンはロシアで自分を死んだことにし、ヘンリー1世としてイングランドを統治した。

 

ユーリー・イヴァノヴィチ(1480~1536)  ドミトロフ公※画像なし
マルティン・ルター(1483~1546) ルター派教祖
フリードリヒ・ツヴィングリ(1484~1541) 改革派教祖
トマス・クロムウェル(1485~1540) 聖公会教祖

 

ルターは宗教改革の中心人物となったことでプロテスタント教会の源流をつくった。聖書をキリスト教の唯一の源泉にしようというルターの呼びかけはプロテスタント諸教会のみならず、対抗改革を呼び起こしたという意味でカトリック教会にも大きな影響を与えた。ルターwikiより

 

スイス改革派教会の創始者で、チューリッヒに神聖政治を確立しようとした。「聖書のみ」を信仰の基準としたこと、信仰そのものが大事だと説いたこと、万人祭司説を説いたことはマルティン・ルターと変わらなかったが、それ以外の部分においてルターと意見を異にしていた。彼らはマールブルク会談で多くの論点について合意したが、聖餐論で一致することができなかった。カトリック諸州との内戦の中で戦死した。47歳だった。 ツヴィングリwikiより

 

教皇庁からの独立に伴い、クロムウェルは国王に、イングランドにおける教会の頂点に立つことを進言する。1534年に議会を通過させた首長令(国王至上法)によって、イングランド国教会はローマ・カトリック教会から離脱し、国王ヘンリー8世は「信仰の擁護者」として国教会の長となった。国王の傀儡となったカンタベリー大司教トマス・クランマーもまた王の婚姻無効を認めた。トマス・クロムウェルwikiより

 

※ユーリーは庶子の異母兄弟数十人を投入して影武者部隊を作り、故郷であるロシアを後にした。ドミトリーは、タナトスの邪教から民衆を解放するため、ヨーロッパ各地でプロテスタント運動を起こした。マルティン・ルター、フリードリヒ・ツヴィングリ、トマス・クロムウェルは同一人物である。その証拠に3人とも生没年がかすっているし、何よりも奇妙なことに3人とも同じような帽子を被っている。

トマス・クロムウェルは気の毒にも、理不尽な理由によって家族であるはずのヘンリー8世に処刑されたのだが、実際にはルター派に集中したいルターが、クロムウェルを一足先に死んだことにしたのだと考えられる。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

チューダー朝初代イングランド王ヘンリー7世の子

 

スレイマン1世(1494~1566) オスマントルコ帝国第10代皇帝 在位1520~1566

ヘンリー8世(1491~1547) チューダー朝イングランド王 在位1509~1547
トマス・クランマー(1489~1556) カンタベリー大主教

ウィリアム・ウォルシンガム(?~1534) フランシス・ウォルシンガム父※画像なし

ジョン・カリー(1491~1552) フランシス・ウォルシンガム養父※画像なし

グスタフ1世(1496~1560) ヴァーサ朝初代スウェーデン王 在位1523~1560

西郷純久(148?~?) 西郷氏の祖※画像なし

少弐資元(1489~1536) 少弐氏16代当主※画像なし

 

絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。ヘンリー8世wikiより

 

大司教ウィリアム・ウォーアムが1532年に死去し、国王ヘンリー8世はその後継者を探し始めた。国王の右腕だったトマス・クロムウェルは当時ケンブリッジ大学の教授だったトマス・クランマーを就任させるべきだと進言し、その翌年クランマーはカンタベリー大司教に就任した。1548年に聖公会祈祷書を完成させた。キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚を承認した。ちなみに、『ユートピア』の著者として知られるトマス・モアは国王の離婚を痛烈に批判し、この時期に処刑されている。トマス・クランマーwikiより

 

※ヘンリー8世は56歳で死んだことにし、トマス・クランマーとしてカンタベリー大主教の座に就き、プロテスタントの普及に努めた。その後、9年間生きたが、娘であるメアリーに処刑された。しかし、処刑されたのは影武者であり、本体は日本に落ち延び、西郷氏を儲けた。西郷の由来は西(肥前)のチューダー(郷)である。チューダーを「サト」と呼び「郷」を当て字したものだ。西郷隆盛は、愛新覚羅の一族に属している。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

チューダー朝第2代イングランド王ヘンリー8世(ウィリアム・ウォルシンガム)の子

 

エリザベス1世(1533~1603) チューダー朝イングランド女王 在位1558~1603
フランシス・ウォルシンガム(1532~1590) スパイマスター

龍造寺隆信(1529~1584) 肥前国戦国大名

 

エリザベスはウィリアム・セシルをはじめとする有能な顧問団を得て統治を開始し、最初の仕事として、父の政策を踏襲し「国王至上法」を発令し、「礼拝統一法」によってイングランド国教会を国家の主柱として位置づけた。 エリザベスは結婚することを期待され、議会や廷臣たちに懇願されたが、結婚しなかった。この理由は多くの議論の的になっている。年を経るとともにエリザベスは処女であることで有名になり、当時の肖像画・演劇・文学によって称えられ崇拝された。 エリザベス1世wikiより

 

エリザベス女王は1570年にローマ教皇に破門され、以降イエズス会士などカトリック宣教師がイングランドに潜入してきて反エリザベス謀議を行うようになった。先のリドルフィ陰謀事件もカトリックによって起こされた事件であった。1580年代になると教皇は一層反エリザベス姿勢を強め、エリザベスを暗殺した者には祝福を与えるとまで宣言し、カトリックのエリザベス暗殺謀議も一層増加した。

これに対抗してウォルシンガムは国内外に情報網・監視網を張り巡らせ、秘密警察業務にあたった。多くの反エリザベス陰謀がウォルシンガムの組織によって摘発された。彼の秘密諜報活動の予算は増額され続け、ヨーロッパの主要都市ほぼ全てにウォルシンガムのスパイが放たれた。こうした大規模諜報活動のおかげでエリザベスは20回以上も暗殺計画から助かっている。 フランシス・ウォルシンガムwikiより

 

※敵が多いヘンリー8世は、息子を娘として育てた。息子ならすぐに殺される可能性もあるが、娘なら生き延びる可能性が高かった。思春期になると、身代わりの庶子の娘をエリザベスとして徴用した。エリザベス役から解放されたフランシスは、身代わりのエリザベスの補佐をしながら、スパイマスター、ウォルシンガムとして生きた。

しかし、途中でエリザベスが敵に討ち取られた。エリザベスが殺害されたことが公になるとマズイので、フランシスは自身がエリザベス1世を演じ、イングランド女王に即位した。エリザベス女王が不自然なまでに身体をドレスで覆い隠し、結婚もせず、処女と呼ばれたのはウォルシンガムが女王を演じていたのが原因である。

 

エドワード6世(1537~1553) チューダー朝第3代イングランド王 在位1547
クリストファー・ハットン(1540~1591)

 

ヘンリー8世の男児で唯一存命していたエドワードは、父の死に伴い9歳で即位した。ヘンリー8世は幼い息子を一握りの権臣が操ることを警戒し、顧問団に集団で補佐させるよう遺言を書いていたが、エドワードの母方の伯父であるエドワード・シーモアが握りつぶした。エドワード・シーモアはエドワード6世の即位直前にサマセット公位を創設し、自ら護国卿(摂政)となってイングランドの事実上の支配者となった。 エドワード6世wikiより

 

※敵が多いエドワード6世は16歳で死んだことにし、その後はクリストファー・ハットンとして生き、姉(兄?)であるエリザベス女王を終生サポートした。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

ジョン・カリー(ヘンリー8世)の玄孫

 

エリザベス・カリー(1576~1635) ジョージ・カリーの子

東郷重虎(1574~1621) 東郷氏の祖

 

※エリザベスには影武者がいたが、エリザベスが無事に成人すると、その影武者は独立して日本に移住し、東郷氏を儲けた。東郷の由来は東(薩摩)のチューダー(郷)である。西郷と同じようにチューダーを「サト」と呼び、「郷」を当て字している。東郷氏からは東郷平八郎が輩出されているが、彼は西郷隆盛と同じで愛新覚羅の一族に属している。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

龍造寺隆信(フランシス・ウォルシンガム)の孫

 

龍造寺高房(1586~1607) 肥前国佐賀藩主

ロバート・デヴロー(1591~1646) 第3代エセックス伯

 

一人息子に先立たれていたため、彼の死とともにエセックス伯爵位は廃絶した。ヘレフォード子爵位は遠縁で初代ヘレフォード子爵ウォルター・デヴァルーの末息子の家系であるウォルター・デヴァルーによって継承された。議会招集令状により創設された爵位であるフェラーズ男爵とバウチャー男爵は、男子なき場合に姉妹間に優劣がない女系継承が可能だが、彼の姉は2人あったため、継承者が決まらず、停止(abeyance)となった。しかしフェラーズ男爵位は1677年になってロバート・シャーリーが継承者に確定した。 wikiより

 

ロバート・デヴロー(1632~1637) 第3代エセックス伯の子※画像なし
ジョン・ロック(1632~1704) 英国哲学者
サウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムクリン(1640~1725) サウード家の祖※画像なし

 

哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』などにおける彼の自由主義的な政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。 ジョン・ロックwikiより

 

※スパイマスターと呼ばれ、エリザベス女王を演じたウォルシンガムの曾孫ロバートは、5歳で早世したことにされ、ジョン・ロックとして育った。その後、ジョン・ロックはイングランドを離れてアラビア半島に移り、サウード家の祖となった。サウードの由来はチューダーである。チューダー=シューダ=サウードとなる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

サウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムクリン(ジョン・ロック)の子

 

ムハンマド・ビン・サウード(?~1765) 第一次サウード王国※画像なし

トマス・ペラム・ホールズ(1693~1768) ホイッグ党

ヘンリー・ペラム(1694~1754) ホイッグ党

 

ホイッグ党に所属し、ロバート・ウォルポールや弟ヘンリー・ペラムの政権の閣僚を務めた後、2期にわたって首相(在職:1754年3月16日 - 1756年11月16日、1757年7月2日 - 1762年5月26日)を務めた。首相在任中はフレンチ・インディアン戦争や七年戦争などフランスとの戦争に追われた。トマス・ペラム・ホールズ wikiより

 

1717年からホイッグ党の庶民院議員となり、ロバート・ウォルポール政権で閣僚職を務めた。1742年のウォルポール失脚後、反ウォルポール派の第2代カートレット男爵ジョン・カートレットとの権力闘争に勝利して1743年8月から首相を務め、ウォルポール後のホイッグ政治を主導した。分裂しかけていたホイッグ党の結束を維持し、野党トーリー党からの登用も行うなどして議会の信任を保ち続け、長期政権を築いた。1748年にはアーヘンの和約を締結してオーストリア継承戦争を終結させた。ヘンリー・ペラムwikiより

 

※ムハンマド・ビン・サウードはジョン・ロックの子であるが、サウードはイングランドに帰還し、トマス・ペラム・ホールズ、ヘンリー・ペラム兄弟に化けて、邪教に支配されたイギリス人を解放すべく、ホイッグ党を設立し、真の民主主義を目指した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

サウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムクリンの子

 

ムハンマド・イブン=サウード(1697~1765) 第一次サウード王国初代王 在位1725~1765


トゥルキー・ビン・アブドゥッラー(1755~1834) 第二次サウード王国初代王 在位1824~1834

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

トゥルキー・ビン・アブドゥッラーの子

 


アブドゥル・アズイーズ・イブン・サウード(1876~1953) サウジアラビア王国初代王 在位1932~1953

 

※当時サウジアラビアでは厳格なワッハーブ派を国教としていたこともあり、イスラム教の刑罰に基づき泥棒は右手首を切り落とすという厳罰をとっていた。アメリカ人はこの厳罰を止めるように度々諫言するが、「罪を償わせるために何年も牢屋に入れるのと、いましめのために手首を斬って釈放するのと、果たしてどちらが個人の自由を尊重しているのか?」と答えて、刑法を改めることはなかった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

サウジアラビア王国初代王イブン・サウードの子

 

サウード・ビン・アブドゥルアズィーズ(1902~1964) サウジアラビア王国第2代王 在位1953~1964

 

※サウードはベドウィンに人気があった。また、外国語を全然話せないことを誇りとしていたという。しかし、後に堕落してハレムとキャデラックの趣味にふけったという。

 

ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズ(1913~1982) サウジアラビア王国第4代王 在位1975~1982

 

サウード家には心臓発作で亡くなる者が多く、旅行中の発作に備え手術室を設置したボーイング747を購入していたが、1982年6月13日、やはりハーリドも心臓発作で没し、ファハドが後を継いだ。 wikiより

 

 

サルマーン・ビン・アブドゥル・アズイーズ(1935) サウジアラビア王国第7代王 在位2015~現在

 

2017年11月、息子のムハンマド王太子が率いる反汚職委員会が、ムトイブ王子(国家警備相)やアルワーリド王子ら王子11人を含む複数の閣僚経験者を逮捕した。表向きは汚職容疑であるがムハンマドが志向する急進的な改革やサルマーンとムハンマドの体制に対する抵抗勢力を潰すためであると観測された。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

サウジアラビア王国初代王イブン・サウードの孫

 

Faisal bin Musaid(1944~1975) Musa'id bin Abdulaziz Al Saudの子※画像なし

 

※1975年、Faisal bin Musaidは、サウジアラビア王国第3代王ファイサル(西本願寺門主大谷光照の一族)を暗殺した。

 


ムハンマド・ビン・サルマーン(1985) サウジ皇太子※サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズの子

 

2018年10月、ジャーナリストのジャマル・カショギがトルコのイスタンブールにあるサウジアラビア領事館に入館後に行方不明になっている事件に関連し、トルコ政府は「カショギがサウジアラビア領事館の中で殺害されたという証拠を持っている」と述べた。なお、オンラインニュースサイトの「ミドル・イースト・アイ」は、ムハンマド・ビン・サルマーン王太子のボディガードが実行犯であると報じている。

2018年11月16日、米紙ワシントン・ポストは消息筋の話として、米中央情報局はカショギ殺害事件の黒幕はムハンマド・ビン・サルマン王太子だと結論付けたと報じた。 wikiより

 

※2017年11月、ムハンマドが率いる反汚職委員会が、ムトイブ王子(国家警備相)やアルワーリド王子(1955生)ら王子1人を含む複数の閣僚経験者を逮捕した。カショギ殺人事件は、ムハンマド・ビン・サルマーンに対するCIAの仕返しだと考えられる。

アルワーリド王子はアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ(西本願寺門主大谷光照の一族)の子Mutaib bin Abdullah(1952生)の影武者と考えられる。

 

 

 



読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について