目次
目次
まえがき
地球の王~獣人ビッグフット、全能神ゼウス、宇宙人、天狗、巨石建造(ピラミッド派、マウンド派)の種族、ダヴィデ王、善神デーヴァ
ギュゲスの一族~ローマ執政官、ペルシア皇帝、アレキサンダー大王、秦始皇帝、セレウコス朝、プトレマイオス朝、匈奴、ローマ皇帝
ユリウス・カエサルの一族〜初代ローマ皇帝アウグストゥス、諸葛氏、高句麗、ブルガリア帝国、リトアニア大公国、明、李氏朝鮮、マイソール王国、太平天国、サムスン・グループ
イエス・キリストの一族~クレオパトラ7世、洗礼者ヨハネ、イエス・キリスト、十二使徒、初代ローマ教皇ペトロ、ブリトン王国、ベネディクト会、カンタベリー大主教、ジャン・カルヴァン、ブルボン朝フランス王国
マホメットの一族~イスラム帝国、シーア派イマーム、アッバース朝、セルジューク・トルコ帝国、ハプスブルグ家、エステ家、オーストリア=ハンガリー帝国、バアス党
アラリックの一族~西ゴート王国、南朝宋、シャルルマーニュ大帝、イングランド王国、キエフ公国、ポーランド王国、ノルマンディー公国、モンゴル帝国、カーカティヤ朝、甲賀忍者、エチオピア帝国、チムール帝国
シャルルマーニュ大帝の一族~ビザンツ帝国、後蜀、ロタリンギア王国、ハンガリー王国、カスティーリャ王国、セルビア王国、チェコ共和国、ハンガリー共和国
オスマン1世の一族~北元、イヴァン雷帝、シク教国、スペイン無敵艦隊、ロシア帝国、サルディーニャ王国、ハプスブルグ朝オーストリア帝国、リンカーン大統領、宰相ビスマルク、怪僧ラスプーチン
ソロモン1世の一族~ズールー帝国、ケニア共和国、チャック・ベリー、アース・ウィンド&ファイア、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ、エディ・マーフィー
イヴァン1世の一族~フス派、ボヘミア王国、雑賀衆、鈴木孫一、ロシア正教会モスクワ総主教、ヘーチマン国家、アフガニスタン王国、救済同盟、ナロードニキ運動、スタジオ・ジブリ、押井守
ヴィスコンティ家の一族~ヴィスコンティ家、クリストファー・コロンブス、アメリゴ・ベスブッチ、ヴァスコ・ダ・ガマ、イエズス会、フランシスコ・ザビエル、ローマ教皇フランシス
フリードリヒ1世の一族~サファヴィー朝、グリュックスブルグ朝デンマーク王国、プロイセン帝国、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ、レーニン、チェ・ゲバラ、ホメイニ師、メドベージェフ首相
イヴァン大帝の一族~チューダー朝イングランド王国、宗教革命、ブルボン朝フランス王国、西郷氏、東郷氏、清教徒革命、ジャン=ジャック・ルソー、フランス革命、サウジアラビア王国
バーブルの一族~ムガール帝国、ムハンマド・アリー朝、エジプト共和国、チャールズ・チャップリン、サルバドール・ダリ、ハロルド・ピンター、ボブ・ディラン、デヴィッド・ボウイ、プリンス
マクシミリアン1世(ハプスブルグ家)の一族~バイエルン王国、交響曲の父ハイドン、サド侯爵、文豪ゲーテ、楽聖モーツァルト、KKK、ヘミングウェイ、太宰治、三島由紀夫、ピンク・フロイド、トランプ大統領
オリバー・クロムウェルの一族~大英帝国、アメリカ合衆国、エドガー・アラン・ポー、デ・キリコ、ロベール・ブレッソン、オーソン・ウェルズ、ザ・ビートルズ、モンティ・パイソン、レッド・ツェッペリン
宇佐美定満の一族~蘆名盛氏、柴田勝家、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、徳川家光、伊達政宗、水戸光圀、乾隆帝、阮朝ベトナム帝国
蘆名盛氏の一族~高山右近、千利休、黒田官兵衛、有馬晴信、宮本武蔵、天草四郎、鄭成功、ヌルハチ、愛新覚羅家
ピヨートル大帝の一族~ナポレオン皇帝、モルモン教、ザンジバル帝国、ルーズベルト大統領、ケネディ大統領、ザ・ドアーズ、プーチン大統領、ウィキリークス、ニルヴァーナ、Qアノン
乾隆帝の一族~マイソール王国、宝暦事件、トンブリー朝タイ王国、詩聖タゴール、マハトマ・ガンディー、ジャワハルラール・ネルー
嘉慶帝の一族~道光帝、曽国藩、胡林翼、李鴻章、西郷隆盛、吉田松陰、西太后、大本教、中江兆民、ジャン・コクトー、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジェームズ・ディーン、つげ義春
曽国藩の一族~東郷平八郎、乃木希典、児玉源太郎、袁世凱、黄金栄、蒋介石、小津安二郎、手塚治虫、ジャン・クロード=カリエル、ヴェルナー・ヘルツォーク
胡林翼の一族~山口春吉、北一輝、大杉栄、鄧小平、ルイス・ブニュエル、サルトル、マルグリット・デュラス、池田大作、キューブリック、ゲンズブール、宮崎駿、セックス・ピストルズ、マイケル・ジャクソン
李鴻章の一族~勝海舟、福沢諭吉、坂本龍馬、張嘯林、杜月笙、黒澤明、田中角栄、習近平国家主席、マーティン・ルーサー・キングJr、ドゥテルテ大統領、マルコムX、青島幸男、橋本龍太郎
同治帝の一族~西太后、犬養毅、頭山満、義和団の乱、幸徳秋水、文鮮明、大山倍達、田岡一雄、高畑勲、安孫子素雄、梶原一騎、アントニオ猪木、鳥山明、高田延彦、秋元康
光緒帝の一族~孫文、夏目漱石、張作霖、甘粕正彦、橋本忍、毛沢東、徳田球一、金日成、小沢一郎、金丸信、藤本弘、金正日、赤塚不二夫、ジャッキー・チェン、金正恩委員長
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

5 / 29ページ

ユリウス・カエサルの一族〜初代ローマ皇帝アウグストゥス、諸葛氏、高句麗、ブルガリア帝国、リトアニア大公国、明、李氏朝鮮、マイソール王国、太平天国、サムスン・グループ

 

ガイウス・ユリウス・カエサル(BC130〜BC85)
マウエス(?〜?) インド・サカ王朝初代王 在位BC90〜BC60
ヴォノネス(?〜BC65) インド・サカ王朝第2代共同王 在位BC75〜BC65
スパラホレス(?〜BC65) インド・サカ王朝第2代共同王 在位BC75〜BC65


※カエサルの父はインド・サカ王朝を築いた。その後、息子カエサルもインド・サカ王朝を統治した。

 


ユリウス・カエサル(BC100〜BC44) ローマ将軍
アゼス1世(?〜BC35) インド・サカ王朝第5代共同王 在位BC57〜BC35※画像なし
アズィリセス(?〜BC35) インド・サカ王朝第5代共同王 在位BC57〜BC35※画像なし
ティベリウス・クラウディウス・ネロ(BC85〜BC33) ティベリウス父※画像なし


古代ローマで最大の野心家と言われマルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。 ユリウス・カエサルwikiより


※カエサルは死んだことにして、死んだ後もインドでインド・サカ王朝を支配した。


ーーーーーーーーーーーー


ティベリウス・クラウディウス・ネロ(ユリウス・カエサル)の子

 


ティベリウス(BC42〜AD14) ローマ皇帝
大ドルスス(BC38〜AD9)※画像なし


なお、イエス・キリストが世に出、刑死したときのローマ皇帝である。イエスの言葉である「カエサルのものはカエサルに、神のものは神に」(新約マタ 22:17-21、マコ12:14-17、ルカ 20:22-25)の「カエサル」とは、ティベリウスないし彼を含めた(皇帝の称号としての) カエサル(=ローマ皇帝)一般のことである。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


ティベリウスの孫(小ドルススの子)

 


ティベリウス・ゲメッルス(AD19〜AD38)
カリグラ(AD12〜AD37) ローマ皇帝


短い在位期間に、カリグラは壮大な建設事業と領土の拡大に力を注いだ。また最高権力者としての威信を高めることに努め、彼を打ち倒そうと繰り返される陰謀から自身の地位を懸命に守りつづけたが、元老院も関与した陰謀により、41年にプラエトリアニ(親衛隊)の一部将校らによって暗殺された。その治世を通じてローマ市民からは人気が高かったが、現存する後代の史料ではいずれも、カリグラは狂気じみた独裁者であり、残忍で浪費癖や性的倒錯の持ち主であったとしている。しかし現存する一次史料の数は少なく、カリグラの治世の実態には不明な点が多い。w
ikiより


※「カリグラは狂気じみた独裁者」「残忍」「浪費癖がひどい」「性的倒錯の持ち主」などの言葉はドルイド司祭による汚名着せである。


ーーーーーーーーーーーー


大ドルスス(ティベリウス)の子

 


クラウディウス(BC10〜AD41) ローマ皇帝


母方の祖父が第2回三頭政治主催者の一人であるアントニウスであり、父方の祖母が初代皇帝アウグストゥスの後妻リウィアである。また、アウグストゥス帝その人も母方の祖母の弟、つまり大叔父にあたる。さらに、父である大ドルススの兄が第2代皇帝ティベリウスで、実弟が第3代皇帝カリグラの父ゲルマニクス、加えて最後の妻にして第5代皇帝ネロの母である小アグリッピナは姪に当たる。このように4親等以内に元首政初期のローマ国政の重要人物が集中するユリウス・クラウディウス家の一員に生まれている。しかし後述のように、身体的ハンデから一族中では疎まれ、長らく公務に関与することは出来なかった。wikiより


ーーーーーーーーーーーー


カエサルの子

 

アウグストゥス(BC63〜AD14) ローマ帝国初代皇帝 在位BC27〜AD14
アゼス2世(?〜?) インド・サカ王朝 在位BC35〜BC12※画像なし
諸葛豊(?〜?)


前漢の政治家。字は少季。琅邪郡の人。三国時代に活躍した諸葛亮、諸葛瑾らの先祖とされている。 諸葛豊wikiより


黄帝の孫の高陽氏、黄帝の曾孫の高辛氏の子孫であると称していた。扶余の7人の王子と対立し、卒本(ジョルボン、現在の遼寧省本渓市桓仁満族自治県)に亡命して高句麗を建国した。 朱蒙w
ikiより


※アウグストゥスは朱蒙として高句麗を統治し、諸葛豊として中国に拠点を築き、BC27年からローマ皇帝に即位した。全部一人でこなしたわけではなく、高句麗、中国、インド、ローマ帝国ではそれぞれ影武者を立てていた。影武者の人材は、父カエサルの庶子や自分の庶子で賄われた。アウグストゥスはアゼス2世としてカエサルが築いたインドサカ王朝も継いでいる。
アウグストゥスはカエサルの養子と言われているが、実子である。力のある男の場合、よその女に産ませた実子を養子として家に迎えることは多かった。異母兄弟であるため、アウグストゥスはカエサリオンとは仲が悪かった。だが、殺すほどではなかった。しかしアウグストゥスはその風評を利用し、カエサリオンを殺したことにして影武者として登用した。


ーーーーーーーーーーーー

 

ドルスス(AD16〜AD20)※画像なし
ウェスパシアヌス(9〜79) ネルウァ=アントニウス朝ローマ皇帝 在位69〜79


ローマ帝国の皇帝。ユリウス・クラウディウス朝断絶後の四皇帝内乱の時代(68年6月 - 69年12月)に終止符を打ち、自らの血統に基づくフラウィウス朝を創始した。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


ウェスパシアヌスの子

 


ティトゥス(39〜81) ローマ皇帝 在位79〜81※画像なし
ネルウァ(35〜98) ローマ皇帝 在位96〜98※トラヤヌス父


フラウィウス朝断絶後の混乱の中で皇帝に即位したが、老齢で跡継ぎが望めなかった為に腹心であるトラヤヌスを王朝の後継者とした。以降、トラヤヌスの親族達により帝位は継承されていった為、新王朝成立の重要な契機を与えた存在でありながら歴代君主と血縁関係にないという特異な立場を持つ事になった。 wikiより

 

 

ドミティアヌス(51〜96) ローマ皇帝 在位81〜96※画像なし
トラヤヌス(53〜117) ローマ皇帝 在位98〜117


ネルウァ=アントニヌス朝の第2代皇帝である。文武の両面で辣腕を揮い、帝国内の公共施設の強化と領土の拡大に成功した。特に対外面ではダキア・パルティアで功績をあげ、ローマ帝国史上最大の版図を現出した。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


ハドリアヌスの子

 


マルクス・アウレリウス(121〜180) ローマ皇帝 在位161〜180

諸葛珪(?〜187)※画像なし
ルドラシムハ1世(?〜?) インド・サカ王朝王 在位175〜188※画像なし
新大王(89〜179) 高句麗第8代王 在位165〜179※画像なし


ネルウァ=アントニヌス朝では第五代皇帝。第15代皇帝アントニヌス・ピウスの后妃ファウスティナ・マイヨル(大ファウスティナ)の甥で先帝の外戚にあたり、また大ファウスティナはハドリアヌスとトラヤヌスの傍系血族でもある。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー

 

ドミティア・ファウスティナ(147〜151)※画像なし
セプティミウス・セウェルス(146〜211) ローマ皇帝 在位193〜211


セウェルスはアウレリウス帝とコンモドゥス帝の親子二代に仕え、ローマの貴族階級における典型的な経歴を歩んだ。ネルウァ=アントニヌス朝断絶後の騒乱(五皇帝の年)で頭角を現して有力な皇帝候補となり、ペルティナクス帝の死後に実権を掌握した。彼は存命中の皇帝であったディディウス・ユリアヌスを失脚させて自らが皇帝に即位した。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


諸葛珪の弟

 


諸葛玄(?〜197)※画像なし
劉備玄徳(161〜223) 蜀初代皇帝


徐州琅邪郡陽都県(現在の山東省臨沂市沂南県)の諸葛氏の一族。兄は諸葛珪。甥は諸葛瑾・諸葛亮、族子は諸葛誕。諸葛一族の頭領的存在でもあった。 wikiより


黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦した。諸葛亮の天下三分の計に基づいて益州の地を得て勢力を築き、後漢の滅亡を受けて皇帝に即位して、蜀漢を建国した。その後の、魏・呉・蜀漢による三国鼎立の時代を生じさせた。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


諸葛珪の子

 


諸葛瑾(174〜241)
関羽(?〜220)※画像なし
マクシミヌス・トラクス(173〜238) 軍人皇帝時代ローマ皇帝 在位235〜238


201年、諸葛瑾は歩騭、厳畯と倶に呉中に游び、共に声名を著わし、当時の英俊とされた。wikiより


蜀漢の創始者である劉備に仕え、その人並み外れた武勇や義理を重んじた彼は敵の曹操や多くの同時代人から称賛された。後漢から贈られた封号は漢寿亭侯。諡が壮繆侯(または壮穆侯)だが、諡号は歴代王朝から多数贈られた。wikiより


235年、マインツでアレクサンデル・セウェルスが殺害されると、近衛隊(プラエトリアニ)による皇帝宣言を受け、皇帝の不在に動揺した元老院はこれを追認する。また、236年には息子ガイウス・ユリウス・ウェルス・マクシムスを共同皇帝に即位させた。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


諸葛珪の子

 

諸葛亮/諸葛孔明(181〜252)
張飛(?〜221)※画像なし
エトルスクス・デキウス(201〜251) 軍人皇帝時代ローマ皇帝 在位249〜251


泰山郡丞諸葛珪の子。蜀漢の建国者である劉備の創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。伏龍、臥龍とも呼ばれる。wikiより


後漢末の群雄の1人である劉備の挙兵に当初から付き従った人物で、その人並み外れた勇猛さは下述の通り中原に轟いた。その武勇は後世にも称えられ、小説『三国志演義』を始めとした創作作品でも多くの脚色を加えて取り上げられており、現在でも中国や日本を中心にその人柄を大いに親しまれている。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


諸葛珪の子

 


諸葛均(182〜264) ※画像なし
孫権(182〜252) 呉初代皇帝
ウォルシアヌス(206〜253) 軍人皇帝時代ローマ皇帝 在位251〜253※画像なし

 

幼い時に父と生母の章氏が亡くなり、兄の諸葛亮と共に従父(叔父)の諸葛玄を頼った。やがて、その叔父も劉繇と争い、笮融が煽動した西城の住民反乱で戦死すると、諸葛亮と共に荊州の劉表を頼った。 以降は兄と南陽郡の隆中で暮らしたが、後に諸葛亮が劉備に仕えると、彼も劉備の家臣となった。長水校尉にまで昇進した。 wikiより


先祖は春秋時代の兵法家・孫武に遡るとされ、さらに浙江省杭州の富陽区南部に龍門古鎮という村があり、現在は観光地になっている。この村では9割の人の姓が「孫」で、孫権の末裔と自称している。wikiより


251年6月頃にローマ皇帝デキウスおよび共同皇帝ヘレンニウス・エトルスクスがゴート族とのアブリットゥスの戦で戦死すると、トレボニアヌス・ガッルスは後継のローマ皇帝に就くことを宣言し、息子ウォルシアヌスを共同皇帝とした。ウォルシアヌスは同時にプリンケプス・ユウェントゥティス(Princeps Juventutis)の称号を得た。なお、デキウスの息子ホスティリアヌスがローマで皇帝として就いていたものの、251年中に病によりこの世を去り、トレボニアヌス・ガッルスは単独でのローマ皇帝の座を手に入れた。 wikiより


※三国志の主要人物たちは、諸葛氏の家族がそれぞれ演じていた。関羽と張飛が劉備に仕えたのは、劉備が叔父だったからだ。玄徳の「玄」は諸葛玄に由来している。その後、三国時代が始まると諸葛亮の兄弟は、更なる覇権を求めてローマ帝国に進出し、軍人皇帝時代を築いた。


ーーーーーーーーーーーー


セウェルスの子

 


カラカラ(186〜217) ローマ皇帝 在位209〜217


セウェルス朝の初代君主セプティミウス・セウェルスの長男であり、ローマ史上に残る暴君の一人として記憶される。一方で全属州民にローマ帝国の国民としての権利と義務(市民権)を与えるアントニヌス勅令を決定し、結果的にローマ領内における民族・人種による出自差別を撤廃したことで知られる。他に銀貨の改鋳(銀の含有量を減らした)、大浴場(カラカラ浴場)の建設などを肯定的に評価する歴史家も存在する。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


「大和人の大航海時代」


※呉と魏が滅ぶと、ダヴィデの一族の血を引く王族は「大和人の大航海時代」を実施した。中国人、朝鮮人、日本人が一斉に太平洋を横断し、ユカタン半島を横切り、大西洋を北上してブリテン島に上陸した。中国人の子孫は、王氏、建氏を例にすると「キング」「カーペンター」を称した。朝鮮人の子孫は、朴氏(パク)を例にすると、PARK、BERGから始まり、BERKIN、PERKINS、PARKSや、ユダヤ人の名として知られるBERGが付く名をたくさん生んだ。日本人の子孫はブリテン人のファーストネームを付け、さん付けで呼び合った。例としてジョンさん、ウィリアムさん、ロバートさんなどだが、これがジョンソン、ウィリアムソン、ロバートソンなどになった。また、この時代に中国語、朝鮮語、日本語などが英語に取り入れられた。


■日本語由来の英語


BOY(少年)=坊や
HOWL(吠える)=吠える
KILL(殺す)=斬る
KINKY(ヤバイ)=禁忌
LUCK(幸運)=楽
OI=おい
DAMN(畜生、呪う)=ダメ
BIMBO(売女)=貧乏
BOLLOCKS(クズ野郎)=ボロクソ
TITS(乳)=乳
DUMB(間抜け)=ダメ
DOOR(扉、戸)=戸
BUGGER(男色、獣姦、寄生虫、野郎)=バカ
NOVEL(小説)=述べる
OK(了解)=了解
YES(了承など)=よし
(CHALLEN)GERなどのGER=者(しゃ)

 

※OKの由来は本国でもいろいろ推測されているが、実際には日本語の「了解」が由来と考えられる。了解(りょうかい)=りおうかい=OK(オーカイ)となる。アメリカ英語のOKの発音はオーケイだが、イギリス英語のOKはオーカイと発音する。イギリス人スミス(島津氏)さんが九州に上陸すると、OKが「よか」に再度変化する。OK(オーカイ)=オカ=よかとなる。


■朝鮮語由来の英語


HURRY(急ぐ、急げ)=パリイ(急いで、早く)
UN(否定)=アン、アニ(否定の意)
WHY(なぜ?)=ウエ(なせ?)
WHAT(何?)=ボ(何?)
GO(行く、行け)=カー(行こう、行け)
YEAH(はい)=イエ(はい)
SURE(了解)=チョア(良い、好き、了解などの意)
TOO(〜も)=ド(〜も)
BITCH(売女)=ビッチ(狂ってる)
SICK(頭がおかしい)=セッキ(キチガイ)


※アメリカは「ワッ(ト)」と発音するが、イギリスでは「ウォッ(ト)」と発音する。ウォットは「ボ」の発音に似ている。朝鮮語の「パリカー(早く行け)」は「HURRY GO」と同じである。朝鮮語には明るくないのでこれくらいしか分からない。


■中国語由来の英語


KIN(親戚)=親(キナ)
WAIT(待て)=ウェイ(もしもし)
YES(了承など)=ヨッシ


※中国語には明るくないのでこれくらいしか分からない。


ーーーーーーーーーーーー


孫権の子


孫資(?〜251) 孫権の子
孫盛(302〜373) 孫資の子

 

孫潜(3??〜4??) 孫盛の子
孫放(3??〜4??) 孫盛の子
エラ(477〜491) エセックス王国初代王 孫放(孫潜)の子


※孫放と孫潜の兄弟は、中国を離れてヨーロッパに根付き、サクソン族を形成した。サクソンの名の由来は諸葛(ジューガー)と孫(スン)の組み合わせである。ジューガー+スン=シュカスン=サクソンとなる。孫放、或いは孫潜の子であるエラは、エセックス王国の初代王に即位した。


ーーーーーーーーーーーー

 


ウォレンティアヌス1世(321〜375) ローマ皇帝 在位364〜375


皇帝コンスタンティウス2世の時代に軍へ入隊し、続けてユリアヌス、ヨウィアヌスに仕えた。ヨウィアヌスがコンスタンティノープルへの帰還途中にガス中毒(暗殺説もあるが)で事故死したため、軍はニカイアで後継の皇帝を選ぶことになった。ヨウィアヌスには息子のウァロニアヌスがいて364年は同僚のコンスルにしていたが、北方の蛮族及び講和条約を結んだものの情勢の不安なサーサーン朝ペルシア帝国などの東方の不安も抱えていたため、軍は実務経験のある優秀な軍人を後継者にすることを望んだ。こうして白羽の矢が立ったのが当時43歳の将軍ウァレンティニアヌスであった。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


ウォレンティアヌス1世の子

 

ウォレンティアヌス2世(419〜455) ローマ皇帝 在位375〜392


ヨハンネス(394〜394) ウォレンティアヌス1世孫
マルキアヌス(396〜457) テオドシウス朝ビザンツ帝国皇帝 在位450〜457


※ローマ帝国に軍人皇帝時代を築いた諸葛孔明の子孫は、更にテトラルキア朝、コンスタンティヌス朝、テオドシウス朝を開き、ビザンツ帝国の前身を形成した。


アエリア・マルキア・エウフェミア(?〜472) マルキアヌス娘、アンテミウス妻
アンテミウス(420〜472) 西ローマ皇帝 在位467〜472
キルデリク1世(440〜481) クロヴィス1世父


ーーーーーーーーーーーー


劉備玄徳の子孫

 

劉裕(363〜422) 南宋初代皇帝
劉準(469〜479) 南宋皇帝

 


チェルディッチ(519〜534) ウェセックス王国初代王 劉準の孫
エシュウェネ(527〜587) サセックス王国初代王 劉準の孫


※劉準は、中国を離れてヨーロッパに根付き、サクソン族を形成した。サクソンの名の由来は諸葛(ジューガー)と宋(ソン)の組み合わせである。ジューガー+ソン=シュカソン=サクソンとなる。劉準の孫であるチェルディッチとエシュウェネは、それぞれがウェセックス王国、サセックス王国の初代王に即位した。


ーーーーーーーーーーーー


マルキアヌスの子

 


クロヴィス1世(466〜511) メロヴィング朝フランク王国初代王 在位481〜511


クロヴィスは一夫多妻制の生活を送っていたが、妻の1人であった王妃クロティルドの影響で、キリスト教アタナシウス派(カトリック教会)に改宗して、これを保護したのでガリアでの布教活動に大きな貢献があった。 wikiより


※ビザンツ皇帝マルキアヌスの血を継ぐクロヴィス1世は、メロヴィング朝フランク王国の初代王に即位した。

 

クロタール1世(497〜561) メロヴィング朝フランク王 在位558〜561

 

メロヴィング朝フランク王国の創始者クロヴィス1世の最年少の息子。ソワソン王(在位:511年 -561年)、のち全フランク王(在位:558年 - 561年)。4人の息子の中で最も長命であり、クロヴィスの死後に息子たちへ分割相続された王国は、再び彼のもとで統一された。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


クロタール1世の子

 


ユスティヌス1世(450〜527) ユスティアヌス朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位518〜527


貧農からプラエトリアニ(親衛隊)に入隊して、その将軍となったが、晩年皇帝となった。甥のユスティニアヌス1世を養子としてコンスタンティノポリスに招き寄せ、後継者として養育した。wikiより


※フランク王クロタール1世の子、ユスティヌス1世はビザンツ帝国皇帝に即位し、ユスティアヌス朝を築いた。


ーーーーーーーーーーーー


嬰陽王(?〜618) 高句麗第26代王 在位590〜618
クブラト(606〜665) 大ブルガリア初代王 在位632〜650

 

宝蔵王(?〜682) 高句麗第28代王 在位642〜682
アスパルフ(644〜700) 第一次ブルガリア帝国3代皇帝


※高句麗王がブルガリア人の祖となった。ブルガリアの由来はホラサンと高句麗(ゴグリョ)の組み合わせである。ホラサン+ゴグリョ=ホラグリョ=ブルガリアとなる。高句麗の嬰陽王は大ブルガリア初代王クブラトとなり、高句麗の宝蔵王は第一次ブルガリア帝国の第3代皇帝アスパルフとなった。


ーーーーーーーーーーーー


第二次ブルガリア皇帝イヴァン・アセン2世の子

 


カリマン1世(1234〜1246)※画像なし
シュヴァルナス(1236〜1270) リトアニア大公国大公


※ブルガリア皇帝の子、カリマン1世はリトアニア公国に潜入して、シュヴァルナスとして大公に就任し、リトアニアとブルガリアを同時に統治した。


ーーーーーーーーーーーー


シュヴァルナスの孫

 

アルギルダス(1296〜1377) リトアニア大公国大公


中世リトアニアの君主。アルギルダスは1345年から1377年にかけてリトアニア人とルーシ人の君主とリトアニア大公国を統治した。西方の国境を守る弟のケーストゥティスの支持の許でアルギルダスはバルト海から黒海、モスクワまで50マイルにも及ぶ広大な領域を築いた。 wikiより


ーーーーーーーーーーーー


アルギルダスの子

 


アンドリュス・アルギルダティス(1325〜1399)
朱元璋(1328〜1398) 明初代皇帝


明の始祖であり、初代皇帝である。廟号は太祖(たいそ)。その治世の年号を取って、洪武帝(こうぶてい)と呼ばれる。また、生まれた頃の名は、朱重八(しゅ じゅうはち)といい、後に朱興宗(しゅ こうそう)と改名し、紅巾(こうきん)軍に参加する頃にさらに朱元璋と改名し、字を国瑞(こくずい)とした。 wikiより


※ヨーロッパに生まれた朱元璋の正体はリトアニア大公アルグルダスの子アンドリュス・アルギルダティスである。朱蒙の子孫であるため、アンドリュス・アルギルダティスは朱元璋を称し、明を建国した。


ーーーーーーーーーーーー

 

アルギルダスの子

 


コンスタンティナス・アルギルダティス(1335〜1388)
李成桂(1335〜1408) 李氏朝鮮初代王


元(モンゴル)の武官、1357年から高麗の武官、李氏朝鮮の創始者にして初代国王。咸鏡南道の永興(金野郡)の出身。『李朝太祖実録』によれば本貫は全州李氏という。大韓帝国期に太祖高皇帝の称号を送られた。 wikiより


※ヨーロッパに生まれた李成桂の正体はリトアニア大公アルグルダスの子コンスタンティナス・アルギルダティスである。李成桂は李氏朝鮮を建国した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

朱元璋の子


朱椿(1371〜1423)
太宗李芳遠(1367〜1422) 李氏朝鮮第3代国王
ヤドゥ・ラーヤ(1371〜1423) マイソール王国初代王 在位1399〜1423


※太宗李芳遠は朝鮮半島からインドに赴き、マイソール王国を築いている。オデヤ(ウォディヤール)家の名の由来は朝鮮語「オディヤ?(どこだ?)」であり、マイソールの由来は「ムイ、ソウル(ソウルじゃない)」である。

 

イ・ジョン(1407~1453) 太宗の子

足利義量(1407~1425) 室町幕府第5代征夷大将軍

 

※ダヴィデの一族の王朝である明の皇帝は、朝鮮や日本にも進出することを狙っていた。朱元璋の子朱椿は李氏朝鮮では太宗に変身し、朝鮮半島を治めた。その後、太宗の子イ・ジョンが日本に進出し、足利義量として征夷大将軍に即位した。しかし、異分子の侵入を察知した善如の一族は義量を亡き者にしようと画策し、これに気付いた義量は18歳で死んだことにしていち早く日本を脱出し、李氏朝鮮に帰還した。彼は46歳まで生きた。

 

足利義輝(1536~1565) 室町幕府第13代征夷大将軍

隆慶帝(1537~1572) 明第13代皇帝

 

※明第12代皇帝嘉靖帝は工作員として日本に潜入し、足利義晴の子として義輝を生んだ。しかし、義輝は弟である義栄に正体を知られたため、執拗なまでに狙われ続けた。1565年、義輝は三好三人衆に殺害されたことにして父の故地中国に渡り、1567年に隆慶帝に即位した。彼はなぜそんなにすぐに明の皇帝になれたのか?それは、義輝(隆慶帝)が嘉靖帝(ダヴィデの一族)の子だったからだ。

 

足利義昭(1537~1597) 室町幕府第15代征夷大将軍

 

ーーーーーーーーーーーー

 

足利義輝(隆慶帝)の子

 

足利輝若丸(1562)※画像なし

万暦帝(1563~1620) 明第14代皇帝

徐光啓(1562~1633)

高攀龍(1562~1626) 東林七賢

繆昌期(1562~1626) 東林七賢※画像なし

 

※足利義輝の子輝若丸は早世したことにし、潜伏して育ち、中国に潜入して万暦帝(ダヴィデの一族)として明皇帝に即位した。また、足利義輝の一族は、足利義栄(本願寺門主善如の一族)が作った「東林党」を簒奪した。しかし、そのために足利義栄が化けた魏忠賢によって東林党は手ひどく弾圧された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

足利義昭の子

 

足利義尋(1572~1605)※画像なし

楊漣(1572~1625) 東林六君子

袁化中(1572~1625) 東林六君子※画像なし

周起元(1571~1626) 東林七賢※画像なし

 

永山義在(1575~1635) 義尋弟※画像なし

左光斗(1575~1625) 東林六君子

魏大中(1575~1625) 東林六君子

 

平島義次(1596~1680) 義助の子

李慶昇(1593~1626) 東林七賢

仁祖李倧(1595~1649) 李氏朝鮮第16代国王

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

泰昌帝(1582~1620) 明第15代皇帝

定遠君1580~1620 仁祖父※画像なし

周朝瑞(1580~1625) 東林六君子※画像なし

周宗建(1582~1625) 東林七賢

周順昌(1584~1626) 東林七賢※画像なし

黄尊素(1584~1626) 東林七賢

 

崇禎帝(1611~1644) 明第17代皇帝

昭顕世子(1612~1645) 仁祖の子※画像なし

ナラサー・ラージャ1世(1615~1659) マイソール王国第12代王※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

クリシュナ・ラージャ2世(1728~1766) マイソール王国第18代王

洪大容(1731~1783) 新羅学者

 

チャーマ・ラージャ9世(1774~1796) マイソール王国第21代王

洪景来(1780~1812) 洪景来の乱指揮者※画像なし

 

洪秀全(1814~1864) 太平天国指導者

李景夏(1811~1891) 李氏朝鮮武臣※画像なし

 

金允植(1835~1922) 独立活動家

 

李完用(1856~1926 )独立協会

ソン・ビョンジュン(1857~1925) 一進会

原敬(1856~1921) 内閣総理大臣

 

羅喆(1864~1916) 檀君教教祖

李範允(1863~1940) 独立活動家※画像なし

徐載弼(1864~1951) 独立協会

尹致昊(1865~1945) 独立協会、万民共同会

 

洪震(1877~1946) 独立運動家

 

洪思翊(1888~1946)※画像なし

池青天(1888~1957) 独立活動家※画像なし

金佐鎮(1888~1930)

呂運亨(1886~1947) 建国準備委員会

キム・ヒョンチュン(1888~1942)独立活動家

 

洪龍浩(1906~?)カトリック平壌代牧区司教

イ・ビョンチョル(1910~1987) サムスン・グループ創業者

 

ニコラス・チョン・ジンスク(1931) ローマ・カトリック教会枢機卿、第13代ソウル教区大司教※画像なし

李会昌(1935) 韓国大統領候補

 

 

李健熙(1942) 2代・4代目サムスン電子会長

 

 

 


イエス・キリストの一族~クレオパトラ7世、洗礼者ヨハネ、イエス・キリスト、十二使徒、初代ローマ教皇ペトロ、ブリトン王国、ベネディクト会、カンタベリー大主教、ジャン・カルヴァン、ブルボン朝フランス王国

 

 

クレオパトラ7世(BC69~BC30)

 

現在、世間一般に美女「クレオパトラ」として浸透しているのは、クレオパトラ7世のことである。クレオパトラの父はプトレマイオス12世(アウレテス)、母はクレオパトラ5世であり、兄弟姉妹はクレオパトラ6世(姉)、ベレニケ4世(姉)、アルシノエ4世(妹)、プトレマイオス13世、プトレマイオス14世(共に弟)が知られる。「クレオパトラ」の名はギリシア語で「父親の栄光」を意味する。 wikiより

 

※クレオパトラの「パトラ」はプトレマイオスにかかっていると考えられる。つまり、クレオパトラの由来はプトレマイオスのクレオとなる。クレオ+プトレマイオス=クレオプトレ=クレオパトラとなる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

クレオパトラ7世の子

 

プトレマイオス15世カエサリオン(BC47~BC30)

ユバ2世(BC50~AD23) ヌミディア王※画像なし

 

共和政ローマの将軍ユリウス・カエサルとクレオパトラ7世の子(異説あり)。カエサリオンは「小カエサル」を意味する。異父弟妹にアレクサンドロス・ヘリオス、クレオパトラ・セレネ、プトレマイオス・フィラデルフォスがいる。 母クレオパトラ7世とエジプトを共同統治していたプトレマイオス14世が紀元前44年に死去すると、プトレマイオス15世となった。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

クレオパトラ・セレネ(BC39~AD6) マルクス・アントニウスの娘

 

※ドルイド教が偉大なカエサルやクレオパトラの血筋の根絶を実行していたため、男子はみな早いうちに殺されていた。それを避けるため、カエサリオンは自分を17歳で死んだことにし、ユバ2世としてヌミディア王国に潜伏した。ユバ2世は異父妹であるクレオパトラ・セレネと結婚し、洗礼者ヨハネ(プトレマイオス・トロメウス)とイエス・キリスト(ドルシラ)を生んだ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ユバ2世とクレオパトラ・セレネの子

 

プトレマイオス・トロメウス(BC9~AD40) ※画像なし

洗礼者ヨハネ(BC6~AD36)

クノベリン(?~AD41) 初代ブリトン王 在位AD9~AD41※画像なし

 

※イエスがユダの裏切りによって磔の刑で死去したあとも、洗礼者ヨセフはしばらくの間イエスを演じた。これがイエスの復活である。しかし、ヨハネは当時の領主ヘロデ・アンティパスの結婚を非難したため捕らえられ、ヘロデの娘サロメ(ガリアのドルイド司祭の一族)が、祝宴での舞踏の褒美として彼の首を求めたため、処刑された。

しかし、実際にはヨハネは処刑を逃れてブリテン島に落ち延び、初代ブリトン王に即位したと考えられる。このときに、ジョーンズの名が生まれた。ジョーンズの名の由来はヨハネスである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ユバ2世とクレオパトラ・セレネの子

 

ドルッシラ(?~?)※画像なし

イエス・キリスト(BC6~AD30)

 

※ドルイド司祭がカエサルの血筋(男系)の根絶を実行していたため、男子はみな早く死んでいた。当然、クレオパトラ・セレネも目を付けられていたが、彼女は男子として生まれたイエスを女子ドルッシラとして育てた。そのおかげでイエスは無事に成長することが出来た。洗礼者ヨハネの正体はプトレマイオス・トロメウスであり、イエスの兄であった。

イエスには2人のイエスがいた。ひとりはクレオパトラ7世の孫ドルッシラであり、もうひとりはイエスを騙ったドルイド司祭である。神殿で商売をする資本主義者を罵倒し、暴れるのがホンモノのイエスであり、不治の病に苦しむ病人を治すのは偽イエス(ドルイド司祭)である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

初代ブリトン王クノベリンの子

 

ティベリウス・クラウディウス・コギドゥブノス(?~1世紀半ば) 第2代ブリトン王※画像なし

シモン・ペトロ(AD1~AD64) 初代ローマ教皇 在位33~67

 

※ペトロはユバ2世の庶子と考えられる。そのため、ペトロはドルイド教にロックオンされずにノーマークで育つことができた。ペトロは十二使徒として異母兄弟であるイエスに従い、偽イエスを演じていたドルイド司祭がパウロとしてイスラエルに戻った時には、キリスト教を守るためにパウロと対決した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

イエスの子(十二使徒)

 

ゼベタイのヤコブ(?~?)

使徒ヨハネ(?~?)

アンデレ(?~?)

フィリポ(?~?)

トマス(?~?)

バルトロマイ(?~?)

マタイ(?~?)

アルファイのヤコブ(?~?)

タダイ(?~?)

熱心者のシモン(?~?)

イスカリオテのユダ(?~?)

 

※イエスは自力で、或いは優性遺伝子ブリーダーによって多くの子を儲けたと考えられる。その中でも、特にイエスを崇敬する子どもたちが集まり、十二使徒となった。ユダはイエスを裏切ったが、彼の母親はドルイド司祭の娘だと考えられる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ヴォーティガン(?~449) ブリトン王※画像なし

シクストゥス3世(390~440) 第44代ローマ教皇 在位432~440

 

アンブローシウス・アウレリアヌス(430~480) ブリトン王

ヘンゲスト(455~488) 初代ケント王※オクタ父

 

※イエスの一族はローマ教皇とブリトン王を兼務していたが、シクストゥス3世以降、タナトスの一族であるレオ1世がローマ教皇となったため、オリジナル教皇の一族はブリテン島に拠点を移した。

 

ーーーーーーーーーーーー

初代ケント王ヘンゲストの子

 

オクタ(500~543) 第4代ケント王※画像なし

ヨハネス2世(470頃~535) ローマ教皇 在位533~535※画像なし

ヌルシアのベネディクトゥス(480~547) ベネディクト会教祖

Maelgwn Gwynedd(480~547) ブリトン王※画像なし

 

Selyf Sarffgadau(586~613) ブリトン王※画像なし

エゼルベルト(560~616) 第6代ケント王※画像なし

グレゴリー1世(549~604) 第64代ローマ教皇 在位590~604

アウグスティヌス(?~604) 初代カンタベリー大主教

 

※ケント王オクタがベネディクト会とカンタベリー大主教座を設けて以降、イエスの一族はローマ教皇、ベネディクト会修道院長、ケント王、ブリトン王、カンタベリー大主教を兼任した。一方、ベネディクト会が、アイルランド・カトリック教会を指導しているため、アイルランド・カトリックはしばしばクリュニー会やシトー会、ドミニコ会に攻撃されている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

John Whethamstede(?~1465) ベネディクト会修道院長

ジャン8世(1425~1477) ヴァンドーム伯

 

ジョン・ベック(?~1539) ベネディクト派司教※画像なし

リチャード・ホワイティング(?~1539) ベネディクト派司教※画像なし

ヒュー・クック・ファリンドン(?~1539) ベネディクト派司教※画像なし

ジョン・カイト(?~1537) アイルランド・カトリック教会アーマー大主教※画像なし

フランソワ(1470~1495) ヴァンドーム伯

 

※修道院長John Whethamstedeの時代、彼らはフランスにヴァンドーム伯を設けた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ヴァンドーム伯フランソワの子

 

シャルル・ド・ブルボン(1489~1537) ヴァンドーム公

 

ルイーズ(1495~1575) フォントヴロー女子修道院長※画像なし

ジャン・カルヴァン(1509~1564) 改革派教祖
ジョン・ゲイツ(1504~1553)※画像なし

 

フランス出身の神学者。マルティン・ルターやフルドリッヒ・ツヴィングリと並び評される、キリスト教宗教改革初期の指導者である。また、神学校として1559年に創設されたジュネーヴ大学の創立者である。 カルヴァンの神学は、ルター派など一部を除き教派の違いを超えてプロテスタント諸派に大きな影響を与えた。プロテスタント教会のひとつ改革派教会は彼の思想的流れを汲む教会である。 ジャン・カルヴァンwikiより

 

※当初、ルイーズはヴァンドーム伯フランソワの息子として生まれたが、敵に狙われないように娘として育てられた。その後、庶子の娘をルイーズ役に据えると、ルイーズはジャン・カルヴァンとしてツヴィングリが築いた改革派を継承した。カルヴァンはジョン・ゲイツとしてイングランドで暗躍したが、処刑されたことにして潜伏を決め込み、並行して演じていたカルヴァンとしてその後の11年を生きた。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

シャルル・ド・ブルボンの子

 

ルイ1世(1530~1569) コンデ公、ユグノー派首領・将軍

 

アンリ4世(1553~1610) ブルボン朝初代王※ルイ1世の子

 

ユグノー戦争で叔父コンデ公ルイが戦死したため、年少にしてユグノーの盟主となる。1572年、自身の婚礼に際して企てられたサン・バルテルミの虐殺に遭遇したが、カトリックに改宗して難を避け、1576年に脱走して再びプロテスタントに復帰し、1589年のアンリ3世の暗殺により王位を継承する。その後再度カトリックに改宗して国内を平定し、1598年にナントの勅令を発布してカトリックとユグノーとの国内融和に努め、40年近くにわたる戦争を終結させた。戦後は戦争によって疲弊した国家の再建を行ったが、1610年に狂信的なカトリック信者によって暗殺された。wikiより

 

※ブルボン朝の初代王アンリ4世はカルヴァンの子であるため、ユグノーを支持した。ユグノー戦争は、邪教の手先であるカトリック信者の根絶を目指していた。 しかし、残念ながら、ブルボン朝のフランス王位は、第4代ブルボン朝フランス王ルイ15世の時に東本願寺宣如の一族に簒奪されてしまう。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

洗礼者ヨハネ(初代ブリトン王)の子孫

 

テリー・ジョーンズ(1942) モンティ・パイソン、映画監督

 

※右から2人目がジョーンズだ。ジョーンズはモンティ・パイソンの映画シリーズ「ホーリー・グレイル」「ライフ・オブ・ブライアン」をギリアムと共同で監督したが、映画「人生狂騒曲」では単独で監督した。86年には「ラビリンス/魔王の迷宮」の原作・脚本を手がけ、87年には「Hなえっちな変態SMクラブ」、89年には「エリック・ザ・バイキング」を監督している。

 

ミック・ジョーンズ(1944) フォリナー

 

※フォリナーには詳しくないが、ミックジョーンズはプロデューサーとしてヴァン・ヘイレンのアルバム「5150」やビリー・ジョエルのアルバム「スローム・フロント」を手がけた。

 

ミック・ジョーンズ(1955) ザ・クラッシュ、ビッグ・オーディオ・ダイナマイト

 

※ジョー・ストラマーと共にザ・クラッシュを牽引した。アルバム「コンバットロック」ではファンクに挑戦したり実験的な試みをしていたが、西本願寺門主法如と文如の一族による陰謀により、ザ・クラッシュを首になった。「ロンドンズバーニング」と歌う彼らは危険だったのだ。そのため、盟友ジョー・ストラマーも若くして亡くなった。

 

スティーヴ・ジョーンズ(1955) セックス・ピストルズ

 

※セックス・ピストルズのリードギターで、実験志向のジョン・ライドンとは異なり、シンプルなロックを好んでいた。セックスピストルズ以降は、パンクロックのゴッドファーザー、イギー・ポップと共作したり、hideのアルバム「ZILCH」にも参加した。「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」「アナーキー・イン・ザ・UK」を歌った彼らは、西本願寺門主法如徒文如の一族による制裁としてシド・ヴィシャスを失った。

 

ハワード・ジョーンズ(1955) ミュージシャン

 

※生楽器を一切使用せず、シンセサイザーとシンセドラムを駆使したシンセロックの草分け的存在であり、アルバム「かくれんぼ」でデビューした。

 

 

 


マホメットの一族~イスラム帝国、シーア派イマーム、アッバース朝、セルジューク・トルコ帝国、ハプスブルグ家、エステ家、オーストリア=ハンガリー帝国、バアス党

 

 

諸葛誕の娘の子

 

司馬覲(256~290)

 

西晋の琅邪王司馬伷の子。母は諸葛太妃(諸葛誕の娘)か。妻は夏侯荘の娘。子に司馬睿(東晋の元帝)、東安王・司馬渾。諡号は恭王。 太康4年(283年)に父が急死したために王位を継承する。この際に父の遺命に従って3名の弟に領土を分封してそれぞれを王とした。冗従僕射に任命されるが、太熙元年(290年)に35歳で急逝した。長男の司馬睿が後を継いだ。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

司馬覲の子

 

司馬睿(276~323) 東晋初代皇帝

 

元帝(げんてい)は、東晋の初代皇帝。諱は睿、字は景文。宣帝司馬懿の曾孫、琅邪武王司馬伷の孫に当たる。また、母方を通して夏侯淵の玄孫でもある。 wikiより

 

司馬紹(299~325) 東晋第2代皇帝

カアブ・イブン・ルーアヴィ(305~?) ハーシム家

 

※東晋最後の皇帝、司馬徳文はマホメットを生む、ハーシム家の祖である。由来は中国語「ハオシマ(好司馬)」である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

司馬徳宗(382~419) 東晋第10代皇帝

カリブ・イブン・ムラー(372~?) ハーシム家


司馬徳文(386~421) 東晋最後の皇帝

 

知的障害とされる同母兄の安帝と異なり、英明な資質があったと評される。劉裕が安帝を殺害して簒奪しようとしているのを察知し、常に安帝の傍にいたが、義熙4年(418年)、司馬徳文が不在の際に安帝は殺害された。その後、劉裕により皇帝として擁立されたが、これはもはや禅譲の布石としての傀儡に過ぎなかった。そして結局、元熙2年(420年)に劉裕に禅譲することを余儀無くされた。こうして東晋は滅亡し、新たに劉裕(高祖武帝)による宋王朝が成立したのである。この時、「晋氏(東晋)はとうに滅んでいたはずだった、何を恨むことがあろう」と言ったと『晋書』にはある。 司馬徳文は宋によって零陵王に封じられたが、翌年殺害された。 wikiより

 

司馬茂英(393~439) 司馬徳文の子

クアジ・イブン・カリブ(400~480) ハーシム家

 

ーーーーーーーーーーーー

 

クアジ・イブン・カリブ(司馬茂英)の孫

 

アブド・アル=ムッタリブ(497~578) マホメット祖父、ハーシム家

 

アブダラー・イブン・アブディル=ムッタリブ(546~579) マホメット父、ハーシム家

 

ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ(570~632) イスラム教の祖

 

※ハーシム家からはマホメットが生まれた。成長したマホメットは、日頃から生贄の儀式に嫌悪を示していた。マホメットは商人として成功して財を蓄え、それから生贄の神アラーを簒奪し、正義の神アラーをイスラム教の唯一神として甦らせた。

アラビアには朝鮮半島から来たタナトスが君臨していたため、アラーは朝鮮語に由来していた。「処女の娘を生贄として捧げろ。さもないと皆殺しだ。アラ(わかったか)?」「アラー(わかりました)」ということである。「アラ」とは朝鮮語で「了解」を意味する。怒り心頭のマホメットは、アラビア半島に巣食っていたタナトスと信者たちを駆逐し、皆殺しにした。アラビア半島の生贄集団に関しては「悪い顔」を参照してください。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

マホメットの子

 

アリー・イブン・アビー・ターリブ(600~661) イスラーム教第4代正統カリフ、シーア派初代イマーム

 

預言者ムハンマドの父方の従弟で、母もムハンマドの父の従姉妹である。後にムハンマドの養子となり、ムハンマドの娘ファーティマを娶った。ムハンマドがイスラム教の布教を開始したとき、最初に入信した人々のひとり。直情の人で人望厚く、武勇に優れていたと言われる。早くからムハンマドの後継者と見做され、第3代正統カリフのウスマーンが暗殺された後、第4代カリフとなったが、対抗するムアーウィヤとの戦いに追われ、661年にハワーリジュ派によって暗殺される。 アリーwikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アリーの子 


フサイン・イブン・アリー(625~680) イスラーム・シーア派第3代イマーム

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フサインの子 

 

ジャアファル・サーディク(702~765) シーア派・イマーム派第6代イマーム

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ジャアファル・サーディクの子

 

イスマイール・イブン・ジャアファル(719~762) シーア派・イマーム派第7代イマーム

サッファーフ(722~754) アッバース朝初代カリフ 在位750~754

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ムティー(914~974) アッバース朝第23代カリフ 在位946~974

グントラム金満公(920頃~973) ハプスブルグ家祖

 

※ハプスブルグの由来はアッバースとブルグ(城?)の組み合わせである。ラテン地方ではハプスブルグをアプスブルゴと呼ぶ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

カーイム(1001~1075) アッバース朝第26代カリフ 在位1031~1075※画像なし
トゥグリル・ベク(990~1063) セルジューク・トルコ帝国初代皇帝 在位1038~1063

アルベルト・アッツォ2世・デステ(996~1097) エステ家祖

 

キルギス草原からブハラ方面に進出して勢力を拡大したテュルク系遊牧民集団の族長であるセルジューク(セルチュク)の孫に当たる人物で、セルジュークの息子のひとりミーカーイールの三男であったらしい。兄にチャグリー・ベクがいる。父であるミーカーイールがムスリム化していないテュルク集団への外征中に戦死した後に、チャグリー・ベクと部衆を分け合ってセルジューク集団を率いていたようである。その智勇に優れていたことから祖父と同じく族長となった。この集団は開祖にちなんでセルジューク族を名乗った。 wikiより

 

※後ウマイヤ朝末期の王アブド・アッラフマーン4世は、イベリア半島を脱出し、オリエント地方に根付いてトゥグリル・ベクを名乗った。ベクはセルジューク・トルコ帝国の初代王に即位した。

 

アフマド・サンジャル(1086~1157) セルジューク・トルコ帝国第8代皇帝 在位1118~1157

ムスタルシド(?~1135) アッバース朝第29代カリフ 在位1118~1135

ラーシド(?~1136) アッバース朝第30代カリフ 在位1135~1136

ムクタフィー(?~1160) アッバース朝第31代カリフ 在位1136~1160

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ムスタンジド(1124~1170) アッバース朝第32代カリフ 在位1160~1170※画像なし

ヴェルナー2世(?~1167) ハプスブルグ伯

 

ザーヒル(1175~1226) アッバース朝第35代カリフ 在位1225~1226※画像なし

ルドルフ2世(?~1232) ハプスブルグ伯

 

ムスタンスィル(1192~1242) アッバース朝第36代カリフ 在位1226~1242※画像なし

アルベルト4世(1188~1239) ハプスブルグ伯

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アルベルト4世の子

 

ルドルフ1世(1218~1291) 跳躍選挙時代初代ハプスブルグ神聖ローマ皇帝 在位1273~1291

 

アルブレヒト1世(1255~1308) 跳躍選挙時代第2代ハプスブルグ神聖ローマ皇帝 在位1298~1308

オビッツォ2世(1247~1293) エステ家初代フェラーラ、モデナ、レッジョ公爵※画像なし

 

アルブレヒト2世 (1397~1439) ハプスブルグ朝初代神聖ローマ皇帝 在位1438~1439

 

チェーザレ・デステ(1561~1628) エステ家初代モデナ、レッジョ公爵

 

エルコレ・リナルド(1770~1795) モデナ公エルコレ3世の子※画像なし

フランツ2世(1768~1835) 初代オーストリア皇帝 在位1804~1835

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オーストリア皇帝フランツ2世の孫(フランツ・カール・フォン・エスターライヒの子)

 

カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒ(1833~1896) オーストリア大公

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オーストリア大公カール・ルートヴィヒの子

 

フェルディナント・カール(1868~1915)※画像なし

アリ・スレイマン・アル=アサド(1875~1963) アサド家祖

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オットー・フランツ・フォン・エスターライヒの子(オーストリア大公カール・ルートヴィヒの孫)

 

マクシミリアン・オイゲン(1895~1952) オーストリア=ハンガリー帝国帝室

ラシッド・アリ・アッ=ガイラニ(1892~1965)

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フランツ・フェルディナントの子(オーストリア大公カール・ルートヴィヒの孫)

 

マクシミリアン・ホーエンベルク(1902~1962) オーストリア=ハンガリー帝国帝位継承者大公長男

ザキー・アル=アルスーズィー(1900~1968) 秘密結社アラブ・バアス首領

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オーストリア皇帝カール1世の子

 

オットー・フォン・ハプスブルク(1912~2011) オーストリア=ハンガリー帝国皇太子

ミシェル・アフラク(1910~1989) バアス主義思想

サラーフッディーン・アル=ビータール(1912~1980) シリア首相

アクラム・アル=ホーラーニー(1912~1996) アラブ連合共和国共同副大統領

 

ローベルト(1915~1996) オーストリア=エステ大公

アブドルカリーム・カーシム(1914~1963) イラク共和国初代首相

アブドッラフマーン・アーリフ(1916~2007) イラク共和国第3代首相

 

ルドルフ・ハプスブルク=ロートリンゲン(1919~2010)

アブドッサラーム・アーリフ(1921~1966) イラク共和国第2代首相

 

※アブドッサラーム・アーリフは、ハーシム王政打倒クーデター(7月14日革命)の際にイラク軍将校として主導的な役割を果たした。東本願寺門主実如の一族ハーシム家を皆殺しにした。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

オーストリア皇帝カール1世の孫(カール・ルートヴィヒ・ハプスブルク=ロートリンゲンの子)

 

ルドルフ・マリア・ハプスブルク=ロートリンゲン(1950)※画像なし

ハサン・ロウハーニー(1948) イラン大統領

 

現イラン大統領(第7代)。現公益判別会議戦略研究センター長(1992年 -)、現公益判別会議議員(1991年 -)、現専門家会議議員(1999年 -)。元国会副議長(4期、5期)、元国家安全保障最高評議会書記(1989年 - 2005年)、元核問題交渉責任者(2003年 - 2005年)。イラン政界にあって穏健派とされるハーシェミー・ラフサンジャーニー(第4代イラン大統領)の側近として知られる。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ハビエル・デ・ボルボン=パルマの子

 

シャルル=ユーグ(1930~2010) ボルボーネ=パルマ家家長

ハフェズ・アル=アサド(1930~2000) 第12代シリア共和国大統領

 

1967年の第3次中東戦争でゴラン高原を失うと、バアス党内ではジャディード党地域指導部書記長率いる急進派と穏健・現実主義派が対立し、アサド(当時国防相)がリーダーとなった穏健派が1969年2月28日の政変で実権を握った。ハフェズ・アル=アサドwikiより

 

シクスト・エンリケ・デ・ボルボン=パルマ(1940) 

サッダーム・フセイン(1937~2006) イラク共和国第三共和政第2代大統領

 

カルロス・ハビエル・ベルナルド・シクスト・マリア(1970) パルマ公爵家家長、カルリスタ王位請求者
バッシャール・アル=アサド(1965) 第13代シリア共和国大統領

 

2000年6月10日に父ハーフィズが死去すると翌日陸軍大将に昇進、軍最高司令官に任命され、6月18日にはバアス党書記長に就任。7月10日に信任を問う国民投票を実施し、7月17日に後継大統領に就任した。 バッシャール・アル=アサドwikiより

 

※東西本願寺は、アサド家の人々がオーストリア=エステ家の血筋ということを知っているため、一族の一部を暗殺し、メディアを利用してアサド政権を弾圧している。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ルイジ・ディ・ボルボーネ=パルマの子

 

ギー・シクスト・ルイ・ロベール・ヴィクトル(1940~1991)

アリー・ハーメネイー(1939) イラン大統領・最高指導者

 

イラン・イスラム共和国の第2代最高指導者。第3代イラン・イスラム共和国大統領。日本ではハメネイ師と表記されることが多い。 1979年のイラン・イスラム革命後、革命会議議員、国防次官、イスラム革命防衛隊司令官、大統領、最高国防会議議長を歴任した。1989年6月3日、イランの最高指導者に選出された。 wikiより

 

レミ・フランソワ・グザヴィエ・ルイ・ロベール・ヴィクトル(1942)

モハンマド・ハータミー(1943) イラン大統領

 

経済政策的には統制経済派に属した。当時のイランではバーザール商人や高位ウラマーを支持基盤とし、イスラーム体制を厳格に維持しようとする自由経済派と、台頭する中間層や中低位ウラマーを支持基盤とし、文化開放を主張する統制経済派があった。前者はアリーアクバル・ナーテグヌーリーに代表される「テヘランの闘うウラマー協会」、後者はキャッルービーに代表される「テヘランの闘うウラマー集団」を組織し、ハータミーは「闘うウラマー集団」の創立者の一人である。 wikiより

 

 

 


アラリックの一族~西ゴート王国、南朝宋、シャルルマーニュ大帝、イングランド王国、キエフ公国、ポーランド王国、ノルマンディー公国、モンゴル帝国、カーカティヤ朝、甲賀忍者、エチオピア帝国、チムール帝国

 

劉備玄徳の子孫

 

劉裕(363~422) 南朝宋初代皇帝 在位420~422

アラリック1世(370~410) 西ゴート王国初代王 在位395~410

 

その名は彼が成した410年のローマ略奪で最も知られている。ローマ略奪は、ローマ帝国(西ローマ帝国)の衰退を決定づける事件であった。 wikiより

 

※インド・サカ王朝最後の王ルドラセーナ3世は、西ゴート族に合流し、アラリックを生んだ。アラリックは西ゴート族を率いて西ゴート王国を建設した。

 

少帝 (406~424) 南朝宋第2代皇帝 在位422~424※画像なし

アタウルフ(375~414) 西ゴート王国第2代王 在位410~415※画像なし

シゲリック(?~415) 西ゴート王国第3代王 在位415

ワリア(?~418) 西ゴート王国第4代王 在位415~418

 

文帝(407~453) 南朝宋第3代皇帝 在位424~453

テオドリック1世(?~451) 西ゴート王国第5代王 在位418~451

 

孝武帝(430~464) 南朝宋第4代皇帝 在位453~464※画像なし

テオドリック2世(?~466) 西ゴート王国第7代王 在位453~466

 

エウリック(440~484) 西ゴート王国第8代王 在位466~484

前廃帝(449~466) 南朝宋第5代皇帝 在位464~466

明帝(439~472) 南朝宋第6代皇帝 在位466~472

後廃帝(463~477) 南朝宋第7代皇帝 在位472~477

順帝(469~479) 南朝宋第8代皇帝 在位477~479

 

ーーーーーーーーーーーー

 

レケスウィント(610~672) 西ゴート王国第29代王 在位649~672

キルデリク2世(653~675) メロヴィング朝フランク王 在位673~676※画像なし
テウデリク3世(654~691) メロヴィング朝フランク王 在位679~690

 

※西ゴート王国最後の王ロデリックは、キルデリク2世とテウデリク3世を生んだ。実質的には2人は同一人物である。キルデリク2世は22歳で死んだことにし、テウデリク3世を称してフランク王の座をキープし続け、38歳まで生きた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アギラ2世(695~714) 西ゴート王国第35代王 在位711~714※画像なし

テウデリク4世(711~737) メロヴィング朝フランク王 在位721~737
キルデリク3世(717~754) メロヴィング朝フランク王 在位743~751

 

※西ゴート王国王アギラ2世は、キルデリク3世とテウデリク4世に変身してフランク王国を統治した。実質的に、3人は同一人物である。アギラ2世は19歳で死んだことにし、テウデリク4世を、次いでキルデリク3世を称してフランク王の座をキープし続け、59歳まで生きた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

キルデリク3世の子

 

テウデリク(生没年不詳)

ピャスト(740~861) ポーランド王国初代王
シャルルマーニュ大帝(742~814) カロリング朝フランク王国初代皇帝

 

年代記によると、息子シェモヴィトの7歳の誕生日に二人の異邦人がピャストを訪れ、シェモヴィトの誕生日を祝いたいと申し出た。ピャストはこれを受け入れ、共に息子の誕生日を祝った。返礼として異邦人たちは呪文を唱え、その結果ピャストの家の蔵は食べ物で満ち溢れるようになり、飢えとは無縁になったという。 この不思議な光景を見た仲間たちがポピエル亡き後の支配者の座にピャストを選んだという。wikiより

 

768年に弟のカールマンとの共同統治(分国統治)としてカールの治世は始まり、カールマンが771年に早世したのちカールは43年間、70歳すぎで死去するまで単独の国王として長く君臨した。カールは全方向に出兵して領土を広げ、フランク王国の最盛期を現出させた。800年にはローマ教皇レオ3世によってローマ皇帝として戴冠されたが、東ローマ帝国ではカールのローマ皇帝位を承認せず、僭称とみなした。

 

※フランク王キルデリク3世は、シャルルマーニュ大帝とポーランドに伝説的な君主ピャストを生んだ。シャルルマーニュ大帝は西ヨーロッパを整理して完全な統治下に置いた。その後、シャルルマーニュ大帝は自分が死んだことにして、引き続いてポーランドに移り、ピャストとしてポーランドを整理、完全な統治下に置いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

シャルルマーニュの子

 

ピピン(769~811)

エクバード(769~839) イングランド王国初代王 在位802~839

 

※シャルルマーニュ大帝の子はウェセックス王国に侵入し、エクバードとしてウェセックス王に即位し、イングランドを統一した。イングランド王国の初代王である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

エクバードの子

 

エゼルウルフ(?~858) イングランド王 在位839~858
リューリク(830~879) リューリク朝初代キエフ大公
オレグ(?~922) キエフ第2代大公
ロロ(846~933) 初代ノルマンディー公

 

エゼルウルフはその治世の間に、カロリング朝式の政策を進め、硬軟両方の手段を用いてウェセックスの勢力範囲を拡げた。エゼルウルフのなしたことでしばしば言及されるのは、従属国を直接統治に切り替えたこと(中央集権化)、土地政策の転換、851年の対ヴァイキング海戦勝利、そして巡礼と聖別で王の威信を高めたことである。以下、分野別に解説を進める。858年に死を迎えたが、息子らの相続争いに巻き込まれ、不遇な晩年を過ごした。 リューリクwikiより

 

862年にラドガ(現在のロシア連邦・スタラヤ・ラドガの辺り)を支配し、ノヴゴロドを建設したとされる、ルーシの最初の首長である。リューリクの後裔は、キエフ・ルーシから16世紀のロシア・ツァーリ国に至るまで、公、大公、ツァーリなど支配者として君臨した(リューリク朝)。後世に同名の君主があるため、リューリク1世とも呼ばれる。wikiより

 

10世紀初めルーシの一部または全部を支配したヴァリャーグの公(または王)。オレグwikiより

 

ノルウェー人、デンマーク人の指導者で、間もなくノルマンディーとして知られるようになったヴァイキングの公国の創始者。恵まれた体格が災いして、馬に乗ると馬を乗り潰してしまうので、いつも徒歩で移動し、「徒歩王」ロロ(Rollon le Marcheur)と渾名された。ロロwikiより

 

※イングランド王エゼルウルフは、リューリクでもあり、オレグでもあり、ロロでもあった。彼は、庶子の異母兄弟を動員して影武者部隊を作ることで世界各地に出没した。エゼルウルフは858年に死んだことにし、その後の21年間をリューリクとして生きた。そして、その後の43年間をオレグとして生き、更に、オレグは最後の11年間をロロとして生きた。ロロの死んだ日が、エゼルウルフが起用した最後の影武者が死んだ日である。イングランド王が、東ヨーロッパと西ヨーロッパの全ヴァイキングを統治していた。オレグやロロの名の由来はリューリクである。これこそが真の帝王である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

エゼルウルフの子

 

アルフレッド大王(849~899) イングランド王 在位871~899
ボンドチャル・ムンカグ(850~900) ボルジギン家の祖

 

イングランド七王国のウェセックス王。兄エゼルレッド王の死後、王位を継いだ。妃はエアルフスウィス(Ealhswith)(エアルスウィス、Ealswith)。約100年続いたデーン人(北欧ヴァイキング)の侵攻を食い止め、衰退したイングランドのキリスト教文化を復興し、古英語での読み書きを習慣化した王として知られる。

アングロ・サクソン時代最大の王とも称せられ、イギリスの歴史において大王と称される君主である。また、海上で敵を迎え撃ち、上陸を阻止するための海軍力の適正運用を行った初めての君主として、しばしば英国海軍の父と称される。アルフレッド大王wikiより

 

※アルフレッド大王とボルジギン家の祖であるボンドチャルの生没年は1年違いである。これは興味深いことだが、ということで、2人は間違いなく同一人物である。

 

エドワード長兄王(877~924) イングランド王 在位899~924

ギヨーム1世(?~942) 第2代ノルマンディー公 在位925~942※画像なし

イーゴリ1世(877~945) リューリク朝初代キエフ大公 在位913~945

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アルフレッド大王曾孫

 

エドウィ(940~959) イングランド王 在位955~959

ヤロポルク1世(945~980) リューリク朝第3代キエフ大公 在位973~979※画像なし

ミェシュコ1世(935~992) ピャスト朝ポーランド王国初代ポーランド公 在位963~992

 

ーーーーーーーーーーーー

 

カジミェシュ1世(1016~1058) ピャスト朝ポーランド王国第6代ポーランド公 在位1039~1058

イジャスラフ1世(1024~1978) リューリク朝第8代キエフ大公 在位1054~1068※画像なし
コンスタンティノス10世(1006~1067) ドゥーカス朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位1059~1067※画像なし

 

東ローマ帝国ドゥーカス王朝の初代皇帝(在位:1059年 - 1067年)。アンドロニコス・ドゥーカスの子。中世ギリシア語読みでは「コンスタンディノス10世ドゥカス」となる。 wikiより

 

※カジミェシュ1世は、父の庶子(異母兄弟)や自分の庶子を投入してポーランド、ビザンツに影武者を設置した。カジミェシュ1世は、異国の地でビザンツ皇帝コンスタンティノス10世として生き、ビザンツ帝国を統治していた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ヤロスラフ1世(978~1054) リューリク朝第6代キエフ大公 在位1017、1019~1054

ベータ1世(?~?) カーカティヤ朝初代王 在位1000~1030※画像なし

プローラ1世(?~1075) カーカティヤ朝第2代王 在位1030~1075※画像なし

 

※ヤロスラフ1世は、父の庶子(異母兄弟)や自分の庶子を投入してロシア、インドに影武者を設置した。ヤロスラフ1世は、キエフを支配しながらカーカティヤ朝をインドに建国した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ボンドチャルの子

 

カイドゥ(1040~1100)※画像なし

ヴワディスワフ1世ヘルマン(1043~1102) ピャスト朝ポーランド王国第8代ポーランド公 在位1079~1102


バイ・シンコル・ドクシン(?~?) カイドゥの子

 


トンビナイ・セチェン(1080~1130) ドクシンの子※画像なし

ボレスワフ3世クシヴォウスティ(1085~1138) ピャスト朝ポーランド王国第10代ポーランド公 在位1102~1138

 


カブル・カーン(1100~1147) セチェンの子

ヴワディスワフ2世ヴィグナニェツ(1105~1159) ピャスト朝ポーランド王国第11代ポーランド公 在位1138~1146

 

チンギス・ハーンの曽祖父に当たる『元朝秘史』ではカブル・カハン(合不合罕、Qabul Qahan)、『集史』ではカブル・ハン(Qabul Khān)、『元史』では葛不律寒と表記される。また、金代に記録される熬羅孛極烈もまたカブル・カンの別名であると見られている。カブル・カンの子孫はモンゴル古伝承にちなんで、キヤン(Qiyan、乞顔)という氏族名を名乗って多くの氏族集団をつくり、結束してキヤト(Qiyad、乞牙)(キヤンの複数形)と称した。 カブル・カーンwikiより


バルタン・バートル(?~?) カブルの子

 

「あまねきモンゴル」最初のカンとして即位したカブル・カンの息子として生まれ、兄弟にはサム・カチュラらがいた。カブル・カンの死後カン位を継承したのは族父にあたるアンバガイ・カン(カブル・カンの又従兄弟)及びバルタンの弟クトラ・カンであったため、バルタン・バアトルの事跡については殆ど記録に残っていない。バルタン・バートルwikiより

 


イェスゲイ(1134~1171) バートルの子

ウラジーミル3世(1132~1173) リューリク朝第24代キエフ大公 在位1171※画像なし

ボレスワフ4世(1120~1173) ピャスト朝ポーランド王国第12代ポーランド公 在位1146~1173

 

12世紀中頃にモンゴル高原の北東部で活動したモンゴル部のうちボルジギン氏系キヤト氏の首長のひとり。モンゴル帝国を築いたチンギス・カンの父であり、キヤト・ボルジギン氏の祖である。バアトルという称号を帯び、イェスゲイ・バアトル (Yesügei Ba'atur) の名で知られている。イェスゲイwikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

イェスゲイの子

 

チンギス・ハーン(1162~1227) モンゴル帝国初代皇帝 在位1206~1227

ムスチスラフ3世(?~1223) リューリク朝第39代キエフ大公 在位1214~1223※画像なし

ヴワディスワフ3世ラスコノギ(1165~1231) ピャスト朝ポーランド王国第16代ポーランド公 在位1202~1206

 

大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服し、最終的には当時の世界人口の半数以上を統治するに到る人類史上最大規模の世界帝国であるモンゴル帝国の基盤を築き上げた。 wikiより

 

※チンギスの祖先アルフレッド大王は、イングランドを離れて遠くツングースに移住し、チュクチ族と暮らしていた。チンギスの名の由来はツングースである。ツングース=ツングス=チンギスとなる。不世出の覇王と考えられていたチンギスも、キエフ大公やポーランド王を演じていたようだ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

チンギス孫

 

オルダ(1206~1251)※画像なし

モンケ(1209~1259)※画像なし

アレクサンドル・ネフスキー(1220~1263) リューリク朝第48代キエフ大公 在位1249~1263

 

元から贈られた廟号は憲宗、諡は桓粛皇帝。モンケ(メンゲ)という名は、中世モンゴル語で「永遠」を意味する。チンギス・ハーンの四男トルイとその正妃ソルコクタニ・ベキの長男。子にシリギがいる。 wikiより

 

※モンケはトルイの子とされているが、トルイはサトゥルヌスの系統である。モンケは、実際にはチンギスの孫ので、ジョチの子オルダである可能性が高い。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ルドラマ・デーヴィー(?~1296) カーカティヤ第8代王 在位1262~1296

六角泰綱(1213~1276) 六角氏の祖

 

佐々木泰綱(ささき やすつな)は、鎌倉時代中期の武将・御家人、近江国守護。六角氏の祖ともいわれており、六角泰綱ともいわれる。 wikiより

 

※カーカティヤ朝最後の王ガナパティデーヴァの子ルドラマ・デーヴィーは、日本に移住し、六角氏を生んだ。六角氏の由来はリューリクとカーカティヤの組み合わせである。リューリク+カーカティヤ=リクカーカ=六角となる。六角氏はカウティリヤの「実利論」を踏襲し、甲賀忍者を育成した。甲賀の由来はカーカティヤである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

モンケの子

 

アスタイ(?~1282)※画像なし

アヤチ(?~1324) クビライの子※画像なし
イクノ・アムラク(?~1285) エチオピア帝国ソロモン朝初代皇帝 在位1270~1285
オスマン1世(1258~1326) オスマントルコ帝国初代皇帝 在位1299~1326
イヴァン1世(?~1340) モスクワ大公 在位1325~1340

 

『集史』によると、アヤチの母親はモンゴル帝国建国の功臣であるボロクルの娘フシュチン(هوشیجینHūshījīn)であったという。フシュチンはクビライの妃(ハトゥン)たちの中では比較的身分が低く、フシュチンより生まれたアヤチとココチュはクビライの諸子の中でも扱いの低い存在であった。

アヤチの生年は不明であるが、至元9年(1272年)にはクビライより馬を下賜されたことが記録されている。しかし他の兄弟(嫡出の3子、フゲチとアウルクチ)が次々と王号を与えられ各地の統治に携わるのに対し、アヤチは10年近く何の王号も与えられておらずその事蹟は不明である。アヤチwikiより

 

エチオピアを支配したソロモン朝の創始者で、一時中断するものの1975年まで続くエチオピア帝国の初代皇帝(在位:1270年 - 1285年)。その先祖をたどるとアクスム王国の最後の王デイルナードに繋がるとされている。 イクノ・アムラクwikiより

 

1299年、カラ・スーの河谷を占領したのち、イェニシェヒルを占領した。ここで首都となるべき町を手に入れたオスマンはルーム・セルジューク朝から独立を宣言してオスマン帝国を築き上げたのである。

1301年、オスマン1世は領土拡大のためビザンツ帝国との戦い、コユンヒサルの戦いでこれを破り、帝国の基礎と次代の繁栄を築き上げた。 オスマン1世wikiより

 

イヴァン・カリタはキプチャク・ハン国に忠誠を誓い、キプチャク・ハン国の徴税人となってモスクワを裕福にした。彼が「カリター」とあだ名されるのはこの事実による。その財産を使って周辺の諸公国内部に所領を増やし、その結果、それらの公国は実質的にモスクワの支配下に入った(ベロオーゼロ公国、ガーリチ公国、ウグリチ公国、コストロマー公国)。また、キプチャク・ハンの同意を得て、息子セミョーンに大公位を相続させて以来、モスクワは北東ルーシ地方の諸公国のなかで領袖的地位を得た。イヴァン1世wikiより

 

※モンケの子アスタイはフビライの子アヤチに変身し、対立を機にモンゴルを離れた。彼は、エチオピア帝国を築き、オスマントルコ帝国を築き、モスクワ大公を務めて82歳で死去した。こういう場合、実際には庶子を登用した影武者の死んだ日が含まれている。イヴァン1世の死んだ日が、アヤチが起用した最後の影武者が死んだ日である。これこそが真の皇帝である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アヤチの子

 

チンキム(1243~1286)※画像なし

レシェク2世(1241~1288) ピャスト朝ポーランド王国第24代ポーランド公 在位1279~1288

 


ダルマバラ(1264~1292) チンキムの子※画像なし

プシェミスウ2世(1257~1296) ピャスト朝ポーランド王国第26代ポーランド公 在位1295~1296

 


カイシャン(1281~1311) ダルマバラの子

ヴァーツラフ3世(1289~1306) ピャスト朝ポーランド王国第28代ポーランド公 在位1305~1306

 


コシラ(1300~1329) カイシャンの子

カジミェシュ3世(1310~1370) ピャスト朝ポーランド王国第30代ポーランド公 在位1333~1370

 

ーーーーーーーーーーーー

 

コシラの子

 

トゴン・テムル(1320~1370) モンゴル帝国皇帝 在位1333~1370
チムール(1336~1405) チムール帝国初代皇帝 在位1370~1405
メフメト1世(?~1421) オスマントルコ皇帝 在位1405~1421

 

父・コシラが暗殺計画を逃れるため中央アジアに滞在した際に、中央アジア北東部のテュルク系遊牧民カルルク部族の族長の娘との間に長男として生まれた。カルルクは本来チンギス・ハーン王家姻族ではないため、モンゴル王族としては母の出自はあまりよくない。 wikiより

 

中世アジアを代表する軍事的天才と評価され、中央アジアから西アジアにかけてかつてのモンゴル帝国の半分に匹敵する帝国を建設した。しばしば征服した都市で大規模な破壊と虐殺を行う一方、首都のサマルカンドと故郷のキシュ(現在のシャフリサブス歴史地区)で建設事業を行う二面性を持ち合わせていた。 wikiより

 

第4代皇帝バヤズィト1世の子。「典雅王(チェレビー)」の別名で知られる。分裂した帝国を再統一し、短い治世の中で国家の再建に注力した皇帝として評価されている。 wikiより

 

※トゴン・テムルは北走したとされているが、チムール帝国を築き、オスマントルコ皇帝を務めて101歳で死去した。こういう場合、実際には庶子を登用した影武者の死んだ年が没年とされている。メフメト1世の死んだ日が、トゴン・テムルが起用した最後の影武者が死んだ日である。

 

 

 


シャルルマーニュ大帝の一族~ビザンツ帝国、後蜀、ロタリンギア王国、ハンガリー王国、カスティーリャ王国、セルビア王国、チェコ共和国、ハンガリー共和国

 

キルデリク3世の子

 

テウデリク(生没年不詳)

ピャスト(740~861) ポーランド王国初代王
シャルルマーニュ大帝(742~814) カロリング朝フランク王国初代皇帝

 

年代記によると、息子シェモヴィトの7歳の誕生日に二人の異邦人がピャストを訪れ、シェモヴィトの誕生日を祝いたいと申し出た。ピャストはこれを受け入れ、共に息子の誕生日を祝った。返礼として異邦人たちは呪文を唱え、その結果ピャストの家の蔵は食べ物で満ち溢れるようになり、飢えとは無縁になったという。 この不思議な光景を見た仲間たちがポピエル亡き後の支配者の座にピャストを選んだという。wikiより

 

768年に弟のカールマンとの共同統治(分国統治)としてカールの治世は始まり、カールマンが771年に早世したのちカールは43年間、70歳すぎで死去するまで単独の国王として長く君臨した。カールは全方向に出兵して領土を広げ、フランク王国の最盛期を現出させた。800年にはローマ教皇レオ3世によってローマ皇帝として戴冠されたが、東ローマ帝国ではカールのローマ皇帝位を承認せず、僭称とみなした。

 

※フランク王キルデリク3世は、シャルルマーニュ大帝とポーランドに伝説的な君主ピャストを生んだ。シャルルマーニュ大帝は西ヨーロッパを整理して完全な統治下に置いた。その後、シャルルマーニュ大帝は自分が死んだことにして、引き続いてポーランドに移り、ピャストとしてポーランドを整理、完全な統治下に置いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

シャルルマーニュの子

 

ピピン(769~811)※画像なし

ニケフォロス1世(760~811) ニケフォロス朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位802~811

エクバード(769~839) イングランド王国初代王 在位802~839※画像なし

 

ニケフォロスは、イスラームの史書には古代末期にアラビア半島北部にあった帝国の衛星国・ガッサン朝の王家の子孫であると記載されているが、真偽は不明である。先帝であるエイレーネーの代には税務長官であったが、802年10月31日のクーデターの中心人物として、エイレーネーを退位に追い込んで即位した。このクーデターには彼のほかにも司法長官や近衛部隊長官(ドメスティコス・トーン・スコローン)、さらにはエイレーネーの一族すら参加していた。翌803年、ニケフォロス1世の即位に反対するバルダネス・トゥルコスが反乱を起こすが、彼はすぐに投降したため、大きな混乱にはならなかった。ニケフォロス1世wikiより

 

※シャルルマーニュ大帝の子はウェセックス王国に侵入し、エクバードとしてウェセックス王に即位し、イングランドを統一した。イングランド王国の初代王である。

 

カール(771~811)

ミカエル2世(770~829) アモリア朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位820~829※画像なし

 

小アジア半島内陸部の中心都市アモリオンの出身。彼が異端のアティンガノス派の信者であったとする史料もあるが真偽は不明。若い頃にレオーン5世やスラブ人トマスなどと共に、テマ・アナトリコンの長官バルダネス・トゥルコに仕えていたため、レオーンとは親友の仲にあった。また彼はアナトリコンの長官(バルダネス・トゥルコスなのかは不明)の娘を妻としている。レオーン5世が皇帝になると、彼は近衛部隊長官(ドメスティコス・トーン・エクスクビトーン)に任命される。しかし次第に両者の仲は険悪になり、820年12月にミカエルは逮捕された。だが時期が丁度クリスマスであり、ミカエルの処刑が1日延期されたため、この機会を利用してミカエルの支持者たちがレオーン5世を暗殺し、ミカエルが即位した。wikiより

 

テウデリク(807)※画像なし
パシレイオス1世(811~886) マケドニア朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位867~886

 

アルメニア系農民の子から皇帝にまで上り詰めた。彼に始まるマケドニア王朝は10世紀から11世紀初頭にかけて、東ローマ帝国の最盛期をもたらした。wikiより

 

※女は帝王の子を所望するものだ。ということで、シャルルマーニュの庶子たちはビザンツに移り、ニケフォロス、アモリア、マケドニアと代々、ビザンツ帝国を統治した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

シャルルマーニュ大帝の孫

 

ロタール1世(818~855) 東フランク王

 

795年にカール大帝の息子ルートヴィヒ(のちの皇帝ルートヴィヒ1世)と最初の妻エルマンガルド・ド・エスベイの間の長男として生まれた。即ちカール大帝の孫にあたる。祖父カール大帝は、この5年後にあたる800年、ローマ教皇レオ3世からローマ皇帝の冠を授かった(「カールの戴冠」)。 ロタール1世wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ロタール1世の子

 

ロタール2世(835~869)

 

855年、父ロタール1世は死に際し、自らの領地と皇帝位を三人の息子に分割することを決めた。次男であったロタールはアーヘンを含むフリースラントから北部ブルグント(ジュラ山脈以北)に至るロタリンギアの地を与えられることとなった。ロタール2世wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ロタール1世の子

 

シャルル(845~863) プロヴァンス王 在位855~863※画像なし

ルイ2世(846~879) 西フランク王 在位877~879

 

シャルル3世(879~929) 西フランク王 在位893~923※シャルルの子

孟知祥(874~934) 後蜀初代皇帝※画像なし

 

邢州龍岡に孟道の子として生まれる。父や叔父と共に後唐の荘宗の下で武将として転戦した。後唐が前蜀を滅ぼすと、荘宗より西川節度使に封じられ、成都の地で勢力を蓄えた。

その強勢を警戒した明宗は孟知祥に対する抑制を強めてゆく。これに反発した孟知祥は長興元年(930年)に後唐に対して挙兵するに及び、長興2年(932年)には蜀の地より後唐勢力を駆逐、翌年には懐柔策に転向した明宗より蜀王に封じられた。 wikiより

 

ルイ4世(920~954) 西フランク王 在位936~954
孟チョウ(919~965) 後蜀皇帝

 

十国後蜀の第2代(最後)の皇帝。高祖孟知祥の第五子。後世の史家からは後主と呼ばれている。孟チョウwikiより

 

※フランスを離れたウーゴは、中国に移り、孟氏を築いた。孟(メン)の名の由来はシャルルマーニュである。シャルルマーニュ=マーニュ=メン(孟)となる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ルイ4世(孟チョウ)の子

 

ロテール(941~986)

孟玄テツ(?~?)

 

シャルル(945~953)
孟玄カク(?~?)

 

ルイ(948~954)
孟玄宝(?~?)

 

※孟チョウの子たちは、中国を離れてハンガリーに移り、イシュトヴァーン1世を生んだ。イシュトヴァーン1世はアールパード朝ハンガリー王国を築いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

シャルル(孟玄カク)の子

 

オトン(970~1012) 下ロートリンゲン公 在位991~1012 ※画像なし

イシュトヴァーン1世(969~1038) アールパード朝ハンガリー王国初代王 在位1000~1038

 

大首長・ハンガリー国王として997年 - 1038年)は、ハンガリー王国の初代国王。幼名はヴァイク(Vajk)。ハンガリーのキリスト教化に貢献し、カトリック教会では聖人として列聖されている。8月20日は、彼の記念日としてハンガリーの祝日に定められている。聖王とも呼ばれる。 イシュトヴァーン1世wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アンドラーシュ1世(1015~1060) ハンガリー王 在位1046~1060
フェルナンド1世(1017~1065) カスティーリャ王国初代王 在位1035~1037

 

15年間の亡命生活後、異教徒のハンガリー人らが起こした大規模反乱の最中に王位に就いた。しかし、かれは王国のキリスト教化を強力に進め、神聖ローマ帝国に対するハンガリー王国の独立性を保つのに務めた。自身の嫡子シャロモンを後継にしようとしたことが、実の弟ベーラ(のちのベーラ1世)が武力を持って甥から王位を奪うべく反乱を起こすきっかけとなった。アンドラーシュ1世wikiより

 

カスティーリャ伯(在位:1035年 - 1037年)、後に初代カスティーリャ王(在位:1037年 - 1065年)、およびレオン王(在位:1037年 - 1065年)。1056年に「全ヒスパニアの皇帝」として戴冠した。「大王」(El Magno)と呼ばれる。 フェルナンド1世wikiより

 

※ハンガリー王アンドラーシュ1世は、フェルナンド1世としてカスティーリャ王国を築き、ハンガリー王国とスペインを同時に統治した。もちろん、庶子を投入した影武者部隊を起用していることで可能なことである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ペーラ2世(1108~1141) ハンガリー王 在位1131~1141※画像なし
ステファン・ネマニャ(1113~1200) セルビア王国初代王 1113~1200

 

彼は幼少時代に、男系年長者相続制の適用を恐れた伯父カールマーン1世によって両目を潰されていたことから、即位後盲目王とも呼ばれた。幼年時代を別々の修道院を転々として育てられた。従弟イシュトヴァーン2世に子供がなかったため、最も近親の男性として後継者に選ばれ、宮廷へ迎えられた。イシュトヴァーンの死後に即位。しかし、その治世の間断続的に、諸外国の軍事支援を受けたボリス・コンラド(カールマーン1世の子であると主張していた)との対立に悩まされることになった。ペーラ2世wikiより

 

1168年、兄を殺してセルビア侯として即位する。その後セルビアの諸部族を統一、宗主であった東ローマ帝国との長い戦いに勝利し、1171年には独立の君主、セルビア王ステファン1世として即位しネマニッチ朝を開いた。しかし、この時点では「王」は自称であり、国際的には「侯」の扱いを脱しなかった。 ステファン・ネマニャwikiより

 

※ハンガリー王ペーラ2世は、ステファン・ネマニャとしてセルビア王国を築き、ハンガリー王国とセルビアを同時に統治した。もちろん、庶子を投入した影武者部隊を起用していることで可能なことである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ステファン・ネマニャの子

 

サワ(1174~1236) セルビア大主教
テオドロス1世(1175~1222) ラスカリス朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位1205~1222

 

東ローマ帝国の亡命政権ニカイア帝国の建国者で、その初代皇帝。 テオドロス1世wikiより

 

※セルビア大主教サワは、チェオドロス1世としてラスカリス朝ビザンツ皇帝に即位した。彼は、大主教を務めながら、一方ではビザンツ皇帝を務めた。もちろん、庶子を投入した影武者部隊を起用していることで可能なことである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ステファン・ウロシュ1世(1223~1277) セルビア王 在位1243~1276
ミカエル8世(1225~1282) パレオロゴス朝ビザンツ帝国初代皇帝 在位1258~1282

 

1243年の春に起きた内乱によって兄のステファン・ヴラディスラヴがセルビア王位を退き、彼が王位に就いた。退位したヴラディスラヴとは良好な関係を維持し続け、ウロシュ1世が出した特免状にはヴラディスラヴの名も見られる。ステファン・ウロシュ1世の治世初期、バルカン半島におけるセルビアの仇敵であるエピロス専制侯国とブルガリア帝国の衰退が同時に起き、この天佑によってセルビアはバルカン半島での影響力を高めていく。 ステファン・ウロシュ1世wikiより

 

後に「最も狡猾なギリシア人」と呼ばれる程の策略家で、ラテン帝国に奪われていたコンスタンティノポリスを奪回して東ローマ帝国を再興した。彼の開いたパレオロゴス王朝は1453年にオスマン帝国によって帝国が滅亡するまで約200年間続いた。ミカエル8世wikiより

 

※ステファンは、ミカエル8世としてビザンツ皇帝に即位し、セルビアとビザンツ帝国を同時に統治した。もちろん、庶子を投入した影武者部隊を起用していることで可能なことである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

シャルルマーニュ大帝の一族の子孫

 

イオン・イリエスク(1930) ルーマニア第2代、第4代大統領

 

シュミット・パール(1942) ハンガリー共和国第4第大統領

 

ミロシュ・ゼマン(1944) チェコ第3代大統領

 

ケヴェール・ラースロー(1959) ハンガリー共和国大統領代行

 

アーデル・ヤーノシュ(1959) ハンガリー共和国第5第大統領

 

※ハンガリー政府はハンガリー国内の遺伝子組み換えとうもろこしの畑を焼き尽くし、まともなとうもろこしを栽培し、冷凍食品として輸出していた。日本では業務スーパーで売られていた(現在では撤去されている)。しかし、これを不服としたイギリス政府(西本願寺門主文如と法如の一族)が「有毒な細菌に汚染されたハンガリーの冷凍食品を食べたせいでイギリス国民が死んだ」とウソをつき、世界的にハンガリー冷凍食品を輸出禁止にした。本願寺は、どうしても安全なものを人類に食べさせたくないのだ。

 

 

 



読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について