目次
目次
まえがき
地球の王~獣人ビッグフット、全能神ゼウス、宇宙人、天狗、巨石建造(ピラミッド派、マウンド派)の種族、ダヴィデ王、善神デーヴァ
ギュゲスの一族~ローマ執政官、ペルシア皇帝、アレキサンダー大王、秦始皇帝、セレウコス朝、プトレマイオス朝、匈奴、ローマ皇帝
ユリウス・カエサルの一族〜初代ローマ皇帝アウグストゥス、諸葛氏、高句麗、ブルガリア帝国、リトアニア大公国、明、李氏朝鮮、マイソール王国、太平天国、サムスン・グループ
イエス・キリストの一族~クレオパトラ7世、洗礼者ヨハネ、イエス・キリスト、十二使徒、初代ローマ教皇ペトロ、ブリトン王国、ベネディクト会、カンタベリー大主教、ジャン・カルヴァン、ブルボン朝フランス王国
マホメットの一族~イスラム帝国、シーア派イマーム、アッバース朝、セルジューク・トルコ帝国、ハプスブルグ家、エステ家、オーストリア=ハンガリー帝国、バアス党
アラリックの一族~西ゴート王国、南朝宋、シャルルマーニュ大帝、イングランド王国、キエフ公国、ポーランド王国、ノルマンディー公国、モンゴル帝国、カーカティヤ朝、甲賀忍者、エチオピア帝国、チムール帝国
シャルルマーニュ大帝の一族~ビザンツ帝国、後蜀、ロタリンギア王国、ハンガリー王国、カスティーリャ王国、セルビア王国、チェコ共和国、ハンガリー共和国
オスマン1世の一族~北元、イヴァン雷帝、シク教国、スペイン無敵艦隊、ロシア帝国、サルディーニャ王国、ハプスブルグ朝オーストリア帝国、リンカーン大統領、宰相ビスマルク、怪僧ラスプーチン
ソロモン1世の一族~ズールー帝国、ケニア共和国、チャック・ベリー、アース・ウィンド&ファイア、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ、エディ・マーフィー
イヴァン1世の一族~フス派、ボヘミア王国、雑賀衆、鈴木孫一、ロシア正教会モスクワ総主教、ヘーチマン国家、アフガニスタン王国、救済同盟、ナロードニキ運動、スタジオ・ジブリ、押井守
ヴィスコンティ家の一族~ヴィスコンティ家、クリストファー・コロンブス、アメリゴ・ベスブッチ、ヴァスコ・ダ・ガマ、イエズス会、フランシスコ・ザビエル、ローマ教皇フランシス
フリードリヒ1世の一族~サファヴィー朝、グリュックスブルグ朝デンマーク王国、プロイセン帝国、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ、レーニン、チェ・ゲバラ、ホメイニ師、メドベージェフ首相
イヴァン大帝の一族~チューダー朝イングランド王国、宗教革命、ブルボン朝フランス王国、西郷氏、東郷氏、清教徒革命、ジャン=ジャック・ルソー、フランス革命、サウジアラビア王国
バーブルの一族~ムガール帝国、ムハンマド・アリー朝、エジプト共和国、チャールズ・チャップリン、サルバドール・ダリ、ハロルド・ピンター、ボブ・ディラン、デヴィッド・ボウイ、プリンス
マクシミリアン1世(ハプスブルグ家)の一族~バイエルン王国、交響曲の父ハイドン、サド侯爵、文豪ゲーテ、楽聖モーツァルト、KKK、ヘミングウェイ、太宰治、三島由紀夫、ピンク・フロイド、トランプ大統領
オリバー・クロムウェルの一族~大英帝国、アメリカ合衆国、エドガー・アラン・ポー、デ・キリコ、ロベール・ブレッソン、オーソン・ウェルズ、ザ・ビートルズ、モンティ・パイソン、レッド・ツェッペリン
宇佐美定満の一族~蘆名盛氏、柴田勝家、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、徳川家光、伊達政宗、水戸光圀、乾隆帝、阮朝ベトナム帝国
蘆名盛氏の一族~高山右近、千利休、黒田官兵衛、有馬晴信、宮本武蔵、天草四郎、鄭成功、ヌルハチ、愛新覚羅家
ピヨートル大帝の一族~ナポレオン皇帝、モルモン教、ザンジバル帝国、ルーズベルト大統領、ケネディ大統領、ザ・ドアーズ、プーチン大統領、ウィキリークス、ニルヴァーナ、Qアノン
乾隆帝の一族~マイソール王国、宝暦事件、トンブリー朝タイ王国、詩聖タゴール、マハトマ・ガンディー、ジャワハルラール・ネルー
嘉慶帝の一族~道光帝、曽国藩、胡林翼、李鴻章、西郷隆盛、吉田松陰、西太后、大本教、中江兆民、ジャン・コクトー、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジェームズ・ディーン、つげ義春
曽国藩の一族~東郷平八郎、乃木希典、児玉源太郎、袁世凱、黄金栄、蒋介石、小津安二郎、手塚治虫、ジャン・クロード=カリエル、ヴェルナー・ヘルツォーク
胡林翼の一族~山口春吉、北一輝、大杉栄、鄧小平、ルイス・ブニュエル、サルトル、マルグリット・デュラス、池田大作、キューブリック、ゲンズブール、宮崎駿、セックス・ピストルズ、マイケル・ジャクソン
李鴻章の一族~勝海舟、福沢諭吉、坂本龍馬、張嘯林、杜月笙、黒澤明、田中角栄、習近平国家主席、マーティン・ルーサー・キングJr、ドゥテルテ大統領、マルコムX、青島幸男、橋本龍太郎
同治帝の一族~西太后、犬養毅、頭山満、義和団の乱、幸徳秋水、文鮮明、大山倍達、田岡一雄、高畑勲、安孫子素雄、梶原一騎、アントニオ猪木、鳥山明、高田延彦、秋元康
光緒帝の一族~孫文、夏目漱石、張作霖、甘粕正彦、橋本忍、毛沢東、徳田球一、金日成、小沢一郎、金丸信、藤本弘、金正日、赤塚不二夫、ジャッキー・チェン、金正恩委員長
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 29ページ

同治帝の一族~西太后、犬養毅、頭山満、義和団の乱、幸徳秋水、文鮮明、大山倍達、田岡一雄、高畑勲、安孫子素雄、梶原一騎、アントニオ猪木、鳥山明、高田延彦、秋元康

 

道光帝の子

 

西太后(1835~1908)

 

アロー戦争により熱河に逃れた咸豊帝は1861年に崩御した。咸豊帝死後の政治の実権をめぐり、載淳の生母である懿貴妃と咸豊帝の遺命を受け載淳の後見となった8人の「顧命大臣」載垣、端華、粛順らは激しく争った。

懿貴妃は皇后ニオフル氏と咸豊帝の弟で当時北京で外国との折衝に当たっていた恭親王奕訢を味方に引き入れた。そして咸豊帝の棺を熱河から北京へ運ぶ途上でクーデターを発動し載垣、端華、粛順らを処刑(辛酉政変:1861年)し権力を掌握した。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

西太后の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

大島義昌(1850~1926)

 

日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人、華族。関東都督、軍事参議官、第3師団長等を歴任する。官位は陸軍大将正二位勲一等功二級子爵。第90・96・97代内閣総理大臣の安倍晋三は玄孫にあたる(安倍の父方の祖母・本堂静子が大島の孫娘)。wikiより

 

※大島は、西南戦争、東学党の乱、日清戦争、日露戦争に出征している。日露戦争後、陸軍大将に進み、新設の関東総督に就任する。先祖の故地である満州を奪還せんと考えていたか定かではないが、関東都督府を満州に築いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

西太后の子

 

同治帝(1856~1875) 清第10代皇帝 在位1861~1875
犬養毅(1855~1932) 内閣総理大臣(画像は青年時代と中年時代)

 

咸豊帝の長子で母は西太后。晩年の咸豊帝は西太后の権力志向を嫌っていたため一時遠ざけたが、咸豊11年(1861年)に咸豊帝が崩御すると西太后らが辛酉政変で怡親王載垣、鄭親王端華、粛順ら咸豊帝の側近を排除、同治帝は西太后らによって擁立された。即位当初から継母の東太后、母や叔父の恭親王奕訢による摂政で政治が進められ、在位中を通して実権は母に握られていた(垂簾聴政)。wikiより

 

中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(第27・29代)、内閣総理大臣(第29代)、外務大臣(第45代)、内務大臣(第50代)などを歴任した。wikiより

 

※1875年、同治帝は19歳で死んだことにし、日本に潜入して犬養毅として1876年に慶応大学に入学している。残念ながら、犬養毅は浄土真宗を邪教としてマークすることがなかったため、本願寺が指揮する2.26事件の際に暗殺された。19歳で死んだと考えられていた同治帝は、犬養毅として日本で生きていたのだ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

咸豊帝の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

頭山満(1855~1944) 玄洋社党首

 

玄洋社は、日本における民間の国家主義運動の草分け的存在であり、後の愛国主義団体や右翼団体に道を開いたとされる。また、教え子の内田良平の奨めで黒龍会顧問となると、大陸浪人にも影響力を及ぼす右翼の巨頭・黒幕的存在と見られた。一方、中江兆民や吉野作造などの民権運動家や、遠縁のアナキストの伊藤野枝や大杉栄とも交流があった。また、鳥尾小弥太・犬養毅・広田弘毅など政界にも広い人脈を持ち、実業家(鉱山経営者)や篤志家としての側面も持っていた。wikiより

 

※西太后の庶子として生まれ、同治帝の影武者として投入されていた頭山満は、湖南に進出して武術を奨励し、大刀会、義和団の前身を形成した。この大刀会、義和団を率いた同治帝の子たちから極真空手を生んだ大山倍達、力道山などが生まれた。その後、影武者から解放された頭山満は独立し、玄洋社などを設立した。もちろん、頭山満の犬養毅(同治帝)との交流は続き、同じ一族である蒋介石を共同で援助している。

 

大刀会(1896年頃)

 

大刀会は白蓮教の流れをくむ民間宗教八卦教の武揚組織として発足した。 会内では離門と坎門の2つに分かれていた。離門は香を焚き呪文を唱え、刀や槍は持たなかった。坎門は壇場を設立して刀や槍の修業を行うという、宗教的な色彩を帯びた武術結社であった。彼らは呼吸法、霊薬、呪符を飲み込むことによって不死身となり、弾丸を跳ね返すと喧伝した。

発足当初は日清戦争後の治安低下によって蔓延った土匪に対する自衛組織として活動していたが、山東半島でドイツ・イギリスのミショナリー活動が盛んになると、帝国主義政策を背景としたキリスト教会と闘争を行うようになった。 辛亥革命のときには大刀会は張継・宋教仁ら革命派を支持している。wikiより

 

義和団の乱(1900年)

 

当初は義和団を称する秘密結社による中国での排外運動であったが、1900年(光緒26年)に清国の西太后がこの叛乱を支持して6月21日に欧米列国に宣戦布告したため国家間戦争となった。だが、宣戦布告後2か月も経たないうちに欧米列強国軍は首都北京及び紫禁城を制圧、清朝は莫大な賠償金の支払いを余儀なくされる。

禁圧の過程でイギリスとドイツは、清の許可を得ずに上海=北京間、膠州、威海衛、旅順に電信ケーブルを敷設した。この乱の後、西洋的方法を視野に入れた政治改革の必要を認識した西太后は、かつて自らが失敗させた戊戌の変法を手本としたいわゆる光緒新政を開始した。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

頭山満の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

幸徳秋水(1871~1911) アナーキスト

 

明治時代のジャーナリスト、思想家、社会主義者、無政府主義者である。 本名は、幸徳傳次郎(こうとく でんじろう)。秋水の名は、師事していた中江兆民から与えられたもの。大逆事件(幸徳事件)で処刑された12名の1人。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

大島義昌の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

森繁久彌(1913~2009)

 

昭和の芸能界を代表する国民的俳優の一人であり、映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手・エッセイストなど幅広い分野で活躍した。早稲田大学を中退後、NHKアナウンサーとなって満州国へ赴任。帰国後、舞台やラジオ番組の出演で次第に喜劇俳優として注目され、映画『三等重役』『社長シリーズ』『駅前シリーズ』で人気を博した。

人よりワンテンポ早い軽快な演技に特色があり、自然な演技の中で喜劇性を光らせることができるユニークな存在として、後進の俳優たちにも大きな影響を与えた。また、『夫婦善哉』『警察日記』等の作品での演技が高く評価され、シリアスな役柄もこなした。映画出演総数は約250本を超える。wikiより

 

文鮮明(1920~2012) 統一協会の祖

 

韓国の宗教家。世界平和統一家庭連合(旧・世界基督教統一神霊協会。通称は統一教会、統一協会。以下便宜的に、統一教会と表記)、国際勝共連合を含む統一運動の創立者。wikiより

 

※大島義昌の孫娘が、安倍晋三の父方の祖母ということだが、その大島義昌つながりで、安倍は統一協会とは交流があるのだろう。両者の間に絆があるかどうかは、それはまた別の話だ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

頭山満の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

児玉誉士夫(1911~1984) フィクサー

 

日本の右翼運動家。CIAエージェントであったという。暴力団・錦政会顧問。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。1960年、生前葬を行う。河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香した。wikiより

 


大山倍達(1923~1994) 極真会館館長

 

朝鮮半島出身の武道家(極真空手)であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。段位は十段。別名:マス大山(Mas Oyama)。韓国系日本人で民族名は崔永宜(さい えいぎ、チェ・ヨンウィ、최 영의)。

日本統治下の朝鮮半島で生まれ、韓国の戸籍では1922年7月27日生まれとなっており、通例の1923年生まれでは新暦と旧暦の誕生日が一致しないため、実際の生年は1922年と推定される。 1970年代に週刊少年マガジンに連載された劇画『空手バカ一代』でも、主人公として取り上げられた。wikiより

 


力道山(1924~1963) プロレスラー

 

粗暴な性格のため、多数のトラブルを引き起こしている。例をあげると山口組ともめて監禁寸前にまでなったり、安藤組に対して誠実な対応を取らなかったため付け回され家に帰れなくなったり、フィリピンマフィアの顔役を橋から川に投げ込み揉めるなど、当時のプロレス興行が暴力団と密接な関係にあるにもかかわらず、配慮に欠けた行動を繰り返したため、命を狙われることも多かった。

上記の1963年12月8日の赤坂での刃傷事件(これが死の遠因となった)で見られるように、力道山には飲酒した時のトラブルが多かったようで、暴力団山口組三代目組長の田岡一雄は「(力道山は)酒を飲まなければ……」と自伝で嘆いている。wikiより

 

※頭山満は、同治帝の影武者として湖南で大刀会を結成し、義和団を指揮した。大山倍達や力道山には大刀会や義和団の血が流れている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

幸徳秋水の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

田岡一雄(1913~1981) 山口組組長

 

1937年(昭和12年)2月25日、山口春吉の舎弟に暴力を振るった大長政吉を福原遊廓で襲撃し、鉄瓶で殴打して頭を割る。その報復で山口組に殴り込みをかけた大長八郎(政吉の弟)を返り討ち、日本刀で刺殺。このため殺人罪で逮捕起訴され、神戸地裁で懲役8年の実刑判決を受け、神戸刑務所、大阪刑務所、膳所刑務所、京都刑務所、高知刑務所で服役する。

獄中では、みずから崇拝する頭山満や玄洋社に関する本を読んでいた。皇紀2600年の恩赦で1943年(昭和18年)7月13日に出所した。二代目組長の登は前年の1942年(昭和17年)既に死亡していたので、その後 湊川で自ら田岡組を組織した。wikiより

 


渥美清(1928~1996) 俳優

 

1968年、フジテレビにて、テレビドラマ『男はつらいよ』が放送開始。放送期間は1968年10月3日から1969年3月27日までの半年間。脚本は山田洋次と森崎東が担当した。最終回では「ハブに噛まれて寅さんが死ぬ」と言う結末に視聴者からの抗議が殺到した。

翌1969年に「罪滅ぼしの意味も含めて」、松竹で映画を製作。これが予想に反し大ヒットとなり、以降シリーズ化となって製作の始まった山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎(フーテンの寅)役を27年間48作に渡って演じ続ける事になる。この映画のシリーズは、国民的映画として日本中の多くの人たちに親しまれた。映画のシリーズでは最多記録の作品としてギネスブックにも載るなどの記録を成し遂げた。wikiより

 


高畑勲(1935~2018) 映画監督

 

類型化された抽象的ファンタジーで喜怒哀楽が極端だったアニメに、悲しいのに笑っているなど中間的な演技表現を持ち込み、社会生活背景・自然環境・地理的条件などを徹底的に取材・調査した上で人間が生々しく生活しているような臨場感を描いた。

背景美術とキャラクターが一体化し、一つの絵画のように動くことも含め常に類型無く新しいことに挑戦し続け、世界のアニメーションを革新した。ふだんの日常生活にこそ、驚きや喜び、奇跡があるという姿勢や哲学をすべての作品で貫き、日本のアニメーションの方向性を大きく変えた。wikiより

 

※敵が多かった幸徳秋水は処刑されたことにし、そのまま潜伏生活に入った。40歳で死んだことになっているが、処刑されたのは影武者で、実際には80代まで生きたのではないか。田岡一雄、渥美清、高畑勲はみな、幸徳秋水が潜伏していた時期に生まれた。優性遺伝子ブリーダーを使ったか、或いは自力で儲けたのだろう。

中でも、高畑勲は子供向けのアニメを作りながら非常にシニカルでシビアな視点を作品に盛り込んでいた。それらの視点は、父である幸徳秋水譲りだったようだ。一方、それが多くの70年代に生きたこどもたちにトラウマを残した。笑 特に「太陽の王子ホルス」は、信じていた人物の裏切りなど、胸が痛くなるシーンが多い。子供だからと容赦せず、真実を見せようとする気概に作家魂を見る。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

田岡一雄の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

丹波哲郎(1922~2006)

 

※丹波のような正しい人物が亡くなってから芸能界の崩壊は拍車が効かなくなったようだ。製作スタッフは意志を奪われて生活を守るために金次第で動き、犯罪を美化する無軌道なゲイが増えた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

丹波哲郎の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジェームズ・ブラウン(1933~2006) ミュージシャン

 

※JBは、優性遺伝子ブリーダーによって生まれた丹波哲郎の子と考えられる。これがほんとならJBは丹波が11歳の時の子ということになる。

 

藤子不二雄/安孫子素雄(1934) 漫画家

 

※藤本弘氏と同様に、安孫子氏は人間の内面に関心を持ち、ブラックユーモア、と呼ぶのは生易しい、世の中の不条理や弱者の復讐心を丹念に描写して人気を博した。そのためか、いくつかの作品は尋常じゃなく後味が悪いw ゴルフや麻雀など、趣味の分野を漫画に活かしたパイオニアでもある。

 

ムアンマル・アル=カッザーフィー(1942~2011) リビア大統領

 

※カザフィー大佐もチャウシェスク大統領と同じように大谷の邪教信者によって惨殺された。カザフィー大佐を集団でリンチして殺害した後に民衆は携帯で写真を撮っていたが、このような人道的な倫理を持ち合わせない民衆は守る必要がない。どちらかといえば、積極的に死滅させてもかまわないような連中だ。死滅するべき連中だ。

しかし、オバマはこのような民衆を守るためと称しリビアを爆撃した。これは実に本願寺の血ならではの所業ではあるが。カザフィー大佐が民衆に惨殺された写真も見たがこれは許すことは出来ない。できそこないが優れた人物を殺害することは反自然的なことだからだ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

児玉誉志夫の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

竹中正久(1933~1985) 山口組組長

 

山口組からの接触に対し、当初は山口組入りに拘ってはいなかった竹中であったが、結局地道の眼に適い親分・田岡一雄に竹中を推挙。翌1961年12月13日に田岡から盃を受け直参となった。細田組・細田利光組長、小野組・小野新次組長、中村組・中村憲逸組長、前本組・前本重作組長らの山口組直参や、湊芳治らの田岡一雄の舎弟が見届け人となった。その後、竹中正久は神戸市三宮の「神戸観光ホテル」で行われた山口組「御事始(事始)」に出席した。wikiより

 

石森章太郎(1937~1998) 漫画家

 

※石森はその血筋のせいか、自分の作品には、必ず陰謀組織を登場させた。よく知られているのがショッカーやブラックゴーストだ。同治帝の子孫である彼は、本願寺が悪の組織であるという認識はなかったが、悪は実際に存在することを知っており、その象徴を必ず登場させた。陰謀にも長けており、陰謀の例などを盛り込んでいた。

 

馬場美次(1941) 会津小鉄組長

 

2008年11月、五代目会津小鉄会理事長四代目中川組組長馬場美次は、六代目会津小鉄会会長に襲名した。wikiより

 

司忍(1942) 山口組組長

 

2005年3月、弘道会会長を同会若頭・髙山清司に譲って二代目弘道会総裁となり、自らは弘田組組長に就任。同年5月、五代目山口組若頭に就任し、7月には六代目山口組組長に就任した。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

頭山満の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

梶原一騎(1936~1987)

 

1966年から『週刊少年マガジン』に連載された漫画『巨人の星』の原作者として名声を上げ、以後『あしたのジョー』(高森朝雄名義)、『タイガーマスク』など、いわゆる「スポ根もの」分野を確立した功績をはじめ、多くの劇画・漫画作品の原作者として活躍した。wikiより

 


真樹日佐夫(1940~2012)

 

世界空手道連盟真樹道場宗師 キックボクシング真樹ジム会長。株式会社真樹プロダクション代表取締役、元極真会館本部道場師範代、元マス大山カラテスクール責任者。元ビッグマウス・ラウド特別顧問。NPO・アジア地域戦没者慰霊協会名誉顧問。映画・Vシネマの企画プロデュースや、格闘技のイベント興行・マッチメイクも不定期ながら手がけていた。wikiより

 

※頭山満は、同治帝の影武者として湖南で大刀会を結成し、義和団を指揮した。梶原一騎や真樹日佐夫には大刀会や義和団の血が流れている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

田岡一雄の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジャイアント馬場(1938~1999) 全日本プロレス

 

本名・旧リングネーム・野球選手時代の登録名は馬場正平(ばば しょうへい)。血液型O型。全日本プロレス代表取締役社長・会長、NWA第一副会長を歴任した。 身長209cm、体重135kg。リングネームは、初渡米武者修行中の1961年、ニューヨークのプロモーターであったビンス・マクマホン・シニアが「ババ・ザ・ジャイアント(Baba the Giant)」と命名したことに由来する。

日本プロレス界史上最大の巨体を持ち、力道山、アントニオ猪木と並ぶビッグネームでもあり、コマーシャルやテレビ番組などでも人気を博し、現役時代は、当時の世界最高峰の王座であるNWA世界ヘビー級王座に3度就いた。wikiより

 


アントニオ猪木(1943) 新日本プロレス

 

新日本プロレスは、「プロレスこそ全ての格闘技の頂点である」という「ストロングスタイル」を標榜。その後のプロレスに大きな影響を与える。猪木は自身の最強を証明するため、パキスタンの英雄アクラム・ペールワン、「熊殺し」の異名をとる空手家ウィリー・ウィリアムスとの対戦など、異種格闘技路線への挑戦を続け、後年の総合格闘技の礎を築いた。wikiより

 

天龍源一郎(1950)

 

1997年11月より、所有者より借り受ける形で力道山ベルトを賭けた日本J1選手権争奪トーナメントを開催し、藤原喜明、北尾光覇を撃破。1998年1月14日後楽園ホールでの荒谷信孝との決勝戦に勝利し、日本J1選手権を獲得。この試合は天龍としても満足のいくものだったようで試合後のインタビューの際に、「隣(東京ドームで開かれていたマライア・キャリーのコンサート)より熱かったろ?」とのコメントを残す。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

力道山の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

高田延彦(1962) PRIDE、RIZINプロデューサー

 

PRIDE統括本部長に就任し、同時にPRIDE中継の解説も行っていた。大晦日の特別興行「PRIDE男祭り」のオープニングでは、開会宣言で「おまえら男だ!」と叫ぶ選手呼び込みで話題となった。2003年開催時にはさいたまスーパーアリーナの地上60メートルの屋上に立ち、2004年開催時にはふんどし一丁で暴れ大太鼓を叩いて、「男の中の男たち、出てこいやーっ!」と選手を呼び込んだ。(後にこのフレーズは高田を形容するキャッチフレーズとなる。単に「出てこいやー」とも。)そして、2005年開催時にはタップダンスを披露した後、2006年開催時にはピアノ独奏を披露した後に、ふんどし一丁で暴れ大太鼓を叩いた。wikiより

 


長与千種(1964) クラッシュギャルズ

 

デビュー後、先輩レスラーとの軋轢や、自身のファイトスタイルが周囲や観客に受け入れられないことに失望し、引退するつもりでいた矢先「どうせ辞めるのならやりたいことをやって辞めよう」と考え、当時同じように悩んでいたライオネス飛鳥と意気投合し、1984年8月に飛鳥とのタッグチーム『クラッシュギャルズ』を結成。それまでの女子プロレスにほぼ見られなかった、男子プロレスのエッセンスを取り入れたファイトスタイルで、女子プロレスの新たな世界を作り出し、注目される。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

竹中正久の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

長州力(1951)

 

その後、当時の体制に反旗を翻して、師と仰ぐマサ斎藤やキラー・カーンと共に「革命軍」を結成。さらにラッシャー木村率いる国際軍団を振り切る形で長州と活動を共にするアニマル浜口、浜口と同じく国際軍団の寺西勇、タイガーマスクとの抗争で同じく新日本正規軍を敵に回していた小林邦昭、そしてレスリング日本一の触れ込みで新日本入団後、海外武者修行に出て帰国した長州の弟子ともいえる谷津嘉章らと共に「維新軍」を結成する。また、アメリカで活動するタイガー戸口(キム・ドク)も時折、維新軍に同行した。wikiより

 


前田日明(1959)

 

1986年10月9日、両国国技館で行われた「INOKI 闘魂 LIVE」における異種格闘技戦で、ドン・中矢・ニールセンを逆片エビ固めでギブアップさせて勝利。この試合を期に「新格闘王」と呼ばれ、プロレス界以外からも注目を浴びるようになった。

この試合について、後年、ニールセンは「ここはこうやって、その次はこう、と流れを決めたわけではなかった。でも、ボクが言われたのは“試合を盛り上げてくれ”ということ。そして、1Rにいいパンチが入ったのに、セコンドに“アーリーノックアウトはダメだ”って言われた」と、プロレス雑誌『kamipro』で証言した。(前田日明 対 ドン・中矢・ニールセン戦)wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

梶原一騎の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

藤波辰爾(1953)

 

1988年4月22日、沖縄県立奥武山公園体育館で、いつまでもメインを張り続け後進に譲ろうとしない猪木に対して、自らの前髪を切って現状改革を訴える。この行動は前年に天龍源一郎が全日本プロレスで起こした天龍革命に対して「飛龍革命」と呼ばれたが、反権力的な長州の維新、天龍の革命と比べて体制側に属する藤波の革命についてのファンの支持はもう一つで、前記2者に比べるとプロレス史には(ネタとしてはともかく)残らず、尻すぼみの結果となった。 wikiより

 

鳥山明(1955) 漫画家

竹中直人(1956) 俳優・映画監督

 

※竹中直人とは双子(二卵性双生児)の可能性がある。「ドラゴンボール」は最初こそファンタジーものであり、あまり目立ってはいなかったが、「北斗の拳」方式を採用すると人気が爆発した。先祖の地球の王や宇宙人の記憶が蘇った。というわけでもないか。

 

秋元康(1960) 放送作家

 

AKB48グループや坂道シリーズのプロデューサーで、ほぼ全ての楽曲の作詞をし、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛ける。日本映画監督協会会員。2010年6月、日本放送作家協会理事長に就任。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。2016年4月、代々木アニメーション学院名誉学院長兼総合プロデューサーに就任。wikiより

 

※秋元康と梶原一騎は、顔の部品が中央に集まっている感じが似ている。笑顔も似ている。もちろん、秋元康は優性遺伝子ブリーダーによって生まれただろう。双方とも他人をプロデュースすることを選んだ人生を送っているが、そこも似ている。梶原一騎は星飛馬、伊達直人、矢吹丈をプロデュースし、秋元康はおにゃん子クラブ、AKB48グループ、坂道グループをプロデュースした。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

真樹日佐夫の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

松井一郎(1964) 大阪知事

 

大阪維新の会幹事長、維新の党幹事長、維新の党顧問、日本維新の会幹事長、大阪府議会議員(3期)などを歴任した。住之江競艇場の照明・電気設備関係の工事・補修を一手に請け負う株式会社大通の元代表取締役。父は大阪府議会議長(1996年)を務めた松井良夫。wikiより

 


小沢仁志(1962) 俳優

 

BIG MOUNTAIN所属。かつてはヴィランズ、夏木プロダクションに所属していた。2018年6月よりエイベックス・マネジメントと業務提携。「OZAWA」名義で監督や企画を担当する作品がある。(「喧嘩の極意」シリーズ、「実録 新撰組」シリーズなど)wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ジャイアント馬場の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジャンボ鶴田(1951~2000)

 

1972年ミュンヘンオリンピックのレスリンググレコローマンスタイル最重量級代表を経て全日本プロレスに入り、ジャイアント馬場後継の次の時代の大型エースとして期待され順調に成長して1980年代、トップレスラーとして活躍したがB型肝炎を発症したことにより第一線を退いた。その後、桐蔭横浜大学、中央大学、慶應義塾大学で非常勤講師を務めるなど教育者としても活躍した。 wikiより

 

ライオネス飛鳥(1963)

 

1980年に全日本女子プロレスに入団、同年5月10日に同期の奥村ひとみ、師玉美代子との巴戦でデビュー。後にリングネームを改めて、長与千種とのクラッシュギャルズで一大ブームを巻き起こす。1981年には全日本ジュニア王座、1982年には全日本シングル王座を獲得した。1984年8月にはクラッシュギャルズがWWWA世界タッグ王座を獲得、さらに同年8月、「炎の聖書」で歌手デビュー。1989年春に現役を引退。wikiより

 

 

 


光緒帝の一族~孫文、夏目漱石、張作霖、甘粕正彦、橋本忍、毛沢東、徳田球一、金日成、小沢一郎、金丸信、藤本弘、金正日、赤塚不二夫、ジャッキー・チェン、金正恩委員長

 

道光帝の子

 

愛新覚羅奕ケン(1840~1891)

岡田以蔵(1838~1865)※画像なし

中岡慎太郎(1838~1867)
高杉晋作(1839~1867)

田中光顕(1843~1939)

 

文久元年(1861年)8月、武市の結成した土佐勤王党に加盟(ただし、名簿の写しからは池内蔵太や弘田恕助と共に名前が削除されたとみられる)。文久2年(1862年)6月、参勤交代の衛士に抜擢され、瑞山らと共に参勤交代の列に加わり京へ上る。

これ以降、土佐勤王党が王政復古運動に尽力する傍ら、平井収二郎ら勤王党同志と共に土佐藩下目付の井上佐市郎の暗殺に参加。また薩長他藩の同志たちと共に、安政の大獄で尊王攘夷派の弾圧に関与した者達などに、天誅と称して集団制裁を加える。越後出身の本間精一郎、森孫六・大川原重蔵・渡辺金三・上田助之丞などの京都町奉行の役人や与力、長野主膳(安政の大獄を指揮した)の愛人・村山加寿江の子・多田帯刀などがこの標的にされた(村山加寿江は橋に縛りつけられ生き晒しにされた)。このため後世「人斬り以蔵」と称され、薩摩藩の田中新兵衛と共に恐れられた。岡田以蔵wikiより

 

安政元年(1854年)、間崎哲馬に従い経史を学び、翌年には武市瑞山(半平太)の道場に入門して剣術を学ぶ。安政4年(1857年)、野友村庄屋利岡彦次郎の長女・兼(かね)15歳と結婚。文久元年(1861年)には武市が結成した土佐勤皇党に加盟して、本格的に志士活動を展開し始める。 中岡慎太郎wikiより

 

長州藩では、晋作の渡航中に守旧派の長井雅楽らが失脚、尊王攘夷(尊攘)派が台頭し、晋作も桂小五郎(木戸孝允)や久坂義助(久坂玄瑞)らと共に尊攘運動に加わり、江戸・京都において勤皇・破約攘夷の宣伝活動を展開し、各藩の志士たちと交流した。高杉晋作wikiより

 

土佐藩士武市半平太の尊王攘夷運動に傾倒してその道場に通い、土佐勤王党に参加した。叔父の那須信吾は吉田東洋暗殺の実行犯だが、光顕も関与した疑いもある。しかし文久3年(1863年)、同党が八月十八日の政変を契機として弾圧されるや謹慎処分となり、翌元治元年(1864年)には同志を集めて脱藩。のち高杉晋作の弟子となって長州藩を頼る。

第一次長州征伐後に大坂城占領を企図したが、新撰組に摘発されたぜんざい屋事件を起こして大和十津川へ逃れる。薩長同盟の成立に貢献して、薩摩藩の黒田清隆が長州を訪ねた際に同行した。第二次長州征伐時では長州藩の軍艦丙寅丸に乗船して幕府軍と戦った。後に帰藩し中岡慎太郎の陸援隊に幹部として参加。田中光顕wikiより

 

※岡田は、愛新覚羅奕ケンの影武者として生まれた。岡田以蔵は父と同様に、同時進行で中岡慎太郎や高杉新作を演じ、工作活動に従事した。岡田はまず最初に自分を死んだことにして、その後は中岡や高杉晋作として生きたが、本願寺に狙われていた彼は結局その後、2年しか生きられなかった。

 

第7王女(1840~1845)※画像なし

婉貞/ワンチェン(1841~1896) 西太后の妹

出口なお(1837~1918) 大本教教祖

 

出口なお(以下、『なお』と表記)は、江戸時代末期から明治時代中期の極貧の生活の中で日本神話の高級神「国常立尊」の神憑り現象を起こした。当時、天理教の中山みきなど神憑りが相次いでおり、なおの身に起ったことも日本の伝統的な巫女/シャーマニズムに属する。当初は京都丹波地方の小さな民間宗教教祖にすぎなかったが、カリスマ的指導者・霊能力者である出口王仁三郎を娘婿としたことで、彼女の教団「大本」は全国及び海外に拡大した。出口なおwikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

愛新覚羅奕ケンと婉貞の子

 

戴瀚(1865~1866)
孫文(1866~1925) 辛亥革命指揮者

夏目漱石(1867~1916) 文豪

中村是公(1867~1927)

塚本善五郎(1869~1904) 芥川龍之介養父※画像なし

 

中国の政治家・革命家。初代中華民国臨時大総統。中国国民党総理。「中国革命の父」、中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として、近年「国父」と呼ばれる。孫文wikiより

 

大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(後の東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師として英文学を講じながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり「坊っちゃん」「倫敦塔」などを書く。

その後朝日新聞社に入社し、「虞美人草」「三四郎」などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、「明暗」が絶筆となった。夏目漱石wikiより

 

日本の官僚・実業家・政治家である。南満州鉄道株式会社(満鉄)総裁、鉄道院総裁、東京市長、貴族院議員などを歴任した。 作家・夏目漱石の親友としても知られ、官僚出身らしからぬ豪放磊落な性格で、「べらんめい総裁」「フロックコートを着た猪」「独眼龍」などの異名をとった。 中村是公wikiより

 

※婉貞の子として生まれたものの、一年で早世したとされている戴瀚だが、実際には敵が多いため両親が彼を死んだことにして潜伏させていた。実際には彼は生き延び、孫文として辛亥革命を成功させている。しかし、弟光緒帝の子である毛沢東の中国共産党と対立することとなる。

また、夏目漱石と中村是公は愛新覚羅奕ケンの庶子であり、2人とも日本に於ける孫文の影武者として投入されていた。しかし、漱石も是公も影武者でありながら、その類まれな才能によって自らを影武者の地位から解放し、漱石は文豪として歴史に名を残した。また、是公は漱石の親友としても知られているが興味深いことだ。

ただ、漱石は大谷によって愛新覚羅奕ケンの庶子であることを知られていた。そのため、本願寺は漱石のイギリス留学時もイギリスの西本願寺門主法如と文如の一族と連絡を取り合い、現地の邪教信者に命じて漱石に嫌がらせをしていた。「漱石日記」では、漱石が本願寺の邪教信者たちに嫌がらせをされ、精神的に打ちひしがれていく様子が記録されている。妻の鏡子さん(真宗王国広島出身)も浄土真宗信者であったため、本願寺に指示されれば漱石にイヤガラセをした。漱石曰く「周りの者が狂っているので自分も狂ったフリをしている」笑 いや、笑い事ではないが。

 

光緒帝(1871~18) 清第11代皇帝 在位1875~1908
毛胎昌(1870~1920) 毛沢東の父

 

道光帝の第7子醇親王奕譞の第2子として生まれる。母は西太后の妹である。従兄の同治帝が早世した後に権力保持を狙う伯母の西太后によって擁立された。即位したのは3歳の時であり、実権は西太后が握り垂簾聴政が行われた。当初は東太后や伯父の恭親王奕訢も政権を担ったが、光緒7年(1881年)に東太后が急死、光緒10年(1884年)に恭親王が西太后に失脚させられると西太后が事実上政権の首班になった。光緒帝wikiより

 

※西太后は光緒帝を毒殺したことにして光緒帝と共に湖南省に逃亡した。光緒帝はそこで毛胎昌を称した。毛沢東の父である。毛沢東は、伯父である孫文と争うことになる。

 

名前が無い子(1875)
張作霖(1875~1928)

 

1916年に袁が死去。これを好機と見た張は策略を用いて段を失脚させ、奉天省の支配権を獲得した。さらに勢力を広げ、1919年には黒竜江省・吉林省も含めた東三省全域を勢力圏に置き、「満洲の覇者」として君臨した。彼の率いる勢力は本拠地とした都市の名を採って奉天派と呼ばれ、張は「満洲王」と呼ばれるほどの威勢を誇った。wikiより

 

※愛新覚羅奕ケンと婉貞の子には、名も無く早世した子がいるが、彼は実際には生き延び、長じて張作霖となった。張作霖は、先祖の故地を奪還すべく、満州の王となった。残念ながら、志半ばで本願寺の陰謀により、討たれた。

 

 

戴洸(1880~1884)
井上日召(1886~1967) 血盟団

 

日本の宗教家、政治運動家、テロリスト。 日蓮宗僧侶としていわゆる近代日蓮主義運動の思想的系譜に連なり、戦前の右翼テロリスト集団「血盟団」、戦後の右翼団体「護国団」の指導者を務めた。本名は井上昭。昭の字を分けて日召とす。wikiより

 

※愛新覚羅奕ケンと婉貞の子として生まれながら、4歳で早世したとされている戴洸だが、敵が多いために両親が彼を死んだことにして潜伏させていたのだ。彼は日本に送り出されて無事に成長し、井上日召として、日本を統べる邪教本願寺を壊滅せんと血盟団を組織している。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

愛新覚羅奕ケンの子

 

 

愛新覚羅ツァイフェン(1883~1951)

 

溥儀は清朝滅亡後も皇帝の尊号を保持しつつ紫禁城に住むことを許され、載灃はその後見を続けた。しかし、1932年の満州事変により日本が傀儡国家満州国を成立させ、溥儀をその元首である執政(のち皇帝)に担ぎ出した時には、前途を危ぶんでこれに反対した。その後も溥儀には従わず、もっぱら北京市内の自邸(醇親王府)に居住して、満州国とは最後まで一線を画した。このため、中国が日本との戦争に勝利したあとも溥儀のように漢奸として糾弾されることはなかった。中華人民共和国発足後も引退生活者としての生活が保障され、北京でその生涯を閉じている。wikiより

 

ツァイタオ(1887~1970) ※画像なし

甘粕正彦(1891~1945) 満映所長

 

日本の陸軍軍人。陸軍憲兵大尉時代に甘粕事件を起こしたことで有名。短期の服役後、日本を離れて満州に渡り、関東軍の特務工作を行い、満州国建設に一役買う。満洲映画協会理事長を務め、終戦直後、服毒自殺した。wikiより

 

※甘粕は甘粕事件で知られ、大杉栄を惨殺した犯人とされているが、実際には2人は同じ道光帝の一族であるため、大杉栄が治安警察に狙われていることを受けて甘粕が殺したことにして大杉を逃がしたと考えられる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

愛新覚羅ツァイフェンの子

 


愛新覚羅溥儀(1906~1967) 満州国皇帝

四元義隆(1908~2004) 血盟団※画像なし

三上卓(1905~1971) 血盟団※画像なし

菱沼五郎(1912~1990) 血盟団※画像なし

佐郷屋留雄(1908~1972) 玄洋社系右翼団体愛国社党員※画像なし

 

その後は紫禁城に住むことを許されるものの、北京政変で紫禁城を追われてしまう。さらに当初庇護を受けようとしたイギリスやオランダ公館に庇護を拒否されてしまい、天津の日本租界で日本公館の庇護を受けた。

これ以降の縁で、満州事変以降関東軍の主導で建国された満洲国の執政に就任、満州国軍大元帥や満州国協和会名誉総裁などを兼任し、帝政移行後の大満洲帝国で皇帝に即位した。満州国皇帝としては元号から康徳帝と称されることもある。大東亜戦争における日本の敗戦と、ソビエト連邦軍の侵略を受けた大満洲帝国の崩壊とともに退位した。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

養父塚本善五郎(夏目漱石)の子

 

芥川龍之介(1892~1927) 作家

 

※芥川は、母フクが優性遺伝子ブリーダーによって塚本善五郎(夏目漱石)の子を儲けたと考えられる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

甘粕正彦の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

淀川長治(1909~1998)

 

日本の雑誌編集者、映画解説者、映画評論家。約32年にわたって『日曜洋画劇場テレビ朝日系列)』の解説を務め、人懐こい笑顔の表情で解説を進めていくことで「ヨドチョーさん」「ヨドさん」と呼ばれるほどに多くの視聴者に親しまれてきた。また同番組の解説の締め括りには毎回「それではまた次回をお楽しみに、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」と強調して言う独特の語り口から全国的に有名になり、「サヨナラおじさん」とも呼ばれた。wikiより

 

橋本忍(1918~2018) 脚本家

 

1949年、サラリーマン生活のかたわら、芥川龍之介の短編小説『藪の中』を脚色した作品を書く。社用で上京した際に佐伯に渡していた脚本が、黒澤明の手に渡り映画化を打診される。黒澤から長編化するよう依頼され、芥川の短編小説『羅生門』も加えて加筆。最終的に黒澤が修正して完成させた脚本を基に、翌1950年に黒澤が演出した映画『羅生門』が公開され、橋本忍は脚本家としてデビューした。同作品はヴェネツィア国際映画祭グランプリを受賞するなど高い評価を受けた。1951年に退社して上京し専業脚本家となる。wikiより

 


大島渚(1932~2013) 映画監督

 

京都大学卒業後、1954年(昭和29年)に松竹に入社。大船撮影所で大庭秀雄や野村芳太郎などの元で助監督を務めた。1959年(昭和34年)、長編『愛と希望の街』で映画監督としてデビュー。同作のタイトルは当初『鳩を売る少年』であったが、松竹幹部から「題名が暗くて地味」だと指摘され、妥協案として落差を表した『愛と悲しみの街』という改題を提案したが、公開時には本人の知らないうちに『愛と希望の街』へと変更されていた。

翌1960年(昭和35年)の『青春残酷物語』や『太陽の墓場』といったヒット作により、篠田正浩や吉田喜重とともに松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手として知られるようになった。しかし、自身はそのように呼ばれることを望まなかったという。wikiより

 

※橋本は、黒澤、小津と共に日本の知性として世界中の才人を開眼させ、才能を開花させた。彼らの仕事により、人類の知性は数歩、あゆみを進めた。黒澤明とは同じ道光帝の一族であるため、気が合い、非常にたくさんの優れた仕事を残した。また、池田大作とも同じ道光帝の一族であるため、脚本家として映画「人間革命」の製作に携わった。大島渚は若い頃の橋本によく似ている。兄弟ではなく、親子の可能性もある。

 

藤子不二雄/藤本弘(1933~1996) 漫画家

 

※安孫子氏同様に、藤本氏は人間の内面に肉迫した小品を多く発表し、SF短編集としてまとめている。ドラえもんと同じ絵柄に込められた世の中に蔓延る矛盾の指摘、文明の万能感を嘲笑する強い皮肉は、後味が悪いことも多い。オバケのQ太郎、パーマン、ドラえもんなど、子供向け作品も多く、日本に生まれた子どもなら、のび太、ジャイアン、スネオ、しずかちゃんを知らぬものはいない。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

毛胎昌(光緒帝)の子

 

毛沢東(1893~1976) 中華人民共和国初代国家主席

 

中国共産党の創立党員の1人で、長征、日中戦争を経て党内の指導権を獲得し、1945年より中国共産党中央委員会主席と中央軍事委員会主席を務めた。 日中戦争後の国共内戦では蒋介石率いる中華民国を台湾に追放し、中国大陸に中華人民共和国を建国した。以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあった。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

光緒帝の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 


徳田球一(1894~1953) 日本共産党

 

日本の政治運動家、革命家、弁護士、政治家。衆議院議員(3期)、戦前の非合法政党時代より戦後初期に至るまでの日本共産党の代表的活動家で、戦後初代の書記長を務めた。徳球の愛称で知られる。沖縄県国頭郡名護村(現:沖縄県名護市)出身。wikiより

 


三浦義一(1898~1971) フィクサー

 

日本の右翼。フィクサー。日本銀行総裁・一万田尚登の親戚筋の立場を利用して、戦時中に日本金銀運営会に入り込み、その組織と利権を掌握した。 父の三浦数平(大分県士族)は大分市長、衆議院議員を務めた。wikiより

 


金日成(1912~1994) 北朝鮮民主人民共和国初代国家主席

 

朝鮮の革命家・独立運動家で、北朝鮮の政治家、軍人。満州において抗日パルチザン活動に部隊指揮官として参加し、第二次世界大戦後は朝鮮半島北部に朝鮮民主主義人民共和国を建国した。 以後、死去するまで同国の最高指導者の地位にあり、1948年から1972年までは首相を、1972年から死去するまで国家主席を務めた。また、同国の支配政党である朝鮮労働党の党首(1949年から1966年までは中央委員会委員長、1966年以降は中央委員会総書記)の地位に、結党以来一貫して就いていた。

称号は朝鮮民主主義人民共和国大元帥・朝鮮民主主義人民共和国英雄(3回受章しており「三重英雄」と称される)。 北朝鮮においては「偉大なる首領様」などの尊称の下に神格化され、崇拝されている。彼の死後1998年に改定された憲法では「永遠の主席」とされ、主席制度は事実上廃止された。wikiより

 

※中国、北朝鮮、そして日本の共産党の党首が、みな光緒帝の子だったというのは興味深いことだ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

徳田球一の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

赤塚不二夫(1935~2008) 漫画家

 

※毛沢東の血筋に生まれたためか、赤塚のギャグには政治的なアプローチも散見される。彼が愛新覚羅の一族誕生の地、満州で生まれたのも偶然とはいえない。鳥山明、高橋留美子、吉田戦車、野中英次ら、先駆的ギャグのパイオニアである。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

張作霖の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

アンワル・アッ=サーダート(1918~1981) エジプト大統領

 

1970年9月28日、ナセル大統領が死去すると副大統領として大統領代行を務めることになったサダトは、国民へ大統領の死去を伝えるスピーチを行った。同年10月15日、サダトは正式に大統領に就任する。大統領就任後はナセルの社会主義的経済政策を改めて経済自由化を進めるとともに、イスラーム主義の運動を解禁してエジプトの路線を大きく右旋回させた。

これらの政策に対する反対派は一掃し、国有メディアはそれを革命の矯正と名付けた。さらに1961年にシリアが離脱して以来、連合国家の体をなしていなかったアラブ連合共和国の正式な解体を決断し1971年9月2日、国号をエジプト・アラブ共和国に改めた。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

金日成の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

石田幸四郎(1930~2008) 公明党

 

北海道札幌市生まれ。明治大学商学部を卒業後、聖教新聞広告部に務める。 1967年1月29日、第31回衆議院議員総選挙に旧愛知6区から立候補し、初当選(通算10期)。公明党臨時党大会で公明党副書記長に就任し、19年に渡り務める。 1986年12月、衆参同日選挙後に行われた公明党大会で公明党筆頭副委員長に就任する。wikiより

 


小渕恵三(1937~2000) 内閣総理大臣

 

衆議院議員(12期)、総理府総務長官(第29代)、沖縄開発庁長官(第10代)、内閣官房長官(第49代)、外務大臣(第126代)、内閣総理大臣(第84代)、自由民主党幹事長、自由民主党副総裁、自由民主党総裁(第18代)などを歴任した。wikiより

 


小沢一郎(1942) 自由党党首

 

日本の政治家。自由党所属の衆議院議員(17期)、自由党共同代表。閣僚として、自治大臣(第34代)、国家公安委員会委員長(第44代)を歴任。党務においては、自由民主党幹事長(第26代)、新生党代表幹事(初代)、新進党党首(第2代)、自由党党首(初代)、民主党代表代行、民主党代表(第6代)、民主党幹事長(第9代)、国民の生活が第一代表(初代)、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表(初代)などを歴任した。wikiより

 

※本願寺の悪意により、小渕首相は暗殺され、一方、本願寺のメディアにより小沢氏は汚名を着せられた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

毛沢東の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

金哲柱(1916~1938) 北朝鮮民主人民共和国

金丸信(1914~1996)

 

1916年、平安南道大同郡で金亨稷と康盤石の次男として誕生。1926年に、小学校に通う際、革命組織であるセナル少年同盟(朝鮮少年団の前身)のメンバーとなり、新聞『セナル』の発行に参加。1930年代初頭に、抗日遊撃隊に入隊。1935年、延吉の石人溝付近において、日本軍との戦闘により死亡。金哲柱wikiより

 

衆議院議員(12期)、防衛庁長官(第35代)、副総理(民間活力導入担当)、建設大臣(第34代)、自由民主党国会対策委員長、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党副総裁(第9代)などを歴任。金丸信wikiより

 

※金日成の弟である金哲柱は、日本軍との交戦中19歳で死んだことにし、極秘に日本に渡ったと考えられる。日本に腰を落ち着けた彼は、金丸信として生きた。金丸信は、1990年に金日成と会談しているが、興味深いことだ。ただ、本願寺に正体を見破られていたため、金丸は病気にさせられて暗殺された。

 


金英柱(1920) 北朝鮮民主人民共和国

 

金英柱が生まれた1920年、一家は南満州に移住したため、金英柱は満州で育った。 成長した金英柱は、関東軍の通訳として働いた。1937年6月4日に朝鮮の咸鏡南道甲山郡が匪賊に襲撃される事件(普天堡の戦い)が発生した。満州国の朝鮮人治安関係者が調査をした結果、「襲撃事件の首謀者金日成は、諱を金成柱といい、関東軍の通訳として働いている金英柱の実兄である」との証言を得た。金英柱は協力を求められ、祖母の李寶益と共に、日本・満州国側に投降するよう金日成に呼びかけている。wikiより

 


金正日(1941~2011) 北朝鮮民主人民共和国第2代国家主席

 

北朝鮮を建国した金日成の長男であり、同国の最高指導者の地位を父より継承した。権力継承後、死去するまで朝鮮労働党中央委員会総書記、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮労働党政治局常務委員を務めた。

称号は朝鮮民主主義人民共和国元帥、朝鮮民主主義人民共和国英雄(三回受章しており「三重英雄」と称される)。死後、朝鮮民主主義人民共和国大元帥の称号を追贈された。wikiより

 

※金正日は存命中に映画「男はつらいよ」が好きだと述べていた。それは、映画自体がおもしろいということもあるが、渥美清が同じ道光帝の一族でもあったため、余計親しみが沸くということだろう。小泉首相の金正日との対談は、道光帝の一族と本願寺の一族の対決であった。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

石田幸四郎の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

管直人(1946) 内閣総理大臣

 

立憲民主党所属の衆議院議員(13期)、国のかたち研究会設立者・会長、立憲民主党最高顧問。 厚生大臣(第85代)、副総理(鳩山内閣)、財務大臣(第13代)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策、経済財政政策)、内閣総理大臣(第94代)、旧民主党代表、民主党代表(初代・第3代、第8代)、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。中選挙区制時代の選挙区は旧東京7区、小選挙区比例代表並立制導入後は東京18区および比例東京ブロック。wikiより

 


野田佳彦(1957) 内閣総理大臣

 

千葉県議会議員(2期)、財務副大臣(鳩山由紀夫内閣)、財務大臣(第14代)、内閣総理大臣(第95代)、民主党国会対策委員長(第7代・第10代)、民主党幹事長代理、民主党代表(第9代)、民主党最高顧問、民進党幹事長(第2代)などを歴任。wikiより

 

※本願寺は彼らが光緒帝の一族であることを優性遺伝子ブリーダーから聞き出して知り、民主党政権を倒し、安部政権を誕生させるために311を準備した。それ以来、安部政権は日本近海で核実験を繰り返しているが、そのたびに、TVで地震速報が流れている。だいたい震度3。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

孫文の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジャッキー・チェン(1954) 俳優・映画監督

 

恵まれた身体能力を活かして、暗い復讐劇が多かったカンフー・アクション映画の世界に、ハロルド・ロイドやバスター・キートンなどのコメディ映画の要素を取り入れた、コミカルで明るい作風のカンフー映画を送り込み、一躍アジア圏で有名になる。その後ハリウッドにも進出し数多くの映画に主役として出演。60歳を越えた2017年現在でも自らアクションスタントをこなすことで知られる。代表作は『プロジェクトA』など多数。wikiより

 

※ジャッキー・チェンは若い頃の孫文に似ている。ところで、筆者が高校生の頃、ジャッキーは女子に大人気だったが、それに反発していたのか、男子は大体「おれはブルース・リーの方が好きだ」と言っていたものだ。しかし、ジャッキーの監督作は非常に練られており、本場ハリウッドが失ったもの、往年のハリウッドの「質」を継承していた。

ジャッキーのアクション演技も、実際には単なるアクションではなく、往年のチャップリン、キートン、ハロルド・ロイドのスラップスティック精神を正しく継承している。チャップリン、キートン、ロイドのやっていたことはジャッキーが80年代に追求していたアクション、そのものである。チャップリンたちはギャグの追及のあまり、一方ではスタントやアクションの分野に足を踏み入れていた。それを継承できたのはアメリカ人ではなく、当然、香港のジャッキー、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーなどカンフーを極めた人たちだった。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

井上日召の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

麻原彰晃(1955~2018) オウム真理教

 

熊本県出身の日本の宗教家、テロリスト。宗教団体オウム真理教の元代表・教祖。日本で唯一の「最終解脱者」を自称していた。宗教的な概念を自らに対して都合良く曲解して殺人を肯定し、自らの信者を利用して国家転覆を最終目標とする一連のオウム事件を起こし、1995年(平成7年)5月16日に地下鉄サリン事件の首謀者として逮捕された。

逮捕されてからは、死刑を免れるために心神喪失状態を装っていた。1996年(平成8年)3月27日に警視庁本庁舎から東京拘置所に移送され、2006年(平成18年)に死刑確定、2018年(平成30年)7月6日に死刑が執行された。死刑執行の直前に通される教誨室では誰に対しても終始無反応であったが、遺体の引取先を聞かれた際、「四女」とだけ言い遺した。wikiより

 

※上のwikiの情報はすべてフェイクではないか?とにかく、麻原は本願寺に最初からロックオンされていた。これは、優性遺伝子ブリーダーが守秘義務を意図的に怠り、本願寺に道光帝の一族の情報をすべて横流ししていたことに起因する。

麻原が実力を発揮し、オウム真理教を設立すると、本願寺はすぐさま上祐と村井をスパイとして派遣、潜入させた。荒木村重や明智光秀を信長の周囲に配置したのと同様に、上祐と村井は麻原のすぐそばに配置された。麻原は処刑されたその日が来るまで、上祐と村井が本願寺の一族だと知りえたことが、一瞬でもあっただろうか?

 

ーーーーーーーーーーーー

 

金正日の子

 

金正恩(1984) 北朝鮮民主人民共和国第3代国家主席

 

北朝鮮の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者金正日総書記の三男で後継者。父の死により最高指導者の地位を継承した。現在、朝鮮労働党委員長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官を務める。党内序列は第1位。軍事称号(階級)は朝鮮民主主義人民共和国元帥。wikiより

 

※上の写真は若い頃の毛沢東である。金委員長は、若い頃の毛沢東にそっくりであるが、これは、彼が毛沢東の孫だからだろう。髪型のテイストも同じである。

 

 

 


奥付


ダヴィデの一族 良い顔 写真集


http://p.booklog.jp/book/124616


著者 : 大本正 (C)masahiro taguchi 2018
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/danejin/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/124616



電子書籍プラットフォーム : パブー(http://p.booklog.jp/)
運営会社:株式会社トゥ・ディファクト



この本の内容は以上です。


読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について