目次
目次
まえがき
地球の王~獣人ビッグフット、全能神ゼウス、宇宙人、天狗、巨石建造(ピラミッド派、マウンド派)の種族、ダヴィデ王、善神デーヴァ
ギュゲスの一族~ローマ執政官、ペルシア皇帝、アレキサンダー大王、秦始皇帝、セレウコス朝、プトレマイオス朝、匈奴、ローマ皇帝
ユリウス・カエサルの一族〜初代ローマ皇帝アウグストゥス、諸葛氏、高句麗、ブルガリア帝国、リトアニア大公国、明、李氏朝鮮、マイソール王国、太平天国、サムスン・グループ
イエス・キリストの一族~クレオパトラ7世、洗礼者ヨハネ、イエス・キリスト、十二使徒、初代ローマ教皇ペトロ、ブリトン王国、ベネディクト会、カンタベリー大主教、ジャン・カルヴァン、ブルボン朝フランス王国
マホメットの一族~イスラム帝国、シーア派イマーム、アッバース朝、セルジューク・トルコ帝国、ハプスブルグ家、エステ家、オーストリア=ハンガリー帝国、バアス党
アラリックの一族~西ゴート王国、南朝宋、シャルルマーニュ大帝、イングランド王国、キエフ公国、ポーランド王国、ノルマンディー公国、モンゴル帝国、カーカティヤ朝、甲賀忍者、エチオピア帝国、チムール帝国
シャルルマーニュ大帝の一族~ビザンツ帝国、後蜀、ロタリンギア王国、ハンガリー王国、カスティーリャ王国、セルビア王国、チェコ共和国、ハンガリー共和国
オスマン1世の一族~北元、イヴァン雷帝、シク教国、スペイン無敵艦隊、ロシア帝国、サルディーニャ王国、ハプスブルグ朝オーストリア帝国、リンカーン大統領、宰相ビスマルク、怪僧ラスプーチン
ソロモン1世の一族~ズールー帝国、ケニア共和国、チャック・ベリー、アース・ウィンド&ファイア、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ、エディ・マーフィー
イヴァン1世の一族~フス派、ボヘミア王国、雑賀衆、鈴木孫一、ロシア正教会モスクワ総主教、ヘーチマン国家、アフガニスタン王国、救済同盟、ナロードニキ運動、スタジオ・ジブリ、押井守
ヴィスコンティ家の一族~ヴィスコンティ家、クリストファー・コロンブス、アメリゴ・ベスブッチ、ヴァスコ・ダ・ガマ、イエズス会、フランシスコ・ザビエル、ローマ教皇フランシス
フリードリヒ1世の一族~サファヴィー朝、グリュックスブルグ朝デンマーク王国、プロイセン帝国、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ、レーニン、チェ・ゲバラ、ホメイニ師、メドベージェフ首相
イヴァン大帝の一族~チューダー朝イングランド王国、宗教革命、ブルボン朝フランス王国、西郷氏、東郷氏、清教徒革命、ジャン=ジャック・ルソー、フランス革命、サウジアラビア王国
バーブルの一族~ムガール帝国、ムハンマド・アリー朝、エジプト共和国、チャールズ・チャップリン、サルバドール・ダリ、ハロルド・ピンター、ボブ・ディラン、デヴィッド・ボウイ、プリンス
マクシミリアン1世(ハプスブルグ家)の一族~バイエルン王国、交響曲の父ハイドン、サド侯爵、文豪ゲーテ、楽聖モーツァルト、KKK、ヘミングウェイ、太宰治、三島由紀夫、ピンク・フロイド、トランプ大統領
オリバー・クロムウェルの一族~大英帝国、アメリカ合衆国、エドガー・アラン・ポー、デ・キリコ、ロベール・ブレッソン、オーソン・ウェルズ、ザ・ビートルズ、モンティ・パイソン、レッド・ツェッペリン
宇佐美定満の一族~蘆名盛氏、柴田勝家、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、徳川家光、伊達政宗、水戸光圀、乾隆帝、阮朝ベトナム帝国
蘆名盛氏の一族~高山右近、千利休、黒田官兵衛、有馬晴信、宮本武蔵、天草四郎、鄭成功、ヌルハチ、愛新覚羅家
ピヨートル大帝の一族~ナポレオン皇帝、モルモン教、ザンジバル帝国、ルーズベルト大統領、ケネディ大統領、ザ・ドアーズ、プーチン大統領、ウィキリークス、ニルヴァーナ、Qアノン
乾隆帝の一族~マイソール王国、宝暦事件、トンブリー朝タイ王国、詩聖タゴール、マハトマ・ガンディー、ジャワハルラール・ネルー
嘉慶帝の一族~道光帝、曽国藩、胡林翼、李鴻章、西郷隆盛、吉田松陰、西太后、大本教、中江兆民、ジャン・コクトー、ミケランジェロ・アントニオーニ、ジェームズ・ディーン、つげ義春
曽国藩の一族~東郷平八郎、乃木希典、児玉源太郎、袁世凱、黄金栄、蒋介石、小津安二郎、手塚治虫、ジャン・クロード=カリエル、ヴェルナー・ヘルツォーク
胡林翼の一族~山口春吉、北一輝、大杉栄、鄧小平、ルイス・ブニュエル、サルトル、マルグリット・デュラス、池田大作、キューブリック、ゲンズブール、宮崎駿、セックス・ピストルズ、マイケル・ジャクソン
李鴻章の一族~勝海舟、福沢諭吉、坂本龍馬、張嘯林、杜月笙、黒澤明、田中角栄、習近平国家主席、マーティン・ルーサー・キングJr、ドゥテルテ大統領、マルコムX、青島幸男、橋本龍太郎
同治帝の一族~西太后、犬養毅、頭山満、義和団の乱、幸徳秋水、文鮮明、大山倍達、田岡一雄、高畑勲、安孫子素雄、梶原一騎、アントニオ猪木、鳥山明、高田延彦、秋元康
光緒帝の一族~孫文、夏目漱石、張作霖、甘粕正彦、橋本忍、毛沢東、徳田球一、金日成、小沢一郎、金丸信、藤本弘、金正日、赤塚不二夫、ジャッキー・チェン、金正恩委員長
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

11 / 29ページ

ソロモン1世の一族~ズールー帝国、ケニア共和国、チャック・ベリー、アース・ウィンド&ファイア、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ、エディ・マーフィー

 

アヤチの子

 

エブゲン(?~?)
ソロモン1世(?~1294) エチオピア皇帝 在位1285~1294

 

アムラクの死後、2代目皇帝としてソロモン1が即位したが、その治世は不安定であったとされる。その後、後継者争いが勃発して国は乱れたが、アムラクの孫のアムダ・セヨン1世が帝位に就くことで政治的混乱は収束した。ソロモン1世wikiより

 

※アヤチの子、エブゲンがソロモン1世としてエチオピア皇帝に即位した。ソロモンの由来は古代モンゴルを支配したソロモン王である。ソロモンを名乗ることでモンゴルから来たことを暗に示している。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アヤチの子

 

ブヤン・テムル(?~1377)
アムダ・セヨン1世(?~?) エチオピア皇帝 在位1314~1344

 

ーーーーーーーーーーーー

 

Egwale Seyon(17??~1818) エチオピア皇帝 在位1801~1818※画像なし
シャカ・ズールー(1787~1828) ズールー帝国初代王 在位1816~1828

 

南部アフリカの一部族であったズールー族を南アフリカの大半の部分を支配する一大国家へと導いた指導者である。彼の軍事力と戦略、敵を殲滅し生存者を部族に同化させていく力量は、ズールー族の中でも抜きん出たものがあった。 シャカ・ズールーwikiより

 

※エチオピア皇帝Egwaleは、皇帝を務めながらシャカとしてズールー王国を統治し、大英帝国とズールー戦争を戦った。ズールー族は、近代兵器を装備した大英帝国軍に槍で立ち向かったが、力のある彼らは大英帝国軍をてこずらせた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

メネリク2世(1844~1913) エチオピア皇帝

 

ショアの王(ネグ)のハイレ・マラコトの子として生まれ、王位を継承。エチオピア中興の祖である皇帝テオドロス2世がショアを攻撃した際に捕虜とされたが、かえってテオドロスに可愛がられ、このことが自身に大きな影響を与えた。後にヨハンネス4世の跡を継いで皇帝に即位した。

第一次エチオピア戦争においてイタリア王国を破り、列強にエチオピアの独立を承認させた。これは、当時のアフリカ大陸の諸王国の中で唯一独立を保つことが出来た事例として有名となった。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アレメイエヒュ(1861~1879) テオドロス2世の子

ハブテ・ギヨルギス・ディナグデ(1851~1927) エチオピア初代首相※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーー

 

メネリク2世の子

 

Wossen Seged(生没年不詳)

アレクサンダー・バスタマンテ(1884~1977) ジャマイカ初代首相

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ハイレ・セラシェ1世(1892~1975) エチオピア帝国最後の皇帝

マコネン・エンデルカチュー(1890~1963) エチオピア第4代首相※画像なし

 

ザウディトゥの死後、1930年4月にエチオピア帝国皇帝に即位し、同年11月2日に戴冠式が行われた。1931年7月16日に大日本帝国憲法を範とし、7章55条から成るエチオピア帝国初の成文憲法たる「エチオピア1931年憲法」を制定した。しかしながら、実態は絶対主義的な欽定憲法であり、社会体制そのものの改革には手をつけず、ガバルと呼ばれる小作地制度も温存された。

1934年の「ワルワル事件」を経て1935年10月3日にファシスト党のベニート・ムッソリーニ率いるイタリア王国が「アドワの報復」を掲げてエチオピアに進攻、第二次エチオピア戦争が勃発した。翌1936年3月のマイチァウの戦いでイタリア軍は毒ガスを用いて帝国親衛隊を含むエチオピア軍を壊滅させる。その後、皇帝ハイレ・セラシエ1世は5月2日に鉄道でジブチに向かい、ジブチを経由してイギリスのロンドンに亡命した。その間首都アディスアベバは5月5日に陥落した。

1936年から1941年までのエチオピアはイタリア領東アフリカ帝国としてファシスト・イタリアに統治された。1939年の第二次世界大戦勃発後、東アフリカ戦線 (第二次世界大戦)にて枢軸国のイタリア軍と連合国のイギリス軍の激戦を経て、1941年にエチオピアはイギリス軍に解放され、5月5日に皇帝ハイレ・セラシエ1世は凱旋帰国した。 wikiより

 

※さすがにオスマントルコ皇帝の一族だけあり、西本願寺門主大谷光尊の血を継ぐムッソリーニを退けている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

エチオピア皇帝メネリク2世の外孫

 

イヤス5世(1895~1935) エチオピア皇帝
ジョモ・ケニヤッタ(1893~1978) ケニア共和国初代大統領

ノーマン・マンリー(1893~1969) ジャマイカ第2代首相※画像なし

 

メネリク2世の外孫で生前には可愛がられ、1907年には後継者として指名される。1913年に皇帝に即位するがキリスト教の儀式を行うことを拒み戴冠せず、父のミカエルを王に任命してエチオピア北部の実力者にした。熱心なイスラム教徒だったためエチオピア正教会を圧迫し、外交面では第一次世界大戦でイギリスおよびイタリアと敵対していたオスマン帝国と同盟し、ソマリアで反乱を起こしていたサイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンに協力しようとした。 イヤス5世wikiより

 

1952年にマウマウ団の乱に関係したとされ、またその一味であったとされ逮捕された。裁判官や通訳者などが不当にケニヤッタを扱ったとされる裁判は5ヶ月に及び、結果として7年間の重度労役処分とされたが、ケニア北西の辺境地ロドワーに移送され保護監察下での執行猶予処置とされた。現在の研究でも、彼とマウマウとの関係はあったとされているが、他の説を唱える研究もある。結果的に1959年まで刑務所で過ごすこととなった。

1963年にケニアが独立すると初代首相となり、1年後に大統領制に移行するとそのまま大統領となった。大統領としてのケニヤッタは一貫して西側寄りの資本主義体制を堅持し、外資を積極導入し西側寄りの政策を取った。このためケニア経済は発展し、東アフリカの地域大国となっていった。一方で国内では独裁政治を行い、1969年には完全に与党ケニア・アフリカ民族同盟(KANU)による一党制を敷くこととなった。また、自らの出身民族であり、ケニア最大民族でもあるキクユ人の優遇を行い、後の民族対立の発端となった。ジョモ・ケニヤッタwikiより

 

※エチオピア皇帝イヤス5世は、ジョモ・ケニヤッタとしてケニアを独立に導いた。その後、イヤス5世は40歳で死んだことにし、最後の43年間をジョモ・ケニヤッタとして生きた。初老のケニヤッタは、メネリク2世の初老時とそっくりである。上記の通り、才能のある人間、良い人間は、本願寺が掌握する国家機関やインフラ面で不遇を強いられている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ハイレ・セラシェ1世の子

 

Mekonnen Haile Selassie(1924~1957)

チャック・ベリー(1926~2017)

 

Sahle Selassie(1932~1962)

サム・クック(1931~1964)

リトル・リチャード(1932)

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ハイレ・セラシェ1世の孫

 

Paul Wossen Seged(生没年不詳)※画像なし

ウィルソン・ピケット(1941~2006)

モーリス・ホワイト(1941~2016) アース・ウィンド&ファイア

リチャード・プライアー(1940~2005)

 

Mikael(生没年不詳)※画像なし

ピーター・トッシュ(1944~1987)

 

ジャマイカのレゲエミュージシャン。同国のバンド、ウェイラーズの一員として活躍した後、ソロ・ミュージシャンとしても成功を収めた。また、ラスタファリ運動の先駆者としても知られる。 wikiより

 

Dawit(生没年不詳)※画像なし

ボブ・マーリー(1945~1981)

 

ジャマイカのレゲエミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。 wikiより

 

Beede Mariam(生没年不詳)※画像なし

バニー・ウェイラー(1947)

 

レゲエ音楽家、ラスタマン。ボブ・マーリー、ピーター・トッシュらと活躍したザ・ウェイラーズのオリジナルメンバーである。 wikiより

 

※ハイレ・セラシェ1世は、チャーチル率いるイギリス軍がムッソリーニを退けたおかげで、イギリスに親近感を持ったと考えられる。彼はイギリス領のジャマイカに子を儲けた。その子供たちがレゲエを始めた。レゲエは世界中のミュージシャンに影響を与えた。本願寺はマーリーがエチオピア皇帝の血を継いでいることを優性遺伝子ブリーダーに聞いて知ったため、これ以上勢力伸張することを阻止するためにマーリーやトッシュを暗殺した。

 

Ermias Sahle Selassie(1960)

ウフル・ケニヤッタ(1961) ケニア第4代大統領

エディー・マーフィー(1961)

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ジギー・マーリー(1968) ジギー・マーリー&ザ・メロディメイカーズ

ガーネット・シルク(1966~1994)

 

※ガーネット・シルクはどちらかといえばピーター・トッシュに似ている。ガーネットはマーリーの影武者として生まれた可能性がある。なぜか殺害されてしまった。

 

 

 


イヴァン1世の一族~フス派、ボヘミア王国、雑賀衆、鈴木孫一、ロシア正教会モスクワ総主教、ヘーチマン国家、アフガニスタン王国、救済同盟、ナロードニキ運動、スタジオ・ジブリ、押井守

 

 

アスタイ(?~1282)※画像なし

アヤチ(?~1324) クビライの子※画像なし
イクノ・アムラク(?~1285) エチオピア帝国ソロモン朝初代皇帝 在位1270~1285
オスマン1世(1258~1326) オスマントルコ帝国初代皇帝 在位1299~1326
イヴァン1世(?~1340) モスクワ大公 在位1325~1340

 

『集史』によると、アヤチの母親はモンゴル帝国建国の功臣であるボロクルの娘フシュチン(هوشیجینHūshījīn)であったという。フシュチンはクビライの妃(ハトゥン)たちの中では比較的身分が低く、フシュチンより生まれたアヤチとココチュはクビライの諸子の中でも扱いの低い存在であった。

アヤチの生年は不明であるが、至元9年(1272年)にはクビライより馬を下賜されたことが記録されている。しかし他の兄弟(嫡出の3子、フゲチとアウルクチ)が次々と王号を与えられ各地の統治に携わるのに対し、アヤチは10年近く何の王号も与えられておらずその事蹟は不明である。アヤチwikiより

 

エチオピアを支配したソロモン朝の創始者で、一時中断するものの1975年まで続くエチオピア帝国の初代皇帝(在位:1270年 - 1285年)。その先祖をたどるとアクスム王国の最後の王デイルナードに繋がるとされている。 イクノ・アムラクwikiより

 

1299年、カラ・スーの河谷を占領したのち、イェニシェヒルを占領した。ここで首都となるべき町を手に入れたオスマンはルーム・セルジューク朝から独立を宣言してオスマン帝国を築き上げたのである。

1301年、オスマン1世は領土拡大のためビザンツ帝国との戦い、コユンヒサルの戦いでこれを破り、帝国の基礎と次代の繁栄を築き上げた。 オスマン1世wikiより

 

イヴァン・カリタはキプチャク・ハン国に忠誠を誓い、キプチャク・ハン国の徴税人となってモスクワを裕福にした。彼が「カリター」とあだ名されるのはこの事実による。その財産を使って周辺の諸公国内部に所領を増やし、その結果、それらの公国は実質的にモスクワの支配下に入った(ベロオーゼロ公国、ガーリチ公国、ウグリチ公国、コストロマー公国)。また、キプチャク・ハンの同意を得て、息子セミョーンに大公位を相続させて以来、モスクワは北東ルーシ地方の諸公国のなかで領袖的地位を得た。イヴァン1世wikiより

 

※モンケの子アスタイはフビライの子アヤチに変身し、対立を機にモンゴルを離れた。彼は、エチオピア帝国を築き、オスマントルコ帝国を築き、モスクワ大公を務めて82歳で死去した。こういう場合、実際には庶子を登用した影武者の死んだ日が含まれている。イヴァン1世の死んだ日が、アヤチが起用した最後の影武者が死んだ日である。これこそが真の皇帝である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ドミートリー・ドンスコイ(1350~1389) モスクワ大公 在位1359~1389

 

ヴァシーリー1世(1371~1425) モスクワ大公 在位1389~1425
ヤン・フス(1369~1415)
ヤン・ジシュカ(1374~1424)

 

モスクワ大公。ドミトリイ・ドンスコイと公妃エフドキヤの長男。息子には ヴァシーリー2世がいる。弟には、後に一時的にモスクワ大公位に就くガーリチ公ユーリー、そしてモジャイスク公アンドレイ、ドミトロフ公ピョートル、コンスタンチンがいる。 ヴァシーリー1世wikiより

 

チェコ出身の宗教思想家、宗教改革者。ジョン・ウィクリフの考えをもとに宗教運動に着手し、ボヘミア王の支持のもとで反教権的な言説を説き、贖宥状を批判し、聖書だけを信仰の根拠とし、プロテスタント運動の先駆者となった。カトリック教会はフスを1411年に破門し、コンスタンツ公会議によって有罪とされた。その後、世俗の勢力に引き渡され、杭にかけられて火刑に処された。 ヤン・フスwikiより

 

1420年、迫害を逃れてきたフス派の民衆をボヘミア南部の山中に集めて城塞都市ターボルを建設し、フス派の中でも急進派といわれたターボル派を結成した。ジシュカが作り出したターボル派の軍は、信仰に基づく厳格な軍紀とマスケット銃や戦車などの新兵器によって無類の強さを発揮し、ジギスムントの神聖ローマ帝国軍やフス派撲滅のための十字軍も、ジシュカの前に何度も大敗を喫した。ヤン・ジシュカ wikiより

 

※ヴァーシーリー1世は邪教カトリックから民衆を解放するためヤン・フスとなり、フス派を築いた。フスの由来はヴァーシーリーである。ヴァーシーリー1世は庶子を投入した影武者部隊を指揮し、ロシアは影武者に一任して、自分は邪教が率いる十字軍と戦った。やがて影武者が処刑されると、フスはヤン・ジシュカを名乗り、フス戦争を指揮する。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヴァシーリー1世の子

 

ヴァシーリー2世(1415~1462) モスクワ大公 在位1425~1462

イジー・ス・ポジェブラト(1420~1471) フス派のボヘミア王

 

イジーはボヘミアの貴族ヴィクトリン・ス・クンシュタート・ア・ポジェブラトの息子として生まれた。父はフス戦争を起こしたフス派のうち、穏健派であるウトラキストの指導者の1人だった。14歳の時、イジーはフス派内の急進派であるターボル派の没落を招いたリパニーの戦いに参加した。成人したイジーはフス派の指導者の1人として、神聖ローマ皇帝ジギスムントからボヘミア、ハンガリー、ローマ王位を引き継いだ婿のアルブレヒト2世の率いるオーストリアの軍勢に勝利した。イジーはすぐにフス派内で頭角をあらわし、プタテク・ス・ピルクシュテインの死後はその頭領となった。 wikiより

 

フレデリック(1453~1458) イジー・ス・ポジェブラト子※画像なし

ウラースロー2世(1456~1516) ボヘミア王 在位1471~1516

 

ヤギェウォ家のポーランド王カジミェシュ4世と王妃エルジュビェタ(エリーザベト)の長男ヴワディスワフとして生まれる。ヤン1世、アレクサンデル、ジグムント1世の3代のポーランド王はいずれも弟である。 wikiより

 

イヴァン4世(1467~1500) ヴァシーリー2世孫※画像なし
ヤン1世(1459~1501) ポーランド王 在位1492~1501

アレクサンデル(1461~1506) ポーランド王 在位1501~1506

 

ヤン・オルブラフトはポーランド王太子として、コペルズティンの戦い(1487年)でタタールに対し華々しい勝利を収めた。1490年、ハンガリーの貴族階級はラコーシュの議会においてヤンをハンガリー王と宣言したが、この決定は兄のボヘミア王ウラースロー2世によって退けられ、ウラースロー2世がハンガリー王に即位した。ヤン1世wikiより

 


ジグムント1世(1467~1548) ポーランド王 在位1506~1548

 

カジミェシュ4世と、ローマ王アルブレヒト2世の娘エリーザベトの間に生まれ、兄のヤン1世、アレクサンデルに続いてポーランド王位に就いた。長兄ウラースロー2世は母親の血統からハンガリー王及びボヘミア王となった。wikiより

 

※ヤン・フスの子孫が、フス派の王としてボヘミア王国、ポーランド王国を統治した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ボヘミア王ウラースロー2世の子

 

ラヨシュ2世(1506~1526) ハンガリー王 在位1516~1526
鈴木孫一(1534~1589) 雑賀衆

イオフ(?~1607) 初代モスクワ総主教 在位1589~1605

 

1516年、父の後を受けてハンガリーとボヘミアの王として即位する。しかし若年のために国内の統率が困難となり、それが災いして1526年、オスマン帝国のスレイマン1世(大帝)が率いるオスマン軍との戦い(モハーチの戦い)で、20歳の若さで敗死した。これによりハンガリーの大部分は、オスマン帝国に奪われた(オスマン帝国領ハンガリー)。野心家であったといわれるが、多くは成し遂げられることはなかった。ラヨシュ2世wikiより

 

石山合戦において雑賀衆を率いて石山本願寺へ入り、織田信長の軍勢を苦しめた。その後、豊臣秀吉に鉄砲大将として仕え、関ヶ原の戦い(伏見城の戦い)では西軍本隊に属して、鳥居元忠を討ち取る活躍を見せる。戦後、浪人を経て水戸藩に仕官した。鈴木孫一wikiより

 

※ラヨシュ2世は、ヤノシュを連れて日本にまで逃亡し、1534年に到着した。彼は、日本到着の年を鈴木孫一生誕年と定めた。孫一らは雑賀衆を結成して銃器を得意とした戦法で本願寺に味方した。鈴木の由来はジシュカである。鈴木孫一らが邪教に味方したのは、孫一の正体であるラヨシュ2世がスレイマン1世に敗北したことが原因だろう。孫一は、織田信長がスレイマン1世(宇佐美定満)の子だということを知っていたのだ。

その後、孫一は1589年に55歳で死んだことにし、ロシア帝国に向かった(ラヨシュ2世から数えると83歳となる)。同年、孫一はイオフに変身し、ロシア帝国で初代モスクワ総主教に就任した。ラヨシュ2世から数えると、彼は101歳まで生きたことになる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ラヨシュ2世の子

 

ヤノシュ・ワス(1521~1580) 
土橋守重(?~1582) 雑賀衆

 

本能寺の変が発生すると、織田氏の支援を受けられなくなった鈴木氏は長宗我部氏・根来衆らの支援を受けた土橋勢に反撃されて紀伊を追われ、小牧・長久手の戦いを経て、天正13年(1585年)の秀吉による紀州征伐まで土橋氏が雑賀衆の主導権を握ることとなる。wikiより

 

※土橋の名の由来は、ジシュカとフスの組み合わせである。ジシュカ+フス=ジシュ+フシ=ツチ+ハシ=土橋となる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

鈴木重次(1598~1664) 鈴木孫一次男※画像なし

ボフダン・フメリニツキー(1595~1657) ウクライナ・コサック最高指導者初代ヘーチマン

 

クィルィーロ・ロズモーウシクィイ(1728~1803) ウクライナ・コサック最高指導者第21代ヘーチマン

アフマド・シャー・ドゥッラーニー(1722~1772) ドゥッラーニー朝初代君主 在位1747~1772

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ティムール・シャーの子

 

マフムード・シャー(1769~1829) ドゥッラーニー朝第4代君主 在位1801~1803※画像なし

イヴァン・ペステル(1765~1843)※画像なし

イヴァン・コトリャレーウシキー(1769~1838) ウクライナ作家

 

シュジャー・シャー(1785~1842) ドゥッラーニー朝第5代君主 在位1803~1809

ミヒャエル・ルーニン(1787~1845) 救済同盟デカブリスト

セルゲイ・ペトロヴィッチ・トルベツコイ(1790~1860) 救済同盟デカブリスト

パーヴェル・ペステリ(1793~1826) 救済同盟デカブリスト

ドースト・モハマド・ハーン(1793~1863) バーラクザイ朝初代アミール

コンドラチイ・ルイレーエフ(1795~1826) 救済同盟デカブリスト※画像なし

セルゲイ・ムラヴィヨフ=アポストル(1796~1826) 救済同盟デカブリスト

ニキータ・ムラヴィヨフ(1796~1843) 救済同盟デカブリスト

ピョートル・カホフスキー(1797~1826) 救済同盟デカブリスト※画像なし

イヴァン・プーシキン(1798~1859) 救済同盟デカブリスト

ミハイル・パヴロヴィチ・ベストゥージェフ=リューミン(1801~1826) 救済同盟デカブリスト※画像なし

 

※デカブリストは、西本願寺門主寂如の一族に汚染されたロシア帝国を奪還するために結成された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ドースト・モハマド・ハーンの子(名前不詳の息子27人)

 

ムハンマド・アフザル・ハーン(1811~1867) バーラクザイ朝第4代アミール

ピエール・ジョゼフ・プルードン(1809~1865) 無政府主義思想

ミハイル・バクーニン(1814~1876) アナーキスト

カール・マルクス(1818~1883) 共産主義思想

イヴァン・ツルゲーネフ(1818~1883) 作家

 

シール・アリー・ハーン(1825~1879) バーラクザイ朝第3代アミール

ニコライ・チェルヌイシェフスキー(1828~1889) ナロードニキ指導者

レフ・トルストイ(1828~1910) 作家

フリードリヒ・エンゲルス(1820~1895) 労働運動指導者

ピョートル・ラヴロフ(1823~1900) ナロードニキ理論家

フョードル・ドストエフスキー(1821~1881) 作家

 

名前不詳の息子27人のうちのひとり

モデスト・ムソルグスキー(1839~1881) 作曲家

ピョートル・チャイコフスキー(1840~1893) 作曲家

ニコライ・ミハイロフスキー(1842~1904) ナロードニキ理論家

鈴木岩治郎(1837~1894) 鈴木商店創業者

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

シール・アリー・ハーンの子

 

ムハンマド・ヤアクーブ・ハーン(1849~1923) バーラクザイ朝第6代アミール

セルゲイ・ネチャーエフ(1847~1882) 人民の裁き指導者

パーヴェル・アクセリロード(1850~1928) 社会主義者

ニコライ・チャイコフスキー(1851~1926) チャイコフスキー団指導者

マルク・ナタンソン(1851~1919) 土地と自由指導者

 

※ナロードニキ運動は、西本願寺門主寂如の一族に汚染されたロシア帝国を奪還するために結成された。ナロードニキ運動がロシア革命成功の下地を準備した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ティーホン(1865~1925) モスクワ総主教

アントン・チェーホフ(1860~1904) 作家

久原房之助(1869~1965) 久原財閥創業者

 

※西本願寺門主寂如の一族が運営するロシア帝国によってモスクワ総主教の座は一時廃止されたが、ティーホン総主教の時代に再開された。久原はティーホンの影武者として生まれたが、日本に移住して久原財閥を起こした。久原(くばら)の由来はカブールである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・ダーウード(1909~1978) アフガニスタン共和国初代大統領

ファビアン・ドロン(1904~1977) アラン・ドロン父

 

※東本願寺門主巧如の一族に属するザーヒル・シャーによって家族が惨殺された。悲劇の英雄。彼は影武者用に多くの庶子を儲けていた。また、ファビアン・ドロンとしてフランスに行き、俳優アラン・ドロンを儲けている。

 

アラン・ドロン(1935) 俳優

吉田竜夫(1932~1977) タツノコ・プロダクション社長

 

※ドロンの由来はドゥッラーニーである。つまり、ドロンはアフガニスタン出身と考えられる。ダウードは、ファビアン・ドロンとして日本人女性にも遺伝子を所望されたようだ。優性遺伝子ブリーダーによって吉田竜夫兄弟が生まれている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・ダーウードの子

 

Khalid Daoud Khan(1947~1978)

鈴木敏夫(1948) スタジオ・ジブリ社長

 

Muhammad Umar Daoud Khan(?~1978)
押井守(1951) 映画監督

 

※世界で最初に銃器を戦争に使用したフス派の子孫だけあり、長編アニメ映画「功殻機動隊」などの押井作品にも武器、戦略、戦法、謀略の知識が活かされている。押井はポーランドで実写映画「アヴァロン」を撮ったが、ポーランドと関係が深いのはフス派の血が彼を故郷に誘うのだろう。押井はマジを嫌う人で、「イノセンス」など、マジな映画を作ったあとは、「立喰師列伝」など、シラケ気分全開の映画を製作する。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムハンマド・ダーウードの孫

 

Ariane Heila Khanum Ghazi(1961)

ハーミド・カルザイ(1957) 初代アフガニスタン・イスラム共和国大統領

 

Hila Khanum(1961~1978)

土橋安騎夫(1960) レベッカ

石川光久(1958) プロダクション・アイジー代表取締役社長

 

※ダウードの孫の影武者として生まれたと考えられる。レベッカは、あからさまに80年代最先端の洋楽(イギリスのニューウェイブ、プリンスやマドンナ、クール&ザ・ギャングなどの80年代ファンク)の影響下にあったが、洋楽と邦楽の垣根を易々と壊した。その先駆だった。

 

Hawa Khanum Ghazi(1963)

今敏(1963~2010) 映画監督

 

※ダウードの孫の影武者として生まれたと考えられる。頭の良い人だが、癌は存在しないことを知らず、本願寺勢力に殺された。TVアニメ作品「妄想代理人」では、集団ストーカーを再現していた。

 

Waygal Daoud Khan(1975~1978)

石井朋彦(1977) プロダクション・アイジー所属

 

 

 


ヴィスコンティ家の一族~ヴィスコンティ家、クリストファー・コロンブス、アメリゴ・ベスブッチ、ヴァスコ・ダ・ガマ、イエズス会、フランシスコ・ザビエル、ローマ教皇フランシス

 

オスマントルコ皇帝ムラト1世の子

 

Yahsi Bey(?~?)
ファドリケ・アルフォンソ・デ・カスティーリャ(1334~1358) サンチャゴ騎士団初代団長

 

カスティーリャ王アルフォンソ11世と愛妾レオノール・デ・グスマンの庶子。セビリャで生まれた。初代アーロ卿。第25代サンティアゴ騎士団長(在任:1342年 - 1358年)。生年に諸説あり、エンリケ・デ・トラスタマラ(のちのエンリケ2世)の双生児の弟とも、1歳年下の弟ともいわれている。 ファドリケ・アルフォンソ・デ・カスティーリャwikiより

 

※生没年が不明のオスマントルコ皇帝の子Yahsiは、スペインでファドリケ・アルフォンソとして生き、サンチャゴ騎士団を創設し、初代サンチャゴ騎士団団長に就任した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

アルフォンソ・デ・カスティーリャの子

 

ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ(1351~1402) ヴィスコンティ家

 

ジャンの征服事業の多くが成功した背景には、彼が傭兵を金で雇って兵農分離を行なっていたからである。つまり、彼は当時では開明的で先進的な独裁君主であった。また野心家でもあり、「カエサルの再来」を自認したジャンは、フィレンツェ征服後にイタリア王位に即位しようと、即位に備えて王冠と錫を用意していたといわれているほどである。 wikiより

 

※ここにヴィスコンティ家が生まれた。ヴィスコンティの由来はバスコンである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ジャン・ガレアッツォの子孫

 

ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ(1425~1468) ヴィスコンティ家

 

彼女の死には疑惑が生じており、ガレアッツォがバルトロメオ・コッレオーニら複数の部下に命じて母を毒殺したといわれている。 wikiより

 

※スフォルツァ家に嫁いだため、ビアンカ・マリーアを最後にヴィスコンティ家のミラノ統治は終焉を迎えた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビアンカ・ヴィスコンティの子

 

スフォルツァ・マリーア(1451~1479)※画像なし
クリストファー・コロンブス(1451~1506)

 

「彼らは武器を持たないばかりかそれを知らない。私が彼らに刀を見せたところ、無知な彼らは刃を触って怪我をした。 彼らは鉄を全く持っていない。彼らの槍は草の茎で作られている。彼らはいい身体つきをしており、見栄えもよく均整がとれている。彼らは素晴らしい奴隷になるだろう。50人の男達と共に、私は彼らすべてを征服し、思うままに何でもさせることができた。」 クリストファー・コロンブスwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの子スフォルツァ・マリーアは28歳で死んだことにして、その後はコロンブスとして生きた。本願寺門主親鸞の一族は、自分のアメリカでの悪行をすべてコロンブスに責任転嫁した。上のwikiから拾ったコロンブスによるとされる発言は、本願寺による「当時」のフェイクニュースだと考えられる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビアンカ・ヴィスコンティの子

 

フランチェスコ・ガレアッツオ・マリア(1453~1454)※画像なし
アメリゴ・ベスブッチ(1454~1512)

 

アメリゴは1503年頃に論文『新世界』を発表する。1499年から1502年にかけての南米探検で彼は南緯50度まで沿岸を下った。南米大陸がアジア最南端(マレー半島、北緯1度)とアフリカ最南端(南緯34度)の経度をはるかに南へ越えて続くため、それが既知の大陸のどれにも属さない「新大陸」であることに気づいた。ちなみに当時は北米と南米が繋がっていることは判明していないので、彼の『新世界』は南米大陸についてのみ論じている。ヨーロッパの古代からの伝統的世界観、アジア・アフリカ・ヨーロッパからなる三大陸世界観を覆すこの主張は当時最先端の知識人層である人文主義者たちにはセンセーショナルに受け入れられたが、ヨーロッパ全体にすぐ浸透したわけではない。 アメリゴ・ベスブッチwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの子フランチェスコは1歳で早世したことにされ、アメリゴ・ベスブッチとして育てられた。「アメリカ」の名はダヴィデの一族の命名ということになる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビアンカ・ヴィスコンティの孫

 

ジャン・ガレアッツオ・スフォルツァ(1469~1494)※画像なし
ヴァスコ・ダ・ガマ(1469~1524)

 

ポルトガルの航海者、探検家である。熟達した航海術と外交手腕を買われヨーロッパからアフリカ南岸を経てインドへ航海した記録に残る最初のヨーロッパ人であり、しばしばインドへの航路をヨーロッパ人として初めて「発見」した人物であるとされる。このインド航路の開拓によって、ポルトガル海上帝国の基礎が築かれた。バスコ・ダ・ガマとも。 ヴァスコ・ダ・ガマwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫ジャン・ガレアッツオは、25歳で死んだことにし、その後はヴァスコ・ダ・ガマとして生きた。ヴァスコ・ダ・ガマの名の由来は「ガマのヴィスコンティ」である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫

 

フランチェスコ(1491~1512)※画像なし
イグナチオ・デ・ロヨラ(1491~1556) イエズス会初代総長

 

カスティーリャ王国領バスク地方出身の修道士。カトリック教会の修道会であるイエズス会の創立者の1人にして初代総長。バスク人。同会の会員は教皇への厳しい服従をモットーに世界各地で活躍し、現代に至っている。イグナチオは『霊操』の著者としても有名で、対抗改革の中で大きな役割を果たした。イグナチオ・デ・ロヨラwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫フランチェスコは、21歳で死んだことにし、その後はロヨラとして生きた。ロヨラはイエズス会を創設し、イエズス会初代総長を務めた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫

 

コーネリアス(1507~1527)※画像なし
フランシスコ・ザビエル(1506~1552) イエズス会
ピエール・ファーブル(1506~1572) イエズス会

 

ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、その後1549年(天文18年)に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。フランシスコ・ザビエルwikiより

 

勉学を続ける中でファーブルは司祭職への召命を感じ、19歳でパリ大学で学ぶべく故郷を離れた。パリ大学は当時から多くのカレッジの集合体であったが、ファーブルはその一つでポルトガル系の学生の多かった聖バルバラ学院に学んだ。ここでファーブルとたまたま同室になった学生が、後にイエズス会創設に共に立ち会うフランシスコ・ザビエルであった。 ピエール・ファーブルwikiより

 

※ビアンカ・ヴィスコンティの曾孫コーネリアスは20歳で死んだことにし、その後はザビエルとファーブルを同時進行で演じた。その際、父や自身の庶子を投入して影武者部隊を作り、登用していた。ザビエルは46歳で死んだことにして最後の20年はファーブルとして生きた。上のwikiで拾った「ファーブルとたまたま同室になった学生が、後にイエズス会創設に共に立ち会うフランシスコ・ザビエルであった」の一文は興味深い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

イニャツィオ・ヴィスコンティ(?~?) イエズス会総長 在位1751~1755

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルキノ・ヴィズコンティ(1906~1976) 映画監督

 

1906年11月2日、イタリア王国ミラノで生まれた。実家はイタリアの貴族ヴィスコンティ家の傍流で、父は北イタリア有数の貴族モドローネ公爵であり、ヴィスコンティは14世紀に建てられた城で、幼少期から芸術に親しんで育った。ミラノとコモの私立学校で学んだ後、1926年から1928年まで軍隊生活を送った。退役後、1928年から舞台俳優兼セット・デザイナーとして働き始めた。1936年にはココ・シャネルの紹介でジャン・ルノワールと出会い、アシスタントとしてルノワールの映画製作に携わった。 ルキノ・ヴィズコンティwikiより

 

※ヴィスコンティは、映画「地獄の堕ちた勇者ども」で、ナチスが犯した最大の陰謀を暴いた。それは脳の侵略である。標的の弱みを握るための完全な監視。そして、その監視で得た情報の悪用。しかし、その方法を描写することなく、蹂躙された人間の結末を描くことで、非常に冷たい、後味の悪い作品となった。この後味の悪さと冷たさは作品の出来とは関係ない。真の悪の目撃。それが原因である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

フランシスコ/ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(1936) 第266代ローマ教皇

 

ミサでは「真の権力とは奉仕であることを忘れてはなりません。教皇の権力の行使もそうです。あなたがたは、ますます十字架の光の頂点にある奉仕へと迎え入れられるべきなのです」と語った。 フランシスコ/ホルヘ・マリオ・ベルゴリオwikiより

 

※イエズス会の人物だが、イニャツィオ・ヴィスコンティと関係がある可能性がある。

 

 

 


フリードリヒ1世の一族~サファヴィー朝、グリュックスブルグ朝デンマーク王国、プロイセン帝国、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ、レーニン、チェ・ゲバラ、ホメイニ師、メドベージェフ首相

 

オスマントルコ皇帝ムラト1世の子

 

Yakub Celebi(?~1389)
フリードリヒ1世(1371~1440) ホーエンツォレルン家ブランデンブルク選帝侯

 

ホーエンツォレルン家の人物で、最初は1398年からニュルンベルク城伯としてフリードリヒ6世・フォン・ニュルンベルクを、1415年にブランデンブルク選帝侯を兼ね、表記の名を名乗った。さらに、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯およびブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯をも兼ねた。 wikiより

 

※オスマントルコ皇帝の子Yakubは10代で死んだことにしてホーエンツォレルン家に迎えられ、フリードリヒ1世としてブランデンブルク候を演じた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

アルブレヒト3世(1250~1300) ホーエンツォレルン家ブランデンブルク選帝侯
サフィー・アッディーン・イスハーク・アルダビーリー(1252~1334) サハヴィー教

 

ハプスブルク家のオーストリア公(在位:1365年 - 1395年)。アルブレヒト2世とその妻ヨハンナ・フォン・プフィルトの間の三男で、長兄ルドルフ4世と次兄フリードリヒ3世の死後に、弟レオポルト3世と共に所領を相続した。 アルブレヒト3世wikiより

 

サファヴィー教団の教主、スーフィーである。彼自身の生涯の前半は良くわかっておらず、ペルシア人ともクルド人とも考えられている。われわれが知るサフィーのほとんどが、サフィーを支持した人々が書き連ねた著作物を経由している。 wikiより

 

※ブランデンブルク選帝侯アルブレヒト3世はホーエンツォレルン家を離れてイランに潜入し、シュヴァーベンを由来に「サハヴィー教団」を設立した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ヨアヒム1世(1484~1535) ホーエンツォレルン家ブランデンブルク選帝侯
イスマイール1世(1487~1524) サハヴィー朝初代皇帝

 

父の死により選帝侯位を継承して間もなく、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの王ハンスの娘エリーザベトと結婚、5人の子を儲けた。 ヨアヒム1世wikiより

 

16世紀初頭にイランで成立したイスラム教シーア派の国家サファヴィー朝の建国者(在位:1501年 - 1524年)。イスマーイール1世の治世から、現在のイラン・イスラム共和国と周辺地域(アゼルバイジャン共和国とイラク共和国の一部)にシーア派の信仰が根付き始める。 イスマイール1世wikiより

 

※ヨアヒム1世はホーエンツォレルン家を離れてイランに潜入し、家族が指揮するサハヴィー教団に迎えられ、サハヴィー朝初代皇帝に即位した。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

サハヴィー皇帝アッバース1世の子

 

Shazedah Najaf Qoli Mirza(1625~1632)
フリードリヒ・ヴィルヘルム(1620~1688) ホーエンツォレルン家プロイセン王

 

ブランデンブルク選帝侯及びプロイセン公(在位:1640年12月1日 - 1688年5月9日)。プロイセン公国をポーランド支配から解放し、フェールベリンの戦いなどに勝利して領内からスウェーデン勢力を駆逐したため、大選帝侯(der große Kurfürst)と称えられる。 フリードリヒ・ヴィルヘルムwikiより

 

※本願寺に翻弄されたサハヴィー朝は、Mirzaなどの子がホーエンツォレルン家に戻り、フリードリヒ・ヴィルヘルムとしてプロイセン帝国を築くことになる。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の子

 

ヴィルヘルム・フォン・プロイセン(1783~1851)
フリードリヒ・ヴィルヘルム(1785~1831) 新グリュックスブルグ家の祖

 

ヴィルヘルムは1783年7月3日にポツダムで、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(当時王太子)とその妃であったヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘フリーデリケ(1751年 - 1805年)の間に第7子として生まれた。1799年から彼は近衛に仕官し、アウエルシュタットの戦いでは騎兵隊を指揮した。また、1808年のエアフルト会談(エアフルトで行なわれたナポレオン1世とアレクサンドル1世の会談)にはプロイセン代表として参加している。ヴィルヘルム・フォン・プロイセン wikiより

 

1816年、父の死に伴ってベック公爵位を相続した。1825年、王の許しを得てシュレースヴィヒ公国のグリュックスブルク城の城主となり、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=グリュックスブルク公を称した。古グリュックスブルク家は1779年に断絶していたため、その家名を引き継ぐ形となった。1831年、ゴットルフ城で死去した。 フリードリヒ・ヴィルヘルムwikiより

 

※ヴィルヘルム・フォン・プロイセンは、フリードリヒ・ヴィルヘルムとして活動し、グリュックスブルグ家の名を継承し、デンマーク王の座に就いた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(1770~1840) プロイセン王

 

家庭においてはよい父だったが、消極的な平和主義に固執し、ナポレオン・ボナパルトとの戦いに敗れるという危機の時代にあっても改革を主導する能力と意欲を欠いていた。しかしこの時代、プロイセンには文武ともに有能な人材が輩出し、近代化も進んでいった。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の子

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム4世(1795~1861) プロイセン王

 

3月前期以降の民主化運動に対して反動勢力の中心となり、欽定憲法を制定して上からの近代化を進めた。ある程度国民に歩み寄る姿勢は持っていたものの、中世的な王権に憧れて時代錯誤な君主観を示したため、玉座のロマン主義者と呼ばれた。また、容姿からひらめともあだ名された。 wikiより

 

ヴィルヘルム1世(1797~1888) ドイツ皇帝

 

第5代プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世の次男。兄である第6代プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に子供がなかったため、1861年の兄王の崩御でプロイセン王に即位した。軍制改革をめぐって衆議院との対立が深まる中の1862年にオットー・フォン・ビスマルクを首相に任じ、軍制改革を無予算統治で断行。ドイツ統一戦争に乗り出し、1871年の普仏戦争の勝利でドイツ皇帝に即位してドイツ統一を達成した。ビスマルクとはしばしば意見対立しながらも、崩御まで彼を首相として重用し続けた。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844~1900)

 

現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、哲学教授職を希望しつつも、バーゼル大学古典文献学教授となり、辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、文学的価値も認められる。wikiより

 

※フリードリヒ・ヴィルヘルム4世に子がなかったが、優性遺伝子ブリーダーにより、ニーチェの母がフリードリヒ・ヴィルヘルム4世の遺伝子を欲した。これにより、ニーチェは誕生した。実際に、ニーチェのファーストネームはフリードリヒ・ヴィルヘルム4世にあやかって命名されたが、興味深いことだ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

フリードリヒ3世(1831~1888) プロイセン王

 

自由主義者で国民には「我らがフリッツ」と呼ばれて親しまれたが、父ヴィルヘルム1世とビスマルクには疎んじられ、政治的影響力を持つことはなかった。在位わずか3ヶ月(99日)で死去したため「百日皇帝」ともあだ名される。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

プロイセン王フリードリヒ3世の子

 

ヴァルデマール・フォン・プロイセン(1868~1879)
ウラジミール・レーニン(1870~1924) ロシア革命

 

ヴァルデマールは1868年2月10日、フリードリヒ3世(当時皇太子)とその妃でイギリス女王ヴィクトリアの娘であるヴィクトリアの間に第6子としてベルリンで生まれた。幼い頃から利発で元気だったため、兄のヴィルヘルムやハインリヒよりも両親に可愛がられた。しかし1879年3月27日、ジフテリアのためポツダムで死去した。11歳。墓所はポツダムの平和教会(Friedenskirche)にある。 ヴァルデマール・フォン・プロイセンwikiより

 

ロシア社会民主労働党(ボリシェヴィキ、のちに共産党と改名)の指導者として活動し、十月革命を成功させ、革命政府において人民委員会議議長を務めた。また、第二インターナショナルに代わる共産主義政党の国際組織としてコミンテルンの創設を主導した。政治、経済の分析から哲学に至るまでさまざまな著作を残し、その思想はレーニン主義として継承された。 ウラジミール・レーニンwikiより

 

※ヴァルデマール・フォン・プロイセンは11歳で死んだことにし、その後はレーニンとして生きてロシア革命を指揮した。レーニンはチェ・ゲバラを儲けている。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

レーニンの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

チェ・ゲバラ(1928~1967) キューバ革命

 

1958年12月29日にはこの第2軍300人を率いて政府軍6000人が迎え撃つキューバ第2の都市サンタ・クララに突入する。そこで、政府軍の武器と兵士を乗せた装甲列車を転覆させ政府軍を混乱させる。反乱軍を支援する多数の市民の加勢もあり、激戦の末にこれを制圧し、首都ハバナへの道筋を開いた。

1959年1月1日午前2時10分に、フルヘンシオ・バティスタがドミニカ共和国へ亡命し、1月8日カストロがハバナに入城、「キューバ革命」が達成された。闘争中の功績と献身的な働きによりキューバの市民権を与えられ、キューバ新政府の国立銀行総裁に就任するに至った。 チェ・ゲバラwikiより

 

※チェ・ゲバラの父はロシア革命を指揮し、自身はキューバ革命を指揮した。連合して共にキューバ革命を成功させたカストロの父もイラン・イスラム革命を指揮し、自身はキューバ革命を指揮した。これが真の帝王の一族である。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

クリスチャン9世(1818~1851) グリュックスブルグ朝デンマーク王

 

ルイーゼの母ルイーセ・シャロデはデンマーク王クリスチャン8世の妹であった。またクリスチャン自身も、デンマーク王フレゼリク5世の女系の曾孫の一人であった。そのため、1852年の王位継承法で嗣子のいないデンマーク王フレゼリク7世の継承者に選ばれ、同年のロンドン議定書で国際的にも承認された。そして1863年にフレゼリク7世の死去によって即位した。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

クリスチャン9世の孫

 

ニコライ2世(1868~1918) ロシア帝国最後の皇帝

ジョージ5世(1865~1936) イングランド国王

 

日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。 ニコライ2世wikiより

 

※クリスチャン9世の血を受けたことで、ロシア王室は西本願寺門主寂如の一族を排除し、正統なロマノフ朝に戻ることができた。しかし、残念なことに、西本願寺門主寂如の一族の凶弾を受けて倒れた。本願寺は、どさくさに紛れてオスマントルコ皇帝の血を継ぐニコライ2世とその家族を容赦なく銃殺した。そして、その罪をレーニンに被せた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ニコライ2世の子

 

アレクセイ・ニコラエヴィチ(1904~1918)
ルーホッラー・ホメイニー(1902~1989) シーア派十二イマーム派精神的指導者

 

ロシア帝国皇帝ニコライ2世の第1皇子、ロシア帝国最後の皇太子。1917年の二月革命で成立した臨時政府によって家族と共に監禁された。十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキの命を受けたチェーカー(秘密警察)によって翌1918年7月17日に超法規的殺害(裁判手続きを踏まない殺人)が実行され、エカテリンブルクのイパチェフ館において家族・従者と共にわずか13歳の若さで銃殺された。正教会で聖人(新致命者)。 アレクセイ・ニコラエヴィチwikiより

 

イランにおけるシーア派の十二イマーム派の精神的指導者であり、政治家、法学者。1979年にパフラヴィー皇帝を国外に追放し、イスラム共和制政体を成立させたイラン革命の指導者で、以後は新生「イラン・イスラム共和国」の元首である最高指導者として、同国を精神面から指導した。ルーホッラー・ホメイニー wikiより

 

※ロシア革命時、アレクセイは10代前半で一族もろとも処刑されたとされているが、無事に抜け出し、長じてホメイニーとして我々の前に戻ってきた。ホメイニー師はイラン・イスラム革命を指揮した。ホメイニー師は、本願寺のことを知ってはいなかったとは思うが、とにかく、この世の悪に対する復讐のために帰ってきた。この世の悪は誰なのかを探すため、家族の復讐のために帰ってきた。アレクセイは、レーニンの指示で秘密警察が処刑されたことになっているが、実際には秘密警察を掌握していた本願寺が勝手に王族を銃殺した可能性がある。その後、本願寺は自分のやった罪をレーニンにかぶせた形だ。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ルーホッラー・ホメイニーの子

 

ムスタファ・ホメイニー(1930~1977)
フィデル・カストロ(1926~2016)

ハーシェミー・ラフサンジャーニー(1934~2017) 第4代イラン・イスラム共和国

 

キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。 フィデル・カストロwikiより

 

1979年のイラン・イスラム革命後、ラフサンジャーニーは内務相に任命された。この時期、イスラム革命指導者に対するテロ行為が頻繁に起きたが、彼は空手で暴漢を撃退したという噂が広まり、人気の上昇につながった。一連のテロ事件により当時の大統領アリー・ハーメネイーが負傷し、ラフサンジャーニーは、ハーメネイーのテヘラン金曜礼拝導師の座を占めることとなった。テヘラン金曜礼拝での説教は大統領職にあるものがウラマーである場合、大統領が行うものであり、政府公式声明の意味を持った。このためテヘラン大学で講義され、新聞紙に必ず掲載され、テレビおよびラジオで放送される。特にこの職務によりラフサンジャーニーは、ホメイニーに次ぐ立場を獲得することができた。 ハーシェミー・ラフサンジャーニーwikiより

 

※ホメイニ師の子ムスタファは、工作員としてフィデル・カストロを演じ、キューバ革命を指揮した。その後、ムスタファは47歳で死んだことにし、カストロとして生き、キューバを正しく治めた。庶子を影武者として投入しているため、両者は良く似ている。

 

ホセイン・ホメイニー(1959)※画像なし
マフムード・アフマディネジャド(1956) 第6代イラン・イスラム共和国大統領

 

アフマディーネジャードは、貧困層を出自とする技術者・研究者で、イスラーム革命後、ホメイニーに忠実な路線をとる学生運動団体を統括する団結強化本部に参加した。その後北西部における市長職などをへてアルダビール州知事に任じられていたが、1997年にモハンマド・ハータミーが大統領に選出されると解任され、教職に戻っている。2003年、テヘラン市評議会はアフマディーネジャードを市長に選出。前任の穏健派市長らの改革を覆し、宗教的強硬派の立場を取った。2005年の大統領選ではイスラーム・イラン建設者同盟の支援を受けて決選投票で62%の票を獲得し、2005年8月3日、大統領に就任した。マフムード・アフマディネジャドwikiより

 

ーーーーーーーーーーーー

 

ジョージ5世(ニコライ2世)の曾孫(ケント公ジョージの孫)

 

ジョージ・ウィンザー(1962) セント・アンドルーズ伯爵

ドミトリー・メドベージェフ(1965) 第3代ロシア連邦大統領

 

大統領選で公約に掲げていたように、メドヴェージェフは汚職対策に積極的に取り組んだ。大統領就任後の同年5月17日にメドヴェージェフは汚職対策を行うための大統領令に署名し、それに伴い「反汚職評議会」が設置された。同年7月には具体的な汚職対策を含んでいる「反汚職国家計画」に署名した。 wikiより

 

※メドベージェフ首相は、ジョージ・ウィンザーの影武者として生まれた可能性がある。そのため、ジョージ5世(ニコライ2世)に似ている。西本願寺門主寂如の一族の姦計によって果てた先祖ニコライ2世と惨殺された家族、そして謎の死を遂げた祖父ケント公ジョージの無念を晴らすためにプーチン大統領と共に立ち上がった。

 

ニコラス(1970)

エマニュエル・マクロン(1977) 第25代フランス共和国大統領

 

フランスの政治家。第25代フランス大統領(第五共和政)、アンドラ公国共同大公。 wikiより

 

※マクロン大統領は、兄と考えられるメドベージェフ首相と共に、プーチン大統領の同盟者として立ち上がった。浄土真宗欧州支部のクリュニー会が、邪教信者に指示してQ支持者・トランプ支持者と偽らせて暴動を起こしている。目的は汚名着せである。暴動には不法移民も参加しているようだ。

 

 

 


イヴァン大帝の一族~チューダー朝イングランド王国、宗教革命、ブルボン朝フランス王国、西郷氏、東郷氏、清教徒革命、ジャン=ジャック・ルソー、フランス革命、サウジアラビア王国

 

オスマントルコ皇帝バヤズィト1世の子

 

Sehzade Kasim Celebi(?~?)※画像なし
イヴァン3世(1440~1505) モスクワ大公

 

ヴァシーリー2世とセルプホフ公ウラジーミルの孫娘であるボロフスクの公女マリヤ・ヤロスラヴナの長男。イヴァン大帝(Иван Великий)の異称で知られ、ルーシ北東部を「タタールのくびき」から解放し、モスクワ大公国の支配領域を東西に大きく広げて即位時から4倍増とし、強力な統一国家を建設した名君と評価される。イヴァン3世wikiより

 

※生没年が不詳のオスマントルコ皇帝の子Kasimは、じつはイヴァン3世としてモスクワ大公に即位し、イワン大帝と呼ばれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

イヴァン3世の子

 

イヴァン・マラドイ(1458~1490) ※画像なし
ヘンリー1世(1457~1509) チューダー朝初代王

 

イヴァン・マラドイは1468年のカザン・ハン国の統治者イブラーヒーム(İbrahim Xan)に対する遠征、1471年のノヴゴロド遠征に参加している。1476年と1478年に父イヴァン3世が首都モスクワを離れた際には、その君主代行を務めている。

1485年、父イヴァン3世が母親の実家トヴェリ公爵家を取り潰すと、イヴァン・マラドイは母方の血統を根拠にトヴェリ公となった。これと前後して、イヴァンは重い関節炎に苦しむようになった。レビという医者が彼を治療したが甲斐無く、1490年にイヴァンは32歳で死去した。イヴァン・マラドイwikiより

 

イングランド王ウィリアム1世(征服王)とフランドル伯ボードゥアン5世の娘マティルダ(アルフレッド大王とマーシア王オファの子孫)の四男。ロベール2世、ウィリアム2世の弟。子にマティルダ等。後にプランタジネット朝を開くヘンリー2世は外孫に当たる。ヘンリー1世wikiより

 

※イヴァン大帝の子イヴァン・マラドイは、工作員として30代の頃にイングランドに潜入し、チューダー家に接近してヘンリー1世となった。1485年、ヘンリー1世はチューダー朝の初代王となった。その2年後、イヴァンはロシアで自分を死んだことにし、ヘンリー1世としてイングランドを統治した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

イヴァン3世の孫

 

ドミトリー・ヴヌク(1483~1509)※画像なし
マルティン・ルター(1483~1546) ルター派教祖
フリードリヒ・ツヴィングリ(1484~1541) 改革派教祖
トマス・クロムウェル(1485~1540) 聖公会教祖

 

イヴァン3世が最初の妻マリヤ・ボリソヴナとの間にもうけた長男イヴァン・マラドイと、その妻でモルドヴァ公シュテファン3世の娘であるエレナ・ステパノヴナ(Елена Стефановна)の間の一人息子として生まれた。

1502年4月11日、ドミトリーはモスクワ共治大公の称号と大公位継承者の地位を剥奪され、これらはヴァシーリーが帯びる称号になった。この政変劇の原因と詳しい経緯はよくわかっていない。ドミトリーと母親のエレナは逮捕され、ついには地下牢に押し込められた。wikiより

 

ルターは宗教改革の中心人物となったことでプロテスタント教会の源流をつくった。聖書をキリスト教の唯一の源泉にしようというルターの呼びかけはプロテスタント諸教会のみならず、対抗改革を呼び起こしたという意味でカトリック教会にも大きな影響を与えた。wikiより

 

スイス改革派教会の創始者で、チューリッヒに神聖政治を確立しようとした。「聖書のみ」を信仰の基準としたこと、信仰そのものが大事だと説いたこと、万人祭司説を説いたことはマルティン・ルターと変わらなかったが、それ以外の部分においてルターと意見を異にしていた。彼らはマールブルク会談で多くの論点について合意したが、聖餐論で一致することができなかった。カトリック諸州との内戦の中で戦死した。47歳だった。 wikiより

 

教皇庁からの独立に伴い、クロムウェルは国王に、イングランドにおける教会の頂点に立つことを進言する。1534年に議会を通過させた首長令(国王至上法)によって、イングランド国教会はローマ・カトリック教会から離脱し、国王ヘンリー8世は「信仰の擁護者」として国教会の長となった。国王の傀儡となったカンタベリー大司教トマス・クランマーもまた王の婚姻無効を認めた。wikiより

 

※イヴァン・マラドイの子ドミトリーはイヴァン3世の孫と言われているが、イヴァン大帝の実子と考えられる。ドミトリーは庶子の異母兄弟数十人を投入して影武者部隊を作り、26歳で死んだことにし、故郷であるロシアを後にした。ドミトリーは、タナトスの邪教から民衆を解放するため、ヨーロッパ各地でプロテスタント運動を起こした。マルティン・ルター、フリードリヒ・ツヴィングリ、トマス・クロムウェルは同一人物である。その証拠に、3者とも生没年がかすっている。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

ヘンリー8世(1491~1547) チューダー朝イングランド王
トマス・クランマー(1489~1556) カンタベリー大主教

ウィリアム・ウォルシンガム(?~1534) フランシス・ウォルシンガム父※画像なし

ジョン・カリー(1491~1552) フランシス・ウォルシンガム養父※画像なし

西郷純久(148?~?) 西郷氏の祖※画像なし

少弐資元(1489~1536) 少弐氏16代当主※画像なし

 

絶頂期においては、魅力的で教養があり老練な王だと同時代人から見られ、ブリテンの王位についた人物の中で最もカリスマ性のあった統治者であると描かれている。権力をふるいながら、文筆家および作曲家としても活動した。薔薇戦争の後の危うい平和のもとで女性君主にテューダー朝をまとめることは無理だと考え、男子の世継ぎを渇望した。そのため6度結婚し、イングランドにおける宗教改革を招いた。次第に肥満して健康を害し、1547年に薨去した。晩年には好色、利己的、無慈悲かつ不安定な王であったとされている。ヘンリー8世wikiより

 

大司教ウィリアム・ウォーアムが1532年に死去し、国王ヘンリー8世はその後継者を探し始めた。国王の右腕だったトマス・クロムウェルは当時ケンブリッジ大学の教授だったトマス・クランマーを就任させるべきだと進言し、その翌年クランマーはカンタベリー大司教に就任した。1548年に聖公会祈祷書を完成させた。キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚を承認した。ちなみに、『ユートピア』の著者として知られるトマス・モアは国王の離婚を痛烈に批判し、この時期に処刑されている。トマス・クランマーwikiより

 

※ヘンリー8世は56歳で死んだことにし、トマス・クランマーとしてカンタベリー大主教の座に就き、プロテスタントの普及に努めた。その後、9年間生きたが、娘であるメアリーに処刑された。しかし、処刑されたのは影武者であり、本体は日本に落ち延び、西郷氏を儲けた。西郷の由来は西(肥前)のチューダー(郷)である。チューダーを「サト」と呼び「郷」を当て字したものだ。西郷隆盛は、愛新覚羅の一族に属している。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

ヘンリー8世(ウィリアム・ウォルシンガム)の子

 

エリザベス1世(1533~1603) チュウダー朝イングランド女王
フランシス・ウォルシンガム(1532~1590) スパイマスター

龍造寺隆信(1529~1584) 肥前国戦国大名

 

エリザベスはウィリアム・セシルをはじめとする有能な顧問団を得て統治を開始し、最初の仕事として、父の政策を踏襲し「国王至上法」を発令し、「礼拝統一法」によってイングランド国教会を国家の主柱として位置づけた。 エリザベスは結婚することを期待され、議会や廷臣たちに懇願されたが、結婚しなかった。この理由は多くの議論の的になっている。年を経るとともにエリザベスは処女であることで有名になり、当時の肖像画・演劇・文学によって称えられ崇拝された。 エリザベス1世wikiより

 

エリザベス女王は1570年にローマ教皇に破門され、以降イエズス会士などカトリック宣教師がイングランドに潜入してきて反エリザベス謀議を行うようになった。先のリドルフィ陰謀事件もカトリックによって起こされた事件であった。1580年代になると教皇は一層反エリザベス姿勢を強め、エリザベスを暗殺した者には祝福を与えるとまで宣言し、カトリックのエリザベス暗殺謀議も一層増加した。

これに対抗してウォルシンガムは国内外に情報網・監視網を張り巡らせ、秘密警察業務にあたった。多くの反エリザベス陰謀がウォルシンガムの組織によって摘発された。彼の秘密諜報活動の予算は増額され続け、ヨーロッパの主要都市ほぼ全てにウォルシンガムのスパイが放たれた。こうした大規模諜報活動のおかげでエリザベスは20回以上も暗殺計画から助かっている。 フランシス・ウォルシンガムwikiより

 

※敵が多いヘンリー8世は、息子を娘として育てた。息子ならすぐに殺される可能性もあるが、娘なら生き延びる可能性が高かった。思春期になると、身代わりの庶子の娘をエリザベスとして徴用した。エリザベス役から解放されたフランシスは、身代わりのエリザベスの補佐をしながら、スパイマスター、ウォルシンガムとして生きた。

しかし、途中でエリザベスが敵に討ち取られた。エリザベスが殺害されたことが公になるとマズイので、フランシスは自身がエリザベス1世を演じ、イングランド女王に即位した。エリザベス女王が不自然なまでに身体をドレスで覆い隠し、結婚もせず、処女と呼ばれたのはウォルシンガムが女王を演じていたのが原因である。

 

エドワード6世(1537~1553) チューダー朝イングランド王
クリストファー・ハットン(1540~1591)

 

ヘンリー8世の男児で唯一存命していたエドワードは、父の死に伴い9歳で即位した。ヘンリー8世は幼い息子を一握りの権臣が操ることを警戒し、顧問団に集団で補佐させるよう遺言を書いていたが、エドワードの母方の伯父であるエドワード・シーモアが握りつぶした。エドワード・シーモアはエドワード6世の即位直前にサマセット公位を創設し、自ら護国卿(摂政)となってイングランドの事実上の支配者となった。 エドワード6世wikiより

 

※敵が多いエドワード6世は16歳で死んだことにし、その後はクリストファー・ハットンとして生き、姉(兄?)であるエリザベス女王を終生サポートした。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

ジョン・カリー(ヘンリー8世)の玄孫(ジョージ・カリーの子)

 

エリザベス・カリー(1576~1635)

東郷重虎(1574~1621) 東郷氏の祖

 

※エリザベスには影武者がいたが、エリザベスが無事に成人すると、その影武者は独立して日本に移住し、東郷氏を儲けた。東郷の由来は東(薩摩)のチューダー(郷)である。西郷と同じようにチューダーを「サト」と呼び、「郷」を当て字している。東郷氏からは東郷平八郎が輩出されているが、彼は西郷隆盛と同じで愛新覚羅の一族に属している。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

龍造寺隆信(フランシス・ウォルシンガム)の孫

 

龍造寺高房(1586~1607) 肥前国佐賀藩主

ロバート・デヴロー(1591~1646) 第3代エセックス伯

 

一人息子に先立たれていたため、彼の死とともにエセックス伯爵位は廃絶した。ヘレフォード子爵位は遠縁で初代ヘレフォード子爵ウォルター・デヴァルーの末息子の家系であるウォルター・デヴァルーによって継承された。議会招集令状により創設された爵位であるフェラーズ男爵とバウチャー男爵は、男子なき場合に姉妹間に優劣がない女系継承が可能だが、彼の姉は2人あったため、継承者が決まらず、停止(abeyance)となった。しかしフェラーズ男爵位は1677年になってロバート・シャーリーが継承者に確定した。 wikiより

 

ロバート・デヴロー(1632~1637) 第3代エセックス伯の子※画像なし
ジョン・ロック(1632~1704)
サウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムクリン(?~1725) サウード家の祖※画像なし

 

哲学者としては、イギリス経験論の父と呼ばれ、主著『人間悟性論』(『人間知性論』)において経験論的認識論を体系化した。また、政治哲学者としての側面も非常に有名である。『統治二論』などにおける彼の自由主義的な政治思想は名誉革命を理論的に正当化するものとなり、その中で示された社会契約や抵抗権についての考えはアメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。 ジョン・ロックwikiより

 

※スパイマスターと呼ばれ、エリザベス女王を演じたウォルシンガムの曾孫ロバートは、5歳で早世したことにされ、ジョン・ロックとして育った。その後、ジョン・ロックはイングランドを離れてアラビア半島に移り、サウード家の祖となった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

トマス・クロムウェルの曾孫

 

トーマス・クロムウェル(1594~1653) アルドグラス伯
オリバー・クロムウェル(1599~1658) 共和制イングランド総督

 

清教徒革命(イングランド内戦)では鉄騎隊を指揮してエッジヒルの戦いやマーストン・ムーアの戦いで活躍し、ニューモデル軍(新模範軍)の副司令官となる。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。護国卿時代には独裁体制をしいた。 オリバー・クロムウェルwikiより

 

※トマス・クロムウェルの曾孫エドワードの子として生まれたトーマス・クロムウェルは、同時にオリバー・クロムウェルの名を準備し、邪教を排除する計画を実行した。オリバー・クロムウェルは、ニューモデル・アーミーを組織し、清教徒革命を成功させ、イングランドに共和制を打ち立てた。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

サウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムクリン(ジョン・ロック)の子

 

ムハンマド・ビン・サウード(?~1765) 第一次サウード王国※画像なし

トマス・ペラム・ホールズ(1693~1768) ホイッグ党

ヘンリー・ペラム(1694~1754) ホイッグ党

 

ホイッグ党に所属し、ロバート・ウォルポールや弟ヘンリー・ペラムの政権の閣僚を務めた後、2期にわたって首相(在職:1754年3月16日 - 1756年11月16日、1757年7月2日 - 1762年5月26日)を務めた。首相在任中はフレンチ・インディアン戦争や七年戦争などフランスとの戦争に追われた。トマス・ペラム・ホールズ wikiより

 

1717年からホイッグ党の庶民院議員となり、ロバート・ウォルポール政権で閣僚職を務めた。1742年のウォルポール失脚後、反ウォルポール派の第2代カートレット男爵ジョン・カートレットとの権力闘争に勝利して1743年8月から首相を務め、ウォルポール後のホイッグ政治を主導した。分裂しかけていたホイッグ党の結束を維持し、野党トーリー党からの登用も行うなどして議会の信任を保ち続け、長期政権を築いた。1748年にはアーヘンの和約を締結してオーストリア継承戦争を終結させた。ヘンリー・ペラムwikiより

 

※ムハンマド・ビン・サウードはジョン・ロックの子であるが、サウードはイングランドに帰還し、トマス・ペラム・ホールズ、ヘンリー・ペラム兄弟に化けて、邪教に支配されたイギリス人を解放すべく、ホイッグ党を設立し、真の民主主義を目指した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルイ14世(1638~1715) ブルボン朝フランス国王

 

ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルイ14世の子

 

ルイ・アレクサンドル・ド・ブルボン(1678~1737) トゥルーズ伯

 

1696年1月に陸軍元帥、及びフランス軍司令官となった。1704年、ルイ・アレクサンドルはスペイン継承戦争において、敵方の英蘭連合軍をマラガの海戦で損害を与えたことで有名になった(戦略上は連合軍の勝利)。1713年、"トゥールーズ伯邸(現在はパリ1区・フランス銀行本店が入居)"を購入し居住。1714年夏には兄のメーヌ公らと共にルイ14世の正式なフランス王位継承者とされた。wikiより

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルイ・アレクサンドル・ド・ブルボンの子

 

ジャン=ジャック・ルソー(1712~1778)

 

私生活においては、マゾヒズムや露出癖、晩年においては重度の被害妄想があった。こうした精神の変調の萌芽は若い頃からあり、少年時代に街の娘たちに対する公然わいせつ罪(陰部を露出)で逮捕されかかった。更に、自身の5人の子供を経済的事情と相手側の家族との折り合いの悪さから孤児院に送った。自身の著書『告白』などでそれらの行状について具体的に記されている。wikiより

 

※wikiの解説を見ると、死して尚、ルソーが東本願寺門主宣如の一族に侮辱され続けていることに驚愕する。東本願寺門主宣如の一族は優性遺伝子ブリーダーにオスマントルコ王室の血筋を聞き、ルソーがルイ14世の血を継いでいることを知り、終生付き纏った。本願寺はカトリック教徒をラジコンのように操り、常にルソーの人生を人工的に下方修正し続けた。大量の信者がいるから可能なことである。

ルソーは、同じ一族であるジョン・ロックを頼ってイギリスに渡ったこともある。「エミール」の時、ルソーは子供たちを孤児院に預けたことでスキャンダルの一環として批判された。その子供たちはどこへ消えたのだろう?ルソーほどの男の子供たちが歴史に登場しないはずがない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

ジャン=ジャック・ルソーの子

 

ジャン=ポール・マラー(1743~1793) 

 

1789年のフランス革命勃発後は、新聞『人民の友』を発行し過激な政府攻撃をして下層民から支持された。そのことがもとで1790年1月にイギリスに亡命。4月に戻ってからコルドリエ・クラブ(Club des Cordeliers)に入り、8月10日のテュイルリー王宮襲撃事件や反革命派への九月虐殺を引き起こしたといわれている。1792年、国民公会の議員に選出されて山岳派(ジャコバン派)に所属した。議会を主導するジロンド派を攻撃し、一時、逮捕されたがすぐに釈放されパリ民衆を蜂起させて最終的に国民公会から追放した。

 


ジョルジョ・オーギュスト・クートン(1755~1794) ジャコバン派

マクシミリアン・ロベスピエール(1758~1794) ジャコバン派

 

恐怖政治の過激化に伴って、明確な態度に示さないにせよ、多くの議員が反ロベスピエール感情を抱くようになってきた。そんな中、山岳派独裁打倒を目指すテルミドールのクーデターが勃発する。事前にこの動きを予感していたクートンは、南仏へ行くはずだった予定をキャンセルしてパリに留まった。案の定、彼はロベスピエール、サン・ジュストと共に恐怖政治の3巨頭として多くの非難を浴び、逮捕されてしまう。一度はパリ市役所に逃れるも、再度襲撃された際に自殺に失敗して、階段から転落して再び逮捕され、最終的にギロチンにかけられてその生涯を終えた。ジョルジョ・オーギュスト・クートンwikiより

 

左派の論客として頭角をあらわし、共和主義が勢力を増した8月10日事件から権勢を強め、1793年7月27日に公安委員会に入ってからの約一年間はフランスの事実上の首班として活動した。当初は民衆と連帯した革命を構想していたが、ロベスピエールが希望していた国民公会からの完全な信任(独裁権)が、公安委員会の信任議決を得て、9月25日に認められてからは、公安委員会のリーダーとして、テロリズム(恐怖政治)に転じて粛清を断行したため、独裁者というイメージが定着している。マクシミリアン・ロベスピエールwikiより

 


ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト(1767~1794) ジャコバン派

 

ロベスピエールの同僚として辣腕をふるい、同派の政策に深く関与した。公安委員会の委員となって治安局を創設し、公会では左派と共に憲法草案作成や行政改革などを行ったが、フランス革命戦争が始まってからは前線視察に多くの時間を費やしてパリを離れていた。ヴァントーズ法は特にサン=ジュストが実現を望んだ法令であったが、これがプレーヌ派との決裂を招き、失脚の要因になった。

1794年7月27日にテルミドールのクーデターで逮捕され、翌日の最後の演説を反対派に妨害されて果たせぬまま、ロベスピエールらと共に処刑された。 遺体は同志とともにエランシ墓地に埋葬されたが、後の道路拡張で墓地が閉鎖されたことに伴って、遺骨はカタコンブ・ド・パリに移送されている。

 

※ルソーはブルボン家ルイ14世の孫でありながら時のフランス政府(東本願寺門主宣如の一族)に著書「エミール」を批判・弾圧された。更に、ルソーはフランスを追放され、ヨーロッパ中をさすらい、流浪の生活を余儀なくされた。その間、本願寺門主の一族が操るヨーロッパ中のカトリック信者によって、ルソーはどこに逃げても顔を知られ、石を投げられ、程度の低い民衆に追われた。そして、仲間であるはずの貴族たちにはイヤミな陰謀を仕掛けられた。

ルソー曰く「あのようなおびただしい突発事件の堆積、残忍極まりないすべての仇敵の、いってみれば ふとしたはずみの興奮、国家を統治している全ての人々、地位あるすべての者たち共通の陰謀に協力するため、ぼくに何か人知れぬ怨恨を抱いている者達の中から特に選抜された折り紙つきのすべての人間、これらがこのように全面一致したことは、それを純粋に偶然だとするにはあまりにも異常すぎる」
「この陰謀に加担するのを阻む者が一人でもあればそれとは反対の事件がひとつでも起こればそれを阻害する事情がひとつでも突発すれば、ただそれだけでこの陰謀を挫折させるに十分であったはずだ。それだのに、あらゆる意志、あらゆる避けがたい事情、運命、そしてあらゆる革命が彼ら人間の仕業を強固にして しまったのだ。それにしても驚異ともいうべき、このように見事な協力一致はその完全な成功が天の法令に明記してあるのではないかと怪しまずにはいられないくらいだ」

このときにルソーが経験したものは、村八分ならぬ、ヨーロッパ八分(カトリック八分)であった。ヨーロッパ随一の知性でありながら、本願寺によってあらぬ罪を着せられ、弾劾され、その、人としての高いレベルに見合わない待遇、生活、運命を演じることをを強要された。

ルソーの子供たちはこれを見てただ黙っているわけではなかった。ルソーの子供たちは父親のため、復讐に立ち上がったのだ。それが「フランス革命」である。だが、エベール派は東本願寺門主乗如の一族である。エベール派は王室だけを目の仇にしていたが、ジャコバン派は諸悪の根源カトリックをしっかり弾圧し、邪教クリュニー会をフランスから追放した。そして、邪教カトリックに代わるものとして「最高存在の祭典」を催した。

ただ、敵が誰かわからない疑念に恐怖を成したロベスピエールは、ダントンら異母兄弟でさえ信用できずに暴走し、挙句に粛清してしまった。彼は、自ら仲間を減らしたため、「敵を減らしてくれてありがとう」と笑う本願寺によって、最後は自分までもが処刑された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

サウード・イブン・ムハンマド・イブン・ムクリンの子


トゥルキー・ビン・アブドゥッラー(1755~1834) 第二次サウード王国

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

トゥルキー・ビン・アブドゥッラーの子

 


アブドゥル・アズイーズ・イブン・サウード(1876~1953) サウジアラビア初代国王

 

 

サルマーン・ビン・アブドゥル・アズイーズ(1935) サウジアラビア国王 在位2015~現在

 


ムハンマド・ビン・サルマーン(1985) サウジ皇太子

 

※サウードの由来はチューダーである。チューダー=シューダ=サウードとなる。

 

 

 



読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について