twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 大本正
価格 無料
タグ 古代史、歴史、フェニキア人、ユダヤ人、イスラエル、ムー、アトランティス、宇宙人、UFO、英雄、
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

87 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 33ページ (Web閲覧)
606ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
表と裏、陰と陽、光と影、善と悪、生と死、サンダとガイラ(?)。帝王の種族であるダヴィデの一族と死の種族であるタナトスの一族はかように表裏一体の存在である。チュクウはルハンガと共にクリュテイオスを生んだが、両者とも、クリュテイオスと関係がある。チュクウがクリュテイオスを生み、クリュテイオスから、更にタナトスが生まれているのだ。つまり、タナトスにもチュクウの血が流れている。ただ、両者の間には超えることができない巨大な隔たりが横たわっている。王者とできそこないという否定し難い事実である。
ダヴィデの一族とタナトスの一族は、わかりやすくいえば「サンダ対ガイラ」の関係である。タナトスの一族の現代の首領大谷家の血筋は、この世から消滅させるべきである。もちろん、大谷という名でも必ずしもタナトスの系統であることはないし、安倍、麻生のように大谷の名を名乗っていなくとも正統なタナトスの一族の場合がある。その区別が容易になるように、筆者はこの研究を続けている。もし、タナトスの根絶が叶えられたとしたら、人類はこれ以上理不尽なウソや無意味な暴力に悩まされることなく、30万年ぶりに恒久的な平和と平穏な生活を取り戻すことが出来るだろう。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

4コマ(時に3コマ)のハリネズミくんシリーズ。テキストをタイプしていましたが(読みにくいかもしれませ...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山関応援イラスト・大阪場所・名古屋場所イラスト付きダイジェスト...

もっとみる