twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 歴史・時代 作者 大本正
価格 無料
タグ 古代史、歴史、フェニキア人、ユダヤ人、イスラエル、ムー、アトランティス、宇宙人、UFO、英雄、
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

40 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 29ページ (Web閲覧)
436ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
表と裏、陰と陽、光と影、善と悪、生と死、サンダとガイラ(?)。帝王の種族であるダヴィデの一族と死の種族であるタナトスの一族はかように表裏一体の存在である。チュクウはルハンガと共にクリュテイオスを生んだが、両者とも、クリュテイオスと関係がある。チュクウがクリュテイオスを生み、クリュテイオスから、更にタナトスが生まれているのだ。つまり、タナトスにもチュクウの血が流れている。ただ、両者の間には超えることができない巨大な隔たりが横たわっている。王者とできそこないという否定し難い事実である。
ダヴィデの一族とタナトスの一族は、わかりやすくいえば「サンダ対ガイラ」の関係である。タナトスの一族の現代の首領大谷家の血筋は、この世から消滅させるべきである。もちろん、大谷という名でも必ずしもタナトスの系統であることはないし、安倍、麻生のように大谷の名を名乗っていなくとも正統なタナトスの一族の場合がある。その区別が容易になるように、筆者はこの研究を続けている。もし、タナトスの根絶が叶えられたとしたら、人類はこれ以上理不尽なウソや無意味な暴力に悩まされることなく、30万年ぶりに恒久的な平和と平穏な生活を取り戻すことが出来るだろう。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

もっとみる