閉じる


<<最初から読む

4 / 10ページ

試し読みできます

②他人は自分に対して自分が思っている以上に全然興味はないこと

2つ目は

他人は自分に対して自分が思っている以上に全然興味はないこと

です

 

これは高校生の時に悟ったことですね

 

私は中学まで

とても他人の目を気にする

チキンハート野郎でした

 

他人と違うことが嫌なんですよね

 

なんだろう。。

例えば服装とか

自分の持ち物とか

趣味とか

考え方とか

 

他人に合わせることに慣れてしまって

嫌われないように生きることに慣れてしまって

 

とてもつまらなくて

そして疲れる人生でした

(まだ生きてるよ!)

 

 

今回の

他人は自分に対して自分が思っている以上に全然興味はない

ということを悟った原因は

 

 

すね毛でした

 

私は中学になってから

すね毛がボーボーになってしまって

それが死ぬほどコンプレックスでした

 

みんなあんなに

トゥルットゥルなのに

なぜ自分だけこんなにボーボーなのか

 

本当に不思議でした

 

 

その頃の思考はこうです

 

やばい!

こんなにボーボーなのがばれてしまったら

笑われる!嫌われる!!

 

です

 

もう

体育のある日は

すね毛剃りが大変でした

 

まじで

 

 

しかし

高校に入学したての頃

 

あの事件が起きました

 

すね毛剃りを大いにミスってしまい

 

 

ピーラーのように

皮膚を

えぐってしまったのです

 

 

その時は

ケガがショックすぎて

 

もういいや!

 

って気持ちで

ボーボーのすね毛のまま

体育の授業を受けました

 

すると

まぁ多少は

「濃いね笑」

って突っ込まれましたが

 

思ったよりも

全然

 

普通でした

 

 

むしろ

 

ネタになるからラッキー

ぐらいの気持ちで

 

その日を終えることができました

 

 

その後はほとんど剃ることもなく

平和なすね毛ライフを

過ごしています

 

 

このときに

 

今まで

なんて自分は

損な生き方をしていたのかと

 

ものすっごく

後悔しました

 

 

よく考えれば

自分のほかにボーボーの人がいれば

その人のことをどう思うかと思えば

 

基本どうでもいいと感じますし

(同時に同情もしちゃう。。)

 

ボーボーじゃなくても

 

ぽっちゃりさんや

出っ歯だったり

けつあごだったり

 

いろんな人がいますが

 

正直全然

 

どうでもいいいなと

 

気づきました

 

その人の判断は

見た目じゃなくて

やはり中身でするな、と

 

性格さえよければ

いいんだな、と

 

楽しければ

いいんだな、と

 

 

なので

他の人はどう思うんだろう?

はずかしいな。。

って思うような

コンプレックスがあったとしても

たいして気にしなくてもOKなんだ!

って思うことを推奨します

 

特に中高生ですね

 

 

体の変化は誰にでも起こることです

 

 

あなたが不安でドキドキしちゃうようなことは

みんな同じようにドキドキしてます

 

 

これが俺のチャームポイントなんだ!

って思えるぐらい

強い心をもって堂々と生きてほしいです

 

ちなみにこれは

見た目だけでなく

多少は行動にも当てはまることなので

 

周りの目を気にして

やろうかな。。

どうしようかな。。

 

って迷うことがあったら

迷わずやることをおすすめします

 

やらない後悔より

やる後悔が絶対いいです

 

 

 

余談ですが

 

大人になって

社会人として働きだしたら

 

他人の目を気にしろ!

って怒られちゃいました

 

難しいですね笑


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格199円(税込)

読者登録

△←おにぎりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について