閉じる


試し読みできます

もくじ

原田式「座るだけで膝痛撃退」

 

 

【もくじ】

 

 

●のうがき

 

 

 

 

●方法

 

 


試し読みできます

のうがき

原田式「座るだけで膝痛撃退」

 

 

【のうがき】

 

 

●膝痛は、なかなか良くならない。

私も随分苦労した。

激しい運動は膝には良くないのだが、ハードな運動をせずにはいられない心身になっている。

安静でジッとしているのも血流悪化を招き良くない。

適度な運動が大切なのである。

 

変形性膝関節症と診断され、治すには手術しかない、と宣告されている人も多い事だろう。

 

だが、手術したからと言って100パーセント良くなるとは限らない。

かえって悪くなってしまい、膝が曲がらない、歩けないなんて人は随分見てきた。(医者が保証弁償してくれるはずもないんだよ。)

 

そうなると、脚の筋肉収縮が十分にできなくなり、腰痛を始め多くの障害を生じることも珍しくない。

膝が曲がらない生活、歩けない生活の不便を感じながら、寿命を縮めてしまう結果にもなる。

 

●老いは足からと言われるように、加齢と共に足が弱ってくる。

下半身の血流が悪くなってしまっているのである。

 

しゃがんだり、立ち上がったり、床に座ったり立ったりしたら脚や膝に痛みや違和感を感じていませんか?

 

椅子へ座った時、立つときにも違和感は感じませんか?

 

電車内で立っていると、足腰がだるくなりませんか?

 

それらは下半身の血流が悪くなっている証拠。

やがて、或いは既に膝痛へのアプローチが始まっている。

現実に膝に痛みがある方は足腰にいち早く違和感が表れるはず。

 

●足脚に老廃物が溜まっているから下半身が弱ってくる。

足脚の筋肉に老廃物が溜まっている、フクラハギを揉めば、痛くって。

太ももも痛くって、足裏も…。

それらの老廃物を取り除くことも大切だとは思う。

 

それに足脚の関節にも老廃物が溜まっている。

股関節、膝関節、足首関節にも老廃物が溜まっているのである。

そけらを上手に取り除けば良いのだが…。

それだけで、膝痛、脚の痛みは随分良くなってしまう。

 

それらの各関節の可動域が広がることで、全身の柔軟性アップにもなる。

柔軟アップになることで、足脚の筋肉を始め、多くの身体筋肉の伸縮性が出てくる。

大幅な血流アップが見られ、膝痛、脚痛に劇的に効果が現れる。

 

股関節、膝関節、足首関節の可動域を広げる、原田式「座るだけ」を3分すれば、素晴らしい効果が判る。

(膝脚以外の部位にもとても効果が高いのは言うまでもない)

 

 

●私の膝異変はウンチ座りでも判る。

片側の膝が調子悪い時はウンチ座りすれば左右の膝の高さが違う。

お尻の位置もおかしい。

 

だが、原田式座り方を3分?5分?×2回行えば、膝の高さにお尻の位置が整う、もちろん膝の痛み等も激減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について