閉じる


「もう、どれだけ経(た)つだろう」
「君がここに来てから5時間は過ぎたな」
「おばあさんは?」
「寝ているよ、夜中だもの」
「まだ、生きているってことだよね?」
「すやすやと気持ちよさそうだな」

 それを聞いてベニテングタケは、力なく座(すわ)りこみました。
 そして、おばあさんの胃袋(いぶくろ)に、改(あらた)めて尋(たず)ねたのです。

「お腹は、まだ痛(いた)くないの?」

「ぜんぜん」

 ベニテングタケは、キノコの仲間。そして、食べると怖(こわ)い毒(どく)キノコ……のはず。


 夏の初めに、里山(さとやま)の雑木林(ぞうきばやし)で生まれ、秋の初めの今日、この家のおじいさんが摘(つ)み取って帰りました。
 だいじょうぶでしょうか。夕食に出されて、今は、おばあさんのお腹の中。

 ベニテングタケにとって、里山の雑木林は、とてもつらい場所でした。
 見上げる空には、クヌギやコナラの木たちがいて、頭の上からいつも意地悪(いじわる)を言われたからです。

「おい、おまえ。キノコのくせにどうして真っ赤(まっか)な色をしてるんだ?」
「まずそうな色をして。毒も有りそうだ」

 生まれてしばらくは、鮮(あざ)やかな赤色だったから、高い上からも、はっきり見分けがついたのです。


 また、あるときは――

「お前を食べるとどうなるんだい。腹をこわすとか、息ができなくなるとか。それともコロリと死んでしまうのかい?」

 アリの行列が、頭の傘(かさ)を渡りながら尋(たず)ねてきます。

「ぼくは知らないよ。自分を食べたことがないんだから」

 ベニテングタケは、少し怒(おこ)ったふうにそう答えました。

 すると――

「みんな、気を付けろ。ああ怖い怖い」
 アリたちは、逃げるそぶりでからかいながら、巣(す)へともどって行きました。


 だからベニテングタケは、こんな雑木林(ぞうきばやし)をいつか抜(ぬ)け出したいと願いました。
 けれど、手も足も無いのだから、しかたがありません。

 たまに人間が、キノコ狩(が)りにやって来ても、真っ赤(まっか)なキノコは、見向きもされませんでした。

 ところが今日、ベニテングタケは、とうとうこの雑木林を後(あと)にします。

 昼間、おじいさんがやって来て、しゃがみこむなり、目と目が合いました。
 節(ふし)くれの太い指がのびてきて、根元のほうをつままれて、すると、すぽっと地面を離(はな)れて行くではありませんか。


「やった! やった!」

 ここにいてしばらく経(た)つうち、だんだん体は赤茶色に変わって、美味(おい)しそうにも見えたのでしょう。

「僕は、だましていない。勝手に茶色くなったんだから。僕を食べて……何が起きても知らないよ。食べる方が悪いんだ」

 そんな、身勝手を言ったベニテングタケ。実(じつ)はお腹の中で、暗い気持ちになりながらハラハラもしています。

「何も知らずに、僕を食べたおばあさん。今から苦しみだしたらどうしよう」

 心配な思いが心の底から湧(わ)いて、なんだか、申(もう)しわけない気もしてきます。



読者登録

しびよさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について