閉じる


試し読みできます

もくじ

3分間座れば効果が判る!原田式股関節ゆるめ

 

 

【もくじ】

 

●のうがき

 

 

●方法


試し読みできます

のうがき

3分間座れば効果が判る!原田式股関節ゆるめ

 

 

【のうがき】

 

●お尻の冷えを重視する人は少ない

お尻の役割りというか、股関節の役割というのが良いのか迷うところだけど。

人は疲れたら座りたいとか、横になりたいとか思うよね。

どちらもお尻を着ける状態になる。

お尻を着けることでお尻を圧迫し、お尻(股関節)の血流を良くしてくれる。

それで体がラクになるんだよ。

 

もちろん脚などの筋肉が緩まるのでその効果もあるが。

 

 

●お尻が冷えるとお腹も下腹も冷える

人の身体って、全身を血液が流れている。

途中で途切れることも無く、同じ血液が全身を巡っているんだ。

お尻が冷たいと、お尻で冷やされた血液が全身を巡ることになる。

特にお尻に近い部位である下腹やお腹にも冷たい血液が流れることになる。

 

下腹が冷え、お腹も冷えることになる。

下腹にある膀胱や前立腺、子宮なども冷えるわけだ。

お腹にある腸や胃なども冷えることに。

 

尿のトラブル、婦人病のトラブル、下痢や便秘、胃の不調などを生じてくるのは極自然の成り行きでは。

 

 

●股関節で血流がせき止められている

膝関節、肘関節など人には多くの関節がある。

関節には痛み物質などの不純物が溜まりやすく、腫れたり痛みが出たりしやすい部位である。

股関節は人体では最大の関節であり、他のあらゆる関節と同様に痛みなどの不純物が溜まりやすい。

溜まったんだからと言って痛みが出るとは限らない、痛みが出ないまま不純物は溜まっていく。

不純物が溜まれば、股関節で血流がせき止められ、血流をそこで阻害してしまう。

 

最大の関節に不純物が溜まるから、大きな血流阻害になりやすい。

血流悪化すると腰痛が出たり、坐骨神経痛が出たり、肩にきたり、頭部に…、弱いところに悪影響が出やすくなる

それらの症状が股関節を緩める座りをするだけで改善していく。詳細は私のFacebookを参照してください。

https://www.facebook.com/hideyasu.harada.5

 

 

●ストレスで血流悪化、お尻も冷たくなる

精神的ストレス、肉体的ストレスがあれば血流悪化になり、お尻の血流も悪化する。長く続けばそれだけお尻も冷たくなる。

股関節を流れる血液も減少する。

 

緊張を強いられる場面では、精神的ストレスが過剰になり、手足が冷たくなったり、お腹が痛くなったりと冷えている兆候を感じることが出来る。

 

激しい運動は肉体的ストレスを発症し、運動後に筋肉が硬くなってしまう。筋肉ポンプの働きが悪くなり、お尻への血流も悪くなり冷たくなりやすい。

早くお尻の冷たさを解消したいものである。

 

いつまでも冷たいままで過ごすと、様々な関節痛、筋肉痛、胃腸や呼吸器の不具合などといった症状が現れやすくなる。

もちろん股関節痛や腰痛などと言った症状も顕著に現れても不思議でない。

 

肉体的疾患ばかりでなく精神的疾患にも陥りやすい。

 

 

●加齢になると脚が細くなり、弱くなり衰えを感じる

脚の血流は大切であり、「老化は足から」なんて言われている。

脚の付け根である股関節、その血流が悪くなっているから脚への血流が悪くなってしまって当たり前。

脚も弱り、脚の痛みも生じやすく、筋肉も細くなってしまう。

膝が痛くなりやすいのもその所為が多分にある。

だから股関節を健全にしたいと願う人も少なくない。

 

股関節を健全にすると脚の筋肉も大きく出来る。脚も強くなる。

 

●健康のため運動するんだが、ウォーキング、ストレッチするんだが

運動、ウォーキング、筋トレ、ストレッチ、ヨガ、どれも大切だと思う。

でも、先ほども書いたがやり過ぎるとストレスになり身体を痛めてしまう場合が少なくない。

お尻、股関節の血流が減少し様々な症状を生み出してくる。

上手く股関節をケアーすることが大切なのである。

 

 

●「股関節は悪くない」と考えている人が殆どだが、それは大きな間違い

開脚は180度出来るし、股関節の痛みは無いし、…、なんて人も多い。

だから股関節は健全だと考えている人も少なくない。

股関節が全くの健全!

なんて人は居ないのでは?

人は様々な痛みが出たり不具合が出れば必ず股関節に現れている。

 

●股関節が健全になれば体は暖かくなる。

冷え性体質でアレもコレもソレも良くない、なんて人は多い。

お尻(股関節)の血流を良くすれば冷え性体質も改善される。

冷え性は血流が上手く回っていないから冷えているのである。

最大の関節の血流を改善してあげれば身体は暖まり、様々な不調も良くなる。

 

●子供でも股関節が良くない

最近の子供達、アレもしなければ、コレもやらないと、なんてやらされている。

本当に自分がやりたいことをやるのならストレスにはならないのだけれど。

学校だ、塾だ、スポーツだと頑張っている。

勉強が判らない、面白くも無い学校に行かなければならない、とてもストレスだ。

違う方向の遊びを見つけて過ごしているのは自分自身を守るため、病気にならないための方法なんだと思う。

我慢して、ジッと耐えて、なんてしていたら病気になってしまうよ。

 

まぁ、私の愚痴はこのくらいにして。

腰が痛くなる子、股関節が痛くなる子、ウンチ座りが出来ない子(これも血流が悪いから)、お腹が弱い子、アレルギーの子、…、何かと弱体化した子供たちが多いと感じている。

そんな子供たちの股関節を揉むと、とても痛がる子が殆どである。

ちなみに、今回は揉んで改善するという方法ではない。

座るだけで改善する楽ちんな方法である。

 

健康法はグウタラに、ラクに、効果的に出来るのが一番である。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について