目次
目次
まえがき 悪の足跡の追求
タナトスの解説(集団ストーカーの指揮者、対人恐怖を作る人々)
タナトスの一族~カニバリズム、人身御供、アトランティス王国、最終戦争ラグナロク、タングート、西夏、アサシン教団、狼男、チャガタイ・ハン国、タウングー朝、ズールー帝国、アフリカ独立運動、ボコ・ハラム
ティールタンカラの一族~アーリア人、仏教、継体天皇、中臣鎌足、藤原不比等、白河天皇、鳥羽天皇、マリ帝国、聖フェーメ団、ジェノヴァ共和国、ルクセンブルク公国、モナコ公国
デウスの一族~ジャイナ教、河伯、サータヴァーハナ朝、フン族、アッティラ帝王、稲荷神社、九頭龍、風水、足利尊氏、後醍醐天皇、シャーマニズム、クエーカー教、住友財閥、三井財閥
ダーナ神族の一族~ディオニュソス、デニエン人、猿田彦、契丹、デーン人、鬼、酒呑童子、ハーバード大学、ジョージ・ワシントン大統領、アメリカ連合国、統一イタリア王国、カナダ、ニュージーランド、阿含宗
アブラハムの一族~シュメール文明、エフライム族、バアル、アフラマズダー、ゾロアスター教、マケドニア王国、聖徳太子、ピサ共和国、奥州藤原氏、フランシスコ・ピサロ、ヴァーサ朝、フィンランド共和国
預言者ナタンの一族~ラピタ文化、ダン族、ソロモン王、ミディアン人、ストーンヘンジ、アテーナイ王国、ヒクソス、アマルナ宗教改革、ケント王国、最澄、空海、源氏・平氏、マフディー国家
アッシュール・ダン1世の一族~魔神アスラ、タニス、北イスラエル王国、アルメニア王国、グノーシス主義、コプト教、聖コルンバ、アルシング議会
ガリアのドルイド司祭(東本願寺)の一族~アテネ民主制、ローマ執政官、ソピテース、デマゴーグ、ヘロデ大王、ローマ帝国、フィリキ・エテリア、青年トルコ革命、クルディスタン労働者党
聖ドナトゥスの一族~渤海王、ブワイ朝、テンプル騎士団、ジンバブエ王国、ダホメー王国、ハイチ帝国、トンガ王国、リベリア共和国、ブータン王国、黒人地位向上協会、バハーイー教
ローマ教皇レオ1世の一族~ランゴバルト王国、メロヴィング朝、マズダク教、ウイグル可汗、浄土教、曹洞宗、ノルマン人、カルマル同盟、出雲大社、コーザ・ノストラ、オーストラリア、バチカン市国委員会
クリュニー大主教ベルノの一族~ナバラ王国、フランク・ローマ皇帝、カペー朝フランス王、民衆十字軍、土肥実平、長宗我部氏、キャンディ王国、三菱財閥、モロ民族解放戦線、ルワンダ大虐殺
クリュニー大主教アイマールの一族~キエフ大公国、シトー会、北条時政、聖フランチェスコ会、シチリア王国、イタリア共和国
クリュニー大主教ヒューの一族~ヒメネス朝ナバラ王、バルセロナ朝アラゴン王、ブルゴーニュ朝カスティーリャ王、バルバロス・ハイレッディン、チュニジア、アルジェリア、ユニオン・コルス
カペー朝ルイ7世の一族~メリナ王国、カンボジア王国、カリブ族、四季協会、ゴーストダンス、マウマウ団、ドラヴィダ進歩党、カーゴカルト、パプアニューギニア、クメール・ルージュ
カペー朝フィリップ2世の一族~ドイツ騎士団、白蓮教、小西行長と弥助、マラッカ王国、ブルネイ帝国、ベネズエラ共和国、リンガトゥ教、呪術師スビキロ、バラク・オバマ、フアン・グアイド
親鸞の一族~浄土真宗、時宗、一向宗、世界初の精神病院ベドラム、ブルゴーニュ朝・アヴィス朝ポルトガル王国、コンキスタドール、メキシコ帝国、麻薬カルテル
如信の一族~魔女狩り解禁、異端審問、伊勢大社、カペー朝フランス王、ボルボン朝スペイン王、スペイン共和国
覚如の一族~紅巾の乱、華僑、百年戦争、殺人集団タギー、琉球王国、アチェ王国、黎朝ベトナム帝国、白蓮教、シンガポール、日清食品、社会民主党、全能神
善如の一族~倭寇、恭愍王、足利義満、日野富子、三浦倭館、東林党、魏忠賢、フランシス・ドレイク、バッカニア海賊、カタール首長
綽如の一族~ヴァロワ=ブルゴーニュ公、ブルボン公、能登守、ハプスブルグ朝スペイン王国、デュポン財閥、ケベック解放戦線
巧如の一族~ジル・ド・レ、ヴァロワ朝フランス、マルタ騎士団、マラーター族、アフガニスタン王国、オマーン王国、ザンジバル帝国、ソコト帝国、マルタ共和国
存如の一族~応仁の乱、アラゴン王国、アヴィス朝・ブラガンサ朝ポルトガル王国、ポルトガル共和国、アルバニア共和国、マザー・テレサ、神の愛の宣教者会
蓮如の一族~スイス連邦参事会、魔女狩り、パッツィ家、ロレーヌ公、一向一揆、秘密委員会、ベルギー王国
実如の一族~毛利元就、オルデンブルク朝デンマーク、モロッコ王国、フランコ将軍、パレスチナ解放機構、トントンマクート、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三、統一協会
証如の一族~明智光秀、魔女狩り、戦国時代、オランダ王国、近衛家、クウェート王国、イギリス東インド会社、南アフリカ連邦、ジャム・カシミールのムジャヒディーン、湾岸戦争
顕如の一族~万暦の三征、魔女狩り、オランダ東インド会社、スチュアート朝、老論派、バプティスト教会、メソジスト教会、ヴァンダービルト財閥、パール・ジャム、KORN
教如の一族~織田信雄、東山天皇、仁孝天皇、孝明天皇、カメハメハ大王、ハワイ王国、トンガ王国、サモア独立国、フィジー共和国、エチオピア連邦民主共和国
宣如の一族~ハプスブルグ家、ブルボン家、プファルツ朝スウェーデン王、フルベ聖戦、フランス共和国、イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構
琢如の一族~英蘭戦争、マラーター王国、ベンガル太守、アワミ連盟、バングラデシュ、ジャマート=ウル=ムジャーヒディーン
常如の一族~後金時代、李氏朝鮮末期、琉球第二尚氏王統、東学党、ゴ・ディン・ジエム、大韓民団、戸塚ヨットスクール、ベトナム社会主義共和国、国民民主党、自由朝鮮
一如の一族~名誉革命、ジャコバイト、オラニエ=ナッサウ王家、南アフリカ連邦、オレンジ革命
真如の一族~イエズス会弾圧、ムガール皇帝、マラーター同盟、タタ財閥、デカン・ムジャヒディーン
従如の一族~田沼意次、徳川家重、松平定信、井伊直弼、水野忠邦、徳川慶喜、静岡県知事
乗如の一族~フランス革命、ベトナム植民地、ブラジル帝国、YMCA、セブンスデー・アドベンチスト教会、国際赤十字社、花粉症、AIDS
達如の一族~復古神道、尊皇攘夷、天理教、金光教、神社本庁、日本社会党、講談社、日本会議、ヒカルランド
大谷光勝の一族~興宣大院君、明治天皇、ビアフラ共和国、ソンミ村虐殺、コリン・パウエル、コンドリーザ・ライス、トニー・ブレア
大谷光榮の一族~大谷大学、大正天皇、昭和天皇、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラー、軍産複合体、パフラヴィー朝皇帝、アウグスト・ピノチェト、立憲民主党
大谷光演の一族~重慶爆撃、CTスキャン、ダライ・ラマ14世、ディズニー・カンパニー、スティーブン・スピルバーグ、ジャニーズ、タイム・ワーナー社、YOUTUBE
大谷光暢の一族~市川團十郎、ラビア・カーディル、ブルース・リー親子暗殺、地下鉄サリン事件、天安門事件、オウム地下鉄サリン事件、酒鬼薔薇聖斗、雨傘革命
大谷暢顕の一族~TV局アナウンサー、宮崎勤事件、足利事件、オウム真理教、神戸連続児童殺傷事件、学級崩壊、大阪池田小児童殺害事件、てるくはのる事件、SEALDs
大谷暢裕の一族~「集団ストーカー問題を克服する」、2014香港反中デモ、2014香港反政府デモ、2019逃亡犯条例改正案撤回デモ
大宛のドルイド司祭(西本願寺)の一族~大宛、クシャーナ朝、鳩摩羅什、曇鸞、浄土宗、隋、ウマイヤ朝イスラム帝国、北宋、舜天王統、ブギス族、ジョホール朝、林本源、中国仏教協会、台湾
王安石の一族~南宋皇帝、今川国氏、デリー・スルターン朝、曹洞宗、永平寺、総持寺、コーカンド・ハン国、イエメン王国、イスラム国
今川国氏の一族~アステカ帝国、凄惨な人身御供儀式、串刺し公ヴラド・ツェペシュ、見付天神の人身御供、血の伯爵夫人エリザベート・バートリ、モルダヴィア公、ルーマニア王国、モルドバ共和国
准如の一族~小早川秀秋、ドン・コサック、古儀式派、ノーベル賞、ベルナドッテ朝スウェーデン王、温暖化十字軍、グレタ・トゥーンベリ
良如の一族~保科正之、徳川綱吉、生類憐みの令、火付盗賊改、子供を殺すための法律「ブラック法」、大英帝国、オックスフォード=アスキス伯爵、MI6長官
寂如の一族~女帝エカチェリーナ、秘密結社イルミナティ、ナチス帝国、特高警察、モサド、中央情報局、アメリカ連邦捜査局
住如の一族~ナーディル・シャー、黒住教、ビン=ラディン・グループ、アルカーイダ、ソマリランド大統領、GOOGLE
湛如の一族~ジュンガル帝国、チャックリー家、タイ王国、ネパール王国、モンゴル人民革命党、霊友会、世界救世教、祟教真光、日本相撲協会
法如の一族~アヘン戦争、ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥、スカル&ボーンズ、第一次世界大戦、ホスピス、ロイター通信、北大西洋条約機構、アムネスティ・インターナショナル、児童文学ハリー・ポッター
文如の一族~九条道前、ウィリアム・ピット、薩摩戦争、切り裂きジャック、インディアン虐殺、BBC、タイタニック号沈没、ツタンカーメンの呪い、国際連合、連続児童殺人鬼アルバート・フィッシュ
本如の一族~ウクライナ東方カトリック教会、東トルキスタン、セルビア公国、ムスリム同胞団、ユーゴスラビア紛争、チェチェン紛争、南オセチア紛争、ウクライナ政変
広如の一族~長州藩藩主、伊藤博文、大隈重信、山縣有朋、龍谷大学、新渡戸稲造、白洲次郎、東条英機、日産コンツェルン、731部隊、ベトナム戦争
ネルソン・ロックフェラーの一族~ヘンリー・キッシンジャー、ビル・クリントン、湾岸症候群、ジョン・ベネ殺害事件、レバノン空爆、ロシアの人喰いズマガリエフ、ゾディアック、サムの息子、フェイスブック
デヴィッド・ロックフェラーの一族~ジョージ・ソロス、CNN、モンサント社、遺伝子組み換え作物、成長ホルモン、コソボ爆撃、コロンバイン高校銃撃、同性愛人喰いジェフリー・ダーマー、レオナルド・ディカプリオ
大谷光尊の一族~ウィンザー朝イギリス王室、ファシスト党、ディープ・ステート、連続殺人鬼ウィリアム・ハイレンズ、ウクライナ21、Twitter
大谷光瑞の一族~マンチェスター侯爵、ジョージ・H・W・ブッシュ、ケネディ大統領暗殺、湾岸戦争、冷戦終結、法輪功、国境なき記者団、自動運転技術テロ、オール電化テロ
大谷光照の一族~サウジアラビア王ファイサル、ロバート・ケネディ暗殺、ジョージ・W・ブッシュ、除草剤ラウンドアップ、連続殺人犯テッド・バンディ、世界同時多発テロ、キャラバン
大谷光真の一族~リヒテンシュタイン公、悪魔ビル・ゲイツ、マイクロソフト社、上祐史裕、プログラム自動ダウンロードテロ、異常行動テロ
大谷光淳の一族~リヒテンシュタイン公、2ちゃんねる、仙台女児連続暴行事件犯人、2019逃亡犯条例改正案撤回デモ、Qアーミージャパン
ユダヤ人(1731)の一族~ハザール帝国、薔薇十字団、カバラ神秘主義、ホフユーデン、人体自然発火事件、シオニズム運動、精神医学、エスペラント、モサド、ドイツキリスト教民主同盟、ゲノム編集
ユダヤ人(1908)の一族~ヒヴァ・ハン国、ガージャール朝、アドルフ・ヒトラー、ツングース大爆発、ロケット、マンハッタン計画、原子爆弾、水素爆弾、レーザー、コンピューター
あとがき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

57 / 67ページ

ネルソン・ロックフェラーの一族~ヘンリー・キッシンジャー、ビル・クリントン、湾岸症候群、ジョン・ベネ殺害事件、レバノン空爆、ロシアの人喰いズマガリエフ、ゾディアック、サムの息子、フェイスブック

Prince Ernst Heinrich of Saxony(1896~1971)※画像なし

ネルソン・ロックフェラー(1908~1979) フォード政権第41代アメリカ副大統領

 

※父ネルソンと子キッシンジャー、談笑の図。曰く「世界征服なんか楽勝だぜ。はっはっは」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Prince Ernst Heinrich of Saxony(ネルソン・ロックフェラー)の子

 

Prince Georg Timo Michael Nikolaus Maria of Saxony(1923)

ヘンリー・キッシンジャー(1923) 多重スパイ

伊藤宗一郎(1924~2001) 田中内閣科学技術庁長官、鈴木内閣防衛庁長官

ハサン・アリ・マンスール(1923~1965) パフラヴィー朝首相

ピーター・ジョージ・ピーターソン(1926) 外交問題評議会理事長

 

株式会社ブラックストーン・グループの共同創立者兼会長兼CEO、リーマン・ブラザーズ会長兼CEO、ベル & ハウエルCEO。ピーター・ジョージ・ピーターソンwikiより

 

チリ:チリ・クーデター(1973)
アメリカ:キャトル・ミューテーション(1973~1974)チリ・クーデター隠し
チリ:DINA創設(1973)タナトス由来
チリ:左翼狩り、多くのチリ市民を虐殺(1973)
チリ:陸軍総司令官、亡命先で爆殺(1974)
東ティモール:インドネシア軍侵攻(1975)
カンボジア:カンボジア・ベトナム戦争(1975~1989)
チリ:アジェンデ政権外務大臣、滞在先で爆殺(1976)
東ティモール:インドネシア軍が包囲殲滅作戦、20万人虐殺(1977)
カンボジア:ベトナム領パチュク村住民3157名を虐殺(1978)
東ティモール:サンタクルス住民殺戮事件、400人死亡(1991)
アメリカ:ジョージ・W・ブッシュの指南役(2001)
日本:TPP交渉参加方針を歓迎すると述べた(2011)

 

※「名前で歴史を知る方法」で全てを知ることができると考えていた筆者は、だが、キッシンジャーの正体が全く読めないでいた。彼は筆者にとって、永らく、謎の人物であった。しかし、顔で精査してみると本願寺の一族であることが分かった。安倍晋三にも良く似ている。冷戦時代から共産圏と資本主義圏を往来していた彼は、多重スパイなのだろう。

キッシンジャーの異母兄弟で影武者を務めている伊藤宗一郎は、田中角栄をロッキード事件でハメるために田中内閣に入閣し、科学技術庁長官を務めながらスパイ活動に勤しんだ。結構似ている。眉間を上げたらたぶんそっくりだ。さすが影武者だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ネルソン・ロックフェラーの子

 

Rodman Rockefeller(1932~2000)

ジェイ・ロックフェラー(1937) 民主党上院議員

クラウス・シュワブ(1938) 世界経済フォーラム主宰、ダボス会議議長

ライオネル・ダーマー(193?) ジェフリー・ダーマーの父

 

※シュワブはウソをつくための権威。ロバート・アルトマン監督の「突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録」で馬鹿にされていた。

 

Steven Clark Rockefeller(1936)

ロナルド・メイヤー(1944) NBCユニヴァーサル社長

ポール・ニューロップ・ラスムセン(1943) 第38代デンマーク首相 任期1993~1998

レオン・パネッタ(1938) オバマ政権閣僚

 

※メイヤーは実質、現代ハリウッドのボスである。彼はハリウッド俳優たちやロックミュージシャンを動員し、反トランプ大統領を演じさせている。命令に逆らえば生活を喪失してしまうのだ。彼の最大の罪は、映画をつまらなくしてしまったことだ。現在のハリウッドは、過去の名作、海外のヒット作のリメイクしか作れない無能の集団に成り下がってしまった。

 

Michael Rockefeller(1938~1961)

ビル・クリントン(1946) 第42代アメリカ大統領 任期1993~2001

エフード・オルメルト(1945) 第16代イスラエル首相 任期2006~2009

John Bennett Ramsey(1943) ジョンベネ父

 

※マイケルはニューギニア探検中に失踪を演じ、23歳で死んだことにしてその後はビル・クリントンを演じ、アメリカ大統領に就任した。そして、ユーゴスラビア紛争に邁進し、それを隠すためにコロンバイン高校銃撃事件を作り、湾岸症候群についての大統領諮問委員会の報告を消すためにジョンベネ事件を作った。イスラエルに派遣されたオルメルトは、影武者として生まれたと考えられる。

 

■2006年、オルメルト首相がレバノン空爆を実施した。その時に空爆を受けたレバノン人の声が「どんな兵器を使えばこんな風になるんだ??」である。この空爆ではマイクロウェーブ兵器が使用されたようだ。下記の文章はレバノンの医師が綴ったものである。

 


 「2006年7月19日、ベイルートにて。 すべての写真はあまりに陰惨であり、見るに耐えませんがみなさんに見て頂きたいと思い添付いたしました。どのような武器を使用すればこのような損傷を人体に与えることが出来るのかぜひみなさまもお考え下さい。みなさまの中にお分かりになる方はいらっしゃるでしょうか?それとも想像も及ばないでしょうか?これらの兵器は未確認であり、公表されていないだろうと思う。しかしイスラエルがレバノン攻撃に際し、国際法に違反するような非人道な新兵器を使用してる可能性は否定できません。
南部中央病院からの報告:サイダ(南部レバノン)の病院での状況は良好とは言えない。バシル・シャム博士(フランス心臓血管手術協会会員)は空爆被害者の遺体の損傷状態、特にドウエイル、ルミャレイでの空爆被害者の遺体損傷の状態は異常だと指摘する。『死体は芯まで焼け焦げており、真っ黒で、膨張しているものもあれば縮んでいる者もあり…いずれも不快な臭気を放っている…』。ほとんど全ての遺体がこのような状態だ博士は語っている。髪は燃え残っており、一切の流血が見られないのも特徴だ」

 

■写真は世界を騒然とさせたジョンベネである。本願寺門主(タナトスの王)は、公職に就いている時ほど殺人を楽しむ傾向がある。つまり、ジョン・ベネは実際にクリントンが殺した。ジョンベネの父ジョン・ラムゼイはクリントンの影武者なので容易である。

ジョンベネ殺害事件は情報操作のために創られた事件であるが、クリントンの趣味も兼ねていたわけだ。雪の夜にも関わらず足跡もないなどとミステリー仕立てだったが、簡単なことだ。目撃者が全員ウソをつけばいいだけの話である。難しいことは何もない。

偶然なことに、アメリカでは同年同月に「大統領諮問委員会」がある最終報告書を発表した。 そこには「湾岸戦争帰還兵の健康問題は劣化ウランに被爆した結果ではありえない。湾岸戦争症候群の原因は戦争における精神性のストレスによる」とあったのだ。簡単にいえば、「湾岸シンドロームは精神病だ」と述べているのだ。クリントン政権は自分の非を認めず、放射線障害に苦しむあわれな帰還兵に責任を押し付けたのだ。
大統領諮問委員会の報告を世間から風化させ、被害者家族の反応・反論をマスメディア上から風化させるためにジョンベネはクリントン政権に殺された。現にジョンベネ事件が発覚した後はアメリカの茶の間ではジョンベネ事件でもちきりになり、湾岸シンドロームの人々の声はマスメディア上から完全にかき消されて しまった。

 

Mary Rockefeller(194?)

マルグレーテ2世(1940) デンマーク女王 在位1972~現在

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ヘンリー・キッシンジャーの子

 

Elizabeth Kissinger(1949?)※画像なし

アントニオ・グテーレス(1949) 第9代国連事務総長 任期2017~現在

アフメト・ウズムジュ(1951) 化学兵器禁止機関事務局長

 

化学兵器禁止機関の2014年度予算は約73,304万ユーロ。 化学兵器廃棄に向けた活動が評価され、2013年10月11日にノーベル平和賞を受賞している。アフメト・ウズムジュwikiより

 

※写真は民主党の指示により化学兵器攻撃で死んだ少年。民主党は自分の手で子供を殺し、シリア政府のせいにした。ALL OF DEM ARE CRAZY というところか。ノーベル賞は彼らを守る盾であり、敵を攻撃する武器である。化学兵器禁止機関の敵とはアサド政権とプーチン政権である。ウソをつくための権威。

 

David Kissinger(195?)

ローレンス・バコウ(1951) ハーバード大学学長

 

※ハーバードは自分のためにウソをつく人材に権威を与え、世界に送り出している。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Rodman Rockefellerの子(ネルソン・ロックフェラーの孫)

 

Meile Rockefeller(1955)

Patsy Ramsey(1956~2006) ジョンベネ母

ウラジミール・グランスキー(1952) オリガルヒ

ニコライ・ズマガリエフ(1952) 喰人シリアルキラー(女性50人)

 

※パッツィーはメリエの影武者として生まれた。娘であるジョンベネは無残な死を遂げたが、どうも里子であるためか、ショックを受けているように見えなかった(もともとタナトスの一族ということもあるが)。パッツィーは49歳で死んだことにして潜伏し、今でもメリエの影武者として働いていると考えられる。かわいそうなのは、もうひとりの里子と考えられるジョンベネの兄だ。彼は真実を何も知らず、死んでいくのだろう。

稀代の人食い殺人鬼ズマガリエフとグランスキーは女性であるメリエの影武者として生まれた。ズマガリエフとグランスキーは異母兄弟ではなく、同一人物の可能性が高い。以下はズマガリエフの詳細。

 

この男は、チカチロと並ぶ「ソビエトが産んだ連続殺人鬼」である。犠牲者の数も50人以上と互角だが、「食人鬼」として見た場合、デュマガリエフの方が一枚上手である。チカティロは変態性欲の延長として食べていたに過ぎないが、デュマガリエフは積極的に調理し、友達に振る舞っていたのだ。殺人博物館より

 

Peter Rockefeller(195?)

デヴィッド・バーコウィッツ(1953) シリアルキラー(男女6人)

ゾディアック(生年不詳) シリアルキラー(男女5人?37人?)

 

ゾディアックは1968年から1974年にかけて、カリフォルニア州サンフランシスコ市内で若いカップルを中心に少なくとも5名を殺害した。犯行後に警察やマスコミへ多量の犯行声明文を送りつけたことから、「劇場型犯罪」の一つとして有名である。 ゾディアックwikiより

 

バーコウィッツは1976年から1977年にかけて、ニューヨークで若い女性やカップルら13人を44口径の拳銃やショットガンで銃撃(一人は刃物で刺)して6人を殺害し、8人に重軽傷を負わせた。 デヴィッド・バーコウィッツwikiより

 

※以上、ゾディアックとバーコウィッツの手口は同じだということが分かる。つまり、バーコウィッツがゾディアックであった。ゾディアックの場合はディープステートによる指示だった。目的はベトナム戦争の報道をメディア上から風化させることである。だが、サンフランシスコでの仕事を終えながら、殺しが癖になってしまったバーコウィッツは我慢できず、地元ニューヨークでも同じことをしてしまった。

 

Stuart Rockefeller(195?)

トーマス・イルヴェス(1953) 第4代エストニア大統領 任期2011~2016

フランソワ・オランド(1954) 第24代フランス大統領 任期2012~2017

ジャン・クロード・ユンケル(1954) 第12代EU大統領 任期2014~現在

 

※スチュアートは人殺しみたいな顔をしているが、たまたまだろうか?イルヴェス、オランド、ユンケルはスチュアートの影武者として生まれた。似すぎだ。スチュアート以外の3人の影武者は良く似ている。オランドは「黄色いベスト運動」を支援している。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ネルソン・ロックフェラーの子

 

Nelson Aldrich Rockefeller Jr(1964?)

ハインリヒ・ベッドフォード=ストローム(1960) バイエルン福音ルター派教会監督、ドイツ福音主義教会EKD常議員会議長

ワーナー・バウマン(1962) バイエル社CEO

 

※ドイツと北欧の信者数百万人を自由自在に操ることができる。ルター派のラジコンマスター。

 

Mark Rockefeller(1967)

デビッド・キャメロン(1966) 第75代イギリス首相 任期2010~2016

ギャビン・ニューサム(1967) カリフォルニア州知事、民主党

ニック・レーン(196?) アクサ生命保険CEO

ジャスティン・トルドー(1971) 第29代カナダ首相 任期2015~現在

 

※2018年、カリフォルニア州は宇宙人(科学の種族トバルカイン)が操る意志を持つ炎によって焼かれた。ニューサムは心底びびっていただろう。ニヤけたトルドーは、家族の厚意として安倍政権が推進するTPPを批准した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マルグレーテ2世の子

 

ヨアキム(1969) デンマーク王子

パトリック・ハーラン(1970) パックンマックン

 

※パックンは最近文化人としてコメンテーターの座に座ることが多い。それが目的なのだろう。親しみやすいキャラで売りながら大勢のバカの目を欺き、世論操作を行う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビル・クリントンの子

 

Chelsea Clinton(1980)

メッテ・フレデリクセン(1977) 第42代デンマーク首相 任期2019~現在

マーク・ザッカーバーグ(1984) フェイスブックCEO

 

※チェルシーとメッテはくりそつである。同一人物の可能性も高い。フェイスブックは、アラブの春など、実質上のテロ、一向一揆型のテロを助長した。ザッカーバーグは、オバマと同じく、性転換男性と結婚しているようだ。

 

 

 


デヴィッド・ロックフェラーの一族~ジョージ・ソロス、CNN、モンサント社、遺伝子組み換え作物、成長ホルモン、コソボ爆撃、コロンバイン高校銃撃、同性愛人喰いジェフリー・ダーマー、レオナルド・ディカプリオ

デヴィッド・ロックフェラー(1915~2017) 白洲次郎の子(ロックフェラー財閥)

ガマル・ラインヴェルト(1919~1942) レイプ殺人犯(南アフリカ・女性4人)

 

※優性遺伝子ブリーダーによって生まれた息子ロバート・B・シャピロが経営するモンサント社に対し、金銭的な援助を惜しまなかった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デヴィッド・ロックフェラーの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジョージ・ソロス(1930) ソロス・ファンド・マネジメント

ラウル・カストロ(1931) キューバ共産党中央委員会委員、同中央委員会第一書記

 

※デヴィッド・ロックフェラーの子であり、白洲次郎の孫である。ソロスの名は祖父の名「白洲」に因んでいる。ロックフェラーが撒いた悪の種の中でも、特に大成した悪の首領だ。キューブリックは遺作「アイズ・ワイド・シャット」の中にニコール・キッドマン扮する女性を口説くハンガリー出身のサボスなる男を登場させた。サボスはソロスを揶揄したものと考えられる。これがキューブリックの死因だろう。

ラウルはソロスの影武者であり、デビッド・ロックフェラーの子である。優性遺伝子ブリーダーが運営する里子制度によってフィデルと兄弟になった。印象深いのがオバマと出会ったときのことだ。オバマがラウルの肩に手を乗せようとしたところ、それを阻んでオバマの手を掴み、チャンピオンにするように上に挙げてごまかしたのだ。これは敵(ダヴィデの一族)を騙すための行動だったようだ。

 

ジェームス・ウォルフェンソン(1933) 世界銀行総裁

セルジオ・バランチーノ(1934) NATO事務総長代行

 

ダイアン・ファインスタイン(1937) 民主党上院議員

マデリーン・オルブライト(1937) クリントン政権閣僚

 

※ウソをつくための権威。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デヴィッド・ロックフェラーの子

 

David Rockefeller Jr.(1941)※画像なし

テッド・ターナー(1938) CNN創設

ロバート・B・シャピロ(1938) モンサント社長

デヴィッド・ウォーカー(1941) CNN系列ジャーナリスト

 

※ターナーとシャピロは、2人とも地獄の怪物として正しく悪の道を、他の何者でもない外道として邁進した。ターナーはウソを垂れ流し、シャピロは遺伝子組み換え事業を推進した。

遺伝子組み換え食物のフォーラムで「あなたがたはギャングだ」と言われたシャピロは、顔色も変えずに「わたしがギャングだとしたらとても成功しているとはいえない」と平然と返している。この返しは、普通の精神状態では不可能だ。一方、デヴィッド・ロックフェラーはモンサントCEOのシャピロを自分の子であると知っていたため、金銭的な支援を惜しまなかった。

 

Abby Rockefeller(1943)※画像なし

ジョージ・ペル(1941) オーストラリア・カトリック司教会議議長

エイブラハム・フォックスマン(1940) 名誉毀損防止同盟最高責任者

 

※ペルは、オーストラリアの信者数百万人を自由自在に操ることができる。オーストラリアのラジコンマスター。筆者が彼をタナトス認定するだいぶ前に、彼は既に児童性的虐待容疑で逮捕されていた。筆者の見方は当たっているようだ。

 

Neva Rockefeller(1944)※画像なし

ジョルジュ・ポンティエ(1943) フランス・カトリック教会大主教

ハビエル・ソラナ(1942) NATO第9代事務総長

ハンス・ペーテル・カウル(1943~2014) 国際刑事裁判所第二次長

 

※フランスの信者数百万人を自由自在に操ることができる。フランスのラジコンマスター。フランス中の邪教信者に命じて「黄色いベスト運動」を指揮している。本願寺のフランス領土はロレーヌを中心にしたフランス北東部であるが、北東部は被害にあっていない。黄色いベスト運動によって被害を蒙っている地域は、だいたいが北西部(ノルマンディー、パリ)や南部(マルセイユなど)である。ジョルジュ・ポンティエを殺害すれば黄色いベスト運動は消滅するだろう。

 

※クリュニー会は、マクロン大統領のような強い人物に指示することは出来ない。なので変わりに大勢の弱者を脅して動かしている。弱者は、強い人間よりも怖い人間の側に付くという性質を持っている。

 

Richard Rockefeller(1949)※画像なし

ジョージ・ロバートソン(1947) NATO第10代事務総長

 

※ジョージ・ロバートソンは、NATO事務総長時代に異母兄弟のビル・クリントン米大統領と組んでコソボ爆撃を実施した。そしてその事実をアメリカの納税者から隠すためにコロンバイン高校銃撃事件を製作・指揮した。

 

Margaret Rockefeller(1947)※画像なし

ロイス・ハート(1950) CNNキャスター

 

Eileen Rockefeller Growald(1952)

ロバート・ゼーリック(1953) 世界銀行総裁、ブッシュ政権政策顧問団バルカンズ

ハーヴェイ・ワインスタイン(1954)  ハリウッドプロデューサー

 

※ワインスタインはセクハラでハリウッド女優たちに報復されている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デヴィッド・ロックフェラーの子(優性遺伝子ブリーダーによる)

 

ジェフリー・ダーマ-(1960~1964) 同性愛喰人シリアルキラー

 

1978年から1991年にかけて、主にオハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年を絞殺し、その後に屍姦、死体切断、人肉食を行った。その突出した残虐行為は、1990年代初頭の全米を震撼させた。またこの事件では、ミルウォーキー警察当局の無能と、人種的および性的マイノリティに対する偏見がジェフリーの蛮行を許したとして厳しく非難されることになった。wikiより

 

※一方、この事件は、ユーゴスラビア紛争の報道をメディア上から風化させる機能・目的も持っていた。

 

レオナルド・ディカプリオ (1974) 俳優

 

※デビッド・ロックフェラーの子であるなら、ディカプリオも幼児の性的虐待などに関与しているのは間違いない。噂もあながち侮れない。ディカプリオが本格映画デビューを果たした1993年に次世代のスターの座を約束されていたリバー・フェニックスが変死しているが、ロックフェラー家がディカプリオのキャリアの前に立ちはだかる邪魔者を始末したと考えられる。リバー・フェニックスが存在しないおかげでディカプリオは1995年から主役を張り、映画界で頭角を現すことが出来た。

 

 

 


大谷光尊の一族~ウィンザー朝イギリス王室、ファシスト党、ディープ・ステート、連続殺人鬼ウィリアム・ハイレンズ、ウクライナ21、Twitter

妙香華院(1850) 孝明天皇第一皇子※画像なし

大谷光尊(1850~1903) 西本願寺第21代門主

清浦圭吾(1850~1942) 内閣総理大臣

 

日本:高橋お伝による殺人事件(1876)
日本:西南の役(1877)
日本:天理教弾圧、教祖中山みき拘留・拷問(1887)
日本:大日本帝国憲法・皇室典範発布(1889)
朝鮮:日本軍、漢城に入る(1893)
中国:日清戦争(1894)
中国:下関条約(1895)
日本:治安警察法公布(1900)
日本:日英同盟(1902)

 

※明治の苗字必須により、西本願寺では大谷光尊のときから「大谷」の名を名乗り始めた。大谷の名の由来はTANATOS(タナトス)の反対SOTANATのOTANAである。OTANA=オータナ=大谷となる。西本願寺第二十一代門主。大谷光尊と清浦奎吾は同一人物である。顔が良く似ている。清浦時代に光尊は内閣総理大臣にまで上り詰めたが、5ヶ月で退陣した。当時は、まだ道皇帝の一族も強かった。

 

順子内親王(1850~1852) 孝明天皇第一皇女※画像なし

ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエ(1851~1926) デンマーク王妃

 

理宮(1861~1862) 孝明天皇第四皇女※画像なし

メアリー・オブ・テック(1867~1953) イングランド王ジョージ5世配偶者イギリス王妃

 

王家の宝石のリストを作らせたり、貴族の家に行くと家宝を褒めちぎって献上させたりした事でも悪名高く、「よく言っても強盗の一歩手前のような方で」とまで言われた。ロマノフ家の人々がイギリスに亡命した時には、王妃に見つからないように一生懸命品物を隠した(結局は取り上げられてしまった)という。wikiより

 

アレグザンダー(1884~1957) メアリー・オブ・テック弟※画像無し

ベニト・ムッソリーニ(1883~1945) ファシスト党党首、イタリア首相

 

イタリア社会党で活躍した後に新たな政治思想ファシズムを独自に構築し、国家ファシスト党による一党独裁制を確立した。 wikiより

 

※ムッソリーニはその顔からメアリー・オブ・テックの弟ではなく、年齢からいっても息子ではないかと考えられる。それが事実ならムッソリーニが生まれた時、メアリーは16歳であった。そのためにムッソリーニはイタリアに住むタナトス一族の家に里子に出されたわけだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

稚瑞照彦尊(1873) 明治天皇第一皇子※画像なし

後藤武夫(1870~1933) 帝国興信所創業

野口遵(1873~1944) チッソ創業者・日窯コンツェルン

ハム・テヨン(1872~1964) 李承晩政権

ホーコン7世(1872~1957) ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエの子(グリュックスブルク朝初代ノルウェー王)※画像無し

 

※3人は顔が良く似ている。影武者ではなく同一人物だろう。後藤は悪徳探偵の親玉でありながら野口に変身してチッソを創業し、日窯コンツェルンを一代で築いた。野口亡き後、チッソは水俣病に揺れる。しかし、実際には72歳で死んだことにして朝鮮半島に渡り、ハム・テヨンとして李承晩政権に関係し、失脚後も生き延び、92歳まで生きた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

メアリー・オブ・テックの子

 

エドワード8世(1894~1972)  イギリス国王

 

※上の画像はエドワード8世とヒトラーの交流の図である。エドワード8世は大谷光尊の孫であるため、アドルフ・ヒトラー(父方大谷光榮の一族+母方ユダヤ人1908の一族)と親交を暖めた。

 

ジョン(1905~1919) ジョージ5世の子(イギリス王子)※画像無し

ヒュー・ローダム(1911) ヒラリー・クリントンの父親

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエの孫

 

アレクサンドリーネ=ルイーセ(1914~1962) デンマーク王女※ハーラルの子

ドロシー・ローダム(1919) ヒラリー・クリントンの母親

 

ゴーム(1919~1991) デンマーク王子※ハーラルの子

フィリップ・エディンバラ公(1921~2019) エリザベス2世配偶者

 

※フィリップ殿下は2019年1月18日、交通事故で死んだ。彼が交通事故で死んだのは、彼がダイアナの殺人の首謀犯だったことを意味している。つまり事故は、復讐と断罪を秘めた暗殺だった。一方、フェイクメディアは「97歳の殿下は事故で車が横転したにも関わらず無傷だった」と報道している。ありえない。翌日には「フィリップ殿下、今度はシートベルトをしないで運転」と報道されていた。このフェイクニュースをもって彼は既に死んでいると考えることが出来る。次は誰の番か?

 

オーロフ(1923~1990) ハーラルの子※画像無し

シャウル・アイゼンバーグ(1921~1997) 軍事企業アンゼンバーグ社

 

スイス・イスラエル貿易銀行の経営にはシャウル・アイゼンバーグ(Shaul Eisenberg)が参画した。wikiより

 

ヨアン・フレゼリク・オーウ・エーリク・ヘリェ・カステンスキョル(1928~1964) ダウマーの子※画像無し

ウィリアム・ハイレンズ(1928~2012) シリアルキラー

 

※画像は若き日と晩年のハイレンズ。シカゴの連続殺人鬼。「これ以上、人を殺す前に逮捕してくれ!自分 が抑えられない」と、口紅で壁にメッセージを書いたことで知られている。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

イギリス国王ジョージ6世の子

 

エリザベス女王(1926)

ジョゼフィーヌ=シャルロット・ド・ベルジック(1927~2005) アストリッド・ド・スエードの子

 

マーガレット(1930~2002)

エヴェリン・ロバート・ロスチャイルド(1931) ロスチャイルド財閥

 

※上の二人は性別を超えて似ている。エヴェリンはマーガレットの影武者として生まれた。しかし、影武者の立場を脱してロスチャイルド財閥の中心人物となった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

クリスティアン・ツー・シャウムブルク=リッペの子(ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエの曾孫)

 

ヴィルヘルム(1939)※画像無し

アニーバル・カヴァコ・シルヴァ(1939) ポルトガル大統領

 

ヴァルデマール(1940)※画像無し

ジョー・バイデン(1942) オバマ政権副大統領

 

※ジョー・バイデンは幼児性愛者として知られている。アメリカではCREEPY UNCLE JOE(気持ち悪いジョーおじさん)として知られている。公衆の面前で少女を愛撫しているところをカメラに何度も撮られているくらいだ。幼女の胸にさりげなく手をやり、嫌がった少女に避けられている映像もyoutubeで見ることが出来る。おぞましい限りだ。このような人物がアメリカ副大統領にまで登り詰めることができるとは。

公衆の面前で少女を辱めても少女や親は何も出来ない。抵抗も批判もできない。だから自分には「力」があると勘違いしている。それは「力」ではない。ホンモノの王の力はそんなものではない。バイデンの力は、所詮、できそこないや犯罪者が考える「力」だ。

ジョー・バイデンの最初の妻と娘が交通事故で死んでいるが、これは、バイデンがじきじきに殺したと考えられる。妻がペドフィリアのバイデンから子供を守ろうとしたのだ。で、妻と娘は殺され、長男と次男だけが残された。基本的にきもいゲイであるバイデンは、最初の妻とは偽装結婚であり、妻は例によって優性遺伝子ブリーダーによって誰か別の優れた男の子供を生んだ可能性がある。で、バイデンは陵辱目的で息子たちだけを手元に残すことを計画し、うるさい妻を殺害した。その上で、妻がいないことをいいことに日夜寝ている間に息子たちをレイプしたと考えられる。
そのバイデンの息子ボー・バイデンは46歳で死んでいる。本願寺の家族が病気で早死にすることはありえない。その点からバイデンの子ボーは優性遺伝子ブリーダーで作られたバイデンとは血縁関係がない子供だということがわかる。しかし、ボー・バイデンがジョー・バイデンの罪を追求し始めたのだろう。で、ジョー・バイデンは息子を殺した。本願寺はそういうやつらだ。

 

ハーラルト(1948)※画像なし

アル・ゴア(1948) クリントン政権、気候変動に関する政府間パネル

 

※ウソをつくための権威。こいつがアホな「ペアレンタルアドバイザリー」マークをレコードジャケットに印刷することをはじめた。こんな悪党がペアレンタルアドバイザリーもクソもあるか。アニーバル・カヴァコ・シルヴァ、ジョー・バイデンの弟である。共産主義という敵が存在しなくなった1992年、敵を作るために温暖化十字軍を結成する。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デンマーク王子ハーラルの孫(ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエの曾孫)

 

ティーラ(1939) デンマーク王女アレクサンドリーネ=ルイーセの子※画像無し

ナンシー・ペロシ(1940) アメリカ民主党党首

 

クリスチャン(1942~2013) デンマーク王女カロリーネ=マティルデの子※画像無し

パルヴェーズム・ムシャラフ(1943) パキスタン首相

 

マリー・ルイーゼ(1945) デンマーク王女フェオドラの子※画像無し

ヒラリー・クリントン(1947) ヒュー・ローダムの子(民主党大統領候補)

 

※現在のヒラリーはマリー・ルイーゼである。本物のヒラリーは何らかの事情で既に存命ではないだろう。ところで、TV番組「アーノルド坊や」を知っている人は、アーノルドの姉役のキンバリー(ダナ・プレイトー)のことも覚えているだろう。だが、このダナ・プレイトーは、1984年に20歳で妊娠によりアーノルド坊やを降板している。その後は不遇な人生を送り、34歳で自殺し、息子のタイラーも25歳で自殺している。
 なんと、ヒラリーの若い頃はダナ・プレイトーにそっくりだ。一緒にしたくないな、と内心思ったが、ダナ・プレイトーはどうも出生に秘密があり、実母のことはwikiには詳細に記載されていない。で、好奇心の強い俺はのめりこんでしまった。 結論、ダナ・プレイトーはヒラリー・クリントンの娘である。
まず、wikiをみるとダナの実母は氏名不明であり、18歳の未婚女性なのだという。しかし、その時点で生後18ヶ月の子がいたために養子に出したのだそうだ。それがダナ・プレイトーの人生の始まりである。
調べると、ヒラリーは当時17歳である。で、ヒラリーは高校時代には若き共和党員として働き、バリー・ゴールドウォーターという大統領候補を応援するゴールドウォーターガールを務めている。1964年のことだ。どうも、ダナ・プレイトーの父親は、この当時55歳のバリー・ゴールドウォーターのようだ。で、母親は17歳のヒラリー。ダナの眉毛は父親譲りなのではないか?
ヒラリーとしては大統領候補の妻になり、アメリカを支配したいという征服欲があったのだろう。本願寺の血が成せる業だ。それがゴールドウォーター氏に接近した理由と考えられる。「ババアの女房よりも若い女子高生の自分を取るに決まってる」そう簡単に考えていたのだ。だが、ゴールドウォーター氏は妊娠した女子高生ではなく、女房を取った。そういうわけで、乳児の時にダナ・プレイトーは落胆したヒラリーによって養子に出されたのだ。
それにしても、ゴールドウォーターとヒラリーの娘にしてはダナの人生は不遇この上ない人生だ。いや、女優(子役)として活動を始めた頃は順調だった。アーノルド坊やに出れたのも、陰で見守っていたゴールドウォーター氏の影響があったかもしれない。だが、もし見守られていたとしても、ダナが「実の両親」を知っていたかどうかは不明だ。
しかし、ダナは好きになってはいけない男を知り、その男の子供を生んだために見放されたようだ。その影響がヒラリーの孫タイラーの自殺まで続いているわけだ。しかも、ダナが不遇に苦しみ、自殺した時期(1999年)は、奇しくも、実母の夫が運営するクリントン政権時代である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フィリップとエリザベス2世の子

 

チャールズ皇太子(1948) イギリス皇太子

 

※本願寺の遺伝子を継承しているならダイアナ暗殺は王室の指示で間違いないだろう。ただ、ウィリアムやヘンリーはダイアナの血を継いでいるので除外している。

 

アン(1950) イギリス王女

アウンサンスーチー(1945) ミャンマー

 

※アウンサンスーチーはフィリップの子のようだ。チャールズや先祖の女性組に良く似ている。彼女はMI6、BBC、バングラデシュと組み、中国政府に責任転嫁して悪者扱いするためにロヒンギャ族難民問題を指揮している。

 

エドワード(1964) ウェセックス伯爵

ギヨーム(1963) ジョゼフィーヌ=シャルロット・ド・ベルジックの子

田村憲久(1964) 安倍政権

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第7代ヘアウッド伯爵ジョージ・ラッセルズの子

 

デイビッド(1950) 第7代ヘアウッド伯爵ジョージ・ラッセルズの子※画像無し

ホセ・グラツイアーノ・ダ・シウバ(1948) 国際連合食糧農業機関代表

エサン・ウル・ハク(1949) ISI局長

 

 ※ウソをつくための権威。

 

ジェームズ(1953)※画像無し

ケネス・ロス(1955) ヒューマンライツ・ウォッチ事務局長

岩屋毅(1957) 安倍政権

 

※岩屋先生は、顔が大谷光尊に良く似ている。生まれ変わりのようだ。

 

ジェレミー(1955)※画像無し

チャールズ・ライソン(1957) CNN精神科医

岸田文雄(1957) 安倍政権

ザビエル・ベセラ(1958) 民主党

 

※2019.2.18、トランプ大統領の非常事態宣言を受けて、民主党が16州で連合してトランプ大統領を起訴するという。起訴じゃ止められないでしょ。向こうが武力で来るなら自分たちも武器持って戦えば良いのにw

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ジェラルド・ラッセルズの子

 

Henry Ulick Lascelles(1953)※画像無し

ムハンマド・タヒル・ウル=クアドリ(1951) パキスタン・イスラム法学者

サルマン・フサイン・ナドウィ(1954) インド・イスラム法学者

渡辺喜美(1952) 安倍政権)

 

※ムハンマドとサルマンは、数百万の信者を自由自在に操ることができる。パキスタンとインドのラジコンマスター。

 

 

Gerald David Lascelles(1962)※画像無し

オミッド・コーデスタニ(1963) TWITTER会長

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マリー・アストリッド(1954) ジョゼフィーヌ=シャルロット・ド・ベルジックの子

崔順実(1956) 朴槿恵政権

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

戸﨑貴裕(196?) ハム・テヨンの子(AGSAS管理人)

 

※ネットでしか語られない集団ストーカーだが、これが顕在化すると「AGSAS」というサイトと共に出現した。大谷の命令系統に属するラジコン信者の、集団によるイヤガラセを隠し、本物の被害者をミスリードするのが使命である。ひとりフェイクニュースといったところか。AGSASの由来はヒクソスである。ヒクソスありきのAGSASの略名だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フィリップとエリザベス2世の孫

 

ピーター・フィリップス(1977) イギリス王女アンの子※画像無し

Benjamin George Lascelles(1978) 第8代ヘアウッド伯爵デビッtド・ラッセルズの子※画像無し

ジャック・ドーシー(1976) TWITTER社長

 

※ドーシーはピーター・フィリップスの影武者として生まれた。

 

ベアトリス・オブ・ヨーク(1988) ヨーク公アンドルーの子

ヴィクトル・サイェンコ(1988) ヨーク公アンドルーの子(ウクライナ21)

イゴール・ズプルニュク(1988) ヨーク公アンドルーの子(ウクライナ21)

 

ウクライナのドニプロペトロウシクに住む若者らが男性を拷問の末に殺害する顛末を録画したホームビデオの通称である。ビデオはインターネット動画共有サイトに流出し、誰でも閲覧が可能となっている。通称の「21」は、この若者らによって殺害された被害者の人数が21人であるのが由来とされる。

この「ウクライナ21」は「犯人たちがその後、殺害映像を販売する予定であったとの証言もある」ことから、「有史初のスナッフ・フィルムである」とされる。 ウクライナ21wikiより

 

※ウクライナ21で知られるヴィクトルとイゴールはベアトリスの影武者として生まれたと考えられる。ヨーク公アンドルーの意志とは関係なく、タナトス女が優性遺伝子ブリーダーによって儲けたのだろう。ウクライナ21の画像を見たが、少年たちは被害者の死体を前に丸で子供が玄関に郵便物を取りに行くような顔をしている。恐ろしいことだ。

裁判中は甘えた顔をして、裁判を茶化そうとしている。恐怖の感情を愚弄している。全く罪悪感を認めることが出来ないが、これがタナトスの本性だといえる。子犬の死体を吊るしていても、ピンポンダッシュした子供ほども悪びれていない。アステカの生贄の神官たちもこのような顔をしていたのだろう。

ウクライナ21を考察することは、人類の堕落について考えることではない、異なる人類タナトスと、なぜ彼らが罪悪感を極度に欠いた状態で生まれるのか?を考えることだ。

 

 

 


大谷光瑞の一族~マンチェスター侯爵、ジョージ・H・W・ブッシュ、ケネディ大統領暗殺、湾岸戦争、冷戦終結、法輪功、国境なき記者団、自動運転技術テロ、オール電化テロ

大谷光瑞(1876~1948) 西本願寺22代門主

井上匡四郎(1876~1959) 内閣技術院総裁

ウィリアム・モンタギュー(1877~1947) 第9代マンチェスター侯爵※画像なし

Waldorf Astor(1879~1952) 第2代アスター子爵※画像なし

北小路資武(1878~1942) 北小路功光父※画像なし

九条道実(1870~1933) 恒憲王妃敏子父※画像なし

 

ロシア:日露戦争(1904)
朝鮮:朝鮮侵略(1910)
中国:辛亥革命(1911)
西欧:第一次世界大戦(1914~1918)
日本:東京・柳島自転車商一家殺人事件(1915)人間狩り(岸信介、佐藤栄作、東條英機、伊藤文吉、石井四郎、白洲次郎)
日本:夏目漱石殺害(1916)
日本:日英秘密協定(1917)
ロシア:日本軍、シベリア出兵(1918)
日本:第一次大本教弾圧(1921)
日本:第一次共産党検挙(1923)
日本:関東連続少女殺人事件(1924)人間狩り(白洲次郎、麻生太賀吉、大谷光暢、大谷光照)、治安維持法発布隠し
日本:治安維持法発布(1925)
日本:芥川龍之介殺害(1927)
中国:日本軍、第一次山東出兵(1927)
日本:第二次共産党検挙(1928)
日本:特別高等警察設置(1928)
満州:張作霖獏殺事件(1928)
日本:第三次共産党検挙(1929)
日本:玉の井バラバラ殺人事件(1932)人間狩り(麻生太賀吉、大谷光暢、大谷光照)、5.15事件隠し
日本:5.15事件(1932)
西欧:国際連盟脱退(1933)ルーズベルト大統領就任を受けて
日本:第二次大本教弾圧(1935)
日本:2.26事件(1936)
日本:向島連続少女殺人事件(1936)人間狩り(麻生太賀吉、塩川正十郎、大谷光暢、大谷光照)、2.26事件隠し
日本:阿部定事件(1936)2.26事件隠し
中国:盧溝橋事件~日中戦争(1937~1945)
中国:南京大虐殺(1937)
日本:国家総動員法発令(1938)
日本:津山30人殺し事件(1938)人間狩り(麻生太賀吉、塩川正十郎、大谷光暢、大谷光照)、国家総動員法発令隠し
日本:浜松連続殺人事件(1941)人間狩り、真珠湾攻撃隠し
日本:真珠湾攻撃(1941)
日本:創価学会弾圧、牧口常三郎逮捕・獄中死(1943)
日本:原爆投下(1945)
日本:和歌山一家8人殺害事件(1946)人間狩り(赤崎勇、大谷暢顕)、敗戦隠し
日本:東京片桐仁左衛門一家殺害事件(1946)人間狩り(赤崎勇、大谷暢顕)、敗戦隠し
日本:大分中津市朝鮮人一家殺害事件(1946)人間狩り(赤崎勇、大谷暢顕)、敗戦隠し
日本:帝銀事件(1948)第一次農地改革隠し
日本:太宰治殺害(1948)

 

※西本願寺第二十二代門主。大谷光瑞は、井上匡四郎に化けて日本政府に侵入し、内閣技術院総裁に就任しながら、至近距離で敵を偵察していた。大谷光瑞と井上匡四郎は顔がそっくりなので同一人物と見て間違いない。

 

John Jacob Astor(1886~1971)

アール・ウォーレン(1891~1974) ウォーレン委員会メンバー

 

※ウォーレン委員会のメンバーもみなタナトスの一族で固められていた。真実を追究するのではなく、真実を隠蔽するために。ここに記した以外のウォーレン委員会メンバーは、ジェラルド・フォード(本願寺門主顕如の一族)、CIA長官アレン・ウェルシュ・ダレス(西本願寺門主寂如の一族)である。

 

Gwendolyn Enid Astor(1889~1902)※画像なし

ジョン・J・マックロイ(1895~1989) ウォーレン委員会メンバー

リチャード・ラッセル・ジュニア(1897~1971) ウォーレン委員会メンバー

 

※マックロイの名前も日本語「真っ黒い」に因んでいる。「俺たちが犯人だ」と言っているようなものだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Waldorf Astor(大谷光瑞)の子

 

William Waldorf Astor II(1907~1966)

ジャック・ルビー(1911~1967) オズワルド暗殺

ジョン・シャーマン・クーパー(1901~1991) ウォーレン委員会メンバー

 

※はあ?同じ人ですよね?左の2人。右の人は異母兄弟。

 

Francis David Langhorne Astor(1912~2001)※画像なし

William Greer(1909~1985) シークレットサービス

 

※ウィリアム・グリアーは、ケネディ大統領暗殺の日、大統領たちが載る車輌の運転手をしていた。ケラーマンは右側の沿道にいる見物人の目を遮るべく背中を見せた上で後ろを振り返り、銃を持っていることを知られないようにしてケネディ大統領を撃った。そして、グリアーは左側の沿道にいる見物人の目を遮るためにケラーマンと一緒に振り返って背中を見せ、ケラーマンの銃が見えないように工夫した。それにしても、暗殺犯の一味のくせにいったいどういう気持ちで上の写真を撮ったのだろうか?タナトスの一族は異常だ。

 

Michael Langhorne Astor(1916~1980)※画像なし

Roy Kellerman(1915~1984) シークレットサービス

ヘール・ボッグズ(1914~1972) ウォーレン委員会メンバー

 

※ケネディ大統領の暗殺は、大谷光瑞の一族が実行した。責任者はジョージ・H・W・ブッシュである。オズワルドも仲間だが、単なる鉄砲玉であり、彼の真のロールと末路は知らされていなかった。一方、重要な役回りを頂くブッシュの家族(父の異母兄弟)であるマイケル・アスターの影武者であるロイに重要な役回りがきた。殺しの役である。そのため、この時からロイはケラーマンを名乗ることになった。

シャレではなくKellermanの名はKiller man(殺し屋)に因んでいる。本願寺はシャレを好むが、彼らはしばしばシャレに真意を込める。悪魔の遊び心だ。ケネディ大統領が気づいたかどうか不明だが、標的にそれとなく伝わるように本願寺は関係者の名前を使って暗殺を予告している。つまり、ケラーマン(killerman)の名に気付いていればケネディ大統領は暗殺を免れたかもしれない。

タナトス一族の未来に暗雲をもたらす敵を確実に仕留める役として、ケラーマンはケネディ大統領が乗る車の助手席に納まった。図書館や茂みに隠れていた狙撃手もみなブッシュの弟たち(若き日のラムズフェルド、マケインなど)だったが、彼らの役回りはケネディ大統領狙撃ではなく、テキサス州知事を撃つことだった(流れ弾がケネディ大統領に当たったようだが)。助手席から撃つ時、ケラーマンの邪魔になるのでテキサス州知事をどかす必要があった。何でもないようなテキサス州知事の狙撃には大きな意味があったのだ。撃たれた知事が崩れ落ちた後、助手席のケラーマンがすかさずケネディ大統領を狙撃した。

彼らは、ケネディ大統領暗殺のためのリハーサルを同じ車種を用いて入念に行ったと考えられる。この秘密のリハーサルにはホームレス、或いは誘拐してきた青少年が使われた。ホームレスや青少年をテキサス州知事、ケネディ大統領の役として車に乗せ、何度も何度も練習したのだ。このリハーサルの際、撃たれたホームレスや青少年たちは当然、本当に死んでいる。その後、ケラーマン(マイケル・アスター)の兄ウィリアム・アスターがジャック・ルビーに変身してオズワルドを射殺している。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アレクサンダー・モンタギューの子(大谷光瑞の孫)

 

シドニー・モンタギュー(1929~1985) 第11代マンチェスター侯爵※画像なし

ジョージ・H・W・ブッシュ(1924~2018) アメリカ大統領

Edward Cowart(1925~1987) テッド・バンディ事件裁判官

 

マルタ会談から8ヶ月後、1990年8月2日にサッダーム・フセイン率いるイラク軍が隣国クウェートへ突如侵攻すると、国際連合は史上初の武力行使容認決議を可決、拒否権で停滞してきた安保理では歴史的なことであり、これを父ブッシュは新世界秩序と呼んだ。米軍を主とする多国籍軍はクウェートからイラク軍を撃退し、サウジアラビアの防衛を保証した(湾岸戦争)。ただし、イラクのサッダーム・フセイン政権の打倒までは行わず、あくまで制裁戦争であった。1991年1月17日の多国籍軍によるイラク空爆により、湾岸戦争は本格化した。wikiより

 

※ブッシュは、里子として家に来たジュニアの性癖に困っていた。子女の拉致、拷問、強姦、殺人である。いわゆるバンディ事件の真犯人はジュニアなのだ。悩んだ父ブッシュは、子ブッシュの異母兄弟テッド・バンディに白羽の矢を立て、ジュニアの身代わりにすることにした。何が何でもバンディを殺人犯に仕立てるため、父ブッシュは裁判官として自分の影武者であるEdward Cowartを起用した。ここでも本願寺は関係者の名を使ってイヤミを述べている。バンディも気付いたと思うが、裁判官Cowartの名はCoward(弱虫、腰抜け)に掛けている。悪魔の遊び心。全くあきれるしかないが、抜かりがない点には感心する以外ない(?)。

 

アンガス・モンタギュー(1938~2002) 第12代マンチェスター侯爵

ミハイル・ゴルバチョフ(1931) ソビエト連邦書記長

ドナルド・ラムズフェルド(1932) ブッシュ政権閣僚

ウォーレン・バフェット(1930) 世界最大投資持株会社バークシャー・ハサウェイ筆頭株主

ジョージ・ケアリー(1935) カンタベリー大司教

ジョン・マケイン(1936~2018)

ウィリー・クラース(1937) NATO第8代事務総長

ジェリー・ブラウン(1938) カリフォルニア州知事

ジェローム・ブルードス(1938) シリアルキラー

ジム・ロジャーズ(1942) クォンタム・ファンド共同設立者、ロジャーズ・ホールディングス会長

リー・ハーヴェイ・オズワルド(1939~1963) ケネディ暗殺犯

 

※オズワルド以外の上記の10人は、みな顔がよく似ている。オズワルドは鉄砲玉役のために生まれた異母兄弟の庶子なのだろう。本体モンタギューとケアリーは同一人物の可能性も高い。ケアリーは、イギリスの数十万の信者を自由自在に操ることができる。イギリスのラジコンマスターだ。ブルードスとロジャースも同一人物ではないかと考えられる。となると、ロジャースは巨大な投資家でありながら、無名時代はシリアルキラーとして快楽を殺人に求めていたことになる。

 

1989年12月3日、地中海におけるマルタ会談では、H・W・ブッシュ大統領と会談し、冷戦の終結を宣言した。 wikiより 

 

※ゴルバチョフとブッシュは異母兄弟であったため、このようなことが可能であった。

 

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロにおいて、ハイジャックされたワシントンD.C.発ロサンゼルス行きアメリカン航空77便(ボーイング757)が9時38分に国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突した。執務中のラムズフェルドは危うく難を逃れ、建物の外へ出ると女性職員が血を流して倒れていたため、彼女を抱えて避難し、救急車が来るまで看病していた。その一方、すぐに幹部を集めて「ここが勝負の分かれ目だ」と言い放ち、大統領とすぐに協議できるよう今後の対応策を数時間かけて、レターサイズ用紙1枚にまとめ上げた(アメリカ政府ではA4は使われておらず、A4とほぼ同じ大きさであるレターサイズ用紙がもっぱら使われる)。 ドナルド・ラムズフェルドwikiより

 

※上の劇的な筋書は、ハリウッドの脚本家によって書き下ろされたシナリオだろう。

 

1969年5月25日、ブルードスは逮捕された。オレゴン州立大学では以前から学生をナンパする男が目撃されており、それがブルードスだった。相次ぐ失踪事件の犯人ではないかと疑われて、通報されたのである。尋問の結果、異常な犯行の数々を自供したが、ガレージを捜索した警察は、それが誇張でもなんでもないことを確認した。犠牲者が苦しみながら死んでいく様や、死体を弄ぶおぞましい光景を撮影した写真も押収された。
 ブルードスは精神異常を主張したが、有罪となり終身刑を宣告された。今でもオレゴン州立刑務所に服役中である。殺人博物館より

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

北小路功光(大谷光瑞)の子

 

北小路矗(1924)※画像なし

赤崎勇(1929) 青色発光ダイオード開発

 

※青色LED、実質的な人工の紫外線

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

恒憲王妃敏子の子(九条道実の孫)

 

賀陽健憲(1942~2017)※画像なし

横倉義武(1944) 世界医師会会長

大谷昭宏(1945) ジャーナリスト

椛島有三(1945) 日本会議事務総長

山本敏博(194?) 聖隷福祉事業団理事長

長谷川三千子(1946) NHK経営委員、日本会議

トン・クウィラー・アブドンロマーン(194?) パタニ連合解放組織代表

 

※賀陽健憲の父方は東本願寺門主達如の一族であるが、大谷光瑞の項に於ける賀陽健憲は母方の異母兄弟となる。2017年、大谷氏は「バカが権力を握っていると報ずるべきだ」と述べたが、これも安倍の家族だから言えることだ。許可された反逆であるため、残念ながら効力を期待することはできない。山本敏博は、日本初のゴキブリホイホイ(別名ホスピス)を設置した。

 

※2017年、パタニ連合解放組織はイギリスのMI6と組み、ミャンマー政府と、その背後にいる中国政府を攻撃するためにロヒンギャ族の難民化という劇を指揮している。写真のように悪党は自分で子どもを泣かし、泣いているところを写して敵のせいで泣いていると悪者扱いし、敵の非情を世に問う。あまりに愚かだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

北小路矗の子

 

北小路良子(1952)※画像なし

小堀邦夫(1950) 靖国神社宮司、日本会議

白川方明(1949) 日本銀行総裁

李洪志(1952) 法輪功教祖

竹中平蔵(1951) 小泉政権閣僚

瀬戸弘幸(1952) 日本第一党

 

※ウソをつくための権威。どう考えても異母兄弟である。全員、良く似ているが、特に竹中と瀬戸は李洪志の影武者として生まれた。

 

※数千万の信者を自由自在に操ることができる。中国のラジコンマスター。信者の子弟を徴用し、中国全土にイジメ問題を巻き起こしている。ちょっと前の日本と同じだ。現在の日本の状態を見れば分かるが、イジメとは、じつは優れた子弟の排除であり、自分たちの子弟のバックアップである。大谷は、子どもを支配できればゆくゆくは国を支配できると考えている。本モノの人気者は子弟を大量に動員してイヤガラセをし、精神的に廃人同然にして自ら退くように導き、代わりに自分たちの子弟を学校の人気者に据えるのだ。

中国全土のクラスのトップに自分たちの子弟を送り込むことが出来れば、将来的に中国政府も簒奪できると考えている。国のトップになる人間は、学校時代からクラスや学校でトップをとっているものだ。普通の人間や強い人は「しかし、そこまでするか?」と疑うが、普通に戦っても勝てない大谷のようなできそこないは必ずそこから考えている。今の日本の状態がその結果である。良い人間は排除され、或いはイヤガラセによって自分から退くように精神疾患を患っている。そして、できそこないがトップの座に就く。実際にその通りになっている。子どものイジメ、自殺が多い国は要注意だ。水面下で大谷が動いている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

William Waldorf Astorの子(Waldorf Astorの孫)

 

William Astor(1951) 第4代アスター子爵

リチャード・アーミテージ(1945) ブッシュ政権閣僚

アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(1953) メキシコ大統領

リチャード(1944) イングランド王ジョージ5世の孫

エンダ・ケニー(1951) IRA長官

レニン・モレノ(1953) エクアドル大統領

ヤープ・デ・ホープ・スヘッフェル(1947) NATO第8代事務総長

JOSU URRTIKOETXEA(1950) バスク祖国と自由長官

チャック・ヘーゲル(1946) オバマ政権閣僚

ブルース・オウ(1951) メソジスト連合司教会議議長

ジェリー・ナドラー(1947~2019) 民主党議員

 

※オブラドールはTPPを批准し、麻薬戦争の逮捕者の恩赦も考えているという。麻薬カルテルの家族。左派とか関係ない。モレノは2019年、キャラバンを指揮している。ナドラーは、無能なくせに偉ぶった調子だけは堂に入ったものだ。エンダ・ケニー、JOSU URRTIKOETXEA、ナドラーは優性遺伝子ブリーダーによって儲けられたブッシュの子と考えられる。

 

国防省情報部員としてサイゴンやテヘランなどで勤務。上院議員であったボブ・ドール(後に大統領候補になる)の秘書などを経て、1981年からはロナルド・レーガン政権の国防次官補代理、1983年から1989年までは国防次官補を務めた。その後は政策コンサルティング会社「アーミテージ・アソシエイツ」の代表。2001年に発足したジョージ・W・ブッシュ政権下では右腕として2005年1月まで国務副長官を務め、ブッシュ大統領の政策顧問団バルカンズのメンバーでもあった。 リチャード・アーミテージwikiより

 

※家族の集い

 

※アル=ヌスラ戦線の正体は、アルカーイダに合流したバスク祖国と自由である。バスク祖国と自由の先祖にはサラディンがいるため、十字軍時代の栄光を取り戻さんと、彼らはシリアを欲し、アサド政権打倒を掲げている。彼らは、シリア・オスマンの系統に属するハナフィー派をまとめて「アル=ヌスラ戦線」を結成し、自由シリア軍、イスラム戦線と合流した。AD2015年、ロシア航空宇宙軍がアル=ヌスラ戦線に爆撃を加えて壊滅させた。

 

※イスラム戦線の正体は、アルカーイダに合流したIRAである。彼らは祖先である聖ヨハネ騎士団による十字軍時代の栄光を取り戻さんと、シリアを欲し、アサド政権打倒を掲げている。彼らはシリア・オスマンの系統に属するハナフィー派を集めて「イスラム戦線」を築いた。イスラム戦線には、カタールも援助しているといわれている。そうであるなら、ラビア・カーディル(カタール・オスマン)も一枚噛んでいるのだろう。

オウは、アメリカの数千万のメソジスト信者を自由自在に操ることができる。アメリカのラジコンマスター。反トランプ派のデモは彼が指揮している。

 

Emily Mary Astor(1956)※画像なし

ロベール・メナール(1953) 国境なき記者団設立

西川廣人(1953) 日産自動車代表取締役社長兼CEO

河野克俊(1954) 自衛隊統合幕僚長

柵山正樹(1957) 三菱電機社長

 

※上の4人はエミリーの影武者として生まれた。西川と柵山は同じ本体に属する影武者だけあり、共同でCMを通じて「やっちゃえ日産」「憎いね三菱」という日本人に対する宣戦布告を発表した。

 

 

 

※「やっちゃえ日産」の標語。正確には「殺っちゃえ日産」であるが、これは、日本人に対する宣戦布告である。自動運転技術による交通テロの実行を示唆しているのだ。最近の、老人ドライバーの高速道路逆走、アクセルとブレーキの踏み間違えによる店舗の破壊、登下校中の小学生の集団に突っ込みなど、すべて、自動運転技術の悪用による結果である。テロである。

 

※ウソをつくための権威。科学兵器をオール電化という商品に変え、日本人を攻撃するために販売している。「にくいね三菱」の標語は意図したイヤミである。

 

Pauline Marian Astor(1964)※画像なし

山口敬之(1966) 元TBS報道局社会部及び政治部報道記者

岡本昭彦(1966) 吉本興業社長

 

※2019年、大量のゲイ人が殺された際、岡本はCGや編集技術を駆使して、ゲイ人たちがまだ生きていることにしてごまかしている。岡本は無能だが、ダウンタウンにのっかって自分をでかく見せているに過ぎない。山口は伊藤詩織レイプ事件の加害者だが、この事件はどうも安倍政権の不祥事隠しが目的のフェイクという気がする。

 

 

 


大谷光照の一族~サウジアラビア王ファイサル、ロバート・ケネディ暗殺、ジョージ・W・ブッシュ、除草剤ラウンドアップ、連続殺人犯テッド・バンディ、世界同時多発テロ、キャラバン

大谷光照(1911~2002) 西本願寺第23代門主

井出一太郎(1912~1996) 佐藤内閣郵政大臣

ファイサル(1906~1975) 第3代サウジアラビア王 在位1964~1975

 

朝鮮:朝鮮戦争(1950)
日本:法隆寺金堂火災(1949)極東国際軍事裁判終了隠し
日本:下山事件(1949)極東国際軍事裁判終了隠し
日本:三鷹事件(1949)極東国際軍事裁判終了隠し
日本:小田原一家5人殺害事件(1949)人間狩り(赤崎勇、大谷暢顕)、極東国際軍事裁判終了隠し
朝鮮:朝鮮戦争(1950)
日本:レッドパージ(1950)
日本:金閣寺焼失(1950)警察予備隊発足隠し
日本:築地八宝亭一家殺人事件(1951)人間狩り(赤崎勇、大谷暢顕)、警察予備隊発足隠し
日本:荒川放水路バラバラ殺人事件(1952)人間狩り(赤崎勇、大谷暢顕)、警察予備隊が保安組に改組隠し
日本:立正佼成会弾圧、蔵敷事件(1952)
日本:栃木雑貨商一家殺害事件(1953)人間狩り(大谷暢顕、麻生太郎、大谷光真)
日本:森永ヒ素ミルク中毒事件(1955)ビキニ諸島被爆隠し
日本:少年誘拐ホルマリン漬け事件(1957)東海村原子炉点火隠し
日本:荒川連続自転車通り魔殺傷事件(1959)人間狩り(麻生太郎、大谷光真、坂口力)
日本:岩槻一家7人殺害事件(1959)人間狩り(麻生太郎、大谷光真、坂口力)
日本:連続少年斬りつけ魔事件(1959)人間狩り(麻生太郎、大谷光真、坂口力)
日本:吉展ちゃん誘拐殺害事件(1963)朴政権誕生隠し
日本:狭山事件(1963)朴政権誕生隠し
日本:小津安二郎殺害(1963)
日本:黒澤明自殺未遂(1966)
日本:三億円事件(1968)学生運動リーダー狩り
日本:三島由紀夫殺害(1970)
日本:大久保清連続殺人事件(1971)人間狩り(麻生太郎、徳川康久、安倍晋三、菅義偉、加計孝太郎、金田勝年、中村修二)、黒い霧事件隠し
日本:川端康成殺害(1972)
日本:上野消火器商一家殺人事件(1974)人間狩り(徳川康久、安倍晋三、加計孝太郎、菅義偉、金田勝年、中村修二、山本一太)
日本:ロッキード事件(1976)
日本:福岡内妻一家4人殺害事件(1976)人間狩り(徳川康久、安倍晋三、加計孝太郎、菅義偉、金田勝年、中村修二、山本一太)
日本:花粉症顕在化(1978)
日本:大平正芳殺害(1980)
日本:佐賀女性7人連続殺人事件(1980~1989発覚)人間狩り(安倍晋三、加計孝太郎、山本一太、石原伸晃)、リクルート事件隠し
日本:深川通り魔殺人事件(1981)人間狩り(安倍晋三、加計孝太郎、山本一太、石原伸晃)
日本:練馬一家5人殺害事件(1983)人間狩り(安倍晋三、加計孝太郎、山本一太、石原伸晃)
韓国:大韓航空機撃墜(1983)
日本:日光ジャンボ機撃墜(1985)
日本:杉並一家放火殺人事件(1986)人間狩り(山本一太、石原伸晃、上祐史裕、越智啓太、野間易通)
日本:女子高生コンクリート詰め殺人事件(1988)人間狩り、リクルート事件隠し
日本:手塚治虫殺害(1989)
日本:宮崎勤連続幼児誘拐殺人事件(1989)人間狩り(山本一太、石原伸晃、上祐史裕、村井秀夫、越智啓太、野間易通)、リクルート事件隠し
日本:坂本弁護士一家拉致殺害遺棄事件(1989)人間狩り(上祐史裕、村井秀夫、越智啓太、野間易通)、リクルート事件隠し
日本:足利連続幼児誘拐殺人事件(1990)人間狩り(上祐史裕、村井秀夫、野間易通、安田純平)、リクルート事件隠し
日本:市川一家4人殺害事件(1992)人間狩り(上祐史裕、村井秀夫、野間易通、安田純平)
日本:尾崎豊殺害(1992)
日本:金丸信起訴(1993)
日本:井の頭公園バラバラ殺人事件(1994)人間狩り(野間易通、安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:松本サリン事件(1994)松本市は麻原の本名に因んでいる
日本:大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件(1994)
日本:東京地下鉄サリン事件(1995)
日本:オウム真理教強制捜査(1995)
日本:警察庁長官狙撃事件(1995)
日本:八王子スーパー強盗殺人事件(1995)人間狩り(野間易通、安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:藤本弘(藤子f不二雄)殺害(1996)
日本:O157患者6000人超す(1996)
日本:神戸連続児童殺傷事件(1997)人間狩り(野間易通、安田純平、大谷光淳、将来の政治家)、日米防衛協力のための指針合意隠し
日本:学級崩壊問題(1997)
日本:堺市通り魔事件(1998)人間狩り(安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:群馬一家3人殺害事件(1998)人間狩り(安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:石森章太郎殺害(1998)
日本:hide殺害(1998)
日本:ねこぢる殺害(1998)
日本:光市母子殺害事件(1999)
日本:池袋通り魔殺人事件(1999)防衛指針法隠し
日本:下関通り魔殺人事件(1999)防衛指針法隠し
日本:てるくはのる事件(1999)人間狩り(安田純平、大谷光淳、将来の政治家)、防衛指針法隠し
日本:ひきこもり問題(1999)
日本:新潟少女監禁事件(2000)米原潜衝突事故隠し
日本:西鉄バスジャック事件(2000)米原潜衝突事故隠し
日本:雪印乳業全工場操業停止(2000)
日本:仙台女児連続暴行事件(2000)人間狩り(、安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:大分一家6人殺傷事件(2000)人間狩り(安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:世田谷一家殺害事件(2000)人間狩り(安田純平、大谷光淳、将来の政治家)
日本:ルーシー・ブラックマンさん事件(2001)恐牛病隠し
日本:レッサーパンダ帽男殺人事件(2001)恐牛病隠し
日本:大阪池田小児童殺害事件(2001)恐牛病隠し

 

※西本願寺第二十三代門主大谷光照は石油時代の未来を見越してサウジアラビアに影武者を送り込んだ。影武者ファイサルは第3代サウジアラビア王の座に就き、西本願寺は石油王国サウジアラビア王国に君臨した。一方では、光照は井出一太郎に化けて日本政府に侵入し、佐藤内閣の時代に郵政大臣に就任して至近距離で敵(愛新覚羅の一族)を偵察していた。光照と井出2人の顔は良く似ているが、井出には大量の毛髪があるので2人は同一人物ではない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第3代サウジアラビア王ファイサルの子

 

アブドゥッラー(1923~2007)※画像なし

ジョン・E・フランツ(1929) ラウンドアップ開発、モンサント社

ポール・ラウターバー(1929~2007) MRI開発、ノーベル生理学・医学賞

 

※化学を悪用し、世界、人類にとって不要なもの「除草剤」を売ることで富を得た。除草剤は、被爆すると非常に苦しい下痢をもたらす。ジョン・E・フランツは、無味、無色、無臭の毒を開発したことにより、タナトスの一族から悪のプリンスとして賞賛された。ジョン・Eは優性遺伝子ブリーダーにより、W・ブッシュやオバマなど、たくさんの悪の子を産んでいる。

 

※宇宙人とタナトス系シベリア人の女(ガージャール朝の女)が本願寺の遺伝子を欲した。それによってラウターバーは生まれた。彼は、異母兄弟であるマンスフィールドと組んでMRIを開発した。MRI開発の目的は人を助けることではなく、人を殺すことである。MRIは一般的に治療危機として認識されている。つまり、MRIで人を殺すということは殺人に見えないのだ。MRIは長いスパンなら、人類を白血病にするための装置に過ぎない。また、短いスパンなら白質脳症(頭部照射の場合)にする装置である。 

 

モハメド(1937~2017)

桂歌丸(1936~2018) 落伍家

Larry Silverstein(1931) 不動産投資、ワールドトレードセンター所有

寺島泰三(1933) 統合幕僚会議議長、日本会議

ピーター・マンスフィールド(1933~2017) MRI開発、ノーベル生理学・医学賞

サーハン・ベシャラ・サーハン(1944) ロバート・ケネディ上院議員暗殺犯

 

※サーハンはモハメド本人じゃないだろうか?驚くほど似ているが。一方、歌丸は時折、時事問題を取り上げていたが、そんな時も事実を捻じ曲げていた。落語家は、江戸時代の昔から、そのようなフェイクニュースのキャスター的な役割を持っていたのだろう。

宇宙人とタナトス系シベリア人の女(ガージャール朝の女)が本願寺の遺伝子を欲した。それによってマンスフィールドは生まれた。MRIは長いスパンなら、人類を白血病にするための装置に過ぎない。また、短いスパンなら白質脳症(頭部照射の場合)にする装置である。

 

ハーリド(1940)

アブ・バカル・バシール(1938) ジェマ・イスラミア首領

アンソニー・レイク(1939) 国際連合児童基金事務局長

李柱銘(1938) 香港反政府デモ指導者

村井俊治(1939) 地震科学探査機構

 

2002年10月12日のバリ島の爆弾テロ事件、2004年9月9日のジャカルタ・オーストラリア大使館付近での爆弾テロ事件、2005年10月1日のバリ島の爆弾テロ事件などがJIの犯行であるとされている。ハリド・シェイク・モハメド逮捕後はアル・カーイダでナンバー3の地位にあったハンバリは2005年にCIAとタイ警察によって逮捕され、その他のJIの幹部もインドネシア国家警察の対テロ特殊部隊(Detachment 88)などに相次いで逮捕・射殺され組織は一時的に弱体化した。

しかし、インドネシア警察当局は2009年7月17日にジャカルタで発生したJWマリオット・ホテルとリッツ・カールトン・ホテル連続爆破事件も、組織のさらなる弱体化を懸念したバシル師の穏健路線に不満を持つ強硬派の犯行とする見解を発表している。 アブ・バカル・バシールwikiより

 

 

 

※ウソをつくための権威。写真は311と関西大震災

 

サアド(1941~2017)

ラシード・ガンヌーシー(1941) チュニジア・ナフダ党党首

堀田知光(1944) 国立癌研究センター理事長

 

※ウソをつくための権威。

 

トゥルキー(1945)※画像なし

ボリス・ベレゾフスキー(1946~2013) オリガルヒ

ペドロ・アロンソ・ロペス(1948) 幼児性愛シリアルキラー(少女300人)

 

コロンビアの連続殺人者。コロンビア、エクアドル、ペルーで思春期前の少女300人を殺害したとされ「アンデスの怪物」と呼ばれた。 ペドロ・アロンソ・ロペスwikiより

 

※ロペスはベレゾフスキーの影武者用に生まれたと考えられる。しかし、その残虐な趣味のせいで世に知られることとなった。本体のベレゾフスキーはとっくに死んで影武者としては自由の身の上だが、収監されているため関係ない。それにしてもこの3人は顔がよく似ている。

 

ハイファ(1950)※画像なし

ジョディ・ウィリアムス(1950) 地雷禁止国際キャンペーン報道官

 

※ウソをつくための権威。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ハーリドの子(第3代サウジアラビア王ファイサルの孫)

 

ファイサル(1943)※画像なし

ジョージ・W・ブッシュ(1946~2019) アメリカ大統領

テッド・バンディ(1946~1989) 

ゲイリー・リッジウェイ(1949) 

 

※W・ブッシュは優性遺伝子ブリーダーによって生まれたジョンEフランツの子である。テッド・バンディは認識はなかったと思うが、彼もジョンEフランツの子である。つまり、ジョージ・W・ブッシュとは異母兄弟だった。 バンディの母がジョンEフランツの遺伝子を所望し、優性遺伝子ブリーダーの手引きによってバンディは生まれたのだ。だから鼻や口はブッシュに似ている。それを知っていたHWブッシュはWブッシュを救うためにバンディにすべての罪を着せた。哀れかな。

 

※バンディとリッジウェイによるものとされている猟奇犯罪は、じつは、すべてW・ブッシュの手によるものである。バンディ時代の頃は、養父のH・W・ブッシュもW・ブッシュの性癖には手を焼いたようだ。H・W・ブッシュは使える人脈、持てる力をすべて出し切り、W・ブッシュを守っている。

しかし、前途洋々だったバンディは、そのおかげで汚名を着せられ、国家によって処刑された。バンディの殺人時代は、W・ブッシュの空軍除隊から始まり、リッジウウェイの殺人時代はW・ブッシュの結婚を機に開始されている。その後、H・W・ブッシュの選挙をきっかけに殺人の趣味からは一旦足を洗ったかに見えたが、大統領時代に多くの罪もないアメリカ人(911)やイラク人を惨殺した。趣味だけでなく、仕事に於いても、殺人の快楽から離れることはできなかったようだ。稀代の殺人鬼である。というよりは、ヒトの天敵である。

W・ブッシュはサウジアラビアとは深い縁があったようだが、これで謎がはっきりした。彼はサウジアラビア王室ハーリド王子の子ファイサルの影武者だった。それゆえの深い縁だ。W・ブッシュは影武者の地位から脱却し、考えられないような不正な手段でアメリカ大統領に就任した。そして本体たちとその家族の支援を受けながら911を指揮した。

 

ファイサル(1954)※画像なし

ブルーノ・カドレ(1954) ドミニコ会大主教

ダン・エイモス(1953) アフラック生命保険代表

 

※世界の数億のカトリック信者を自由自在に操ることができる。世界規模のラジコンマスター。ドミニコ会が魔女狩りを指揮し、ヨーロッパ中の善人を惨殺したことは忘れてはならないだろう。写真はカドレが操る邪教信者たちで構成された通称キャラバンである。写真を見て分かるようにカドレは信者たちに幼い子供を抱くように指示している。トランプ大統領がアメリカに移民を入れないことを想定しているからだ。子どもたちは「幼い子供を抱いた移民を受け入れないトランプ大統領はひどい男だ」と、民主党がトランプ政権を攻撃するための材料に過ぎない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

初代サウジアラビア王アブドゥルアズィーズ・イブン・サウードの子

 

ムクリン・ビン・アブドゥルアズィーズ(1945) 

リチャード・パーソンズ(1948) CBSコーポレーション社長

 

ハムード(1947~1994)※画像なし

ジョン・ポデスタ(1949~2019) オバマ政権大統領顧問、ヒラリー陣営選挙対策責任者

 

※ジョン・ポデスタと大谷光照はそっくりだ。当然だ。親子だからな。優性遺伝子ブリーダーで作られた。何と、ポデスタはクリントン政権の大統領首席補佐官を務め、オバマ政権の大統領顧問を務め、ヒラリー大統領選の選挙対策責任者を務めた。つまり、クリントン、オバマの政策とヒラリーの大統領選出馬は本願寺の意志であった。
クリントン政権のとき、大統領諮問委員会が「湾岸シンドロームは劣化ウラン弾が原因ではなく、精神疾患である」と発表したのも本願寺。更に、その発表を有識者に批判されたり、大衆の議論の的にならないよう、メディア上から風化させるために「ジョンベネ事件」を作ったのも本願寺だ。ジョンベネを殺したのも本願寺だし、ジョンベネの兄が怪しいとか親父が幼児性愛者だとか風評を撒き散らし、母親を早死にさせ、ラムジー家を崩壊させたのも本願寺だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第2代サウジアラビア王サウード・ビン・アブドゥルアズィーズの子

 

Fahda bint Saud Al Saud(1953) 

クリスティーヌ・ラガルデ(1956) 国際通貨基金専務理事

 

※ウソをつくための権威。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第7代サウジアラビア王サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズの子

 

Ahmed bin Salman(1958~2002)※画像なし

ジャスティン・ウェルビー(1956) カンタベリー大主教

ペーター・マウラー(1956) 赤十字国際委員会社長

 

※数十万の信者を自由自在に操ることができる。イギリスのラジコンマスター。

 

Faisal bin Salman(1970)※画像なし

ホアン・オランド・エルナンデス(1968) グアテマラ大統領

 

※2018年10月22日、ホンジュラス発の移民の集団「キャラバン」がアメリカ国境に向かっている。これは、同じ大谷光照の一族であるドミニコ会大主教のブルーノ・カドレとの共謀である。目的は中間選挙の妨害である。大谷側はトランプ大統領がキャラバンを銃撃することを願っている。

いくつかのサイトでは、移民たちは写真を撮る時だけ歩き、後はトラックに乗ってアメリカ国境に向かっていると報告している。エルナンデスは優性遺伝子ブリーダーによって生まれた。W・ブッシュの子である。父親W・ブッシュと同様、不正選挙で大統領になった男であるが、上の写真を見ても目、鼻、口、親父にそっくりである。耳は普通だが、卑怯な性格は同じだ。

 

Hassa bint Salman Al Saud(1974)※画像なし

マリア・オクェンド(1975) アメリカ精神医学会会長

 

※ウソをつくための権威。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

第6代サウジアラビア王アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズの子

 

トゥルキー(1972)※画像なし

ジム・アコスタ(1971) CNN記者

 

※アコスタは、優性遺伝子ブリーダーによって生まれたW・ブッシュの子である。顔がそっくりだ。眉間にしわを寄せたらかっこよく見えるという安易な発想の芝居は父W・ブッシュと全く同じだ。2018年、トランプ大統領に叱責・罵倒され、報道資格を取り上げられた。父に似てバカだな。父が一流の犯罪者であるため、アコスタ表ではいいかっこして人を悪者扱いしながら、裏では子供とか殺してるんじゃないか?絶対に殺してる。

 

 

 



読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について