目次
目次
まえがき 悪の足跡の追求
タナトスの一族~カニバリズム、人身御供、クロノス、アトランティス王国、最終戦争ラグナロク、タングート、西夏、狼男、チャガタイ・ハン国、タウングー朝、ズールー帝国、アフリカ独立運動、ボコ・ハラム
ティールタンカラの一族~アーリア人、仏教、継体天皇、中臣鎌足、藤原不比等、白河天皇、鳥羽天皇、マリ帝国、ジェノヴァ共和国、ルクセンブルク公国、リヒテンシュタイン公国、モナコ公国、アシャンティ帝国
デウスの一族~ジャイナ教、河伯、サータヴァーハナ朝、フン族、アッティラ帝王、稲荷神社、九頭龍、風水、足利尊氏、後醍醐天皇、シャーマニズム、クエーカー教、住友財閥、三井財閥
ダーナ神族の一族~ディオニュソス、デニエン人、猿田彦、契丹、デーン人、鬼、酒呑童子、ハーバード大学、ジョージ・ワシントン大統領、アメリカ連合国、統一イタリア王国、カナダ、ニュージーランド、阿含宗
アブラハムの一族~シュメール文明、エフライム族、バアル、アフラマズダー、ゾロアスター教、マケドニア王国、聖徳太子、ピサ共和国、奥州藤原氏、フランシスコ・ピサロ、ヴァーサ朝、フィンランド共和国
預言者ナタンの一族~ラピタ文化、ダン族、ソロモン王、ミディアン人、ストーンヘンジ、アテーナイ王国、ヒクソス、アマルナ宗教改革、マフディー国家
アッシュール・ダン1世の一族~魔神アスラ、タニス、北イスラエル王国、アルメニア王国、グノーシス主義、コプト教、聖コルンバ、アルシング議会
ガリアのドルイド司祭(東本願寺)の一族~アテネ民主制、ローマ執政官、ソピテース、デマゴーグ、ヘロデ大王、ローマ帝国、フィリキ・エテリア、青年トルコ革命
聖ドナトゥスの一族~渤海王、ブワイ朝、テンプル騎士団、ジンバブエ王国、ダホメー王国、ハイチ帝国、黒人地位向上協会、バハーイー教
ローマ教皇レオ1世の一族~ランゴバルト王国、メロヴィング朝、マズダク教、ウイグル可汗、浄土教、曹洞宗、ノルマン人、カルマル同盟、出雲大社、コーザ・ノストラ、オーストラリア、バチカン市国委員会
クリュニー大主教ベルノの一族~ナバラ王国、フランク・ローマ皇帝、カペー朝フランス王、民衆十字軍、土肥実平、長宗我部氏、三菱財閥、ルワンダ大虐殺
クリュニー大主教アイマールの一族~キエフ大公国、シトー会、北条時政、聖フランチェスコ会
クリュニー大主教ヒューの一族~ヒメネス朝ナバラ王、バルセロナ朝アラゴン王、ブルゴーニュ朝カスティーリャ王、ハフス朝、バルバロス・ハイレッディン、チュニジア、アルジェリア
カペー朝ルイ7世の一族~メリナ王国、カンボジア王国、カリブ族、ゴーストダンス、マウマウ団、ドラヴィダ進歩党、カーゴカルト、パプアニューギニア、クメール・ルージュ
カペー朝フィリップ2世の一族~ドイツ騎士団、白蓮教、小西行長と弥助、マラッカ王国、ブルネイ帝国、スハルト大統領、バラク・オバマ大統領、フアン・グアイド
親鸞の一族~浄土真宗、時宗、一向宗、世界初の精神病院ベドラム、ブルゴーニュ朝ポルトガル、コンキスタドール、メキシコ帝国、麻薬カルテル
如信の一族~魔女狩り解禁、異端審問、伊勢大社、カペー朝フランス王、ボルボン朝スペイン王
覚如の一族~紅巾の乱、華僑、百年戦争、殺人集団タギー、琉球王国、アチェ王国、黎朝ベトナム帝国、白蓮教、シンガポール、日清食品、社会民主党、全能神
善如の一族~倭寇、恭愍王、足利義満、日野富子、三浦倭館、東林党、魏忠賢、フランシス・ドレイク、バッカニア海賊
綽如の一族~ヴァロワ=ブルゴーニュ公、ブルボン公、能登守、ケベック解放戦線
巧如の一族~ジル・ド・レ、ヴァロワ朝フランス、マルタ騎士団、マラーター族、ハウサ諸王国、ソコト帝国
存如の一族~応仁の乱、アラゴン王国、アヴィス朝ポルトガル
蓮如の一族~スイス連邦参事会、魔女狩り、パッツィ家、ロレーヌ公、一向一揆
実如の一族~毛利元就、オルデンブルク朝デンマーク、モロッコ王国、フランコ将軍、パレスチナ解放機構、トントンマクート、岸信介、佐藤栄作、安倍晋三、統一協会
証如の一族~明智光秀、魔女狩り、戦国時代、オランダ王国、イギリス東インド会社
顕如の一族~万暦の三征、魔女狩り、オランダ東インド会社、スチュアート朝、老論派、バプティスト教会、メソジスト教会
教如の一族~織田信雄、江戸時代の天皇、カメハメハ大王、トンガ王国、サモア独立国、フィジー共和国、エチオピア連邦民主共和国
宣如の一族~ハプスブルグ家、ブルボン家、プファルツ朝スウェーデン王、フルベ聖戦、イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構
琢如の一族~英蘭戦争、マラーター王国、ベンガル太守、アワミ連盟、バングラデシュ、ジャマート=ウル=ムジャーヒディーン
常如の一族~後金時代、李氏朝鮮末期、琉球第二尚氏王統、東学党、ゴ・ディン・ジエム、大韓民団、株式会社ロッテ
一如の一族~名誉革命、ジャコバイト、オラニエ=ナッサウ王家、南アフリカ連邦、オレンジ革命
真如の一族~イエズス会弾圧、ムガール皇帝、マラーター同盟、タタ財閥、デカン・ムジャヒディーン
従如の一族~田沼意次、徳川家重、松平定信、井伊直弼、水野忠邦、徳川慶喜
乗如の一族~フランス革命、ベトナム植民地、ブラジル帝国、YMCA、セブンスデー・アドベンチスト教会、国際赤十字社、花粉症、AIDS
達如の一族~復古神道、尊皇攘夷、天理教、金光教、神社本庁、日本社会党、講談社、日本会議
大谷光勝の一族~丙寅教獄、明治維新、ビアフラ共和国、ソンミ村虐殺、コリン・パウエル、コンドリーザ・ライス、トニー・ブレア
大谷光榮の一族~アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラー、軍産複合体、パフラヴィー朝皇帝、アウグスト・ピノチェト、立憲民主党
大谷光演の一族~重慶爆撃、CTスキャン、ダライ・ラマ14世、ディズニー・カンパニー、スティーブン・スピルバーグ、ジャニーズ、タイム・ワーナー社、YOUTUBE
ヘンリー・キッシンジャーの一族~ビル・クリントン、湾岸症候群、ジョン・ベネ殺害事件、レバノン空爆、ロシアの人喰いズマガリエフ、フェイスブック
大谷光暢の一族~ラビア・カーディル、地下鉄サリン事件、天安門事件、オウム地下鉄サリン事件、酒鬼薔薇聖斗、雨傘革命
大谷暢顕の一族~放送局アナウンサー、櫻井よしこ、神戸連続児童殺傷事件、学級崩壊、大阪池田小児童殺害事件、てるくはのる事件
大谷暢裕の一族~根本匠、2014香港反中デモ、2014香港反政府デモ、2019逃亡犯条例改正案撤回デモ
大宛のドルイド司祭(西本願寺)の一族~大宛、クシャーナ朝、鳩摩羅什、曇鸞、浄土宗、隋、ウマイヤ朝イスラム帝国、北宋、舜天王統、ブギス族、ジョホール朝、林本源、中国仏教協会、台湾
王安石の一族~南宋皇帝、今川国氏、デリー・スルターン朝、曹洞宗、総持寺祖院初代門主
今川国氏の一族~アステカ人身御供、ヴラド・ツェペシュ、見付天神の人身御供、エリザベート・バートリ、モルダヴィア公、ルーマニア王国、モルドバ共和国
准如の一族~小早川秀秋、ドン・コサック、古儀式派、ノーベル賞、ベルナドッテ朝スウェーデン王
良如の一族~生類憐みの令、火付盗賊改、子供を殺すための法律「ブラック法」、MI6長官
寂如の一族~女帝エカチェリーナ、秘密結社イルミナティ、ナチス帝国、特高警察、モサド、中央情報局、アメリカ連邦捜査局
住如の一族~黒住教、ビン=ラディン・グループ、アルカーイダ、ソマリランド大統領、GOOGLE
湛如の一族~ジュンガル帝国、チャックリー家、タイ王国首相、モンゴル人民革命党、霊友会、世界救世教、祟教真光、日本相撲協会
法如の一族~アヘン戦争、ロスチャイルド財閥、ロックフェラー財閥、スカル&ボーンズ、第一次世界大戦、ホスピス、北大西洋条約機構、ベルギー首相職
文如の一族~ウクライナ東方カトリック教会、薩摩戦争、切り裂きジャック、インディアン虐殺、国際連合
本如の一族~ウクライナ東方カトリック教会、東トルキスタン、ムスリム同胞団、ユーゴスラビア紛争、チェチェン紛争、南オセチア紛争、ウクライナ政変
広如の一族~伊藤博文、大隈重信、山縣有朋、新渡戸稲造、白洲次郎、東条英機、日産コンツェルン、731部隊、ベトナム戦争
デヴィッド・ロックフェラーの一族~ジョージ・ソロス、CNN、モンサント社、遺伝子組み換え作物、成長ホルモン、コソボ爆撃、コロンバイン高校銃撃
大谷光尊の一族~イギリス王室、ファシスト党、ディープ・ステート、ウィリアム・ハイレンズ、イスラム国、ウクライナ21、ライブドア
大谷光瑞の一族~ジョージ・H・W・ブッシュ、湾岸戦争、冷戦終結、法輪功、国境なき記者団、自動運転技術テロ、オール電化テロ
大谷光照の一族~ジョージ・W・ブッシュ、除草剤ラウンドアップ、連続殺人犯テッド・バンディ、世界同時多発テロ、キャラバン
大谷光真の一族~悪魔ビル・ゲイツ、マイクロソフト社、上祐史裕、プログラム自動ダウンロードテロ、異常行動テロ
大谷光淳の一族~2ちゃんねる、仙台女児連続暴行事件犯人、2019逃亡犯条例改正案撤回デモ、Qアーミージャパン
ユダヤ人(1731)の一族~ハザール帝国、カバラ神秘主義、ホフユーデン、人体自然発火事件、クーン・ローブ商会、シオニズム運動、精神医学、モサド、ドイツキリスト教民主同盟
ユダヤ人(1908)の一族~ヒヴァ・ハン国、ガージャール朝、アドルフ・ヒトラー、ツングース大爆発、ロケット、マンハッタン計画、原子爆弾、水素爆弾、レーザー、コンピューター
第一次、第二次、第三次世界大戦の一族
タナトス一族の趣味~世界の拷問
あとがき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

29 / 68ページ

教如の一族~織田信雄、江戸時代の天皇、カメハメハ大王、トンガ王国、サモア独立国、フィジー共和国、エチオピア連邦民主共和国

教如(1558~1614)
織田信雄(1558~1630)

藤堂高虎(1556~1630)※画像なし

 

中国:慶長の役(1597)
日本:関ヶ原の合戦(1600)

 

※顕如は、偉大な武将、織田信長対策として、証如の子(荒木村重、明智光秀)を投入して信長の周囲に配置したが、顕如の子、教如も織田信雄に化けて秀吉や家康の至近距離にスタンバっていた。大谷は有利な方に付き、味方を演じながら、頃合を見計らって裏切り、すべてを簒奪することがある。信雄が教如である証拠に、本能寺の変の際、近江国まで進軍したものの、戦わないまま撤退している。信雄は「伊賀忍者が不穏な動きをしていた。兵数が2500では心もとない」と無理がある言い訳を残している。伊賀の乱ではわざと負けて信長に「親子の縁を切る」と叱責されながら、本能寺の変直後には失火で安土城を焼いている。教如による意図的な陰謀だとしか考えられない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

織田信雄(教如)の子

 

織田信良(1584~1626)

 

織田高長(1590~1674)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

織田信良の子

 

稲葉信通正室(生没年不詳)

 

稲葉知通(1652~1706) 稲葉信通正室の子

 

稲葉恒通(1690~1720) 稲葉知通の子

 

勧修寺経逸(1748~1805) 23代当主・稲葉恒通の孫

 

勧修寺ただ子(1780~1843) 勧修寺経逸の子

 

仁孝天皇(1800~1846) 第120代天皇・勧修寺ただ子の子

三条実万(1802~1859) 幕末の公卿

鷹司輔煕(1807~1878) ※画像なし

近衛忠煕(1808~1898) 孝明天皇養育係※画像なし

堀田正睦(1810~1864) 下総佐倉藩第5代藩主・江戸幕府老中首座

カメハメハ2世(1797~1824) 第2代ハワイ王

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

仁孝天皇の子

 

安仁親王(1820~1821)

阿部正弘(1819~1857) 備後福山藩第7代藩主・江戸幕府老中首座

 

※阿部正弘は安政の改革を断行した。

 

 

孝明天皇(1831~1867) 第121代天皇

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

織田高長の子

 

織田長頼(1620~1689)

 

織田信武(1655~1694) 織田長頼の子

 

織田信休(1678~1723) 織田信武の子※画像なし

東山天皇(1675~1710) 第113代天皇

 

中御門天皇(1702~1737) 第114代天皇・東山天皇第五皇子

 

閑院宮直仁親王(1704~1753) 東山天皇第六皇子

 

桜町天皇(1720~1750) 第115代天皇・中御門天皇の子

一条道香(1722~1769) 公卿・江戸幕府関白※画像なし

九条尚実(1717~1787) 公卿・江戸幕府関白※画像なし

 

※一条道香と九条尚実は、宝暦事件で尊王論者を弾圧した。宝暦事件を指揮していたのは竹内敬持(乾隆帝)だった。

 

後桜町天皇(1740~1813) 第117代天皇・桜町天皇の子

 

桃園天皇(1741~1762) 第116代天皇・桜町天皇の子

鷹司輔平(1739~1813) 公家・江戸幕府関白※画像なし

 

※鷹司輔平は、宝暦事件で尊王論者を弾圧した。宝暦事件を指揮していたのは竹内敬持(乾隆帝)だった。

 

後桃園天皇(1758~1779) 第118代天皇・桃園天皇の子

カメハメハ1世(1758~1819) 初代ハワイ王

 

※カメハメハ大王の正体は後桃園天皇だった可能性がある。カメハメハの由来は不明。

 

光格天皇(1771~1840) 第119代天皇・東山天皇の曾孫

 

※同じ織田信雄の子孫である勧修寺経逸女の娘ただ子と結婚して仁孝天皇(カメハメハ2世)を儲けている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

カメハメハ3世(1813~1854) ハワイ王

 

カメハメハ4世(1834~1863) ハワイ王

 

カメハメハ5世(1830~1872) ハワイ王

 

ルナリロ(1835~1874) ハワイ王

 

カラカウア(1836~1891) ハワイ王

 

※初の外国元首の来日となった日本では、明治天皇と会見しカイウラニ王女と山階宮定磨王(のちの東伏見宮依仁親王)の政略結婚を要請した。これはハワイ王室が後桃園天皇と仁孝天皇の後継だということを示している。しかし、明治天皇は大谷光勝の子であるため、断っている。

 

リリウオカラニ(1838~1917) ハワイ女王

 

※リリウオカラニ女王の時代にハワイはアメリカに併合されたが、大谷光勝や大谷光榮の子が治める大日本帝国は当然、教如の末裔であるハワイ王国の独立を支持し、ハワイ女王も大日本帝国に救援を要請していた。このような助け合いは、先祖を同じくするもの同士ならではである。

 

アビゲイル・カピオラニ・カワナナコア(1903~1961) カワナナコア朝ハワイ王国女王

 

※ハワイ王は廃位されたが、子孫であるカワナナコア家がハワイ王位を継承し続けた。

 

カラカウア2世(1904~1953) カワナナコア朝初代王

トゥプア・タマセセ・メアッオレ(1905~1963) サモア初代国家元首

 

エドワード・A・カワナナコア(1924~1997) カワナナコア朝ハワイ王

カミセセ・マラ(1920~2004) フィジー初代首相

ギルマ・ウォルドギオルギス(1924~2018) エチオピア連邦民主共和国第2代大統領 任期2001~2013

 

トゥイマレアリッイファノ・スアラウヴィ2世(1947) 第3代サモア国家元首

ネガソ・ギダダ(1943) エチオピア連邦民主共和国初代大統領

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

タウファアハウ・トゥポウ4世の子

 

 

トゥポウ6世(1959) トンガ王 在位2012~現在

ムラトゥ・テショメ(1956) エチオピア連邦民主共和国第6代大統領 任期2013~2018

 

サローテ・マフィロ・ピロレヴ・トゥイタ(1951)

サーレワーク・ゼウデ(1950) エチオピア連邦民主共和国第7代大統領 任期2018~

 

 

 


宣如の一族~ハプスブルグ家、ブルボン家、プファルツ朝スウェーデン王、フルベ聖戦、イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構

宣如(1602~1658)
アレクサンデル7世(1599~1667) ローマ教皇 在位1655~1667

フェリペ4世(1605~1665) ハプスブルグ朝スペイン王 在位1621~1665

相良頼寛(1601~1667) 肥後人吉藩の第2代藩主

 

イギリス:土地囲い込みに対する農民の反抗(1607)
スペイン:ユダヤ人迫害(1609)
中国:山東白蓮教徒の乱(1622)
朝鮮:李カツの乱(1624)
朝鮮:劉興治の乱(1630)
フランス:ノルマンディー農民の反乱(1639)
西欧:蓋然説、イエズス会非難(1666)

 

※宣如は、浄土真宗を邪教として禁じている薩摩藩に潜入するべく、相良氏の血筋を簒奪し、人吉藩を掌握した。宣如は人吉藩を基地に、隣の薩摩藩に「隠れ念仏」の土壌を形成した。この土壌形成が、後の薩摩戦争・薩長同盟・西南戦争に於いて奏功することになる。

また、一方ではイギリス、ノルマンディーで農民の反乱が起きているが、農民の反乱の背後には必ず大谷がいる。宣如はアレクサンデル7世としてローマ教皇を務めながら、影で大量の信者に指示し、農民の反乱を指揮していたのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フェリペ4世の子

 

マリア・マルガリータ(1621)※画像なし

カール10世(1622~1660) プファルツ朝初代スウェーデン王

 

マリア・アンブロシア(1655)※画像なし

カール11世(1655~1697) プファルツ朝第2代スウェーデン王

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フェリペ4世の子

 

マリア・エウヘニア(1625~1627) ※画像なし

クリスティーナ(1626~1689) ヴァーサ朝スウェーデン女王 在位1632~1654

 

※マリア・エウヘニアは2歳で死んだことにして、敵であるダヴィデの一族が統治するヴァーサ朝に養子として送られた。そして、宣如の一族の思惑通り、クリスティーナは子を残さずにヴァーサ朝最後の女王としてヴァーサ朝をつぶした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フェリペ4世の子

 

マリア・アナ・アントニア(1636) ※画像なし

マリアナ・デ・アウストリア(1634~1696) フェリペ4世の妃

 

※マリアアナは、早世したことにして敵であるダヴィデの一族が治めるハプスブルグ朝神聖ローマ皇帝フェルディナント3世のもとに養子として送り込まれた。その後、父であるフェリペ4世(宣如)と結婚している。

 

カルロス2世(1661~1700) ハプスブルグ朝スペイン王・マリアナ・デ・アウストリアの子

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

フェリペ4世の子

 

マリー・テレーズ・ドートリッシュ(1638~1683) フェリペ4世の子・ルイ14世の妃

 

ルイ・グラン・ドーファン(1661~1711) マリー・テレーズ・ドートリッシュの子

 

ルイ(1682~1712) ルイ・グラン・ドーファンの子

 

ルイ15世(1710~1774) ブルボン朝第4代フランス王

 

ルイ・フェルディナン(1729~1765) フランス王太子・ルイ15世の子

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルイ・フェルディナンの子

 

マリー=テレーズ(1746~1748) ※画像なし

カール13世(1745~1818) ホルシュタイン=ゴットルプ朝スウェーデン王

 

※当初、保身のために女子として育てられた。

 

エリザベート・フィリッピーヌ・ド・フランス(1764~1794) ※画像なし

カール14世ヨハン(1763~1844) ベルナドッテ朝初代スウェーデン王

 

※保身のために当初は女子として育てられた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルイ・フェルディナンの子

 

ルイ16世(1754~1793) ブルボン朝第5代フランス王

ウスマン・ダン・フォディオ(1754~1817) ソコト帝国初代皇帝※画像なし

 

※マリー・アントワネットは確実に処刑されたが、ルイ16世は宣如の一族であるため、身代わりが処刑され、本体はアフリカに逃亡した。逃亡先のハウサ諸国にて、ウスマン・ダン・フォディオを名乗り、ソコト帝国を築いた。ルイ16世はアフリカ人イスラム教徒を指揮して「フルベの聖戦」を実施したが、フルベの由来はブルボンである。ブルボン=フルボン=フルベとなる。

 

ルイ18世(1755~1824) 王政復古期フランス王

 

シャルル10世(1757~1836) 王政復古期フランス王

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ルイ・アントワーヌ(1775~1844) アングレーム公・シャルル10世の子

セク・アマドゥ(1776~1845) マッシーナ帝国※画像なし

 

※ルイ・アントワーヌは、ロンドンに逃亡したが、ルイ16世が逃亡したアフリカにも赴き、セク・アマドゥを名乗ってマッシーナ帝国を築いた。ルイとセクの生没年が一年違いなのが興味を引くところである。明らかに同一人物である。

 

ルイ17世(1785~1795) ルイ16世の子

ウマール・タル(1794~1864) トゥクロール帝国皇帝※画像なし

アブー・セッキン・モハマド4世(?~1870) ケンガ朝バギルミ王 在位1858~1870※画像なし

アリ・イブン・ムハマド(?~1874) アッバシ朝ワダイ王 在位1858~1874※画像なし

フランソワ・アラゴ(1786~1853) 第25代フランス首相

 

※ルイ17世は、10歳で死んだことにし、潜伏・逃亡し、アフリカで成人した。ルイ17世は成人してからウマール・タルを名乗り、トゥクロール部族を指揮下に置いてトゥクロール帝国、バギルミ帝国、ワダイ帝国を築いた。その後、フランソワ・アラゴとしてフランスに帰還し、首相に就任している。1853年、彼は再度死んだことにし、アフリカに帰還してその後の20年をトゥクロール皇帝、ワダイ王として過ごしている。

 

エマニュエル・アラゴ(1812~1896) フランソワ・アラゴの子

パトリス・ド・マクマオン (1808~1893) フランス第3代大統領

 

エマニュエル・ド・マクマオン(1859~1930) パトリス・ド・マクマオン子※画像無し

アレクサンドル・ミルラン(1859~1943) 第12代フランス大統領

ジャック・アントワン・オリオール(1855~1933) ヴァンサン・オリオール父※画像無し

 

ヴァンサン・オリオール(1884~1966) フランス第16代大統領

ジョセフ・ミッテラン(生没年不詳) フランソワ・ミッテラン父※画像無し

 

ジャン・ミルラン(1899~1972) アレクサンドル・ミルランの子※画像無し

ジョルジュ・ビドー(1899~1983) フランス首相

ジャン・エドムンド・ルシアン・ジスカール・デスタン(1894~1982) ヴァレリー・ジスカール・デスタン父※画像無し

 

ジャック・ミルラン(1904~1979) アレクサンドル・ミルランの子※画像無し

イーヴ・ゴダール(1911~1975) 秘密軍事組織OAS指導者

ジョルジュ・ポンピドゥー(1911~1974) フランス第19代大統領

 

フランソワ・ミッテラン(1916~1996) フランス第21代大統領

ロベルト・ジュペ(1915~1998) アラン・ジュペ父※画像無し

 

ヴァレリー・ジスカール・デスタン(1926) フランス第20代大統領

Mohamed Ben Ahmed Abdelghani(1927~1996) アルジェリア第2代首相※画像無し

Pál István Ernő Sárközy de Nagy-Bócsa(1925~2017) サルコジ父

ハビエル・ド・ヴィルパン(1926~2014) ドヴィルパン父

Houari Boumédiène(1932~1978) アルジェリア第2代大統領

Ali Kafi(1928~2012) アルジェリア国家最高委員会議長※画像無し

 

アラン・ジュペ(1945) フランス第15代首相

リアミーヌ・ゼルーアル(1941) 第4代アルジェリア元首

 

アンリ・ジスカール・デスタン(1956) ヴァレリー・ジスカール・デスタンの子※画像無し

ドミニク・ド・ビルパン(1953) フランス第18代首相

ニコラ・サルコジ(1955) フランス第23代大統領

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アラン・ジュペの子

 

ローラン・ジュペ(1967)※画像無し

ハサン・ハッターブ(1967) イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構指導者

 

※時の政府がテロリストを指揮することを考えれば、アラン・ジュペ(リアミーヌ・ゼルーアル)の子と考えられる。顔も良く似ている。

 

氏名生年不詳

アブデルマレク・ドルゥークデル(1970) イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構指導者

モフタール・ベルモフタール(1972) イスラム聖戦士血盟団指導者

 

※時の政府がテロリストを指揮することを考えれば、2人(同一人物?)イッセン・ハブレの子と考えられる。顔も良く似ている。イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構が、チュニジアの「ジャスミン革命」とリビアのカザフィー大佐の虐殺を指揮した。イスラーム・マグリブ諸国のアル=カーイダ機構はフルベの聖戦の残党と考えられる。ベルモフタールはアブデルマレクの影武者と考えられるが、独立してイスラム聖戦士血盟団を結成している。だが、彼の顔は気持ち悪いので人間の肉を食べていると考えられる。

 

 

 


琢如の一族~英蘭戦争、マラーター王国、ベンガル太守、アワミ連盟、バングラデシュ、ジャマート=ウル=ムジャーヒディーン

琢如(1625~1671)
ウィレム2世(1626~1650) オランダ総督

シヴァージー(1627~1680) 初代マラーター王

 

イギリス:第一次英蘭戦争(1652~54)
日本:江戸明暦の大火(1657)
イギリス:第二次英蘭戦争(1665~67)
イギリス:第1次秘密集会禁止法(1665)
イギリス:ロンドン大火(1666)
朝鮮:全国大飢饉(1671)

 

※琢如は、証如が築いたものを継承し、ウィレム2世として生きた。彼の人生の目的はイングランドを掌中に治めることだった。ウィレム2世は、イングランド国内のカンタベリー大主教(クリュニー会)と結んでいた。両者の共通の敵は、第一次の時はクロムウェルであり、第二次と第三次の時はスチュアート朝である。クリュニー会は、ロンドンに火をつけたりイギリス国内に黒死病を撒き散らしたりした。
しかし、かしこく、力があり、善人であるデ・ウィット兄弟がオランダに出現すると、ウィレム2世は、すぐに死んだことにして潜伏し、隠れながらデ・ウィット兄弟を監視し、襲撃の機会を狙っていた。ウィレム2世は早速、デ・ウィット兄弟がウィレム3世の暗殺を企てているという嫌疑をデッチあげて逮捕した。コルネリウス・デ・ウイットは無罪を主張したが、この時にウィレム2世は偽証の疑いをかけ、拷問に及んだ。コルネリウスは拷問に耐えて自白を阻んだため、反逆罪については嫌疑不十分となったが、偽証罪で追放処分を受けた。この時、ウィレム2世は大量の信者たちに指示し、デ・ウィット兄弟がいるハーグ監獄博物館を取り囲むことを指示した。デウイット兄弟を殺すようにとウィレム2世に操られた民衆は、看守の制止を振り切って兄弟を引き釣り出して殺害したという。ウィレム2世はうまく不祥事に見せかけているが、これは巧妙に仕組まれた、殺人を目的にした工作事案である。これが大谷の殺し方だ。

その後、潜伏していたウィレム2世はインドに赴いてシヴァージーとしてマラーター王国を築き、イングランドではジョージ・フォックスに化けてクェーカー教を築いた。フォックスの名の由来は稲荷神社の狐である。こういうことが可能なのも異母兄弟の庶子を影武者として動員しているからだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ウィレム2世(琢如)の子

 

ヘンドリック・ファン・ナッサウ=アウウェルケルク(1640~1708)

アントニー・ヘインシウス(1641~1720)

 

※ホラント州の法律顧問であり、オランダ東インド会社のデルフト会議所の委員に就任していたヘインシウスは息子であるウィレム3世を支えた。また、ヘインシウスは同時にアウウェルケルクをも演じていたが、アウウェルケルクの時にも軍人として息子であるウィレム3世を支えた。

 

ヘンリー・デ・マシュー(1648~1720)

ウィリアム・ベンティンク(1649~1709)

ジョン・チャーチル(1650~1722) 初代マールバラ公

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

シヴァージー(琢如)の子

 

サンバージー(1657~1689) 第2代マラーター王

ムルシド・クリー・ハーン(1665~1727) 初代ベンガル太守

 

シュジャー・ウッディーン・ムハンマド・ハーン(1670~1739) 第2代ベンガル太守

アリーヴァルディー・ハーン(1671~1756) 第4代ベンガル太守

ナラサー・ラージャ2世(1672~1714) 第15代マイソール王

 

シヴァージー2世(1696~1726) 第3代マラーター王

ミール・ジャアファル(1691~1765) 第6代ベンガル太守

 

シャーフー(1682~1749) 第4代マラーター王

 

ラージャーラーム2世(1726~1777) 第5代マラーター王※画像なし

シラージュ・ウッダウラ(1728~1757) 第5代ベンガル太守

クリシュナ・ラージャ2世(1728~1766) 第18代マイソール王※画像なし

 

※ウッダウラがじきじきに「ブラックホール事件」を指揮した。彼が、家族であるミール・ジャアファルと敵対関係を演じていたのは、フランスを騙すのが目的だった。大谷の一族であるベンガルとイギリスは、敵であるフランスを戦争に引きずり込みたかった。そのためには、まずベンガルがイギリスと戦争をしなければならなかった。そうなればベンガルと同盟関係を結んでいるフランスは参戦しなければならない。

その口実として、イギリスとベンガルは共謀し、何の罪もないイギリスの一般市民を南国の狭い牢獄に200人も閉じ込め、全員が死ぬまで放置した。そして、イギリス政府は、「我々の家族を無残に殺した非道なベンガル人を許すわけにいかない!」とイギリス国民に訴え、フランスとの戦争にこぎつけた。これが「ブラックホール事件」である。

 

シャーフー2世(1763~1808) 第6代マラーター王

 

プラタープ・シング(1793~1847) 第7代マラーター王

ザイヌッディーン・アリー・ハーン(1791~1821) 第14代ベンガル太守

アフマド・アリー・ハーン(1795~1824) 第15代ベンガル太守

 

シャハージー(1802~1848) サーターラ藩主

ムバーラク・アリー・ハーン2世(1810~1838) 第16代ベンガル太守

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ベンガル太守ムバーラク・アリー・ハーン2世の子

 

マンスール・アリー・ハーン(1830~1884) ベンガル太守

 

ハサン・アリー・ミールザー・ハーン(1846~1906) マンスール・アリー・ハーンの子(ベンガル太守)

 

マンスール・アリー・ハーンの子(生没年不詳)※画像なし

ジョージ・クルゾン(1859~1925)

 

※東ベンガルとアッサムの創設を開始した。マンスール・アリー・ハーンは41人の子を儲けたがクルゾンはその中の一人である可能性が高い。

 

サイイド・モシン・アリ・ミルザ・バハドゥル(1892?~?) ハサン・アリー・ミールザー・ハーンの子※画像なし

フセイン・シャヒード・シュラワルディー(1892~1963) アワミ連盟初代党首

Sheikh Lutfar Rahman(生没年不詳) ムジブル・ラフマン父※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Sheikh Lutfar Rahman(フセイン・シャヒード・シュラワルディー)の子

 

ムジブル・ラフマン(1920~1975) アワミ連盟・バングラデシュ初代大統領

MA Wadud(1925~1983) Dipu Moni父※画像無し

 

Sheikh Fazilatunnesa Mujib(1930~1975) ムジブル・ラフマン妻※画像無し

ジルル・ラーマン(1929~2013) アワミ連盟・バングラデシュ第17代大統領

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ムジブル・ラフマンの子

 

シェイク・ハシナ(1947) アワミ連盟党首・バングラデシュ第18代外務大臣

 

Sheikh Kamal(1949~1975)

アブドゥル・ハーミド(1944) アワミ連盟・バングラデシュ第16代大統領

Anisul Islam Mahmud(1947) バングラデシュ第8代外務大臣※画像無し

Abul Hassan Mahmood Ali(1943) バングラデシュ第19代外務大臣

AK Abdul Momen(1947) バングラデシュ第20代外務大臣

 

Sheikh Russel(1964~1975)※画像無し

Ilyas Kashmiri(1964~2011) ハルカト=ウル=ジハード・アル=イスラーミー首領

 

※2016年のダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件を指揮した。911だけでなく、テロが発生する時、それは時の政府がテロを指揮しているということがよく分かる。

 

Dipu Moni(1965) バングラデシュ第16代外務大臣・MA Wadud娘

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

シェイク・ハシナの子

 

 

Sajeeb Wazed(1971)

Bangla Bhai(1970~2007) ジャマート=ウル=ムジャーヒディーン首領

 

※2016年のダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件を指揮した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Dipu Moniの子

 

 

Tawquir Rashaad Nawaz(生年不詳)

ワ・ロン(1986)

チョー・ソウ・ウー(1990)

 

 

 


常如の一族~後金時代、李氏朝鮮末期、琉球第二尚氏王統、東学党、ゴ・ディン・ジエム、大韓民団、株式会社ロッテ

常如(1641~1694)
徳川家綱(1641~1680)

呉世ハン(?~1681) 周第2代皇帝※画像なし

順治帝(1638~1661) 清第3代皇帝

顕宗(1641~1674) 李氏朝鮮第18代国王※画像なし

 

中国:三藩の乱(1673)
日本:京都大火(1692)

 

※常如は、まず徳川家綱として優性遺伝子ブリーダーによって生まれた。常如は、徳川幕府の将軍を演じながら、同時に中国に潜入し、呉三桂の周を引継いだ。しかし、ヌルハチ率いる満州人が勢いに乗っていることを確認すると、愛新覚羅家の簒奪に乗り出し、順治帝として第3代皇帝に即位した。家綱は、呉世ハンを死んだことにして日本に帰還すると、翌年には常如として京都に火をつけている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

順治帝の子

 

康熙帝(1654~1722) 清第4代皇帝

尚純(1660~1707)※画像なし

 

※中国から沖縄に移った康熙帝は、自分を尚貞王の子息に設定し沖縄の掌握にまい進した。

 

雍正帝(1678~1735) 清第5代皇帝

尚益王(1678~1712) 琉球第二尚氏王統第12代国王※画像なし

蔡温(1682~1762) 三司官

 

※雍正帝は康熙帝の子であり、尚益王は尚純の子でもある。雍正帝は中国と琉球を同時に支配し、尚益王を34歳で死んだことにすると、最後までの50年は蔡温として生きた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

顕宗(常如)の子

 

粛宗(1661~1720) 李氏朝鮮第19代国王

 

※常如が李氏朝鮮第19代国王粛宗を儲けたことで、東本願寺門主が李氏朝鮮の王統を簒奪した。

 

景宗(1688~1724) 李氏朝鮮第20代国王・顕宗の孫

 

英祖(1694~1776) 李氏朝鮮第21代国王・顕宗の孫

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

李氏朝鮮第21代国王英祖の子

 

正祖(1752~1800) 李氏朝鮮第22代国王

 

純祖(1790~1834) 李氏朝鮮第23代国王

 

憲宗(1827~1849) 李氏朝鮮第24代国王・純祖の孫

 

哲宗(1831~1864) 李氏朝鮮第25代国王

 

高宗(1852~1919) 李氏朝鮮第26代国王

 

1866年に閔妃(明成皇后)が王妃として王宮へ入ると、大院君は閔妃と対立を始め、閔妃を中心とした閔氏一族と崔益鉉らの儒者勢力、政敵安東金氏の勢力を中心に、大院君排除のための動きを見せていた。これらの勢力が結託し、1873年、高宗が成人すると親政を宣言し、崔益鉉の弾劾を機に大院君は追放される。代わりに政権を握ったのは閔妃の一族である閔氏であった。高宗は性格的に気の強い閔妃に頼るところが多く、政権を握った閔妃は閔氏一族を要職につけ、以後閔氏一族による勢道政治が始まる。 wikiより

 

※高宗は常如の子孫であり、大院君は大谷光勝自身であった。そのため、できそこないを嫌う正しい朝鮮人民により、排除が行われた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

琉球第二尚氏王統第12代国王尚益王の子

 

尚敬王(1700~1751) 琉球第2尚氏王朝第13代国王

 

尚穆王(1739~1794) 琉球第2尚氏王朝第14代国王

 

尚温王(1784~1802) 琉球第2尚氏王朝第15代国王

全渓大院君(1785~1841) 正祖弟恩彦君庶子

 

尚成王(1800~1804) 琉球第2尚氏王朝第16代国王

 

尚コウ王(1787~1834) 琉球第2尚氏王朝第17代国王

鍋島直道(1789~1820) 肥前国佐賀藩第9代藩主鍋島斉直の弟※画像なし

 

※尚コウ王はこのときから日本本土への新劇を考えていたようだ。藩主の弟を模して家に侵入し、優性遺伝子ブリーダーを用いて自分の子を藩主の子として納めた。そうすることで鍋島家を簒奪することが出来た。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

尚コウ王の子

 

尚育王(1813~1847) 琉球第2尚氏王朝第18代国王

鍋島直正(1815~1871) 第10代肥前国佐賀藩主、佐賀七賢人

 

義村王子朝章(1822?~?)※画像なし

佐野常民(1822~1902) 博愛社創設(日本赤十字社前身)、佐賀七賢人

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

全渓大院君の子

 

李明(1827~1844) 第一皇子

崔済愚(1824~1864) 東学党教祖※画像なし

 

哲宗(1831~1864) 李氏朝鮮第25代国王

 

※東学党は、大谷光勝が化けていた興宣大院君の朝鮮征服に対抗するために築かれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

哲宗の子

 

無名皇子(1854~?)

全ボン準(1854~1895) 東学党主要メンバー

 

無名翁主(1850~?)

閔妃(1851~1895) 第26代王高宗妃明成皇后

 

※常如の一族は朝鮮半島の利権を死守するべく東学党を築いたり、閔妃を興宣大院君(大谷光勝)の子高宗のもとに送り込んだ。その正体は第25代国王哲宗の娘であった。

 

無名翁主(1853~?)

純献皇貴妃(1854~1911) 第26代王高宗妃、大韓民国最後の皇太子李垠の母

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

尚育王の子

 

尚濬(1832~1844)※画像なし

板垣退助(1837~1919) 

 

尚泰王(1843~1901) 琉球第2尚氏王朝第19代国王

鍋島直彬(1844~1915) 肥前鹿島藩第13代藩主

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

尚泰王の子

 

尚典(1864~1920) 

太田朝敷(1865~1938)

 

※尚典は太田朝敷を演じ、琉球新報の社長になり、沖縄諸島地域の言論統制を進めた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

琉球第二尚氏王統の子孫

 

大田政作(1904~1999) 琉球政府行政主席、自民党沖縄県連初代会長

ゴ・ディン・ジエム(1901~1963) ベトナム共和国初代大統領

朴烈(1902~1974) 在日本大韓民国民団初代団長

 

※大田政作は1959年~1964年まで琉球政府行政主席を務めていた。しかし当時、アメリカ占領下にあった沖縄にいた彼が、本願寺門主の血を引いているということでゴ・ディン・ジエムを演じることを指示されたようだ。少なくともゴ・ディン・ジエムは1954年からベトナムで暗躍しているがハリウッドのライターによる創作だろう。彼は幻の人だから。

ゴ・ディン・ジエム自身の写真もないが、兄弟が5人もいるのにひとりも写真がないのも妙だ。リンチされて殺されたゴ・ディン・ジエムの死体の写真をネットで見たが顔がズタズタで誰だか分からない。その後、1963年にリンチされて死んだことにされた大田政作は、沖縄に帰還し、1964年から政治活動を始めたという筋書きだろう。

ホー・チ・ミンの頃と異なり、ベトナムはTPPに批准したり、ディープステート寄りの国になってしまった。つまり、最近の首相はみな沖縄出身の傀儡の可能性がある。

大韓民団を設立した朴烈だけ似ていないが、影武者専用の異母兄弟として生まれたと考えられる。いわゆる在日も本願寺によって操作されていることが分かる。

 

チュオン・チン(1907~1988) ベトナム社会主義共和国国会議長、国家評議会議長

ゴ・ディン・ヌー(1910~1963) ベトナム共和国大統領顧問※画像なし

権逸(1911~2001) 在日本大韓民国民団第2代団長※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

純献皇貴妃と高宗の孫

 

李晋(1921~1922)

重光武雄(1922) ロッテグループ財閥元総帥

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

チュオン・チンの子

 

ダン・ズアン・キ(1931~2010)

全斗煥(1931) 大韓民国大統領

 

盧泰愚(1932) 大韓民国大統領

 

金宰淑(1934) 在日本大韓民国民団第5代団長

河丙鈺(1935) 在日本大韓民国民団第6代団長

鄭進(1937) 在日本大韓民国民団第7代団長

 

グエン・フー・チョン(1944) ベトナム国家主席

呉公太(1946) 在日本大韓民国民団第8代団長

戸塚宏(1940) 戸塚ヨットスクール校長

桜田義孝(1949) 安倍政権国務大臣

グエン・タン・ズン(1949) ベトナム首相

 

※グエン・フー・チョンと戸塚、桜田は顔が良く似ている。完全に異母兄弟だろう。グエン・フー・チョンは安倍政権が主導するTPPを批准。グエンタンズンは影武者として生まれたのだろう。

 

西銘恒三郎(1954) 自民党沖縄県連議員

グエン・スアン・フック(1954) ベトナム首相

山本順三(1954) 安倍政権国家公安委員会委員長

 

※全然似ていないが、グエン・スアン・フックの方が影武者専用の異母兄弟として生まれたと考えられる。

 

照屋守之(1956) 自民党沖縄県連会長

山本有二(1952) 安倍政権農林水産大臣

北村滋(1956) 安倍内閣情報官

梶山弘志(1955) 安倍政権内閣府特命担当大臣

リチャード・コシミズ(1956) ネットジャーナリスト

 

※残念ながらコシミズ氏は人からアイディアをパクるきもゲイである。

 

西銘啓史郎(1958) 自民党沖縄県連議員

陳健民(1959) 香港反政府デモ指導者

中村格(1963) 警視庁長官官房長

王偉中(1962) 深セン市市委書記

 

佐喜眞淳(1964) 自民党沖縄県連議員

山下貴司(1965) 安倍政権法務大臣

吉川元(1966) 社民党幹事長

玉木雄一郎(1969) 国民民主党党首

 

※佐喜眞氏、吉川氏、山下氏は良く似ている。同一人物のようだが、異母兄弟だろう。この場合、佐喜眞氏が本体であり、吉川氏、山下氏が影武者として生まれた。佐喜眞氏は本願寺の一族として安倍政権に追従したが、沖縄知事選で野党推薦のデニー玉城に敗北した。

 

エイドリアン・ホン(生年不詳) 自由朝鮮代表

 

石井英俊(1976) 国際戦略家自由インド太平洋連盟副会長

 

※真のテロリストは自分をテロリストと呼ばない。人民の解放者を自称するものだ。

 

 

 


一如の一族~名誉革命、ジャコバイト、オラニエ=ナッサウ王家、南アフリカ連邦、オレンジ革命

一如(1649~1700)
ウィレム3世(1650~1702) オランダ総督・イングランド王

ジェイムズ・スコット(1649~1685) イングランド軍人

ジョン・ダルリンプル(1648~1707) 初代ステア伯爵

ジョン・グラハム(1648~1689) スコットランド軍人

 

イギリス:第三次英蘭戦争(1672~74)
西欧:ナント勅令廃止(1685)
イギリス:名誉革命(1688)
イギリス:信教自由令(1689)

スコットランド:グレンコーの虐殺(1692)

 

※一如は最初から日本にいなかった。一如は最初からウィレム3世として生きた。彼の人生の目的は琢如と同じくイングランドを掌中に治めることだった。ウィレム3世も、イングランド国内のカンタベリー大主教(クリュニー会)と結んでいた。両者の共通の敵は、スチュアート朝である。ウィレム3世は、名誉革命でイングランドを掌中にした。オラニエ家はイングランドに移ったので、本国オランダは衰退した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ジョン・ダルリンプル(一如)の子

 

ジョン・ダルリンプル(1673~1747) 第2代ステア伯爵

 

早世した子(生没年不詳)※画像なし

ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアート(1688~1766) ジャコバイト王

ヨハン・ウィレム・フリーゾ(1687~1711) オラニエ公

 

ウィレム4世(1711~1751) オラニエ公

 

チャールズ・エドワード・ステュアート(1720~1788) ジャコバイト王

 

父は名誉革命によってイングランドを逐われ、チャールズは教皇インノケンティウス13世時代のローマで生まれた。教皇の庇護をうけ、少年時代をローマおよびボローニャで過ごした。父の影響もあって必然的にカトリック信仰に入ったことが、チャールズの王位奪還運動を困難にすることになった。 wikiより

 

ヘンリー・ベネディクト・ステュアート(1725~1807) ジャコバイト王

 

父ジェームズ老僭王や兄チャールズ若僭王と異なり、王位奪還のための活動を行なわなかった。教皇領でカトリック教会の聖職者(枢機卿)として一生を終えた。 wikiより

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ウィレム5世(1748~1806) オランダ総督・ウィレム4世の子

 

ウィレム1世(1772~1843) 初代オランダ国王・ウィレム5世の子

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ウィレム1世の子

 

ウィレム2世(1792~1849) 第2代オランダ国王

フロリス・アドリアン・ファン・ハル(1791~1866) 第4代オランダ首相

 

フレデリック・ファン・オラニエ=ナッサウ(1797~1881) 

ゲリット・スヒンメルペニンク(1794~1863) 初代オランダ首相

ジェイコブ・デ・ケンペナール(1793~1881) 第2代オランダ首相

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ(1798~1872) 第3代オランダ首相

ヤン・ジェイコブ・ロシュセン(1797~1881) 第6代オランダ首相

 

パウリーナ・ファン・オラニエ=ナッサウ(1800~1806) ウィレム1世の子

ユスティヌス・ファン・デル・ブルッヘン(1804~1863) 第5代オランダ首相

シェルト・ファン・ヘームストラ(1807~1864) 第8代オランダ首相

ヤコブ・グローエネンダール(1805~1860) オレンジ自由国初代大統領

ヨシアス・フィリップ・ホフマン(1807~1879) オレンジ自由国第2代大統領※画像なし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ウィレム2世の子

 

ウィレム3世(1817~1890) 第3代オランダ国王

ヤコブ・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト(1716~1890) 第7代オランダ首相

ゲリット・デ・フルース(1818~1900) 第13代オランダ首相

アドルフ(1817~1905) ルクセンブルク大公

 

アレクサンダー・ファン・オラニエ=ナッサウ(1818~1848)

ユリウス・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト(1819~1894) 第10代オランダ首相

マルティヌス・ウェッセル・プレトリウス(1819~1901) トランスヴァール共和国初代大統領

 

エルンスト・カシミール・ファン・オラニエ=ナッサウ(1822)※画像なし

イサーク・ディグナス・フランセン・ファン・デ・プッテ(1822~1902) 第9代オランダ首相

 

フランツ(1859~1875) ルクセンブルク大公アドルフの子※画像なし

ルイス・ボータ(1862~1919) 南アフリカ連邦初代首相

 

クラウス・フェリックス・フォン・アムスベルク(1890~1953) オランダ王配

ウィム・スヘルメルホルン(1894~1977) オランダ首相

 

※ルイス・ボータの子。ボータには子がいなかったが、優性遺伝子ブリーダーによって生まれたと考えられる。

 

クラウス・フォン・アムスベルク(1926~2002) オランダ王配

 

※ルイス・ボータの子。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オラニエ=ナッサウ王家

 

ウィルヘミナ(1880~1962) 第5代オランダ女王

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

女王ウィルヘミナの子

 

チャールズ・ロバーツ・スワート(1894~1982) 南アフリカ共和国初代大統領

 

※ウィルヘミナが14歳の時の子と考えられる。そのため、里子に出された。

 

ピート・デ・ヨング(1915~2016)

ピーター・ウィレム・ボータ(1916~2006) 南アフリカ共和国大統領

 

第二次世界大戦中、ボータは、ナチス・ドイツを支持していたとされ、ブルームフォンテーンの右翼組織・牛車の番人に入党する。しかし連合国が勝利するとキリスト教ナショナリズムに転向、ファシズムを批判し、古巣であった牛車の番人団を国政の妨害者と非難した。

1948年、国民党から国会議員に立候補し当選する(地盤はケープ州東部)。この選挙で国民党を中心とするダニエル・フランソワ・マラン四党連立政権は、アパルトヘイト政策を本格的に推進することとなる。wikiより

 

※ウィルヘミナが第一世界大戦の時に産んだ子で後に里子に出された。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オラニエ=ナッサウ王家

 

ユリアナ(1909~2004) 第6代オランダ女王

 

ベアトリクス(1938) 第7代オランダ女王

 

※クラウス・フォン・アムスベルクと結婚した。大日本帝国がオランダ植民地のインドネシアを奪ったことについて村山首相に謝罪を要求した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

女王ユリアナの子

 

レフ・ヴァウェンサ(1943) ポーランド共和国第2代大統領

 

※第6代女王ユリアナが34歳の時の子と考えられる。ちょうど戦時下でイギリスに亡命中だった時期である。祖母の第5代女王ウィルヘミナに良く似ている。父はピーター・ウィレム・ボータと考えられる。

 

河野太郎(1963) レフ・ヴァウェンサの子(安倍政権)

 

ポーランド中央計画統計大学在学中には、当時自宅軟禁下にあった、後にポーランド大統領になるレフ・ヴァウェンサ「連帯」議長宅を訪問し逮捕され、一晩留置所で過ごしたエピソードがある。翌日に保釈された。wikiより

 


ボグダン・ヴァウェンサ(1970) レフ・ヴァウェンサの子※画像なし

スヴャトスラフ・シェヴチュク(1970) ウクライナ東方カトリック教会第7代大主教

 

※ウクライナ東方カトリック教会は、戦後になり、浄土真宗とタッグを組んでカリフォルニアを領土化している。しかし、それが原因で2018年、カリフォルニアに大規模な山火事が起きた。カリフォルニアでは毎年山火事は起きていたが、2018年のそれはいつもと様子が違っていた。ウクライナ東方カトリック教会のギリシア拠点アテネでも異常な山火事が起きた。激しい火炎が、まるで生き物のように信者たちを襲ったのだ。

これらはインチキ宗教を憎悪する宇宙人(科学の種族)が信者の生活を奪うために発生させたものだ。宇宙人は火炎を操り、信者たちを襲った。信者たちは「脅されたから仕方ない」だとか言い分けするが、生活の保障のために悪に従うこともまた悪なのだ。宇宙人はそれを教えてくれている。

 

スラウォミル・ヴァウェンサ(1972) レフ・ヴァウェンサの子※画像なし

アンジェイ・ドゥダ(1972) ポーランド大統領

 

※祖父ボータに顔が良く似ている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

女王ベアトリクスの子

 

ヤン・ペーター・バルケネンデ(1956) オランダ首相

ヴィクトル・ユシチェンコ(1954) ウクライナ大統領

 

※ユシチェンコはベアトリクスが16歳の時に産んだ子である。そのため、里子に出されたようだ。彼がオラニエ王家の一員だということはオレンジ革命のネーミングでわかる。

オレンジ革命は、2004年ウクライナ大統領選挙の結果に対しての抗議運動と、それに関する政治運動などの一連の事件である。 選挙結果に対して抗議運動を行った野党支持者がオレンジをシンボルカラーとして、リボン、「ユシチェンコにイエス!」と書かれた旗、マフラーなどオレンジ色の物を使用したことからオレンジ革命と呼ばれる。 オレンジの由来はオレンジ自由国と同じでオラニエである。

 

ユーリヤ・ティモシェンコ(1960) ウクライナ大統領

 

※公称ではベアトリクスは3人の息子がいるが、ティモシェンコはベアトリクスが結婚する前の22歳の時の子である。ユーリヤの名の由来は祖母ユリアナである。上記のユシチェンコとは異父兄妹、或いは父親が同じであるなら普通に兄妹である。

 

マルク・ルッテ(1967) オランダ首相

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

クラウス・フォン・アムスベルクの子

 

ウィレム=アレクサンダー(1967) 第8代オランダ国王

リナト・アフメトフ(1966) オリガリヒ・ウクライナ最大の富豪

 

※アフメトフはウィレムの影武者として生まれた。しかし、ウクライナ最大の富豪として成り上がった。ウィレムはユシチェンコとは異父兄弟となるため顔が似ている。

 

 

 



読者登録

大本正さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について