twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】ねこまんま食堂」 のバックナンバーです。(2018-10-13 20:27:27 発行)

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 真柴 文明
タグ 連載ねこまんまおっさん食堂福の神恵比寿様
ダウンロード

この本には、PDFファイルとePubファイルが存在していません。

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
何をやっても長続きしない、ダメを絵に描いたような中年オヤジ・福住。
ついに嫁に愛想を尽かされ、家を叩き出される羽目に。
行き場を失った福住が愛猫ミィーちゃんと辿り着いた先は、かつて亡き祖父母が営んでいた古ぼけた食堂だった。
食堂で自堕落な生活を過ごしていた福住の元に、突然「福の神」と名乗る奇妙な小人が現れた。
そして、こともあろうか福の神は再起の一手として、古ぼけた食堂をねこまんま専門の食堂として再開することを福住に勧める。
初めは右往左往しながら懸命に食堂を切盛りする福住。
しかし、福の神に小突かれながら食堂の切盛りを通して福住は次第に自分を見詰直し、様々な人と交わりながら再び立ち上がる。
果たして、福住に明日は来るのか! どうなる、福住! どうする福の神!
ダメ男と福の神が織成す、かなりおバカな人情話です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...
200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる