目次
11月の星座 ペガスス座
11月の星座「うお座」
柿が赤くなると医者が青くなる!?
イチョウの由来はアヒルの足
イチョウの効用
美しい景色を眺める季節
芭蕉の忌日「時雨忌(しぐれき)」
国際的行事の『七五三』
冬の足音~もみじ狩り~
秋の養生法
冬への扉を開く木枯らし1
日光の節約
飛行機雲でわかる天気
魅惑の星「すばる」
簡単な、天気図の見方
山の天気は変わりやすい!
亥の月の亥の日
決断の背景
厳父と言うべき、武家の教育
人知を超越した直観力
十二支の動物物語
老化と一番関わりのある臓[腎]
体とは実に賢くできている
プラス思考と免疫力
乳が んのリスクを減らす7つの方法
気陰・気血の不足解消法  
円形脱毛の治療法は?
生活習慣病に克つ、気血水について
体に炎症がある時の養生の仕方
セカンドオピニオン
血圧不安に効く養生
更年期と鬱
月の満ち欠けと体のリズム
気陰両虚の便秘
欝は心の便秘、愚痴は心の排泄物
元気な人の落とし穴
徳川時代から続く現代日本人の就職観
徳川家の兵学校
痛くない注射針
酒で3年、茶で10年
道標となるもの
一人カラオケ
ラムウィンナーティー
心臓のポンプ力を助ける
新大陸発見が世界の料理を変えた!
世界有数の長寿国として知られる日本…。
歴代総理大臣出身地図に見る「たかが総理されど総理」
冷凍食品中心にする企み、失敗
現場の判断は正しい?
中国料理の謎
握り寿司物語
いま『うどん』アツい!
なんでマナーって必要なの?
源頼朝の隠し子伝説
戦国を知らない子供たち
世界史を学ぶ
縄文時代に想いをはせて栗を食す
朝粥のすすめ
消えてしまった北京宮廷料理
デザートという食文化
即席めんを発明し世界の食文化を変えた男 安藤百福 前編
特定保健用食品[エコナの問題]
塵も積もれば山となる
キャシュレス社会の到来 
ややこしい?名前の付け方
ネット難民にならないように
アバウト、のんびり、ニュージーランド
『古事記』の神々(その8)
古代中国人と戦前までの日本人 
蛙が教える努力の素晴らしさ
猪対策はコレ!
何もしない贅沢な時間
郵便集荷車は緊急車両?
飛行機で偉いのは?
車載の「縫いぐるみ」タマにはお洗濯しませんか?
ご先祖様のおかげで
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

5 / 77ページ

試し読みできます

イチョウの効用

 長かった夏も終わり、やっと秋らしくなって来ました。もうすぐ紅葉のシーズンを迎えますね。そこで、今回は紅葉する代表的な植物イチョウの黄葉(こうよう)と効用について紹介いたします。

 紅葉する植物といえば、もみじとイチョウの鮮やかさは双璧をなすのではないかと思いますが、もみじが紅色に色づくのに対しイチョウは黄色に紅葉します。このことからイチョウが紅葉するという場合、紅葉ではなく「黄葉」という字をあてることもあります。イチョウが黄葉するのは、カロテノイドという色素が原因です。この色素は、青葉のときにも含まれているのですが、緑色の原因となる色素クロロフィルの量が青葉のときにはカロテノイドよりも相対的に多いため、全体として緑色に見えます。しかし葉が老化してくると緑色のクロロフィルの方が早く分解されてしまうために、今度はカロテノイドによる黄色が目立つようになり黄葉するというわけです。なお、もみじの紅色は別種の色素アントシアニンという成分によるものです。

 さて、「効用」の方ですが、イチョウは葉にも実にも優れた薬効があります。まず、実の方ですが、薬用部位は種子部分で銀杏(ぎんなん)と呼ばれています。専ら茶碗蒸しの具に用いられることの多い食材ですが、強壮強精作用や抗利尿作用、鎮咳去痰作用などがあると言われています。

 ただし、銀杏の多食は禁物です。一般には余り知られていないようですが、ビタミンB6の働きを阻害するギンコトキシンと呼ばれる中毒成分が含まれていますので注意が必要です。ビタミンB6の働きが阻害されると痙攣などを起こしたり、量によっては死に至ることもあります。子供なら5個、大人でも10個程度までにとどめておいた方がよいようです。

 一方、イチョウ葉には血液凝固を抑制して血流をよくする働きがあり、認知症改善、記憶改善、脳機能障害の改善、抹消血流改善作用などが期待されています。実際に、ドイツやフランスでは医薬品として認可されているようです。多彩な機能性を有するイチョウ葉ですが、イチョウ葉にもいくつか注意を要する点があります。

 まず、イチョウ葉エキスは血液凝固を抑制しますので、他の血液凝固を抑制する医薬品やハーブなどと併用すると、相互作用によって出血を起こしやすくする危険性があります。それらの医薬品等を服用中の方は、是非、医師にご相談ください。

 また、イチョウ葉にはアレルギー物質であるギンコール酸が含まれており、イチョウ葉からエキスを抽出しようとすると通常はギンコール酸まで抽出されてしまい、そのままでは摂取することができません。摂取するにはギンコール酸を除去する必要があるのですが、ご家庭でギンコール酸を除去するのは困難です。きちんと除去処理のされた市販品を入手されることをお勧めします。

(医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永/絵:吉田あゆみ)

2011-11

 


試し読みできます

美しい景色を眺める季節

 十一月の二十四節気にはまず七日、立冬(りっとう)があります。これはいわば「冬入り」、高い土地では雪が積もり始める時期です。歳時記には「冬立つ」「冬に入る」ということばで表現されるようです。

 立冬を、およそ五日ごとに分けた七十二候では、初候「つばきの花が咲き始める」、次候「地面が凍り始める」、末候「水仙の花が咲き始める」と移っていきます。

 つばきや水仙の花、「凍る」ということばも冬の季語になっています。

 次に二十二日、小雪(しょうせつ)。これは、所によっては雪が降り始める時期ということです。初候「虹が見えなくなる」、次候「北風が木の葉を払う」、末候「橘の葉が黄色く色付き始める」となります。

 歳時記によると、霰(あられ)、霜、雪は冬の季語ですが、雹(ひょう)は夏の季語になっています。気象に照らすと雹は、太平洋側では夏場に発達した入道雲(積乱雲)が降らせることが多いため、夏を現すことばにされているように思われます。

 また霧についても、単に霧だけでは秋の季語ですが、「冬霧」とすることで冬の季語として使うことができるようです。

 十一月はあまり目立った気象現象というのはありません。しかし暦の上では冬に入るように、次第に寒さが増してくる月です。朝晩も冷え込むようになり、衣服や寝具の調節をしましょう。夜にはそれこそ「冬霧」が立ち込める地域も出てきます。朝は車に霜が降りるようにもなります。紅葉がきれいな月ですが、山のお天気は一年中変わりやすいものなので、日中でも冷えないように衣類を調節して美しい景色を眺めるように心掛けて下さい。

 毎年十一月にはしし座流星群がやってきますね。流れ星はもちろん夜にしか見ることができませんが、流星群を見に出かけるときこそ、衣服はもちろん突然発生する霧に、充分注意して下さいね。特に標高の高い地域で見るときには霧に注意は必要です。

 また、十一月は二十八日が満月です。ちょうど真夜中ごろに満月を迎えるようです。この時期は空気が澄んでいて、完全に満ちる数時間前のお月さまを会社帰りなどに見ることができます。次第に日の入りの時刻も早くなってくるので、早い時刻から満ちていくお月さまを楽しむことができるでしょう。

(気象予報士 チャーリー/絵:そねたあゆみ)

 


試し読みできます

芭蕉の忌日「時雨忌(しぐれき)」

旧暦10月12日、俳聖松尾芭蕉の忌日で「時雨忌(しぐれき)」と呼ばれます。「時雨」とは晩秋から初冬にかけて不意に降ってくる冷たい俄か雨のことで、通り雨の如く過ぎることから「過ぐる」が転じて「しぐれ」となったとされています。現在「時雨忌」は芭蕉のお墓がある滋賀県大津市義仲寺で新暦11月第2土曜に法要と句会が、他にもゆかりのある各地で俳句大会等が開催されています。「時雨」は旧暦10月(新暦の11月頃)の異称としても使われ、芭蕉が好んで詠んだ季語の一つで、「初しぐれ猿も小蓑をほしげ也」「時雨るゝや田のあらかぶの黒むほど」など名句も多く残されています。芭蕉は元禄7年の秋、長崎へ向かう途中の大阪で病に倒れ、同年10月12日に門人らに看取られながら51歳の生涯を終えました。辞世の句となった「旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる」は、「旅の途中で病気になっても夢の中では草の枯れた野原を旅している」といった意味で、旅に生き旅に死した芭蕉の生涯を如実に表している名句と言えるでしょう。「奥の細道」の旅の初め、千住に滞在した日数が多いにも関らず作品中に消息が殆ど無いため、隠密としての任務を受けに行っていたのではないか出生地伊賀との関係から実は忍者だったのではないか、など諸説が伝えられ、俳聖としての絶対像と謎に包まれた神秘性の両面に、現在に至っても興味が尽きることのない偉大な人物です。

(文:現庵/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

国際的行事の『七五三』

11月15日は『七五三』です。子供が3歳・5歳・7歳まで無事に成長したことを感謝し、これからも無事に成長することを、近所の神社で氏神にお願いする行事が七五三です。

江戸時代より少し以前の日本では、乳幼児は髪を剃ることになっていました。そして3歳になると髪を伸ばすことを許されるようになり「髪置き」という儀式が行われるようになったのです。これが3歳を祝う由来。

平安時代の頃から続いている儀式「袴着」は、5歳になった子供が生まれて初めて袴を着用する行事でした。これが5歳を祝う由来ですが、武家社会になってからは男児のみの行事となったため、七五三では男の子のみ5歳を祝うことになっています(地方によって異なります)。

そして7歳になった女児のお祝いとして行われていた「帯解」という、生まれて初めて帯を結ぶ儀式が女の子のみ7歳を祝う由来となっているのです。

医学が発達していなかった昔は、乳幼児の死亡率が非常に高く、3歳・5歳・7歳を節目の年として、ここまで守ってくれてありがとうという感謝の意味を込めて、前述の行事をまとめた七五三が行われるようになったと言われています。

ちなみに11月15日に行われるようになったのは、江戸時代、幼少の頃身体の弱かった五代目将軍徳川綱吉のために行われた「袴着」の儀式が11月15日だったからだという説や、中国の月暦で一番良い日が11月15日だから、という説があります。

海外に住む日本人のためにも七五三は行われており、ニューヨークのマンハッタンでも例年のように国際七五三が行われています。参加費用・着物貸付代・写真代、全て合わせて100ドル(約1万円)以下で、2年前に我が家が参加した時は祈祷後、国連本部にある日本庭園で記念撮影が行われました。七五三をお祝いできる幸せを恵まれない子供達にもおすそ分けしようというコンセプトから、参加費用のうち10ドルはユニセフに寄付されます。

11月15日の七五三には、日本の子供だけでなく世界中の子供達の健康と成長を祈りたいものですね。

(文:JULIE/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

冬の足音~もみじ狩り~

11月に入ると、一日ごとに寒さが増してくるように感じるのではないでしょうか?

前日までは朝、草木に降りていたのは露だったのにある日を境に霜になった、とか、前の日は何とも感じなかった服装が、ある日突然もう一枚重ね着をしないといけないと感じたり。

本州の平野部では冬への足音を実感する月ですね。そうなると、ストーブなどの暖房器具を出したりと、冬支度が必要になってきます。

また、木の葉の色の移り変わりでも、季節の変化を感じ取ることができるでしょう。休日にもみじ狩りを 予定される方も多いと思います。もみじ狩りと言えば恐らく山に行かれるでしょうが、山の天気は古くから言われているとおり変わりやすいです。

なぜなら、山には木が多い、木が多いと葉が水蒸気を発生させる、その水蒸気が増えると雲になる。さらに山間部は平野部に比べて、そもそもの気温が低いために水蒸気が 雲になるのが早いのです。そして雲がたまると雨が降る。

山をよくご覧になる方なら、山で生まれて山で消 えていく雲を見たことがあるのではないでしょうか?

さらに山間部の中では、他の山影になって、夕陽の沈むのが早いところ、つまり、日が射さなくなって気温が下がるのが早いところも出てきます。そうなると、路面が凍結したり、霧が発生するおそれも出てきます。

だから、楽しいもみじ狩りでも、宴は早めにり上げた方が良いかもしれません。また、もみじ狩りに最適なころ、本州では木枯らし1号が吹いたり、低気圧がやってきて悪天になったりすることが多いようです。

特に木枯らし1号は、低気圧が通り過ぎたあと大陸から吹き付ける強い北よりの風のことなので、そんな日にもみじ狩りに出かける場合には厚着をしておいた方がいいかもしれませんね。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)

 


試し読みできます

秋の養生法

 あれほど暑かった夏が過ぎ去り、過ごしやすい秋が来るはずなのに、今年は一気に冷え込んでしまいました。

朝夕と昼間とでは10度以上の気温差がありこれは体にとってはとても大変なことです。

私達の体は大体36度くらいの体温ですべての酵素反応が成り立っています。

 つまり、食べ物を分解しエネルギーを作り出し、生命活動の営みを維持し、解毒代謝を円滑に行って、不必要な物は排泄するという一連の反応は、この体温上で成立っています。

外界の気圧や気温が変化するたびに、これを察知し自律神経系が働いて血管を収縮や拡張させたり、血液の分布を変化させたりして体温を一定に保たせてくれているのですが、今年のように気温の変化が激しいと、自律神経は緊張しっぱなしです。

 現在の店頭で多いめまい、体のだるさ、のぼせたり冷えたりして気分が悪い、風邪のように寒気がしたり熱感があるが、鼻水や咳はない、胃腸の不調などは、自律神経が上手くバランスをとれず悲鳴をあげている状態と言えます。

今年は暑さが激しかったために、皆さん例年よりも体は消耗しています。

 自律神経の失調は、

1,寝不足や無理のしすぎ、汗のかきすぎ、栄養不足、頭や目の使いすぎなど体が消耗しているとき

2,ストレスによる気の滞りとオ血、冷たい水分の摂りすぎなどによる冷え、運動不足+油ものや甘いものによる痰湿などによる閉塞状態のときに起こりやすくなります。

 この機会に八証の体質チェックをして、不足を補い不用は捨てる養生を実行して下さい。

また、気温の変化に対応するため、衣服でこまめに調整してくださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)


試し読みできます

冬への扉を開く木枯らし1

11月3日文化の日は、晴れの天気のことが多い日(晴れの特異日)としてよく知られていますが、気候が不順な昨今、今年はどうでしょうか? また、11月17日は「寒い晴天の特異日」だそうです。いかにも「冬目前!」といった感じのすることばですね。

さて、毎年11月にもなれば、暖かい日、寒い日を繰り返しながら、だんだんと冬に向かって寒さが増してくる時期です。それを象徴するのが、テレビでよく言われる「木枯らし1号」ではないかと思います。早い年では10月に吹くこともあるそうなので、このコラムが時期外れにならないことを祈ります。

木枯らし1号とは、その秋最初の強い北風と定義されており、発表されるのは東京と大阪の2都市です。木枯らし1号は、低気圧が日本の東の海上に抜け、西から高気圧が張り出してくる、西高東低のいわゆる「冬型の気圧配置」になったときに吹きます。これはおおむね二十四節気の一つ「立冬」の時期と一致するようです。今年は7日が当たっていますが、暦の通り、季節は冬への扉を一つ開く、ということかもしれませんね。

そしてもう一つ暦の話題。「小春(こはる)」というのは旧暦10月(新暦では11月くらい)のことで、そのあいだのおだやかであたたかい晴れたお天気を「小春日和」といいます。(ちなみに旧暦12月以降の暖かい日は「冬日和」

というそうです)とてもなごやかな気分にさせることばですが、三寒四温ともいうように、このあとには低気圧がやってきて寒くなることが多いようです。

ともあれ、地球温暖化が懸念されている近年、いくら寒いのはいやだからと言っても、私はやっぱり冬は冬らしく、(ほどほどに)寒くあってほしいものだと思います。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について