目次
11月の星座 ペガスス座
11月の星座「うお座」
柿が赤くなると医者が青くなる!?
イチョウの由来はアヒルの足
イチョウの効用
美しい景色を眺める季節
芭蕉の忌日「時雨忌(しぐれき)」
国際的行事の『七五三』
冬の足音~もみじ狩り~
秋の養生法
冬への扉を開く木枯らし1
日光の節約
飛行機雲でわかる天気
魅惑の星「すばる」
簡単な、天気図の見方
山の天気は変わりやすい!
亥の月の亥の日
決断の背景
厳父と言うべき、武家の教育
人知を超越した直観力
十二支の動物物語
老化と一番関わりのある臓[腎]
体とは実に賢くできている
プラス思考と免疫力
乳が んのリスクを減らす7つの方法
気陰・気血の不足解消法  
円形脱毛の治療法は?
生活習慣病に克つ、気血水について
体に炎症がある時の養生の仕方
セカンドオピニオン
血圧不安に効く養生
更年期と鬱
月の満ち欠けと体のリズム
気陰両虚の便秘
欝は心の便秘、愚痴は心の排泄物
元気な人の落とし穴
徳川時代から続く現代日本人の就職観
徳川家の兵学校
痛くない注射針
酒で3年、茶で10年
道標となるもの
一人カラオケ
ラムウィンナーティー
心臓のポンプ力を助ける
新大陸発見が世界の料理を変えた!
世界有数の長寿国として知られる日本…。
歴代総理大臣出身地図に見る「たかが総理されど総理」
冷凍食品中心にする企み、失敗
現場の判断は正しい?
中国料理の謎
握り寿司物語
いま『うどん』アツい!
なんでマナーって必要なの?
源頼朝の隠し子伝説
戦国を知らない子供たち
世界史を学ぶ
縄文時代に想いをはせて栗を食す
朝粥のすすめ
消えてしまった北京宮廷料理
デザートという食文化
即席めんを発明し世界の食文化を変えた男 安藤百福 前編
特定保健用食品[エコナの問題]
塵も積もれば山となる
キャシュレス社会の到来 
ややこしい?名前の付け方
ネット難民にならないように
アバウト、のんびり、ニュージーランド
『古事記』の神々(その8)
古代中国人と戦前までの日本人 
蛙が教える努力の素晴らしさ
猪対策はコレ!
何もしない贅沢な時間
郵便集荷車は緊急車両?
飛行機で偉いのは?
車載の「縫いぐるみ」タマにはお洗濯しませんか?
ご先祖様のおかげで
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

32 / 77ページ

試し読みできます

更年期と鬱

更年期は、誰にでも訪れるもので、女性ばかりではなく、男性にもあります。皆さんは、更年期をイヤなものと捉えがちですが、決してそうではなく、生き方のターニングポイントとして捉えていただければ・・・と思います。即ち、子宝と子育てをする体から解放されて肉体は衰えても精神は日々進歩する、精神的充実の世界へ突入するためのホルモンの変換期ではないでしょうか?
 更年期にホットフラッシュやめまい等の血管運動系の症状が多いこと、そして気分が憂鬱、やる気が起きない・・・などの鬱症状が起きやすいのは、女性ホルモンと、脳内の神経伝達物質が密接に関連しているためです。

 女性ホルモンが減少すると、精神を穏やかにしたり安定させ、脳の意欲を整えるセロトニンの分泌が減少し、非常に気持ちが不安定になります。更年期の時期には、女性ホルモンが減少してしまうのですが女性ホルモンは、コレステロールから合成されるため、成人病を気にするあまり、極端なダイエットをやっていたり、過激な菜食主義、そしてコレステロールを下げる薬の服用等で、急激に落ち込みやすくなります。

 また、脳は電流を流している細胞なので、漏電を防ぐために神経細胞は脂肪に取り囲まれています。したがって、コレステロールが経れば、脳細胞はダメージを受けやすく、ボケやすくなったりします。同時に、脳の栄養源はブドウ糖です。脳の重量はたったの2パーセントなのに、体全体の20パーセントのブドウ糖を消費する組織なので、炭水化物抜きのダイエット等を続ければ、頭は栄養されず、鬱になるばかりか、ボケやすくなりますよ!

 将来ボケないためにも、この時期の過ごし方はとても大切!!ポイントとしては、女性ホルモンとセロトニンを作る食事。豆類黒い食べ物、色の濃い野菜、かつお、芝エビ、しらす、ナッツ類

そして、オシャレを楽しむ、音楽、ダンス、異性とのふれ合いを楽しむなども、女性ホルモンとセロトニンを増やしますよ!

 漢方としてのお勧めは、プラセンタと新ノーゲンの併用です。

プラセンタ(Wリンクル)は、摂ったアミノ酸を女性ホルモン、血液、骨などに変換するタンパク同化作用に優れています。新ノーゲンは、脳細胞を栄養し、セロトニンを増やしたり、伝達をよくする脳の栄養剤です。この二つの併用で、快適に更年期を過ごし、第二の人生にスイッチしてくださいね♪

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)
 


試し読みできます

徳川時代から続く現代日本人の就職観

 先日、加藤(清正)家の家臣団の一覧表を見た際、やたらと、「旧OO家家臣」という添え書きが目につくことに気づきました。

 これは、門閥によらない人材登用を推進した織田信長の登場と、その薫陶を受けた豊臣秀吉の勢力範囲拡大に伴い加速度的にそういう風潮が広まっていった結果だと思いますが、その意味では、戦国という時代は実力さえあれば高給に応じて転職し、自らのステップアップを図ることができる「大求人時代」であったと言えるのでしょうか。(その辺を端的に顕しているのが、「武士たるもの七度、主君を変えねば武士とは言えぬ」とうそぶき、最後は伊勢津藩32万石の藩主にまで上り詰めた藤堂高虎の存在かと。)

 ところが、その日本中の流れに染まらなかった異質な集団があります。

「徳川家」です。

 その辺の異質さを示す話として、徳川家康の重臣で秀吉に引き抜かれた石川数正という人物がいるのですが、家康が秀吉に屈して後、秀吉が同じく家康の重臣である井伊直政を大阪に招いた際にそこに数正を同席させたところ、直政は数正を見るなり、露骨に不快感を表し、罵倒した後、そのまま退席した・・・という話があります。

 秀吉にしてみれば、何も、数正を辱めようとして同席させたわけではなく、「知り合いが居た方が直政も気がほぐれるだろう」という程度の配慮からだったのでしょうが、現代の我々日本人の感覚からすれば、むしろ、直政よりも秀吉の感覚に違和感を感じられる方が多いのではないでしょうか?

 その意味では、当時の日本人の就職に対する感覚はむしろ今のアメリカ社会に近かったようで、その辺を端的に表した話があります。

 ソニーの創業者の一人、盛田昭夫氏がアメリカへ進出して間もない頃、これはと見込んだアメリカ人社員に一から仕事を教え、ソニーのノウハウを伝授し、ようやく一人前になった・・・と思っていたところ、その社員はあっさりと高給を提示されたライバル企業に転職してしまい、盛田氏は思わず人間不信に陥りそうになったそうです。

 ところが数日後、あるパーティでばったりその元社員と会ったところ、彼は思いっきり笑顔で普通に「ハーイ、アキオ!」と話しかけてきたのだとか・・・。

 そう考えれば、今の日本人の感覚というのは徳川家の時代が300年近くも続いたことに縛らているということの裏返しであるとも言えるのではないでしょうか。

 つまり、もしも、信長・秀吉の時代がその後の日本のスタンダードになっていたとしたら、パナソニックからサムソンに転職した技術者が他の日本の電機メーカーに再就職できない・・などというような話はなかったのではないかと・・・。

 その意味では、我々は未だに徳川家の時代の「洗脳」から解き放たれていない・・・といえるのかもしれませんがでも、これは無理もない話であって、秀吉没後、忠君報国の価値観は帝国日本にも受け継がれたことを考えれば、実際には350年、そういう価値観の時代が続き、対してその価値観に縛られなくなってからはまだ65年程度しか経っていないわけで。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田あゆみ)

2011-11


試し読みできます

痛くない注射針

田舎暮らし、家庭菜園で悩むのは蚊との付き合い方だ。朝晩や雨の後は特に多い。今年は秋になっても蚊が居座っている。

 歳をとって免疫力が低下しているせいか刺されたあとの治り方が遅い。後頭部の刺され後は、かきむしった後がおできのようになってしまっている。家人はそんなに大きな痕にはなっていなというが、見えない後頭部の疵痕を触ると、大きく感じて、ついかきむしってしまい、直りを遅らせてしまうことになる。長女曰く確かに歳のせいだと思うが、最近の蚊刺されには、従来の薬が効きが悪くなっていると、テレビで見たことがあるという。

 自動車鈑金の職人さんは、凹んだ鉄板を修正するときに、凹み具合を手でさすって確認する。素人の目にはほとんどわからない凹凸でも、手触りでわかるのだ。見えないところを手でさするとよけい大きく凸を感じる。

 蚊といえば、以前から疑問に思っていることが3つある。戦国武士のように、耳元に飛んできて、「我○○蚊太郎なり、いざ立ち会え!」とばかりに、羽音を立てて近づく。黙って来れば、手で潰されまいに、正々堂々と来るのである。

 第2は、刺された時に痛くないことと、刺されたあとが赤く腫れてかゆいことだ。蚊が吸い取る血液など微々たるもの(1mg)だから、痛くなくてかゆくなければ、黙って吸わせてやるのに、なぜ、吸った痕跡をわざわざカユミで知らせる必要があるのだろか?

蚊の針口が刺さった時になぜ痛くないなかを真剣に研究している人がいる。その秘密は、蚊の口である針の形状にある。針はキチン質というしなやかな物質でできていて、太さは80マイクロメートルと非常に細く、先端がノコギリのようにギザギザしていて、この針を皮膚に突き刺すのではなく、上下に細かく振動させながら、皮膚や筋肉の細胞を押しのけるようにして、切り開きながら刺していくことで、痛みを感じさせないのだという。

すなわち、針自体が非常に細く、さらに先端がギザギザしているおかげで皮膚と接触する面積が小さくなり、摩擦が少なくなるのが痛くない秘密なのだ。

これをヒントに、東京の町工場の親父が痛くない針(マイクロテーパー針/岡野工業/テルモ)を作り評判になっている。

 2~3ケ月に1回、通風の薬を貰いに整形外科に行くたびに、血液検査をしてもらっているが、注射が大嫌いなので、採血に、この針を使ってくれと、先生にたのんだら、この注射器は

先端の外径0.2ミリ/内径0.08ミリという細さの中で、根本から先に行くほど細くなるというテーパー形状をしている特殊針を使っているので、少量の薬を注射するにはいいが、採血のような大量に血を抜く用途には適さないと、断られた。蚊だって、細い針で血を吸っているのにと、食い下がったが、採血量が違うと相手にされず、看護婦さんにも笑われた。

 (コラムニスト 井上勝彦/絵:そねたあゆみ)2013-11


試し読みできます

酒で3年、茶で10年

「酒は呑め呑め呑むならば 日乃本一のこの槍を 呑み獲るほどに 呑むならば これぞまことの黒田武士」

黒田節という、大昔に流行った歌ですが、末尾に黒田武士とあるように(「節」と「武士」とを掛けたわけです。)江戸時代、筑前福岡藩主であった黒田家に由来する歌ですが、私が子供の頃までは、福岡では酒席などでは、よく耳にした歌です。

でも、最近では本当に耳にすることはなくなりましたし、若い人は知らないでしょう。

コミュニティでの宴会が崩壊している現状を嘆くばかりですが、曰く、黒田家がまだ、福岡に来る前、時の当主、黒田長政の家臣で母里太兵衛という人が、酒癖の悪いことで知られる福島正則の邸に使いしたところ、太兵衛が家中でも知られた酒豪であったことから、正則は大杯に並々と酒を注ぎ、「これを飲め」と執拗に勧め、固辞すると、なおも絡んできて、ついには、「飲み干したら、何でも好きな物をやるぞ!」と言いだしたことで、ついに、太兵衛は腹を決め、「それでは」と言って、そのまま、一気にその大杯を飲み干すと、そのまま、正則が豊臣秀吉から拝領した名槍「日本号」を所望した・・・と。

「あ、これだけは!」と言って蒼くなる正則に対し、「武士に二言はござるまい!」と言って、そのまま、持って帰ってきてしまった・・・という実話に由来するものです。

ところで、昔、プロ野球の広島東洋カープの監督に就任した方が、「選手にとって酒というのは身体能力の低下に繋がり、プレイの妨げになる」として選手に禁酒令を出したことがあったそうです。いわゆる、管理野球の先駆けみたいなものだったでしょうか。

その時、それを聞いた当時のオーナーが、「君ね、そう言うけど、『酒で3年、茶で10年』というように、お茶だと十日かかるところが酒だと三日で仲良くなれるんだよ」と言ったとか。

・・・結局、その監督は禁酒令を取りやめにしたといいます。

この点は、私も思い当たるところがあります。

同じ組織の一員とはいえ、全国から集まった初対面の人たちと、マジメな昼間の会議だけで意思疎通が出来るものでもありませんよ。会議とは、とかく、「何を言ったかではなく、誰が言ったか」が問題になるものですから。

昼間、いて好かない奴と思っていたのが、夜の会で話してみると、意外に良い奴だったりで・・・、同じ事は、軍隊にも言えたようで、私が敬愛する元帝国陸軍参謀にして、兵法評論家であった故・大橋武夫氏も、その著書の中で、「旧日本帝国陸軍では、昼間、軍事演習があるときは、夜は慰労と称して宴会があったが、実はこれが意外に大事だった。ここで、バカ騒ぎをして、懇親を深めると、戦闘中などに援軍を要請した際に、普段なら、『今、こちらにもそんな余裕はない!』と言われるところを、『おぉ、あのときの貴様かぁ、こちらにも余裕はないんだが・・・、仕方ない』ということになる」・・・ということを述べておられました。

理想としては、こういう緊迫した場面で私情を差し挟むべきではないのでしょうが、やはり、そこは人情でしょう。

確かに、良い悪いではなく、これが人間という感情を持った生き物の現実であり、業務を円滑に進める上ではやむを得ないことなのかな・・・とも思いますが、如何でしょうか、御同輩。

 

(文:小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

道標となるもの

 

 「敵を知り、己を知らば、百戦するとも危うからず」って、ご承知の通り、これは有名な孫子の兵法の一節ですよね。この点で最近、良く若い人の間で、「金が欲しい」、「金持ちになりたい」って言葉を耳にしますが、では、これをこの孫子の論法で説くならば、まずは、「金を知る」ことが必要でしょう。

 では、そもそも「金」って何ですか?お金の持つ交換、時間、保存などの特徴を述べるのは、今更、釈迦に説法ですのでここでは述べませんが、自分なりにこれを突き詰めて考えてみるならば金とは「サービス券」ではないかと思うんです。

 子供が父の日に、お父さんに肩たたき券を1枚あげる。お父さんはその日でなくとも、肩が凝った日にそれを出して肩を揉んでもらえるし、もっと集めて別のサービスと交換してもらうよう交渉することもできる・・・。それをさらに高度化、複雑化したのが「お金」だと。

 何が言いたいかというと、要は「金が欲しい」と言うのなら、人が「して欲しい」と思うサービスを提供すればいいわけで「人はこれをして欲しがっている」とか、「これがあったら皆、便利だろうな」などということを積極的に人に施してやればいいんですよ。

 逆に、自分がそれをして欲しいなら、相手にも何らかのサービス券をあげてしてもらわなければならない。どれくらい、自分のサービス券を相手に渡してまで、それをして欲しいか?ということでしょう。ただ、皆がそのサービス券が欲しくなればそこに競争が生まれるわけで、となれば、人がして欲しいことを言われてやっていたのではもらえる確率は低くなります。たくさんサービス券が欲しいなら欲しがるであろうサービスを言われる前に提供しなければならないわけで、かつ、満足させればなお良しです。

 ところが、この論理には範疇外の事象があります。それは誰かの持っているサービス券を奪ってしまうこと、即ち、泥棒です。

だから、泥棒は公権力によって厳しく取り締まられているわけでしょうが、でも、現実には、「浜の真砂は尽きるとも・・・」ではないですが、泥棒の種は尽きないようです。

 この点で、分かれ道で、もし、迷うようなときには「倫理」というのは、確実に一つの「道標」(みちしるべ)にはなるでしょう。まったく迷わないならこの限りではありませんが、もし、わずかでも迷うようなら倫理に背かない方に行けば、とりあえずは間違いないと思いますよ。(小説家 池田平太郎/絵:そねたあゆみ)

 


試し読みできます

ラムウィンナーティー

少しずつ冬の足音が近づいて来るこの季節には、温かい飲み物が恋しくなります。
今回ご紹介する「ラムウィンナーティー」は体の中からぽかぽかと暖かくなるので、これから冬にかけてぴったりの飲み物だと思います。使用する茶葉は、ディンブラBOPがおすすめですが、お好みでいろいろと試してみて下さい。OPなど大きい葉を使用する場合は、蒸らし時間を長くして下さいね。

<ラムウィンナーティー・2杯分>
茶葉・・・ティースプーン2杯(ディンブラBOP)
水・・・350cc
生クリーム・・・適量
ラム酒・・・適量
砂糖・・・適量

<作り方>
①生クリームを泡立て、5分立てくらいになったらラム酒と砂糖を少々振り入れ
少し甘みを付け、さらに泡立ててホイップクリームを作っておく。
②温めたティーカップに砂糖少々とラム酒ティースプーン一杯を入れておく。
③温めたティーポットに茶葉を入れ熱湯を勢いよく注ぐ。
④約3分蒸らし、茶こしを使ってカップに注ぎ、①を浮かべる。

*このラム酒と砂糖入りのホイップクリームは、プレーンなパウンドケーキやカステラに添えてもおいしくいただけます!

(紅茶コーディネーター 吉野留美/絵:吉田たつちか)

 2004-11


試し読みできます

心臓のポンプ力を助ける

 秋がだんだんと深まり、本格的な冬がすぐそこにまで来ています。血液を循環させる働きを担当しているのは、五臓の中の心であり、心気と心陽が大きく関わっています。

 心気とは血を全身に巡らせる先導役となる気のことをいい、心陽とは血液を巡らせることにより体を温める作用のことを指します。

 外気温が下がる・・・寒邪が支配する季節は、体も血管も縮こまり、血液の流れが細くなります。特に手足の先は心臓から最も遠い末梢で、ポンプ力が弱いと手足は冷えてむくみやすくなります。

 足先が冷えると、冷たい血液が子宮や内臓を通って心臓に戻らねばならず、体は中から冷え切ってしまいます。

 冬場の心臓を助ける方法は足の筋肉を鍛えることと、足元を温めることです。

 特に座りっぱなしや立ちっぱなしの姿勢の方は、こまめに「かかと上げ下げ運動」や「足首回し」「足の雑巾絞り風マッサージ」、「足首でお尻たたき運動」をすることで、足の筋肉が第二のポンプとなって、末梢血を心臓に返してくれます。こうすることで、心臓への負担は大きく減らすことが出来るのです。

 また、足を冷やさないようにレグウォーマー等で温める工夫をしてください。足湯が出来れば一番よいですが、可能でない場合は、温かいペットボトルやユタンポで太ももの内側を温めましょうね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田あゆみ)
2011-11


試し読みできます

新大陸発見が世界の料理を変えた!

 コロンブスの新大陸発見は、色々な意味で世界を変えました。ヨーロッパの人にとって、それは新たなる希望と侵略先の発見であり、アメリカ大陸先住民にとって、自分たちがヨーロッパ人たちに大虐殺され、さらにヨーロッパ人たちが持ち込んだ病原菌のため、民族絶滅の危機に追い込まれるという悲劇のはじまりであり、やがてアメリカ大陸に侵略した白人たちは20世紀に世界を支配するほどの世界覇権国に発展することになります。  この新大陸発見は料理の世界にも強烈な変化を与えます。これまでユーラシア大陸にもアフリカ大陸にもなかった植物がヨーロッパに入ってくることになり、やがてそれらは全世界に伝わって行くことになります。それはわたしたち現代日本人にもおなじみの野菜たち。ジャガイモ・トウモロコシ・サツマイモ・トマト・カボチャ・ピーマン・ピーナッツ・唐辛子・インゲン豆・パイナップルなどなど……これらは南北アメリカ大陸からヨーロッパを経由し、世界に広まった食べ物たちです。これらの食べ物はただ世界に広がっただけではなく【世界の歴史】をも大きく変えていくことになります。  なかには「え? これって日本原産じゃなかったの?」という野菜もあるかも知れません。そんな野菜たちでも名前から、原産国が外国であることがわかるものもあります。  たとえばジャガイモ。ジャガイモは中南米あたりが原産と言われていますが、日本にはインドネシアのジャカルタから持ち込まれたため、ジャカルタの当時の言い方「ジャガタラ芋」が「ジャガイモ」になりました。トウモロコシは“唐から来たもろこし”つまり唐の国=外国から入ってきた“もろこし”とい意味。“もろこし”とは「蜀黍」と書き、黍(きび)というイネ科の雑穀を意味します。つまりトウモロコシとは「外国から来た黍」という意味となります。トウモロコシもイネの穀物ですから、間違った言い方というわけではなさそうです。  サツマイモは、薩摩藩(鹿児島)から伝わってきた芋が語源。しかし、その薩摩では“唐芋(からいも)”と呼ばれていました。カボチャは「カンボジア」経由できたのでカンボジアが訛って「カボチャ」。トウガラシは、「唐」つまり外国から来た辛子。インゲン豆は、明の国から来た禅僧、隠元が持ってきたという伝説からそう呼ばれています。  これらアメリカ大陸出身の食べ物たちは、はるかアメリカからヨーロッパを経て、さらに中国や東南アジアなどから日本に入ってきたため、その途中経過の町の名前が付いていたりします。なんだかおもしろいですね。  トウモロコシがヨーロッパに伝わると、これまでの小麦や大麦の代用品として、人々の口に入るようになりました。トウモロコシは14世紀のはじめにヨーロッパに伝わり、16世紀には日本にも伝わっています。ヨーロッパに入ってきたトウモロコシは、多くの日人に食べられるようになりますが、それは“美味なる食べ物”というより“貧乏人の小麦の代用品”として人々に食べられるようになったといいます。  トウモロコシは収穫率が高く大量に作ることが可能なので、貧民のみならず豚や牛の飼料としても使われるようになり、食肉の生産量も増える結果となりました。いまやトウモロコシは米、麦と並ぶ三大穀物と言われていますが、ヨーロッパに入ってきた頃は、貧乏人を飢えから救った食べ物であり、家畜の餌だったのです。  そういえば、筆者が漫画家のアシスタントをしていた若い頃たまたま住んでいたアパートの前にトウモロコシ畑があり、酒のツマミがなかったため、こっそりその畑のトウモロコシを失敬したことが何回かあります。そのトウモロコシは家畜の飼料用であったらしく、スイートコーンのような甘みもなく、家畜用ということで、それほど農薬も使っていなかったのでしょう茹でると必ずゲジゲジのデッカイのが浮かんでいるようなトウモロコシでした。でも、食べてました。当時のわたしは、貧民どころか家畜並の生活をしていたということでありましょう。 (食文化研究家 巨椋修)

読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について