目次
11月の星座 ペガスス座
11月の星座「うお座」
柿が赤くなると医者が青くなる!?
イチョウの由来はアヒルの足
イチョウの効用
美しい景色を眺める季節
芭蕉の忌日「時雨忌(しぐれき)」
国際的行事の『七五三』
冬の足音~もみじ狩り~
秋の養生法
冬への扉を開く木枯らし1
日光の節約
飛行機雲でわかる天気
魅惑の星「すばる」
簡単な、天気図の見方
山の天気は変わりやすい!
亥の月の亥の日
決断の背景
厳父と言うべき、武家の教育
人知を超越した直観力
十二支の動物物語
老化と一番関わりのある臓[腎]
体とは実に賢くできている
プラス思考と免疫力
乳が んのリスクを減らす7つの方法
気陰・気血の不足解消法  
円形脱毛の治療法は?
生活習慣病に克つ、気血水について
セカンドオピニオン
血圧不安に効く養生
更年期と鬱
月の満ち欠けと体のリズム
気陰両虚の便秘
欝は心の便秘、愚痴は心の排泄物
元気な人の落とし穴
徳川時代から続く現代日本人の就職観
徳川家の兵学校
痛くない注射針
酒で3年、茶で10年
道標となるもの
一人カラオケ
ラムウィンナーティー
心臓のポンプ力を助ける
新大陸発見が世界の料理を変えた!
世界有数の長寿国として知られる日本…。
歴代総理大臣出身地図に見る「たかが総理されど総理」
冷凍食品中心にする企み、失敗
中国料理の謎
握り寿司物語
いま『うどん』アツい!
なんでマナーって必要なの?
源頼朝の隠し子伝説
戦国を知らない子供たち
縄文時代に想いをはせて栗を食す
朝粥のすすめ
消えてしまった北京宮廷料理
即席めんを発明し世界の食文化を変えた男 安藤百福 前編
特定保健用食品[エコナの問題]
塵も積もれば山となる
キャシュレス社会の到来 
ややこしい?名前の付け方
ネット難民にならないように
アバウト、のんびり、ニュージーランド
『古事記』の神々(その8)
古代中国人と戦前までの日本人 
蛙が教える努力の素晴らしさ
猪対策はコレ!
何もしない贅沢な時間
郵便集荷車は緊急車両?
飛行機で偉いのは?
車載の「縫いぐるみ」タマにはお洗濯しませんか?
ご先祖様のおかげで
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

19 / 73ページ

試し読みできます

厳父と言うべき、武家の教育

 10月27日は吉田松陰の命日でした。寅次郞少年(松陰)は、幼時、叔父であり、師でもあった玉木文之進について兵学・政治学など、様々な学問を学んだと言われていますが、それ以上に教えられたのが、武士というもののあり方・・・というものだった。
 文之進にとっての「武士」とは、即ち、「私心を持たない」と言うことだったようで、あるとき、講義中に寅次郞の額に虫がとまり、痒かったので、つい手でポリポリと掻いてしまった。それを見た文之進は、突如、烈火の如く怒り、寅次郞に殴る蹴るの凄まじい暴行を加えたと言います。この光景を見た寅次郞の母、タキは、後年、「息子は死んだと思った」そうです。

文之進に言わせると、「痒みは私。講義は公(おおやけ)に役立つ為にやるのであるから公。とすれば、掻くことは私の満足である。それをゆるせば長じて人の世に出たとき、私利私欲をはかる人間になる。だから殴るのだ。」ということだったそうですが、現代人から見ると、少々、理不尽なようにも思えますが、やはり、松陰という人格を形成する上では必要なことだったのかもしれません。暖かく前向きな母だけで、後の吉田松陰が出来たわけでもないということでしょうか・・・。

 一方で、こういった話は、武士の世界ではそれほど突飛なことでもなかったようです。豊臣秀吉の初期の軍師、竹中半兵衛重門についても同じような話が伝わっています。竹中半兵衛と言えば、当代きっての知恵者として知られていた人物ですが、我々のイメージでは、動の黒田官兵衛、静の竹中半兵衛といった印象の白面の物静かな文学青年といったところではないでしょうか?

 この半兵衛が子供たちへの軍学の講義中、子供の一人が黙って席を立ったそうです。戻ってきて、「どこへ行っていた?」と聞かれたので、「厠(トイレ)へ行ってました。」と答えた途端、普段、物静かな父が烈火の如く怒りだし、まさに玉木文ノ進状態で激しく折檻されたと言います。

 曰く、「竹中の家の子供が軍学の講義の途中で、尿意を催したのなら、何故、垂れ流さん!『竹中の家の子は、軍学の講義に夢中になった余り、尿意すら忘れて垂れ流した。』と言われてこそ、竹中の家の誉である!」と。

 これも、理不尽と言えば理不尽のようにも感じますが、これは私には何となくわかる気がします。要 は   「覚悟」の問題を言いたかったのでしょう。「竹中の家は軍学者の家である。その家の子供は、小便をすることすら気づかぬほど軍学に打ち込んでいる。」と。

 私がまだ子供の頃、材木の上に土足で乗ったところ父からほぼ同じような折檻をされたことがあります。大工の家の子供が、材木に土足で乗ったらいけないというのは、一々、教えられるまでもなく、当然、見知っておいてしかるべし・・・というものだったのでしょうか。

 しかし、文ノ進も半兵衛も、教育者とは言え、とんでもない教育者ですよね・・・。

 身近にいないでよかった・・・、居たか(笑)。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

人知を超越した直観力

アメリカの第二次大戦の英雄、ジョージ・パットン将軍は、その猛将としての一面とは別に、「詩人としての資質を持ち、毎晩、聖書を読む敬虔なクリスチャン」だったといわれています。

パットンの軍人としての能力の卓越さを際だたせている一つには、その「人知を超越」したような直感力にあったともいわれています。

彼の部下の情報将校は「パットンはその心霊的な感知器を使って、陸軍情報部よりはるかに情勢について先んじていた」と語っていますが実際、彼にはそういうエピソードを少なからず、残しています。

オマール・ブラッドレー大将の回想によると、「パットンが三個師団を率い、コブレンツ近くでモーゼル川を渡り、迅速に南へと歩を進めている時、突如、彼は前進をやめ部隊を集結させた。すると、翌日、強烈な攻撃を受けたのだ。しかし彼は行進を止め隊列を整えていたので、それを撃退することができた」などということもあったとか。

さらに、パットンの甥によれば、パットンはテレパシー、デジャヴ、輪廻転生などを強く信じていたそうで、それによれば、彼は自分がかつてトロイア戦争で戦ったことがあり、また違う時代にはユリウス・カエサルの第十軍団で戦い、さらに時が下ってスチュワート朝のためにも戦い、最後は、ナポレオン麾下のミュラ陸軍元帥ともに馬を走らせている一将軍であった・・・と信じていたという。

パットンは、大戦終結直後の昭和20年(1945年)12月9日、自動車事故にあって首の骨を骨折し、これにより、首から下は麻痺してしまったが、このときも、病院でパットンは看護婦に、「2週間しないうちに死ぬ運命なので、治療をしても、納税者の支払ってくれたお金の無駄になるだけだ」と語ったと言われており、その予言通り、12日後の12月21日、息を引き取った。

しかし、私は、幾つかは、本当にそうだったとしても、幾つかは、彼の司令官としてのカリスマ性を高めるための演出と、周囲もそれを望んだ結果・・・ではなかったかと思っております。

戦場では、彼のこういう人知を越えた力というのは、ワラにもすがりたい心境の兵士たちにとっては大いに心強い・・・、有り難いものであって、幕僚も、統帥力強化のために、それを必要としたのではないかと・・・。

人知を超越したような直感力と言えば、やはり、ミスター・プロ野球と言われた、長嶋茂雄さんが有名ですが、彼は、現役時代、チャンスになると、ベンチの中で誰彼構わずに足を踏みつけて出て行ったそうです。

踏まれた方は、皆、「痛い!」と思っていても、日頃の彼の「片方の足に2足、靴下を履いて、靴下が片方ないと言って探した」などという奇行を知っている同僚らは、「まあ、長島さんだから仕方がないか・・・」ということになり、そこで、快打を飛ばすと、奇行も信仰になってしまうのでしょう。

でも、よく見ていたら、長島さん・・・、川上哲治監督の足だけは踏んでいなかったのだとか。

(文:小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

十二支の動物物語

年末になると、次の年の干支にちなんだ行事や商品が目に付きます。元々は、暦を示すものであり、戦国時代からは、方向や日付、年月、時間を記す為にも用いられました。一年が十二ヶ月であるので、十二支、庶民が覚え易いように、身近な動物を組み入れていったという説があります。

では、何故、子丑寅…という順番になったのでしょう。こんな昔話が残っています。お釈迦様の下に、新年のご挨拶に動物達が行くことになりました。ネズミは体が小さいので、誰かに乗せてもらった方が、楽です。そこで、優しい牛に声を掛けました。牛は歩くのが鈍いので早目に出るが、それでもいいならばと、快く引き受けてくれました。ネズミは飛び上がって喜びました。さて、ネズミの天敵、ネコはどうでしょう。

身近な動物であるにも関わらず、十二支の中に入っていません。実は、ネズミはネコに、挨拶に行く日を一日ずらして教えたのです。

ご挨拶前日、牛はネズミを背中に乗せて、ゆっくりながらもお釈迦様の下に参ります。一番乗りだと、牛は思いました。所が、ネズミが背中からひょいと飛び降りたので、一番を逃してしまいました。ネズミはチチッと笑い、牛は「モウー」と悔しがったとのこと。

ネコはというと、一日ずらされた情報により十二支には入れず、悔しさにネコんでしまい、腹立ち紛れにネズミを追い回すようになったそうです。

犬猿の仲と言われる、申と戌の間には、仲をトリ持つ、酉が入っています。お釈迦様の前だけでは、喧嘩をしてくれるなと。

十二支は、中国から伝わり、日本のみならず、ベトナムやタイ、意外にも東ヨーロッパでも使用されています。国により、多少の動物の違いはありますが、ほぼ同じと考えて間違いありません。ロシアでは、日本や中国と全く同じ、十二支が使われているようです。遠く離れた異国でも、同じ干支を使っていると考えたら、ぐっと近くに感じますね。

(文:コラムニスト 朝比奈うろこ/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

老化と一番関わりのある臓[腎]

腎は中医学では「先天の本」とされ生命の源泉であり、人間の生命や発育・成長などに深く関係していると考えられています。

 五行では「水」に属し、膀胱・骨髄・歯・脳・髪・耳・生殖器・肛門などが腎の働きの系統を形成しています。

 腎は人体を構成機能させる基本物資である「精気」を貯蔵します。精気は人間の成長・発育や生殖能力に深く関係しているので、腎の精気を蓄える機能が生命活動の根源になっています。腎の力が弱まると、まずは髪が白くなったり腎の府である腰に症状が出てきます。足腰がだるい、足腰の関節が痛む・・・・などです。

 また、腎は耳と通じており、耳に関わる症状も出やすくなります。耳鳴り、難聴、耳が遠くなった、眩暈、物忘れ・・・・等ですね。腎は水を主る。水液代謝の中心的な役割を果たしているので、力が弱まるとむくみやすくなったり、あるいは頻尿や夜尿で悩まされる こともあります。女性の方に多いのですが、咳をしても尿が漏れる・・・などの症状も腎の衰えです。

 恐れや不安の感情は、腎の老化を早めますので、取り越し苦労をしないでくださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

体とは実に賢くできている

「栄養があるから食べましょう」幼い頃から口癖のように親や周りの大人たちに言われて育ってきたが、“えいよう”とは一体どんなものを指すのか、幼い頃には分からなかった。栄養についての勉強を始め、その“えいよう”に少し近づけたような気がしている。

 詳しく言えば食べ物が体の中に入り、消化・吸収を経て、働いて初めて栄養と言えることも知った。日常会話で使用されている“栄養がある”とは実は“栄養になる”という意味だったのだ。三大栄養素というのは、炭水化物・たん白質・脂質であり、その3つをうまく体の中で利用してくれているのがビタミン・ミネラルである。

 例えば栄養素の中でもっとも大切なたん白質。卵には体内で合成されない必須アミノ酸が一つも欠けることなく入っているスーパーフードなのだ。それとビタミンCのたっぷり入ったイチゴやみかんを一緒に食べてみると、肌がつるつるになること間違いなし。たん白質とビタミンCでコラーゲンが出来上がるというのはご存知だろうか。

 私がたん白質とビタミンCが効率よく摂れるのではないかと思いついたメニューは、卵サンドと、季節であればイチゴ、キウイフルーツを使ったフルーツサンド。できたら朝にいただく事をおススメしたい。

 甘いものは“えいよう”に程遠いイメージが強い傾向であるが脳にとっては糖質は唯一の栄養源。私たちが立っていられるのも様々な事を考えられるのも、糖質が血糖として働いてくれているお陰なのだ。ただし、食べる時間帯は選びたいもの。やはり、これから体をフルに使おう、仕事をしよう!という朝に摂ってもらいたい。

 朝は体内の吸収機構も活発な為、フルーツのビタミンが摂れるのも理にかなう。このように何かと何かがタイミングよく体に吸収され初めて栄養ができていく。体とは実に賢くできている。

(管理栄養士 栗本 碧/絵:吉田たつちか)


試し読みできます

プラス思考と免疫力

人は過去の失敗した経験や、イヤな出来事にとらわれ、そのときの考え方が習慣化されます。

 イヤな出来事が起きたときに、家族や周りの人すべてが落ち込んで、「もうダメだ!お先真っ暗だ!努力しても意味がない!」という反応をすれば、それは無意識的に学習され、そのような出来事が起きたときに、いつもマイナス思考になります。

ガンになったときもそうです。

 "ああ自分はガンになった。もしかしたらもうダメかもしれない!"という習慣化された思考パターンに支配されてしまいます。

人の体とは、誠に不思議なもので、心と体はそのように連携していて、怒り、悲しみ、不安、恐怖、心配、憎悪、恨みなどの感情をいだくと、アドレナリン、ノルアドレナリンなどの猛毒ホルモンが体内をかけめぐります。

このホルモンは蛇毒に匹敵するもので、長く続けば確実に死にいたらしめます。

逆に、幸せ、感謝、有り難い、楽しい、希望がある 等の感情をいだけば、体はベーターエンドルフィンを放出し、やる気、気力を高め、免疫力さえ上げてしまいます。

したがって、ガンになったとき、無理矢理でもいいので「必ず元気になる!大丈夫!」と思わねばなりません。

そして、原因をつきとめて、その部分を改善して前向きに養生すれば、 必ず良くなってきます。

また、これらのホルモンは呼気からも排泄されますので、マイナス思考の人のそばにいれば、それが伝染して体に悪影響を及ぼしますし、愉快な人のそばにいれば、気持ちも明るくなってきます。

もしも心ないドクターに絶望的なことを言われても、さっさと洗い流して自分を取り戻してください。

気持ちが変われば、必ず好転します。どんな状態になっても、良い方に考えることをクセにしてゆきましょう。

尚、体が冷えている人、食べ物がしっかりとれておらず、気血が不足している人などは、どうしてもマイナス思考になりがち・・・。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)

 


試し読みできます

乳が んのリスクを減らす7つの方法

アメリカでは女性8人に1人が、日本の女性は20人 に1人が乳がんになると言われていますが、そもそもその乳がんがなぜ出来るのか、残念ながら現在の医学ではまだ解明されていません。しかし、乳がんになる危険要因は、様々な研究により明らかになってきています。

その中には、加齢など避けることができないものもありますが、避けることのできる要因も多い。

「乳が んのリスクを減らす7つの方法」をご紹介します。   ①健康的な食事は、ガン細胞の成長を妨げ、体重管理 にも役立ちます。  ・赤身の肉や脂肪分の多い食品は避け、魚や鶏肉(脂 肪と皮を除く)、大豆、緑黄色野菜、きのこ類、ニン ニクやねネギ類、そして、新鮮な果物を毎日多くと る。  ・白い小麦粉や白米ではなく、全粒粉や玄米、胚芽米 に切り替える。 ・トランス脂肪酸やサラダ油の含まれる食品は控え、 オリーブオイルに切り替える。

 ②毎日30分の運動を心がけましょう。無理でも、2 回に分けて15分ずつ歩いたりするだけでもいいので す。

 ③体重増加は、乳ガンを引き起こすホルモンの量がそ の分多くなります。体脂肪の高い人や太りすぎの人 は、適切な体重を維持しましょう。 

④過度なアルコール摂取は、乳がんのリスクを高める ことが分かっています。 アルコールは飲まない、また はグラス1杯までとし、飲んだらサプリメントで葉酸 を補いましょう。

⑤喫煙は、様々なガンを引き起こす原因となります。 

⑥毎年の健康診断とあわせて、40歳過ぎたらマンモ グラフィー検査を受けましょう。

⑦毎月1回定期的に自分の胸をチェックしましょう。

(文:アメリカ東海岸在住、フラウ山田/絵:吉田たつちか)

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について