閉じる


<<最初から読む

27 / 32ページ

27ページ

 

  

    そして 王様が老婆に目をやると       


28ページ

 

  

   そこには 死んだはずの お后がいました      


29ページ

 

  

   「生きていたのか!! でも どうして・・・  」

   王様がききました       


30ページ

 

  

   「私を どれくらい愛してくれて いるのか

    知りたかったの てへっ」     


31ページ

 

  

   「でも うれしい!!」 そう言って抱きつきました      



読者登録

にきけんじさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について