閉じる


<<最初から読む

22 / 32ページ

22ページ

 

  

   「もう一度 夢を見させてくれ」 王様がいうと

   老婆は ゆっくりと首を横に振りました      


23ページ

 

  

   「もう 夢は見られないんだよ もし 会いたい

   のなら この毒薬を・・・・  」 そういって    

   差し出しました          


24ページ

 

  

    王様は それを飲み干しました      


25ページ

 

  

   「もうすぐ会えるよ 必ず」 泣きながらいいました      


26ページ

 

  

   けれど王様は いつまでたっても死にません        



読者登録

にきけんじさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について