twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ホラー・オカルト 作者 takaidos
価格 無料
タグ ホラーSF
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

3 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
8ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
『フランケンシュタイン』の作者は当時まだ19歳の女性だった!
その女性メアリー・ウォルストンクラフト・シェリーは愛人パーシー・シェリー(のちパーシーの妻が自殺して夫)といっしょに、友人である詩人バイロンの借りた別荘(スイス・レマン湖畔)に集まり、バイロンが怪綺談を書こうと言い出したため、この小説を書くことにした。
概要は怪奇だが文学としても非常にインパクトがあり、同時に人間が人間と同じ知能・心を持った人造人間を作った場合に起こりうる悲劇について考察している。ちょうどそれは心まで持った人工知能を搭載したアンドロイドと考えれば、本作はSFの先駆けとも位置付けられる。


この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

ケロリーマン&ケロウーマンは静岡県富士市を走る岳南電車の非公認キャラクター。https://www....

この本を開く

一振りの鋼に栄達を託す時代はとうに過ぎ。若者たちはもう、勇者にも英雄にも成り得ない―――******...

この本を開く

スペインアンダルシアのリゾート都市在住15年の日常生活を綴ったブログから抜粋したエッセイシリーズ2冊...

この本を開く

かまねこちゃんシリーズ・スピンオフ作品。 大人の憩いの場バー『化』の常連マーちゃんこと、岡まさあきは...

この本を開く

「胆石症」による「腹腔鏡下胆嚢摘出術」の入院記。大胆に医学的解説を省き、体験と感想、そして病院食を中...

もっとみる